ダニーデンでローカーボ、ローインスリンライフ

ニュージーランドで海外アーリーリタイアメント
ローカーブ 低インスリン生活に取り組む


テーマ:

 ダニーデン市の中心部の水道水汚染事件が発生。

幸い我が家の地域は大丈夫なのですが、中心部のレストランでは閉めているところもあるとか。休業補償なし?本当にビジネスするのは難しい国。

 

 店が開いていてもちょっと不安があるので、しばらくはお家ご飯。

 

 今日は豆ヌードルを使おうか。

 この栄養情報では炭水化物とファイバーが別々に表示されている。一般には別々にするなら炭水化物量にはファイバーは含まれないないのだけど、100gあたりを合計すると100g以上になるので、この場合は含まれていることになって、とてもややこしい。

やや糖質が多いけれど、今日は夫はプールに行ってくれたのでOK.

 

 前々回のエントリー、<ゼロカロリーでも太るわけ>

https://ameblo.jp/manuka2010/entry-12301139668.html

 

で宇野コラムの記事を紹介しているように、カロリーのないファイバーでも大腸で発酵してエネルギーが生成されるので、血糖値にすぐ反映しなくても、エネルギーを取り込んだことになる。なので、炭水化物にファイバーも込みなのは、ケトジェニックダイエットでも込みで計算する。

日本の糖質制限では今でもファイバー抜き。しかし糖質制限でよく使われるエリスリトールでも発酵するので、痩せたい人には要注意。

 この記事も

<宇野コラム、公開質問に対する回答>

http://blog.livedoor.jp/yoshiharu333/archives/50585475.html

もご参考に。

 

 宇野先生が実際に患者さんで体験もされていることなので、それは正しいと思う。

 ではこの場合、Dr.Fung仮説、インスリンが出るから太る、は当てはまらないことになりますが?さてさて。

 

 そして、わたしのお腹のお肉が増えた件ですが、意識すればきゅっきゅっと締められるので、筋肉かも知れない、という希望的観察。

だって舌を上顎につけていれば背中は伸びて、常時筋トレ状態!なんですから。

 

 もうすこし体重を増やして今後の心(というか腸と脳)身共に健康に、老けないための3,4日のファスティングに備えたいと思いますが、我が家では絶対無理。やっても部屋でだらーーーっとするだけ。できれば公的な施設できちんと健康、運動管理されているようなのが希望です。日本では2025年までに老人が増え続け、その後下降する、老人施設も余ってくるらしい。そういう場所をぜひ断食健康道場として活用してもらいたいものです。

 

 市の中心地オクタゴンのDunedin Social Clubのインテリアの一部には壁画アートの写真が利用されています。なかなかのアイデア。

この芋皮鴨脂揚げを食べた帰り道(1時間ほど)は足が軽くて、糖質の威力?あるいは私が単にケトン、脂肪酸を上手に使える状態にはなれてないってこと?

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 高かったブロッコリー、今日はようやく2ドルで購入。

TVのニュースショーからちらっと聞こえた、

ブロッコリーを茹でる時にマスタードパウダーを振りかけると損失したのを取り戻せるとか?

 食べる時にマスタードをかけるのはやっているけれど、茹でる時に使う方法は知らなかった。

 スルフォラファンはがん予防に、また糖新生を抑える効果があるらしいので、我が家ではスプラウトはかさないようにしてますが、少しの知恵で増やせるならそれに越したことはない。特に夫優先になるので私の分は十分ではなかった。

 

 で、検索すると

http://healthyhabitshub.com/how-to-cook-broccoli-without-losing-anti-cancer-agents/

 

 一つの方法は調理前にカットした状態で1時間放置。以前に5分という情報をみて、ブログに書いたけれど、1時間が正しそう。

 それと、調理の終わりにマスタードシードパウダーを振りかける方法。だから茹でる時は茹で上げる前にすれば良いのかな?

もしこの記事を読まれた方で私の解釈が間違っていたら教えてください。お願いします。

 また調理したブロッコリーに少し生を混ぜるのも効果ありとか。

(もちろん生で食べるのが、一番だけど)

農薬が心配な人は塩水に5分浸けてゆすぐ。

 

 早速1時間放置と茹でた最後にマスタード振りかけ、やってみます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本日(13日)の朝からびっくりは、日本のウェンディーズが発売しているワイルド ロック、バーガーのバンズの代わりにビーフパテイ、間にベーコンエッグとローカバーには垂涎のファストフードの記事がFBで英語のローカバー界で取り上げられてたこと。ニュージーでもやってくれませんか?

 発信元は日本の情報を英語で発信しているサイト。

http://en.rocketnews24.com/2017/08/10/wendys-japan-replaces-bun-with-meat-in-new-sandwich-touts-its-low-carb-nutritional-merits/

 

へええ、こんなサイトがあったんだ。

こういう試みは良いですね。今まで日本からの情報発信が少なすぎた。

 

*******

 

 先週末は小春日和で、植物をうろうろと街中オクタゴンのバーへ歩いていったりして、久々にたっぷり歩きました。

 この新しいバーはメインが15ドルととってもリーズナブル。

 シンプルに250gビーフステーキとサラダ。コレが嬉しい。

 そして私のお目当ては、鴨脂でかりっと揚げた芋皮。添えてあるドレッシングも甘くなくてとってもおいしかった。芋皮はたぶん蒸したジャガイモを半分に切って、中身をくり抜いたもののよう。もっとスキニーでも良いのに。フレッシュローズマリーがちらほらふりかけてああったけど、もっと欲しい。今度食べる時はドライを持参しようと思う。

 

 しかし食べ過ぎてその夜はあまり良く寝れなかった。私が3分の2食べたのだけど、多すぎ。たぶん夫とふたりならもう頼まない。

 ビールは私の大好きなエマーソンのBird Dog(IPA)がタップにあり、ジョグでもOK。今回は1グラス(9ドルとこれもリーズナブル)ずつにしたけど、次回は絶対ジョグ(3グラス分?23か24ドル)ですな。

*******

 

 さてさて、最近お腹にしっかりお肉がついてきましたぜ。

体重は47kg、多分2kg増えて、それがお腹に。48kgまで増やしたいのでそれは嬉しいのだけど、日本で買って来たユニクロのタイツというかレギンスのMサイズがちょっときつくなって来たのはやばい。今度Lサイズを買わないと。

 

 原因はたぶん毎晩のオーツ。でも25g(炭水化物17gほど、ファイバー込み)だけなのに?

 

その疑問は宇野コラムの8月12日のエントリーにありました。

http://blog.livedoor.jp/yoshiharu333/archives/50564154.html

<糖尿病とFODMAP>

 

 ファイバー自体はゼロカロリーでも大腸で発酵して短鎖脂肪酸が生成される。短鎖脂肪酸はケトン体のβヒドロキシ酪酸と似た者で大腸ガン予防効果があるとされている善きものですが、多すぎてはエネルギー過剰になります。私の腸にいる子達はどうも活発なようで、少しファイバーを増やすだけでたっぷり生成してくれているようです。いつからなのか、多分レジスタントスターチやパン糠の漬物、KOMBUCHAのTバックなど積極的に摂った時期があって、それ以後、変わった。今こういうのを摂ると便通がよくなり過ぎる。

 

 もしかしたらその子たちをもっと調教してわずかの食事で栄養が賄える体になるか?????凡人すぎてとてもトライする気になれません。

 

 止まれ、体重を落としたい人はゼロカロリーを安心してはいけません。血糖値は上がらなくてもこんな落とし穴がありますよ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 何年前だったでしょう。Youtubeでこれを観たのは。

2011年のフランスのドキュメンタリーで、日本ではNHKBSで2013年に放映されたようです。

https://www.youtube.com/watch?v=oA-eI2WQLRU

 

 これを観た時はちょうどケトン体を知りだした頃で、皇帝ペンギンの絶食時の変化、絶食24時間で蓄えられていた糖が使い切られ、蛋白質で糖(赤血球と脳のため)、脂質からケトン体(脳とエネルギー)が産生される、このとき蛋白質は極力節約され4%のみ、96%が脂質からというのに凄く惹かれました。

 

 ここではオートファジーの概念は語られていませんが、絶食後に使われるタンパク質の中には膵臓の外につくアミリンの変形したものや、白血球やらもエネルギーとして利用されることは前回のエントリーで取り上げています。

 

 それにしてもロシアやドイツで絶食療法の効果が示されているのに、日本でもニュージーランドでも、公的な施設で取り組まれている話はとんと聞きませんね。

 

 先日はこちらのテレビニュースで地元ダニーデン病院で乳がん手術5年待ちの人が、待っている間にがんが進行したと訴えていました。強制的放置療法!酷すぎます。標準医療だけでまかないきれないならば、他の治療も取り入れる統合医療にも力を入れてもらいたいものです。

 

 もちろん医療大麻についても積極的に進めて欲しい。

 一応次の選挙ではどの党も医療大麻合法化は公約にあげていますが、合法化されてもすぐにうまく利用できない。カナダがその例で、今後は必要な人は自家栽培できるようになるらしい。ニュージーランドでもぜひその取り組みが欲しいです。

 

 夫が緑内障の初期でまだ点眼は必要ないのですが、この薬にも喘息などの副作用があるそうなので、できれば使いたくないです。この薬の代わり大麻は有効とされています。

 また私は一度GPで睡眠薬をお願いした経緯があるので、ここを訴えて使える可能性はあると思っています。葉っぱをサラダで食べる、それが私の目標。

 

 

 漢方がんを考えるの福田先生は果敢にも日本での合法化のために医療大麻のがんへの効果を解説しておられますが、552回のブログhttp://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/d4a8eaf4b75971f3d7e1592e2809d1ea

の最後に精油のβカリオフィレンについて述べられています。この成分はローズマリーなどのハーブやスパイスにもあり、花ではシクラメンで得られるそう。シクラメンの原種は匂いがあるのに、花びらを大きくするように交配の結果、香りがなくなったとか。今では香りのある品種もあるとか。で、ガーデンセンターでくんくん試したら、やはり香るのと香らないのがありました。3つ選んで買ってみました。すこしでもヒーリングになるかしら。

 

 

 以前から目のためにルテインを気にしてますが、これは脳にも良いとか。赤パブリカが高いので、もっぱらパウダーを使ってますが、これでも有効みたい。でもβカリオフィレンがあるかどうかは不明です、、、、

 

 パブリカパウダーの健康情報はこちら。知り合いのすっごく頭の良いハンガリー人がハンガリーではこれをばんばん使うって言ってました。私も最近ばんばん使ってます。

http://www.anteaoxidant.com/herb_spice/paprika.html

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

追加

 3日間の断食で免疫システムが再生される。

 もしがんになったら絶対やらないと。その時のためにも常々体力をつけておかないとね。

 http://www.telegraph.co.uk/science/2016/03/12/fasting-for-three-days-can-regenerate-entire-immune-system-study/?utm_campaign=socialflow&utm_source=facebook.com&utm_medium=social-jp

 

 

おなじみのロンゴ教授でした。ファスティング中に糖と脂質が使われるけれど、白血球も多く使われるのだそうで。その結果免疫システムが再生されるそう。

 

 半年(か、それ以上)空けて、このファスティングを取り入れると老化とがんの抑制になります。

 

 また抗がん剤治療の人はそのダメージを72時間のファスティングで回復できる。

 

 もちろん72時間も絶食するのは無理な患者さんもいる、など批判的な意見もありますが、ロンゴ教授の元には良い結果報告が多くよせられています。今後出るトライアルの結果が待たれます。

 

********

昨日のエントリーに関連して。

 オートファジー機能低下が2型糖尿病の発症や悪化に影響するという順天堂大学、大阪大学、メイヨウクリニックの共同研究がありました。

 

 <オートファジーがアミロイド毒性を制御する>

 

 https://www.juntendo.ac.jp/graduate/pdf/news12.pdf

 

やはり過食、頻回食は良くないですね。

一度3日ほどの断食を経験してみたい。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。