1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-11-30 04:26:43

日本人のための宗教原論/小室直樹 13334

テーマ:宗教/哲学
日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか/小室直樹
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★★

日本が誇る天才・奇才の小室直樹 先生が逝去されて三年。
もう「小室節」の新刊がこの世に出ないかと思うと
寂しくて仕方がない。

前回も、だが今回も特筆すべきなのは、ここ。

 驚くべきことはここにある。
 すなわち、キリスト教において永遠の死とは最大の罰であるのに対し、
 仏教においては永遠の死が最大の祝福の状態である。
 救済である。
 その意味でキリスト教の救済と仏教の救済では全く正反対なのだ。

 仏教において悟りに入る、涅槃にはいるというのはものすごく難しく、
 厖大な時間がかかる。
 それだけ苦心して、長い時間もかけて、やっと悟りをひらいたと思ったら、
 もはや永遠の死がやってくる。
 もちろん、永遠の死という言葉を使うわけではないが、
 状態は何ら変わらない。
 だからあくまでも生きたいと思ったら、どこかで罪作りをしなければならない。
 俗人にとって理想的なことは、適当に修行して、適当にいいことをして、
 ちょっとだけ罪をつくっておくことではないか。
 完全に悟りをひらいて涅槃に入ってしまったら、
 永遠に地獄すら生まれてこないし、
 天上にも人間にも生まれてこないわけなのだから。

なんともまぁ(苦笑)。

日本人の一般的なメンタリティからすると、
この前に読んだ斎藤一人さんの
を思い出してみても、
「何度も何度も生まれ替わる」
ということが嫌だ、と思い涅槃に入ることを心から喜ぶことって
あまり無いのではないか。。。

となると、日本人は、仏教のことを深いところで、
でも一番大事なところを理解していない、
ということになりそうだな。


日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか/小室 直樹 11088
痛快!憲法学 (痛快!シリーズ)/小室 直樹 11033

論理の方法―社会科学のためのモデル/小室 直樹 10203

経済学をめぐる巨匠たち (Kei BOOKS)/小室 直樹 10181

国民のための経済原論〈1 バブル大復活編)/小室 直樹 10143

日本人のための経済原論/小室 直樹 10138

経済学をめぐる巨匠たち (Kei BOOKS)/小室 直樹 10112

超常識の方法/小室直樹 09004

日本人のための経済原論/小室直樹 09002

小室直樹の中国原論/小室直樹 08226

国民のための経済原論〈2 アメリカ併合編〉/小室 直樹 07251

国民のための経済原論〈1 バブル大復活編〉/小室 直樹 07247


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-11-29 04:03:58

2022―これから10年、活躍できる人の条件/神田昌典 13333

テーマ:自己啓発
2022―これから10年、活躍できる人の条件/神田昌典
¥882
Amazon.co.jp
★★★★★

神田昌典さん「予言の書」を再読。

 2024年に会社は無くなる

など、ショッキングな予想に関して、
ますます現実味を帯びてきた予感がある。

となると、「ポスト会社」は一体何なのか?
何が会社にとって替わるのか?が氣になるところ。

NPOとかコミュニティとかがその問いの答えの様に読めたが、
「受け皿」として十分なのかな・・・と素朴に感じる。

10年先の将来がぼやっと見えてきて、
さぁ自分自身はどうすべきなんだろう??











2022―これから10年、活躍できる人の条件/神田昌典 12288




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-28 04:35:55

出口汪の頭がよくなるスーパー読書術/出口 汪 13332

テーマ:勉強法・勉強術
出口汪の頭がよくなるスーパー読書術
―論理力、考える力、発想力が誰でも身につく!/出口 汪
¥1,365
Amazon.co.jp
★★★★☆

先日読んだ

読書の技法/佐藤優 13318

¥1,575
Amazon.co.jp
に、この出口汪さんのことが出ていた。
何でも、超人氣の塾講師とのこと。
氣になったのは、合氣道や開祖植芝盛平先生に強い影響を与えたとされる、
出口王仁三郎 の曾孫である、というところ。
合氣道家、としては看過出来ないだろう。

「ああ、この方は本当に読書が好きなんだなぁ」
というのがヒシヒシと伝わってくる。
もちろん「自己研鑚・自らの成長の為の、仕事の為のインプット」
などの大義名分はあるのだが、
「本を読む」ということ自体が目的化しているのだ。

「現代文」の先生なので、巻末のお勧め本は文学作品に限られていたが、
「ああ、この本読んでみたい!」と思わせる書評はさすが。

氷点(上) (角川文庫)/角川書店(角川グループパブリッシング)
¥660
Amazon.co.jp

火垂るの墓 (ポプラポケット文庫)/野坂 昭如
¥599
Amazon.co.jp

壁 (新潮文庫)/安部 公房
¥515
Amazon.co.jp

柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)/山本 周五郎
¥620
Amazon.co.jp

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)/村上 春樹
¥662
Amazon.co.jp

銀河鉄道の夜/宮沢 賢治
¥1,890
Amazon.co.jp

沈黙 (新潮文庫)/遠藤 周作
¥578
Amazon.co.jp

行人 (新潮文庫)/夏目 漱石
¥620
Amazon.co.jp

舞姫/森 鴎外
¥価格不明
Amazon.co.jp

晩年 (新潮文庫)/太宰 治
¥546
Amazon.co.jp

風立ちぬ/堀 辰雄
¥価格不明
Amazon.co.jp

などなど、是非読んでみたい、と思った。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-27 04:29:58

人生が楽しくなる「因果の法則」/斎藤一人 13331

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
人生が楽しくなる「因果の法則」/斎藤一人
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆

齋藤一人さんが因果の法則や輪廻転生を語る。

「なんだぁ、一人さんまたあたりまえのこと言ってらぁ」
とついつい思うのだが、ふと我に返ると、
きっとその「あたりまえのこと」は一人さんに教わったこと。

「単なる自分の知識」のみならず
「自分の血肉」になっているのかなぁ、
と思ってちょっと嬉しくなったりして。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-26 04:11:24

複業で成功する58の方法/中谷彰宏 13330

テーマ:中谷彰宏さんの本
複業で成功する58の方法―あなたには第2の才能がある/中谷彰宏
¥530
Amazon.co.jp

★★★★☆


 
投資マンション・収益マンションの売買仲介をしていて、
興味深いのは買主・売主のご職業。

売主は結構バラエティに富んでいるのだが、
買主は圧倒的にサラリーマンが多い。

やはり、
金持ち父さん貧乏父さん/ロバート・キヨサキ
¥1,680
Amazon.co.jp
の影響がまだまだ残っているのだろうか。

やはりサラリーマン、特に東証一部上場企業などに
長くお勤めの方や、公務員は
*金融機関の融資もひきだしやすい
*「不動産投資」は大抵「副業」とは見做されない
*購入し、上手く仕組みを作れば後の手間はほとんどかからない
などなど、「副業」としてこれほどのビジネスは他にない。

そんな「サラリーマンのお客様」を大勢見てきて、
「副業」とは?を考えてみたくなって本書を手にした。

せめて二十代は目の前の本業に没頭して欲しい、
と思うのはオヤジの繰り言なのかもしれないが、
三十代以上では、是非「本業」を磨くためにも
「複業」にもチャレンジして欲しい、と思う。

「複業」は経営者視点を磨く素晴らしいチャンスだし、
不満に思っていた「本業」も実はまんざらでもない、
と思ったりもするご利益もある(笑)。

何回か読んだことがあるのだが、
このブログ上での記事は見つからない。
10年以上前に読んだのだろうか?

中谷彰宏さんの本 ( 89 )
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-11-25 04:59:01

10億円借りたいなら決算書はこうつくれ!/池井戸 潤 13329

テーマ:MBA/ファイナンス
10億円借りたいなら決算書はこうつくれ!/池井戸 潤
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★☆☆

テレビドラマで大ブレイクした「半沢直樹」シリーズの原作、

オレたちバブル入行組/池井戸潤
¥690
Amazon.co.jp

オレたち花のバブル組/池井戸潤
¥690
Amazon.co.jp

の著者である池井戸潤さんの本を探していたところ、
この本を見つける。

「そうか、池井戸潤さんはM銀行出身者だったな」と思いつつ、
銀行員から見た融資というものを研究したくなって、
本書を読んでみた。

中身としてはグロービス経営大学院で学んだ
「経営分析」「財務諸表分析」などが中心で、
「PL、BS、CFなどの財務諸表を銀行はこのように読むから、
 この様にしておきなさいよ」
という感じ。

各指標から、安全性、収益性、成長性のバランスを考えることの大事さを
改めて銀行からの視点から学んだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-24 04:46:22

金融マンのための不動産ファイナンス講座/山下章太 13328

テーマ:MBA/ファイナンス
金融マンのための不動産ファイナンス講座/山下章太
¥3,150
Amazon.co.jp
★★★★☆

投資マンションを扱っていると、
金融機関の不動産融資のルールの硬直さに唖然とする。

買主と物件と当該金融機関の支店が同一エリアにある、
というところにこだわりの強い金融機関が多いのだが、
これが為に買主も売主も選択の幅がぐっと狭まり、
なかなか不動産が売れない、買えない、ということになる。

ならば、不動産を担保とした融資を自らできないか?
というのが現在の目下の問題意識。
ただ、不動産会社が不動産融資に手を出して
大きなやけどを負ったバブル期以降の痛い思い出が強すぎるのか、
不動産業界でも金融業界でもこの話をしていい顔する人は
ほとんどいない。

そんな中、ボチボチ研究をし始めているのだが、
「不動産担保のローン会社設立」なんていう
マニアックな本はなかなか見当たらず、
近いものと思われる本を乱読する。

本書は、どちらかというと不動産証券化に近い本だった。
ただ、金融機関の中とおぼしき会話例がとても参考になった。
金融機関内のプロ同士は、こんなことを話しているのね、と。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-11-23 04:22:14

アパート・マンション投資のための 満額融資交渉バイブル/藤巻聡 13327

テーマ:不動産投資
アパート・マンション投資のための 満額融資交渉バイブル/藤巻聡
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★☆☆

マンション投資・アパート投資などの
不動産投資の「肝」「KSF」は
「金融機関からの融資」だ。

一年あまり投資不動産の売買仲介業を行ってきて、
*買主
*物件
*金融機関
を如何に組み合わせるか?がポイントであり、
中でもキーなのは買主・物件の属性からすると
どの金融機関のどの支店のどの担当者に持ち込むのがベストなのか?
ということが実に大事であることが、よくよくわかってきた。

また、「持ち込み方」にもコツがあり、
古き重厚長大企業にありがちな「稟議」の書き方、
グロービスで学んだレポートの作り方にも
大いに通じるものがある。

まずは銀行窓口の営業担当者を自分の味方にしなければならない。
彼らも、融資案件が実現すれば自分の成績になる。
営業担当者が稟議申請書を作りやすいような、
「材料」をスピーディに的確に提供する必要がある。

ならば、営業担当者が本部申請を上げる際の稟議申請書に近いものを
買主が作ってしまえばよい。
自分は如何に信頼おける人物で、
資産もストック及びフローを共にきっちり管理していて。
物件はこのような魅力があり、周辺マーケット・顧客やライバル物件は
今どの様な状況なのか、などなど。

このプロジェクトのDMU、つまり金融機関の「決裁者」を意識して
金融機関の窓口担当者と二人三脚、もしくは自分自身がリードして
融資を引き出していく。

実務を通して、徐々に見えてきた。


アパート・マンション投資のための 満額融資交渉バイブル/藤巻聡 13026
アパート・マンション投資のための 満額融資交渉バイブル/藤巻聡 12275
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-22 04:41:54

誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略 改訂版/猪俣淳 13326

テーマ:不動産投資
誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略 改訂版/猪俣淳
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★★

再読。
不動産投資を定量的なアプローチから踏み込んだもので、
この本以上のものを、未だ知らない。

当社には顧客にお見せする不動産投資シミュレーションの
フォーマットがあるが、それを大幅に見直したい、
という欲望欲求に駆り立てさせられる。
本棚には戻さず、会社の机の引き出しに入れ、
時間を作ってこの本のエッセンスを頂戴することとしたい。

ただ、一般投資家にはここまでは必要ないのでは?、とも。
ここまで考えていたら、考えあぐねて物件購入には至れないのでは?
とも思う。

一部のマニア不動産投資家には堪らない本、としておこう。

誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略 改訂版/猪俣 淳 13033




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-11-21 04:32:59

致知 2013年11月号 特集「道を深める」 13325

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
致知 2013年11月号 特集「道を深める」
PHOTO


★★★★☆

やっと追いつきつつある、致知。

立て続けに読むと致知から受ける「ショック」に
慣れている自分に氣が付く。
「こんなに凄い人がこれほど日本にいる、
 自分ももっともっと頑張らないと。。。」
と愕然とするのがこの雑誌の素晴らしいところだが、
毎週の様に読んでいると、麻痺してくる(苦笑)。
積読はせずに、「月に一度」のペースをキープせねば。

今回はリード文の、ここ。

 イチロー選手が八月二十一日、
 日米通算四〇〇〇本安打を達成した。

 その瞬間、観客は総立ちになり、
 チーム仲間はベンチから飛び出し、
 一塁塁上のイチロー選手を祝福した。

 試合はしばし中断、球場全体が大きな感動に包まれた。

 この朗報に、以前聞いたイチロー選手の言葉を思い出した。

 「小さなことを積み重ねることが、
  とんでもないところへ行くただ一つの道」

 この人もまた自らの一道を深めた人、
 京都大学元総長・平澤興氏にはこんな言葉がある。
 
 「努力することの本当の意味は
  人に勝つということではなく、
  天から与えられた能力をどこまで発揮させるかにある」

 道を深めた人の言葉は、それぞれに味わい深い。


イチロー選手も素晴らしいが、平澤興先生の言葉は、重い。
まだまだ発揮しきれてないなぁ。
まだまだ努力が足りない、足りない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。