ダニーデンでローカーボ、ローインスリンライフ

ニュージーランドで海外アーリーリタイアメント
ローカーブ 低インスリン生活に取り組む

NEW !
テーマ:

 ここのところ素晴らしい秋晴れが続き、毎日充足した気分で過ごしている。

 

 スプラウトも順調です。発芽ひよこ豆ももう完全にマスター。初めは芽が少しでも出たら茹でていたのだけど、ネット上で<ひよこ豆もやしで蒸す方法>を見つけ、それを実践。芽が豆の大きさくらいに伸びてから蒸す。私の場合は沸騰してから12分。それでナッツのような感じに出来上がります。

 次は緑豆モヤシにトライの予定。これは生で食べたい。

 

 ベランダのピンクの花が咲き出し、我が家が一番美しい時に、もうすぐ古い知り合いが来てくれる。体の大きなアメリカ人。もうワクワク、ソワソワ、落ち着かない。

 

*************

 

 さて、ここのところ興味を持ち続けているインスリン抵抗性と内臓脂肪ですが、ファング先生の連載エッセイの12月、1月のエッセイをさらっと読んでみました。

 

https://intensivedietarymanagement.com/understanding-joseph-kraft-diabetes-in-situ-t2d-24/

 

https://intensivedietarymanagement.com/fatty-liver-t2d-25/

 

 印象的だったのは、Dr.Kraftのインスリン過剰がインスリン抵抗性をもたらすについて、インスリンが少なくても、インスリン抵抗性が高い場合(痩せ型の人)があると指摘。その理由は、酸化ストレスやら、炎症やら、、、、色々、まだ原因ははっきりわからない。日本人にはこれが多いかも。

 

 しかし代謝異常の始まりは肝臓に脂肪が溜まり出す頃から始まる。脂肪が溜まり出して、それ以上たまらないように、組織はインスリン抵抗性が増す、しかし余ったグルコースは血液から減らさなければならないので、インスリン分泌を増やして、肝臓に押し込もうとする。それの悪循環でどんどんインスリン抵抗性は増し、インスリン濃度が上がる。

、肝臓だけでなく、他の臓器にも溜まっていく(異所性脂肪)。異常が続いて最後に血糖値の上昇になるので、2型糖尿病発症の10年、もしくは10年以上前から始まっているそうです。なるほど。

 なお、1型糖尿病の人ではインスリン値が低いので、通常より肝臓脂肪は少ないそうです。ん?だったら始まりはやはりインスリン分泌量?だったらDr.Kraftの説は間違いではない?

 

 ともあれ、基礎インスリンは低いほど良い、ちょうど江部先生の今日のブログの内容ですね。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/

 

 ところで、脂肪細胞の数は個人差があり、見た目痩せていて、大食いしても太らない人でも内臓脂肪がたっぷりな場合もあるらしいので、安心はできないようですよ。

まあ、褐色脂肪細胞の多い人では内臓脂肪も少ないと思いますが。やっぱり褐色脂肪細胞を増やす(というか、白色脂肪細胞をベージュ脂肪細胞に変化させる)のが良いと思う。なので、最近は朝、外に出て(冷気とフィトンチット)、自きょう術の手振り100回やってます。

 

 内臓脂肪がつきやすいのは男性に多いですが、女性は皮下脂肪に溜まりやすい、この場合は美容面ではともかく、代謝には問題がありません。女性は女性ホルモンが減少して、オッサン腹になる頃までは、あまり気にしなくて良いと思います。もっとも砂糖、精製炭水化物、間食は減らす程度は、これは全ての現代人に必要です。

 

 インスリン抵抗性を減らすのには、食事の間の時間を空けることが大事ですが、食事にはビネガーを摂ることやファイバーを多く(しかしIBSの人には向かない)摂る、アップルサイダービネガーにはペクチン(水溶性ファイバー)も含まれています。

 

褐色脂肪細胞を増やすブロッコリーもやし。なかなかきれいでしょ。夕方から暗闇からでしてあげて、明日の夕食から食べ始めます。

こちらは昨日から日にあてている(直射はだめ)赤キャベツ。今日の夕食から。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 3月22日のヨミウリオンライン<ブロッコリースプラウトで脂肪が燃える>

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170320-OYT1T50089.html?from=ytop_

ylist

は、先日紹介した糖尿病ネットワークの記事http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017/026591.php

を一般向けにしたものですが、先の記事では1日に市販の半パックの25gでスルフォラファン50mg以上摂れるので半分で良い、ですが、新聞記事ではブロッコリースプラウト1~2パック分にあたる約50~100ミリ・グラムとなる。研究チームは、人間の肥満予防にもこの量を取るのが好ましいとしている。となっており、ちょっと量が違うと思いますが。まあ、これは金沢大学とカゴメの共同研究、カゴメはこのサプリメントを販売しているので、1日に2パックも食べるより、サプリメントの方がお手軽、お得と、消費者意識を誘導しているように思えますが、、、、。

 

 サプリメントはともかく、ブロッコリースプラウトの自家栽培の方法は今日もFBで紹介する記事が出てましたが、自分でやってみて、ジャーより器やザルを使った方が簡単だと思います。とくに種のガラは器やザルを使って、1日2回水で洗う時に、ガラを浮かせて、取り除けるので、だんだん減っていき、最後に収穫の時にはかなり減っていて、ガラの取り除きが楽になります。

 

 さて、日本からキットが届いたのですが、すでにキッチンにあるもので遣り繰りできているので、必要なかったかも。ちょっと無駄使いでした。せっかくだから使いますが。特にカイワレ大根はこれでは根がはずせないみたいなので、底が平らのザルの方が根もいっしょに取れやすいです。実は根もすっごくおいしいのです。わっさわっさ食べたくて仕方ありません。なのに、在庫切れ、そんなあ。今度入荷したら500g入りを買わなくては!

 

 上記はスルフォラファンで褐色脂肪細胞が増えるの研究ですが、褐色脂肪細胞について、この講演はおもしろかったです。ケトン値が高くなると内臓脂肪(白色脂肪)が褐色脂肪細胞のようにエネルギーを燃やすと考えられるそうです。そしてその余分のエネルギーは呼気や尿から捨てられている。ケトジェニックで痩せる場合にそのエネルギーはどこに行ったの?と疑問を持つ人も多いですが、こういうメカニズムがあるのかも知れません。興味ある方はこちらを。https://www.youtube.com/watch?v=8t1JN0RgvO4

 

 これでケトジェニックが注目を浴びだしていち早くトライしたピーター アッティア博士を思い出しました。この方はローカーボと運動だけでは、内臓脂肪は減らず、いつまでも妊婦さんのようなお腹でした。それがケトジェニックで凹みました。ケトン効果で内臓脂肪にたまった脂肪滴がボーボーと燃えて、外に捨てられたのでしょう。彼は現在はケトンより低インスリンにフォーカスしたダイエットをしています。

 一方、我が家の2型糖尿病のお腹も発覚時は大きかったですが、ローカーボですぐにへっこみました。このあたり人種差、個人差は大きいでしょう。つまり日本人の典型的なインスリン分泌不全の2型糖尿病タイプでは糖質制限で十分効果があり、ケトジェニックまでする必要はない。すでにインスリン分泌が少ないのでインスリン過剰症の心配はなく、高血糖だけ避ければ良し。

 しかし日本人でも糖質制限でうまく行かなかったらケトや間欠的ファスティングやファスティングも必要かもしれません。

  BBCのある番組で、肥満に関連する遺伝子は100もあり、そのうちの2つ持って生まれたら50%肥満になりやすいとか。また両親のダイエットが子供の肥満細胞に関係するそうです。なのであるひとつの方法が全て肥満の人に効くとは言えないのですね。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の霧が晴れてきたところ、とても美しいダニーデンの秋です。例年ならベランダの花はもう咲いている時期なのですが、ようやくつぼみが膨らんだところ。やはりこの冬は例年より寒かったようです。

 

 

 

http://www.thefatemperor.com/blog/2017/2/28/deep-dive-time-if-you-want-to-know-the-deeper-mechs-of-insulin-versus-cholesterol

 

さて脂肪細胞ですが、この講演の内容は私には難しすぎる。

ただ1972年からインスリン抵抗性によるインスリン過剰がほとんどの病気のルーツと説くDr.Kraftは正しいのですが、インスリン抵抗性が起こる前に内臓脂肪の肥大化、増加があると言っているようです。

 

 所謂、英語のマフィントップ(左)より、日本で言うリンゴ型(右)が問題なのです。

 

この中身はこれですね。

 

*******

 

(18日 記)

インスリン抵抗性が起こる前に脂肪細胞の増加があるについては日本語ではこれが詳しく書かれています。これも私には難しすぎるのですが。

http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/kamata%20(adipocyte)--2.html

一部抜粋

インスリン抵抗性になった時点から話を始めているが、この項ではインスリン抵抗性になるそもそもの始まりについて記述する。一部、遺伝的な病因を除けば多くの2型糖尿病の原因は脂肪細胞の肥大化、特に腹部内臓脂肪細胞の肥大化によってインスリン抵抗性の状態となる。

一部抜粋

アディポネクチンは、TNFαや遊離脂肪酸と異なり、インスリン受容体の感受性を上げる(インスリン抵抗性を減弱する)作用がある。

 

アディポネクチン、最近はあまり聞きませんが、夫が糖尿病発覚した頃(2009年頃)はアディポネクチンの話題が多く、私もせっせとアディポネクチンやオスモチンが増える食品を調べたものです。

 

 内臓脂肪の増加予防にはアディポネクチンやオスモチンが摂れる食品を食べること、そしてやはりビネガーは有効なようです。食事の時に10gのビネガーを一緒に摂ることで、2型糖尿病、非糖尿病の人で20%血糖値の上昇が抑えられたという研究がこちらで紹介されています。ただし複合炭水化物(主食に食べる炭水化物)には効きますが、砂糖やはちみつの単純炭水化物には効果が見られないとのこと。寿司飯には酢だけでなく、砂糖もたっぷり入っているので、酢に依る血糖値を下げる効果は期待できないということです。

http://www.drperlmutter.com/vinegar-may-lower-blood-sugar/

 

 ********

 

 FBで見るLCHF界で他にも褐色脂肪細胞の話題が出てきました。次のブログに続く(予定)。

https://www.theatlantic.com/health/archive/2017/03/toxic-fat/518976/

 brown adipose is full of iron-rich mitochondria that are metabolically active. These cells burn energy instead of simply storing it. Having more brown fat is generally healthy, encouraging its formation hasn’t proven easy. As NIH director Francis Collins wrote in 2013, figuring out how to transform some of our white fat into brown fat “may be the first step toward developing game changing treatments for diabetes and obesity.” 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170315-OYT1T50092.html?from=ytop_ylist 

 

 ヨミウリオンラインに 阪大チームががんを兵糧攻めにする化合物を開発したと出ていますが、これってケトジェニック がんセラピー研究の第一人者 T.Seyfriedが欲しかったもの、ケトジェニックダイエットだけでは、がんへのグルタミン補給が抑えられないので、これを阻害するものが開発されれば、もっと有効ながん治療になるとどこかで発言した、それでしょうか?

 記事が正しいとして、臨床試験が来年から実施されるのですが、ケトと併用では、その化合物単独の効果がわからないので、併用はさせてもらえないでしょうね?患者さんではとにかく今が大事なのに、、、、。

(追伸)ここで渡瀬恒彦さんの訃報、夏目雅子との共演<時代家の女房>は特に好きでした。

侵襲が少なく、より効果的ながん治療が広まるように願いながら、合掌。

*******

スプラウトたちは赤キャベツ以外は順調。

 

 

 

2日前には釣り人さんから鱒を貰って、さしみ。それのツマにもやし風かいわれ大根食べました。

しっかりぴりっと辛い。日本式のも日に当てて順調に緑化しているので、今日食べるつもり。

でも根がすごく伸びていて、どうなんでしょう?栄養的には。もやし風と日本風、両方栽培しようっと。貝割れ大根、種が大きいので、とにかく簡単。ブロッコリや赤キャベツはとても小さいので扱いにくい。そこで発芽してすこし大きくなるまではティーポットを使ってます。写真は10分間の浸水。この後、水を切る。茶漉しも目が細かいから便利。2,3日の発芽後、ザルか器に入れてよく水を切ります。1日に2回水で洗って、容器も洗って、超簡単です。写真右に赤キャベツの容器は水がたまり易く、うまく行かなかった。

 

 釣り人さんですが、いちども太ったことがないガリガリ君。食事は90%炭水化物!笑

それでも雨の中で長時間川釣りでもけろり、風邪もひきません。恐るべし褐色脂肪細胞の多い人(勝手に私が決め付けているだけですが)。思春期、或いはそれまでに太ったことのある人ではそうはいきませんね。私は、糖質制限→ケトジェニック→インスリンから最近は脂肪細胞に興味が移っています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 この画像は先日BBCの番組がTV1で放映されたものですが、シリーズではなく2回だけでした。画像は前々回のブログの最後にも載せたのですが、ネットで検索すると断層画像とかイラストしかヒットしないので、もしかしたら珍しいのかも。

 

 画像の主は71歳の白人女性、TVジャーナリスト、スポーツも好み、心身ともに活動的な生活をしています。BMIも正常範囲、数字では肥満はないはず。食生活では砂糖、脂肪を控える、所謂ヘルシーダイエットをしていました。

 

 しかし皮下脂肪は少なく筋肉は多い、ものの、内臓脂肪がたっぷり。肝臓の下にべたーっとあるのがそれ。内臓脂肪、通常なら2リットル以下なのに、6リットルか7リットルもあるよと、画像を解説してくれるドクターに指摘されました。

 

 この内臓脂肪たっぷりは所謂リンゴ型肥満。閉経後の女性では女性ホルモンの減少で、男性と同じタイプになる危険があるのですね。女性は皮下脂肪が多い洋ナシ型肥満と安心してはいけませんね。

 

 それにしてもよく運動もし、彼女のしていたヘルシーダイエットで、なぜこんなに内臓脂肪が増えるのか、これはこれからの研究課題だということですが、砂糖を控えてもでんぷんが多い、また低脂肪のダイエットのおかげとローカバーならわかるはず。

 

 番組ではでんぷんの摂りすぎの話は出ず、彼女は今後レンズ豆やひよこ豆を多く摂る、特にオレンジ色のレンズマメを週に1kg、キーは食物繊維なので、レジスタントスターチやイヌリンにも期待をかけるそうです。これが新説(珍説?)なのですが、<大腸から酸が滲み出て内臓脂肪を減らす>というのです。

 

 大腸から滲み出るのはリーキーガット?、いえ宇野先生は大腸はもともとそういう構造らしいとブログで解説されていた記憶があります。これは確かなようです。グルテンがリーキーガットを引き起こすわけではないのでした。腸に繁殖したカンジダとかもしみ出るのでしょうか?気持ち悪い。ただし食物繊維が良いと言っても身体に合わない人もいるので、無理はいけませんよね。

 

 6ヶ月後に変化があるかどうか確かめるようなので、ぜひ続編を作ってほしいですね。

 

 脂肪細胞については白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。内臓脂肪になるのは白色脂肪細胞ですね。

Wikiの脂肪細胞の説明は難しいですが、デンプンや過剰蛋白質が変換した中性脂肪が脂肪細胞に溜まり、どんどん膨らむ。これが悪いのですが、そしてそれも一杯になったら脂肪細胞が分裂して増えるようです。その結果が彼女のおなか、、、、、。

 

 インスリン抵抗性とは深く係わるので、もちろんインスリン濃度の低い状態を長く保つのも大いに予防、改善に効果があるでしょう。

 

 太りやすい人は褐色脂肪細胞を活性化させる寒い環境での有酸素運動などの身体的なアプローチ以外にも、金沢大学の研究グループが最近発表したスルフォラファンにその効果があるというもの。だから私もスプラウト栽培始めたわけですが。日本では貝割れ大根のスプラウトがとっても安価なので、これをたっぷり食べても有効です。貝割れ大根にはメラトニンが含まれるので、安眠のためにも良いですね。我が家のは間もなく食べれそうです。これからだんだん緑化させていきます。

 

 糖尿病ネットワーク 

 http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017/026591.php

 

 脂肪細胞については金沢市医師会の出しているこの説明がわかりやすいです。

http://www.kma.jp/ishikai/ishikai_0060.html

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。