☆青天の霹靂☆   ~ VS ホジキンリンパ腫とその後 ~          

<混合細胞型古典的ホジキンリンパ腫闘病記と寛解後の症状>
 
H15.5   発覚→ABVD→BEACOPP→COPP
H15.12  追加で膿胸発症→手術→COPP続き
H16.3   寛解退院
現在      全身筋肉痛、関節痛で日常生活にも支障の日々


テーマ:

ステロイドミオパチー・・という言葉を聞いたことがありますか?

ステロイド剤の副作用で起きる筋肉痛、筋肉障害のことです。

 

最後の化学療法から1年になりますが筋肉痛は一向に改善されません。

神経内科での筋電図検査でも原因は判らず対症療法の薬をいろいろ試すも効果なし。

そうこうしてるうちに時間が自然治癒させてくれるものだと期待してるけど、未だに続いてます。

 

病院の診断では「線維筋痛症」となってるけど、これも”とりあえず”みたいなもの。

筋肉痛の原因が抗がん剤の副作用・・・

BEACOPP療法で使う「オンコビン」に筋肉痛の副作用があるようなので、それが原因っぽいかな?なんかと思ってたんですけど、先日ふとステロイドミオパチーという言葉に触れ、調べてみたら自分の症状に当てはまる。

 

考えてみれば現在最強の抗炎症剤(ステロイド)である「プレドニン」は大量摂取してる!

飲むだけの薬なので、猛毒のイメージがある抗がん剤の陰に隠れてるような存在だったけど、

毎日14錠という量を1クール2週間飲み続け、減薬無しでいきなりピタっと止め、次のクールでまた大量摂取。

 

昔に原因不明の”腕が動かない病”になった時に処方されてたけど、キツイ薬だからということで1日2錠くらいを数日だけ飲んだことがあって、効き目はすごかった。

 

それをたらふく飲んで急にピタっと止めたら・・

最後の化学療法が終わり、プレドニンも終わった時。

離脱症状で三日三晩苦しみました。

 

そんな薬だから効果も大きいが副作用も大きいんでしょうね。

 

 

 

★ ステロイドミオパチーとは何だ? ★

・ステロイドミオパチーとは、内服ステロイド剤多量摂取による大きな副作用の一つです。


 症状は?

・臥位から立ち上がりにくい

・しゃがみ姿勢から立ち上がりにくい。

・上下肢近位筋の筋肉痛や脱力が有る。

 

 

 

※ステロイド筋症の合併

治療に大量のステロイドを使用するためステロイドによる筋量の減少が見られることがある(ステロイドミオパチー)。
CK値が正常化しているにもかかわらず筋力の回復が遅れる、あるいは筋力低下が進行する場合、ステロイドミオパチーの合併に気をつける。
長時間作用性のフッ化ステロイドでおこしやすい。
%クレアチン尿 = 尿中クレアチン(g/day) / [尿中クレアチン(g/day)+尿中クレアチニン(g/day)] を測定する。
健常人では10%未満であるがステロイドミオパチーでは上昇する場合がある。経時的測定も大切である。
この機序による筋力低下はステロイド減量によって徐々に回復する。

 

 

・・・治療法は断薬しか無いようですが、治るまでに1~5年という話もあるようです。

大阪大学の免疫アレルギー内科のHPでの解説がありましたが、似た病状で「免疫介在性壊死性ミオパチー」「封入体筋炎」があるようです。

免疫介在性壊死性ミオパチーは悪性腫瘍に随伴するようです。

 

大阪大学には上記の「免疫アレルギー内科」という専門科があるようなので主治医に相談してみて紹介状を書いてもらおかな?

ただ大阪大学出身の主治医が以前に話の中で「阪大はちょっと・・」とか言ってたなぁ。

いずれにしても早く治さないと生活が・・・。

 

 

 

それと・・・

コレステロール、中性脂肪を下げる薬で服用してた「イコサペント酸エチルカプセル」。

EPAという成分に効能があるようです。

こないだ医学バラエティーでやってたけど、サバ缶の水煮にEPAが多く含まれてるそうです。

 

このイコサペントの効力が思わしくないのでレベルアップした「クレストール」という薬に切り替えてます。

 

イコサペント、クレストール共に副作用に筋肉痛があるのですが、こちらのクレストールの副作用はちと厳しいようです。

 

クスリの注意書きに・・

※このおくすりは筋肉の副作用としてごくまれに「横紋筋融解症」が起こることが知られてます

 

次のような症状がみられましたら横紋筋融解症の可能性がありますので直ちに服用をやめて、すぐに主治医の先生または薬剤師の先生にご相談ください

 

※筋肉が痛い・・・ず~っとやけど?

 

※手足の力が入らない・・・これも長いなぁ

 

※尿の色が濃い(赤褐色になる)・・・(!)

 

今朝はじめてのおしっこの色がかなり濃かった!

ただでさえ筋肉痛いのにヤバイ!

続くようなら病院行こ・・・

 

        ↓

 

次のおしっこは普段通りのほぼ透明でした(ひと安心)

 

 

★ 横紋筋融解症 ★

横紋筋細胞が融解し筋細胞内の成分(ミオグロビン等)が血中に流出する症状、またはそれを指す病気のこと。

重症の場合には腎機能の低下を生じ、腎不全などの臓器機能不全を発症し、死に至る場合もある。


<ミオグロビン>

筋肉中にあって酸素分子を代謝に必要な時まで貯蔵する色素タンパク質である。クジラ、アザラシ、
イルカなど水中に潜る哺乳類は大量の酸素を貯蔵しなければならないため、これらの筋肉には特に豊富に含まれている。
カラスの食肉にも豊富とされる。また一般に動物の筋肉が赤いのはこのタンパク質に由来する。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。