ダニーデンでローカーボ、ローインスリンライフ

ニュージーランドで海外アーリーリタイアメント
ローカーブ 低インスリン生活に取り組む


テーマ:

今朝の霧が晴れてきたところ、とても美しいダニーデンの秋です。例年ならベランダの花はもう咲いている時期なのですが、ようやくつぼみが膨らんだところ。やはりこの冬は例年より寒かったようです。

 

 

 

http://www.thefatemperor.com/blog/2017/2/28/deep-dive-time-if-you-want-to-know-the-deeper-mechs-of-insulin-versus-cholesterol

 

さて脂肪細胞ですが、この講演の内容は私には難しすぎる。

ただ1972年からインスリン抵抗性によるインスリン過剰がほとんどの病気のルーツと説くDr.Kraftは正しいのですが、インスリン抵抗性が起こる前に内臓脂肪の肥大化、増加があると言っているようです。

 

 所謂、英語のマフィントップ(左)より、日本で言うリンゴ型(右)が問題なのです。

 

この中身はこれですね。

 

*******

 

(18日 記)

インスリン抵抗性が起こる前に脂肪細胞の増加があるについては日本語ではこれが詳しく書かれています。これも私には難しすぎるのですが。

http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/kamata%20(adipocyte)--2.html

一部抜粋

インスリン抵抗性になった時点から話を始めているが、この項ではインスリン抵抗性になるそもそもの始まりについて記述する。一部、遺伝的な病因を除けば多くの2型糖尿病の原因は脂肪細胞の肥大化、特に腹部内臓脂肪細胞の肥大化によってインスリン抵抗性の状態となる。

一部抜粋

アディポネクチンは、TNFαや遊離脂肪酸と異なり、インスリン受容体の感受性を上げる(インスリン抵抗性を減弱する)作用がある。

 

アディポネクチン、最近はあまり聞きませんが、夫が糖尿病発覚した頃(2009年頃)はアディポネクチンの話題が多く、私もせっせとアディポネクチンやオスモチンが増える食品を調べたものです。

 

 内臓脂肪の増加予防にはアディポネクチンやオスモチンが摂れる食品を食べること、そしてやはりビネガーは有効なようです。食事の時に10gのビネガーを一緒に摂ることで、2型糖尿病、非糖尿病の人で20%血糖値の上昇が抑えられたという研究がこちらで紹介されています。ただし複合炭水化物(主食に食べる炭水化物)には効きますが、砂糖やはちみつの単純炭水化物には効果が見られないとのこと。寿司飯には酢だけでなく、砂糖もたっぷり入っているので、酢に依る血糖値を下げる効果は期待できないということです。

http://www.drperlmutter.com/vinegar-may-lower-blood-sugar/

 

 ********

 

 FBで見るLCHF界で他にも褐色脂肪細胞の話題が出てきました。次のブログに続く(予定)。

https://www.theatlantic.com/health/archive/2017/03/toxic-fat/518976/

 brown adipose is full of iron-rich mitochondria that are metabolically active. These cells burn energy instead of simply storing it. Having more brown fat is generally healthy, encouraging its formation hasn’t proven easy. As NIH director Francis Collins wrote in 2013, figuring out how to transform some of our white fat into brown fat “may be the first step toward developing game changing treatments for diabetes and obesity.” 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170315-OYT1T50092.html?from=ytop_ylist 

 

 ヨミウリオンラインに 阪大チームががんを兵糧攻めにする化合物を開発したと出ていますが、これってケトジェニック がんセラピー研究の第一人者 T.Seyfriedが欲しかったもの、ケトジェニックダイエットだけでは、がんへのグルタミン補給が抑えられないので、これを阻害するものが開発されれば、もっと有効ながん治療になるとどこかで発言した、それでしょうか?

 記事が正しいとして、臨床試験が来年から実施されるのですが、ケトと併用では、その化合物単独の効果がわからないので、併用はさせてもらえないでしょうね?患者さんではとにかく今が大事なのに、、、、。

(追伸)ここで渡瀬恒彦さんの訃報、夏目雅子との共演<時代家の女房>は特に好きでした。

侵襲が少なく、より効果的ながん治療が広まるように願いながら、合掌。

*******

スプラウトたちは赤キャベツ以外は順調。

 

 

 

2日前には釣り人さんから鱒を貰って、さしみ。それのツマにもやし風かいわれ大根食べました。

しっかりぴりっと辛い。日本式のも日に当てて順調に緑化しているので、今日食べるつもり。

でも根がすごく伸びていて、どうなんでしょう?栄養的には。もやし風と日本風、両方栽培しようっと。貝割れ大根、種が大きいので、とにかく簡単。ブロッコリや赤キャベツはとても小さいので扱いにくい。そこで発芽してすこし大きくなるまではティーポットを使ってます。写真は10分間の浸水。この後、水を切る。茶漉しも目が細かいから便利。2,3日の発芽後、ザルか器に入れてよく水を切ります。1日に2回水で洗って、容器も洗って、超簡単です。写真右に赤キャベツの容器は水がたまり易く、うまく行かなかった。

 

 釣り人さんですが、いちども太ったことがないガリガリ君。食事は90%炭水化物!笑

それでも雨の中で長時間川釣りでもけろり、風邪もひきません。恐るべし褐色脂肪細胞の多い人(勝手に私が決め付けているだけですが)。思春期、或いはそれまでに太ったことのある人ではそうはいきませんね。私は、糖質制限→ケトジェニック→インスリンから最近は脂肪細胞に興味が移っています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 この画像は先日BBCの番組がTV1で放映されたものですが、シリーズではなく2回だけでした。画像は前々回のブログの最後にも載せたのですが、ネットで検索すると断層画像とかイラストしかヒットしないので、もしかしたら珍しいのかも。

 

 画像の主は71歳の白人女性、TVジャーナリスト、スポーツも好み、心身ともに活動的な生活をしています。BMIも正常範囲、数字では肥満はないはず。食生活では砂糖、脂肪を控える、所謂ヘルシーダイエットをしていました。

 

 しかし皮下脂肪は少なく筋肉は多い、ものの、内臓脂肪がたっぷり。肝臓の下にべたーっとあるのがそれ。内臓脂肪、通常なら2リットル以下なのに、6リットルか7リットルもあるよと、画像を解説してくれるドクターに指摘されました。

 

 この内臓脂肪たっぷりは所謂リンゴ型肥満。閉経後の女性では女性ホルモンの減少で、男性と同じタイプになる危険があるのですね。女性は皮下脂肪が多い洋ナシ型肥満と安心してはいけませんね。

 

 それにしてもよく運動もし、彼女のしていたヘルシーダイエットで、なぜこんなに内臓脂肪が増えるのか、これはこれからの研究課題だということですが、砂糖を控えてもでんぷんが多い、また低脂肪のダイエットのおかげとローカバーならわかるはず。

 

 番組ではでんぷんの摂りすぎの話は出ず、彼女は今後レンズ豆やひよこ豆を多く摂る、特にオレンジ色のレンズマメを週に1kg、キーは食物繊維なので、レジスタントスターチやイヌリンにも期待をかけるそうです。これが新説(珍説?)なのですが、<大腸から酸が滲み出て内臓脂肪を減らす>というのです。

 

 大腸から滲み出るのはリーキーガット?、いえ宇野先生は大腸はもともとそういう構造らしいとブログで解説されていた記憶があります。これは確かなようです。グルテンがリーキーガットを引き起こすわけではないのでした。腸に繁殖したカンジダとかもしみ出るのでしょうか?気持ち悪い。ただし食物繊維が良いと言っても身体に合わない人もいるので、無理はいけませんよね。

 

 6ヶ月後に変化があるかどうか確かめるようなので、ぜひ続編を作ってほしいですね。

 

 脂肪細胞については白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。内臓脂肪になるのは白色脂肪細胞ですね。

Wikiの脂肪細胞の説明は難しいですが、デンプンや過剰蛋白質が変換した中性脂肪が脂肪細胞に溜まり、どんどん膨らむ。これが悪いのですが、そしてそれも一杯になったら脂肪細胞が分裂して増えるようです。その結果が彼女のおなか、、、、、。

 

 インスリン抵抗性とは深く係わるので、もちろんインスリン濃度の低い状態を長く保つのも大いに予防、改善に効果があるでしょう。

 

 太りやすい人は褐色脂肪細胞を活性化させる寒い環境での有酸素運動などの身体的なアプローチ以外にも、金沢大学の研究グループが最近発表したスルフォラファンにその効果があるというもの。だから私もスプラウト栽培始めたわけですが。日本では貝割れ大根のスプラウトがとっても安価なので、これをたっぷり食べても有効です。貝割れ大根にはメラトニンが含まれるので、安眠のためにも良いですね。我が家のは間もなく食べれそうです。これからだんだん緑化させていきます。

 

 糖尿病ネットワーク 

 http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017/026591.php

 

 脂肪細胞については金沢市医師会の出しているこの説明がわかりやすいです。

http://www.kma.jp/ishikai/ishikai_0060.html

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 すっかり寒くなって来ました。日本から持って来たコート、すでに役だっています。

あまりにも短い夏でした。昨日の11日、本日の12日、雨気なので、特にすることもなく、お籠もり。

 

 つい先日は出先でマックのクォーターパウンダーを食べて来ました。

 ローカバー、グルテンフリーといっても時々はいただきます。もちろん食前にアップルサイダービネガーサプリメント2カプセル服用。気休めでも飲まないよりは良いと信じて。

 現在バンズの砂糖は5%減らされているそうですが、元々甘くはなかったです。

 日本でクォーターパウンダー食べましたが、バンズが甘すぎてとても口に合いません。

 パティはビーフ100%NZ製ですし、保存料など添加物なしは信じたいです。

 時々の羽目外しですが、糖質29.2g、蛋白質おなじく29.2gでいったいどのくらいインスリン濃度が上がったでしょうか?でも食後は次の食事までしっかり間隔を取りましたよ。ここで続けてだらだら食べる(糖質ゼロ食品であっても)とどんどんインスリン濃度が上がり、インスリン抵抗性が高まります。我が家ではあまり心配要りませんが、こういうことを気をつけながら、時々は羽目を外す低インスリンライフを楽しみたい。

 

 日本で低インスリン療法を提唱されている新井先生が最近になってようやく蛋白質に寄るインスリン刺激を認めるようになりました。それまでは日本では蛋白質はすぐには血糖値に影響しないから、いくら食べても大丈夫説がまかり通っていました。しかし世界のLCHF界ではインスリン濃度を低く保つことが、とても重要という認識されて来ています。

 

 蛋白質はアミノ酸の種類によって、糖新生によって血糖値を上げる場合と、インスリン刺激でインスリンがリリースされ、血糖値を下げる場合があります。

 プロテインで取ればはっきり分かることをハリちゃんが実験で示してくださっています。ハリちゃんブログ参照のこと。

 ホエイプロテインメインでインスリンリリースで血糖値が下がっています。

 http://ameblo.jp/vitosha/entry-12198088492.html

 一方糖原生アミノ酸がメインのでは血糖値は上昇しています。

http://ameblo.jp/vitosha/entry-12199843556.html

 

 食品では混じり合っているからことは複雑です。1型糖尿病の人では、糖質量と蛋白質の約半分量を計算して、インスリン投与をしますが、そう単純にはいかないのが事実です。それと2型糖尿病の人ではインスリン分泌を増やさない為(白人では2型糖尿病でも肥満型がほとんどなので)に研究、2014年に発表されたのがシドニー大学の下記論文です。Appendix3には食品のインスリンインデックスがありますが、100kカロリー当たりであり、例えばビーフステーキ100kカロリーなら重量で40gとか50gのほんの少し。いわゆる糖尿病食ではステーキなら手のひらの大きさまで、とされているのも以前は少なすぎると思ってましたが、今では納得です。白人では肥満型の2型糖尿病がほとんどで、インスリン抵抗性が高く高インスリン血しょうなのです。そういう人はインスリンを増やす食材は制限される必要があるのですね。

 反対に日本人に多い分泌がすでに少ない場合はあまり気にしなくても良いのです。新井先生の場合はそこがごっちゃになっていたのでは、と失礼ながら推測させていただきました。

https://ses.library.usyd.edu.au/bitstream/2123/11945/2/Bell_KJ_thesis_2.pdf

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ダニーデンは昨日の夕方にグッと冷え込み、少し風邪気味ですが、日曜日にKings seedsさんにオンラインで発注したタネが今朝届き、嬉しくて舞い上がり中。

 

 2日に始めたブロッコリー栽培はそろそろ食べ頃(調べると発芽3日目がスルフォラファンが一番多く、その後減っていく、食べ頃の7日目くらいのちょうど市販のもので、25g中25mg含有とのこと。今日日中直射日光は避けつつ日光に当て、葉緑素を増やします。キッチン台の下から出してすぐ

3時間後。心なしか、緑っぽくなって来ているようです。最後に今晩食べる直前の写真入れておきます。

<途中の追記>夕方になり、かなり葉緑素が増えているようにみえます。でも瓶を空けてみると奥の方まで日が通っていず、黄緑でした。もう1日待ったほうがよかったみたい。でも種の殻が取れにくくて、イマイチ。やはりザルが良いと思う。

 

 ここまで書いて、寒くてたまらないので、MCTオイルパウダー入りココアを飲んだらとたんに暖まりました。ココアだけではこうはならない。やはりMCTオイルの威力すごいものがあります。今は夫の次のコレステロール検査↓のために飽和脂肪(肉は食べる)は控えているのが、私のガス欠の原因かも。私は検査はしないので、夫に遠慮しつつも、バターやチーズも摂った方が良さそうです。

 ↓

昨日現政権が年金の受給年齢を引き上げると発表しましたが、政府としては絶対年寄りに長く生きてもらいたくない。なので政府が推奨する健康長寿の方法も全て正しいかどうかは大いに疑問だと改めて思います。

LDLコレステロールは身体に大切なのに、悪玉扱い。本当は高インスリンと高中性脂肪がいけないのは、もうわかっているはず。でも今後も改められないだろうと思う。GPともめるのも困るので、検査の時だけ少し下げておくしかないと思っている。

 

本題から離れますが、MCTオイル関連で。

先日初めてリアルでKetonianにお会いしました。そのご夫婦、ご主人はフルマラソンに挑戦、念のためにココナッツオイル携帯でしたが、使うことなく、完走されたそうです。凄いですねえ。わが夫婦は食べる楽しみがないと退屈なので、ケトジェニックにトライは出来ませんが。

 

*******

で、赤キャベツ(10g)とかいわれ大根-Daikon Radish(15g)を浸水、それぞれ10分。

キットが日本から届くまで数週間かかるので、それまで代用品。

赤キャベツの種にはこれ(電子レンジ用蒸し器)は少し穴が大きすぎました。次回は今ブロッコリ用に使った蓋を使ってみます。

かいわれ大根は種が大きいのでザル使用。下にガラスの器。

とにかく、ザル式の方がジャーを使うより圧倒的に簡単です。水に浸けて洗う、湿らすのは日に2回。特に赤キャベツは乾燥している方が良いらしい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。