ダニーデンでローカーボ、ローインスリンライフ

ニュージーランドで海外アーリーリタイアメント
ローカーブ 低インスリン生活に取り組む


テーマ:
 私が長年実行している自彊術では、従来の糖尿病食(カロリー制限食)で改善しなかった人が、食事療法はそのままで、自彊術でHbA1cが改善したという体験が報告されています。それは自彊術で全身の関節、筋肉が使われることで自己インスリンの効きがよくなるからと思っていましたが、昨日の<試してガッテン>で、正しくガッテン!
 
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170215/index.html

(以下抜粋)「骨ホルモン」は、今世界中の研究者が大注目している新物質。骨を上手に刺激すると骨から大量に放出されて全身へ運ばれ、脳や肝臓、すい臓、腎臓など、様々な臓器を活性化してくれることが分かってきました。 逆に骨ホルモンが少ない人は、糖尿病や動脈硬化などを引き起こす可能性があるので要注意!(抜粋終わり)

 自彊術の最後の31動で<かかと落とし>を10回します。推奨の1日2回では計20回、番組の30回には足りませんが、全身運動が加わるので、効果はすごくあるのでしょう。この31動は骨粗鬆の予防になるので、と習っていましたが、まさかインスリン分泌の改善、インスリン感受性を高める効果もあるなんて、やっぱりすごいわ、自彊術。
 
 自彊術ではこの<かかと落とし>の際、特に下腹をしっかり閉め(肛門を閉める)ないと痔になると注意しているので、どうぞ気をつけてください。舌をしっかり上アゴをつければ大丈夫です。<ん>の発音をしている状態ですね。
 
 <かかと落とし>夫もこれくらいなら毎日続けてくれそうです。
 
 自律神経を整えるための迷走神経刺激になる口ぱくぱく、このかかと落とし、ほんの少しの刺激、これらを1日数分を心がけるで、大きな健康効果が得られる、食事療法も大事ですが、やはりこちらの方が私は好き。さあ、ダニーデンに戻ったらサボっていた自彊術でしっかり体と向き合おうと思います。
 
******
ガッテンのこの放送についてはこちらのブログに詳細があります。
一部抜粋

膵臓に働きかける骨ホルモンですが、もちろん人体の他の臓器にも良い影響はあたえています。

 

⇒認知機能を改善

肝臓⇒肝機能をアップ

心臓⇒動脈硬化を予防

小腸⇒栄養を取り込やすくする

精巣⇒生殖能力を向上させる

腎臓⇒血液をきれいにしてくれる働きを促進

 

(やり方)

背を伸ばして、ゆっくりと真上に大きく伸びあがり、

ストン!

と大きくかかとを落とすこと。(1日30回以上)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
 MCTオイルパウダー、無事10日以内に届きました。
 それで安心して、ココナッツオイルを試してみたい友人にココナッツオイルパウダーを贈る手配をしました。
 この友人の母上に認知症があり、でも身の回りのことは出来ていた、けれど最近風邪で発熱し、入院したところ、軽い脳梗塞を発症してしまったのです。
 私は以前からココナッツオイルを試されたら良いのに、とは思っていましたが、直接勧めるのは躊躇していたところ、友人から意見を求められたので、これ幸いとばかり、試す価値はあるよと応じたのです。冬場は固まって扱いに困るので、パウダーはとても重宝すると思います。せめて、友人の母上が入院前の状態に戻られますように、、、、。
 
 軽く話題にするならともかく、今困っている人に何かを勧めて、迷惑に思われることもあるでしょう。
 先日以前に大腸がんを手術した友人と会いましたが、体調、経済状態(体調が悪いから働けない)とも、今生きているだけで精一杯な様子。食生活を変えるとか、体操をするとか、新しいことにチャレンジするにもエネルギーは要るわけで、私が共に暮らして一緒に面倒をみるくらいの関係でなければ、迂闊に何事も勧められるものではないと思いました。こういう人にはまず医療大麻で体の辛さを取ってあげることこそ必要です。日本ではまだまだ不可能なようですが、黙っていては進まない。一刻も早く保険医療内で医療大麻治療が受けられますように。
 ケトジェニックセラピーはがんセラピーなら長期に続けなければならないし、経済的にも、身内の協力も余裕のある人に限られますね。
 
 追加、ですが、最も書き記したかったのはこれ、日本での主治医が決まりました。
以前から糖質制限派のこの先生に診てもらえたら!と思っていたんですが、転職されて大阪でも勤務なさるのです。願いが通じたのかしら。この先生なら、もし私が大病をしたらベストな治療法をあれこれと一緒に探っていただけるはず。
 今回私は基礎インスリン値を調べたかったのですが、結局どこにもトライせぬまま。次の帰国では必ず、K先生にお願いしようっと。これもまた次回帰国の楽しみができました。
 *************
 
 さて本題ですが、いつも糖尿病情報を参考にしているメンドーサさんの記事。
 セレンの摂取で糖尿病リスクアップの可能性があるそうです。
 確かに以前からセレンに関しては糖尿病のリスクありの説はありました。でも抗酸化物質であり、抗がん効果あり、肌に良いとかも言われているので、摂りすぎないように、セレンを多く含むブラジルナッツは1日1粒食べていたのです。
 
 しかし記事によると、2016年12月に発表された、アメリカのいくつかの州に亘った研究(対象1800人、12年間)、1日200マイクログラムで結腸直腸がんの予防になるか、では、残念ながら効果は見られず、それどころか、62歳以上の人では糖尿病の罹患率が2倍以上であったそうです。
 
 サプリメントでなくてもブラジルナッツ中1粒で約96マイクログラム、またマルチビタミンサプリメントには100マイクログラム以上含まれているのがあります。他の食品にも含まれているので、容易に摂りすぎになる危険がありますね。
 
 ところでセレンがなぜ糖尿病リスクをあげるか、(In 2007) the journal Diabetes Care published “Serum Selenium and Diabetes in U.S. Adults.ではセレンは時に活性酸素を生成する、それがインスリン抵抗性を高め、膵ベータ細胞に影響するのではと推察しています。
 
 まだ不明な点は多いのですが、とりあえず(いつものごとく、触らぬ神に祟りなし)摂りすぎには要注意。ブラジルナッツ、食べるのはやめようかな。
 
 でもセレンって一般には抗酸化作用があるのに、活性酸素を生成することがある。これが糖尿病に繋がる可能性があるのなら、福田先生のブログの
(一部抜粋)<活性酸素の産生を高める方法(ジクロロ酢酸、メトホルミン、2-デオキシ-D-グルコース、ケトン食、スリンダクなど)>
 メトホルミンやケトン食が活性酸素の産生を高める?メトホルミンは糖尿病の薬なのですけど、これでインスリン抵抗性が高まるの?、、、。またケトン食でもインスリン抵抗性が高くなったり、糖尿病になったという話も私の知る限りではないわけで。非常に混乱します。
 
しかしとりあえず抗酸化サプリメントを健康な人が摂るのはやはり慎重にしたいです。
 以下一部抜粋します。
<少なくとも、細胞に備わった抗酸化システムの働きを高めることは健康や抗老化や寿命延長や発がん予防にプラスになります。
問題は、抗酸化剤をサプリメントとして外来性に補充する場合です。
多くの人は、「抗酸化作用のある食品やサプリメントを多く摂取すると、老化や病気の予防につながる」ということは理論的に正しいと考えます。
抗酸化作用を唱った健康食品やサプリメントが多数販売されていますが、その宣伝文句は、「抗酸化剤は体の活性酸素を消去して、活性酸素の害を減らす」という点を強調しています。
しかし、外来性の抗酸化剤の補充が健康に悪い影響を及ぼすことは最近の多くの研究で証明されています。抗酸化性のサプリメントが寿命を短くし、がんの発生を促進することが報告されています。>
 
追加
福田先生のブログ
<抗酸化剤摂取の2面性>
カロリー制限や適度な運動、2-デオキシ-D-グルコース(2-DG)、メトホルミン、レスベラトロールはミトコンドリアでの呼吸活性を上昇させ、活性酸素種の発生を増やす。その結果、細胞は転写因子のFox03aやPGC-1α(ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γコアクチベーター1α)やNrf2の活性を高め、抗酸化酵素や解毒酵素の発現を高め、ストレス抵抗性を高めて、加齢関連疾患の発症を抑制し、寿命を延ばす。一方、過剰なカロリー摂取や過度の運動は活性酸素の産生が増え、細胞膜やDNAの酸化傷害を高め、加齢関連疾患を促進し寿命を短縮する。抗酸化剤の摂取は、酸化傷害を防ぐ場合と、ホルミシス効果を弱めてストレス抵抗性を弱める場合の2面性がある。
 
←(生体に良い活性酸素) カロリー制限や適度な運動、2-デオキシ-D-グルコース(2-DG)、メトホルミン、レスベラトロール
←(生体に悪い活性酸素)過剰なカロリー摂取や過度の運動←過度の運動の後に、発生した活性酸素の害を軽減する目的で抗酸化剤を摂取するのは意味があるかもしれません。
しかし、日頃から過剰の抗酸化剤を摂取していると、むしろ細胞の抗酸化力や解毒力などのストレス抵抗性を弱めて、酸化傷害を受けやすい状態になる可能性があります。
←フラボノイドなどのポリフェノールは抗酸化作用以外に、様々な薬理作用を持つので、有用性と有害作用は総合的に判断する必要があります。
 
*******
もう2年も更新が止まっているバジルさんのブログ。
この方はずっとがん予防にVCを摂っていましたが、がんになってしまいました。
再発後にはケトジェニックダイエットもしましたが、我慢が続きませんでした。その後急激に悪化したように見えます。私には日本から糖質制限材料(グルテンを含む)など取り寄せられてから崩れだしたように思えました。もし自己流でトライしたい人(女性は特に)はバジルさんの貴重な体験も生かせていただきたいと願います。
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
最近はココアに入れて美味しく楽しんでいる、MCTオイルパウダー。
残り少なくなって来たので、購入手段を探っていると、こちらのサイトから購入できるのがわかりました。
 
早速ポチり。商品価格 3040円、日本への送料1174円。
10日ほどで着くそうです。ココナッツオイルパウダー(1223円)も発売されていて、これは寒い時期には嬉しいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
 最近の新井先生のFBのコメント
(動脈硬化治療についてSGLTー2阻害薬を使われる件に関して果たして) ケトン体が高いと、合併症が改善するのではという相関関係に触れる説も出てくるでしょうが、低インスリンであれば高ケトンとなります。因果関係で言えば、ケトン体より低インスリンということになります。
←LCHFに加えて脂質をより多く摂るか、ケトンサプリメントを摂ってケトン値を上げるか、SGLTー2阻害薬で上げるか、(ファスティングも)
治療する対象に依って異なるのかもしれません。
 
*******
前回は特に代謝に問題のない人のケトンレベルについて述べましたので、治療用のケトンレベルについて、
から軽くまとめます。ここではよりインスリンレベルを低くすることにフォーカスされているように思えます。
 
 インスリンレベルは血糖値より、代謝的に健康か否か知る指標になります。
 血糖値が正常でもインスリンレベルが高い場合もあります。
 インスリンレベルを下げるダイエット(低糖質、適切な蛋白質量)で、血糖値が下がりコントロールが良くなると、インスリンレベルは下がり、ケトン値は上昇します。
よってグルコース ケトン の比率(GKI)は良い代謝の指標になります。
 
 GKIが1は常々 <こたろうさんのブログ>で解説されているがん治療の目的にされる比率です。
 GKIが10で低インスリンレベルと考えられます。
 
HbA1c average blood glucose ketones GKI
 (%)  (mmol/L)  (mg/dL)  (mmol/L)
low normal 4.1 3.9 70 4.0 1.0
optimal 4.5 4.6 83 2.4 1.8
excellent < 5.0 < 5.4 < 97 > 0.3 18
good < 5.4 < 6 < 108 < 0.3  
danger > 6.5 7.8 > 140 < 0.3
 
 ケトン値だけでは、脂質をうまく使えない状態では血中に脂質が増え、インスリン抵抗性が高まる可能性があります。なので、血糖値が低ければ、インスリン抵抗性も低く、インスリンレベルも低いことに繋がります。
 
 まあ、インスリンレベルについては、白人のようにインスリンが多く、太りやすい人種に比べて、日本人はそういうことも比較的少なく、また歳を取るにつれ、インスリン分泌も減ってくるし、新井先生が指摘されるように、インスリン分泌が少なくなった2型糖尿病ではもっと気楽に考えても良い、ケースバイケースと思います。
 
 ******
2月27日
 FBより
(福田先生)癌細胞の成長に糖は不可欠ですが、癌細胞にはSGLT2というグルコース輸送体が発現しておりSGLT2を介して糖取り込みが起きています。マウスの膵臓癌および前立腺癌モデルでSGLT2阻害薬(カナグリフロジン)を投与すると癌細胞の成長が抑制されることが図より示されています。さらにSGLT2阻害薬(カナグリフロジン)+抗がん剤(ゲムシタビン)を併用するとさらに癌細胞の成長が抑制されていることが示されています。
新井圭輔先生もすでにされているようですが、ビタミン、ケトン療法に、SGLT2阻害薬(抗糖尿病薬)の併用も有効です。
 
(新井先生)SGLT2阻害薬は、腎臓尿細管に作用することを想定して投与しているわけですが、この文献のすごいところは、がん細胞がSGLT2を自らの細胞膜に発現させて、糖の取り込みに使っているということです。したがって、SGLT2阻害薬は、体外に癌の餌である糖を排泄させるだけではなく、がん細胞の糖の取り込みを直接阻害するという作用が想定できるという話です。
 
1月30日 FB 
(新井先生)
 

SGLT2阻害薬は、がん細胞の糖の取り込みを直接阻害することがある』

Scafoglioらは膵臓または前立腺がんにおけるSGLT2の機能的発現を検証し、SGLT2阻害剤がグルコースの取り込みを阻害し、膵臓ガンの異種移植片モデル(マウスに移植したヒトのガン組織)における腫瘍の成長と生存を抑制することを確認しました。

以上はコピペ。

以下は私の解説
かつて、私の症例でも、腫瘍の増殖が綺麗に抑えられた症例があった。この症例は、そのエビデンスであろうと考えている。

SGLT2阻害薬をすべての癌患者さんに、毎日内服してもらうようにするつもりである。

今までは、高価なこともあり、1日おき内服が多かった。

 

(宗田先生)SGLT2阻害薬は、いずれ抗がん剤になるのではと思われます。
その本質は、このようなダイレクトな効果と糖質制限+ケトン体ではないでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 最適なケトン値を巡っては様々な意見がありますが、最近特に糖質制限のメリットはケトーシスになって、ケトン体を有効に使えてこそ(だから1日120gのカーボではあまりメリットがない)であるとか、高ければ高いほど良いと賞賛されるのは私としてどうかな?と思いところ多々あり。optimising nutrtionさんのブログにちょうど私の気持ちにぴったりなエントリーが出たので、概略を記していきます。グラフや写真などこちらから見てくださいね。

 

https://optimisingnutrition.com/2017/01/15/how-optimize-your-diet-for-your-insulin-resistance/

 

 まずケトジェニックダイエットの有効性を著した教科書的な本(Art and Sciece of LowCarb)2冊目 Low Carbohydrate Performanceに掲載されているグラフから有効なケトン値を目安にされることが多いです。だいたい1.5mから3mM(これ以上は治療に使うレベル)で、この値は何をベースにしているのか?

 

 この数字を出すためには一般的には糖質制限だけでは無理で、数日の断食、あるいは余分に脂質を多く摂る必要があります。

 

 optimising nutrtionの筆者はオーストラリア ブリスベン在住の人で、2冊の本の筆者の一人Steve Phinney はLow Carb downunderのイベントに招待された際、筆者の家に宿泊したそうです。ブログに証拠の写真もあります。なので直接にこのグラフは何をベースにしているかと尋ねました。すると2つのスタデーがベースで一つはサイクリストのパーフォーマンス、もう一つは体重減少の効果から導き出されたとの答え。

 

 出版以後、彼は十分に有効的にトレーニングを積むアスリートではケトン値は想定されるより低く出るのに気付きました。

 

 つまり代謝がフレキシブルな人では脂質を取り出し、効率よく燃やせるので、エネルギーが必要な時に応じて遊離脂肪酸やケトン体を血流に取り込みます。よって代謝が健全に働く人では蓄えた脂肪から必要な分を供給できるので、敢えて高グルコースや高ケトンである必要はないのです。

 

 長らくケトジェニックダイエットをしている人や代謝が正常な人では彼らが推奨する1.5mから3mMより低いことも多いでしょう。

 Phinneyはケトン値の高さを競うようなことは禁じていますし、無理に高くしようとして、低インスリン(超低糖質に超低タンパク)に拘りすぎると除脂肪筋肉まで減る危険があると警告しています。

 

 筆者は血中にケトン体があれば高インスリンではないことは示されるが、ケトン値の高低が何を意味するか、理解するのは難しいと思っています。

 

 ****

 

 まあ、とりあえず例のグラフが代謝の正常な人に有益なケトン値を示しているわけではないようです。

 

 インスリン抵抗性の強い人や多くの脂肪を摂るのが勧められる人は下記に多く該当する場合で、あまり当てはまらない人ではより脂肪を多く摂るより、より栄養価の高い食事にファーカスした方が良さそうです。ある程度体重が落ちて、止まってしまった人も含めて。

 

1、がん、てんかん、認知症、アルツハイマー、パーキンソン病、インスリン抵抗性がすごく高い人、トラウマ的な頭部の怪我をした人など

1、糖尿病の人(私の意見ですが、日本人に多いインスリン分泌の少ないタイプは別)

1、HbA1cが6.4以上

1、空腹時の血糖値が126mg/dL以上

1、食後血糖値が200mg/dL以上

1、中性脂肪とHDLコレステロールの比率が3以上

1、中性脂肪が100mg/dL以上

1、血中のケトン体が0.3mmol/L以下

1、空腹時のインスリンレベルが20 uIU/mL以上 

1、CRPが1.0 mg/dL以上

1、蛋白質だけをたっぷり食べて血糖値がすごく上がる

1、内臓脂肪たっぷりの大きなお腹である

 

 結論 我が家は<血中のケトン体が0.3mmol/L以上>にしていれば良いわけですな。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。