• 30 Jun
    • 京都鉄道博物館

      京都鉄道博物館へ孫を連れて行きました。 土曜日で人は多かったのでしょうが、 館内は広いので思っていた以上は混んでいません。 4月末オープンですから、真新しくきれいです。 もちろん蒸気機関車もあります。 新しい車両から懐かしい電車まで よくここまで持って来たものです。 鉄道好きな子供達は喜びますね。 屋上からは東寺が見え京都らしく、手前には本当の電車が走っていました。 私が1人旅を始めた昭和40年代は、列車で旅するのが 普通だったように思います。 硬い座席に座り、各駅停車の長い旅でした。 駅弁なども旅情を誘うものでした。 今では新幹線や車で移動するのが普通になり、 こんな風景を見る事もありませんね。 楽しい一日でした。

      テーマ:
  • 29 Jun
    • 能勢「里づと」

      三田から能勢を廻りました。 大阪府に入る能勢は里山の風景が美しい。 「里づと」はカフェ&ギャラリー・雑貨。 窓から見える緑が落ち着きます。 カフェでは抹茶も頂けるようですが、今回はパスです。 作家さんの作品が沢山置かれていました。 ギャラリー&雑貨ですね。 色々と体験教室も開かれているようです。 地方が活性化すればいいですね。 三田と能勢の里山の景色を眺めて、 最後は道の駅で野菜を買って日帰り旅を終えました。

      テーマ:
  • 28 Jun
    • 三田「うわのそら」

      兵庫県三田の「うわのそら」へ行きました。 10年以上前から一度は行ってみたいと思っていたのですが、 今回やっと実現しました。 11時オープンですが、20分前から並んでいました。 自然の中のカフェで皆さん来られるのでしょうか。 ギャラリーからの景色もいいですね。 都会暮らしの人がゆっくりと時間を得る事が出来るのでしょう。 ランチを注文しました。 廻りの人も同じようです。 すぐに満席です。 最後はコーヒーとアイス最中です。 信州とは、少し違った風景でしたが、ごちそうさまでした。

      テーマ:
  • 21 Jun
    • 自由律俳句

      定型を排して自由律俳句を提唱した、荻原井泉水。 井泉水は明治に俳誌「層雲」を創刊。 その中から尾崎放哉や 種田山頭火が昭和40年代に再評価される。 その山頭火を生涯支援続けた、木村緑平や 病床で俳句を作り続けた、海藤抱壷を再評価されてもよいと思う。 信州伊那で生涯を閉じた幕末から明治の俳人井上井月(定型俳句)が 数年前から評価され映画にもなっています。

      テーマ:
  • 20 Jun
    • 京都大徳寺近く「メイファ雑貨店」

      京都大徳寺近く(北大路通り)にある「メイファ雑貨店」 今は木曜日のみの営業です。 手作りの作品ばかりで、 ほとんどが一点ものです。 絵葉書も他では見れません。 猫の絵葉書も書類豊富。 なかなか面白いです。 白馬の「オーナメント工房」の作品もあります。

      テーマ:
  • 19 Jun
    • 近江高島

      京都から湖西道路に入れば湖北は近く感じられます。 田園風景が広がる滋賀は好きな土地の一つです。 そして安らぎを覚える琵琶湖は 場所によれば瀬戸内を思い起こします。 久し振りに近江高島の「びれっじ」を訪れました。 蔵を改装されたカフェは残念ながらお休みでした。 築150年の旧商家を再生した「びれっじ」は8号館まであるようですが、 平日で休みのお店が多かったです。 営業されてたお店へ 雑貨や作家さんの作品も置かれています。 思った以上に店内は広かったです。 スープが美味しかったです。 続いてパスタです。 お昼にはちょうど良い量でした。 次回は大溝城下町の歴史散策で訪れてみよう。

      テーマ:
  • 18 Jun
    • 奈良から宇治へ

      奈良「フィールドノート」へ行きました。 以前あった場所から移転して初めて訪れました。 庭も広く緑を多く取り入れたようです。 庭を眺めながらのカフェと 洋服や雑貨のお店です。 以前のお店の雰囲気は残っています。 2階は沢山のキッチン用品が置かれていました。 お洒落なお店でした。 夕方、京都大学宇治キャンパス内にあるカフェ・レストラン「きはだ」へ 時間的に早かったのでお客さんはおられません。 それにしても広いです。 値段はお手頃、味はそれなり(人それぞれ好みがありますね) 目の前に全国的にも有名なパン屋「たま木亭」。 いつも行列が絶えない人気のパン屋です。 移転して店内は広くなったそうです。

      テーマ:
  • 17 Jun
    • 当尾の磨崖仏

      浄瑠璃寺から久し振りに岩船寺まで歩く事にしました。 天気の良い日で少し歩けば汗がでます。 眼下に田植えが終わった風景が広がります。 最初の磨崖仏です。鎌倉時代に彫られたようです。 山道に時折吹く風が肌に心地よい。 わらいぼとけの名で知られた阿弥陀三尊像です。 遠く奈良の低い山並み(白馬の山並みが頭にある)も良い。 弥勒如来立像ですが長い時間を経て風化されていく。 1時間ほどで岩船寺につきました。アジサイの季節でしたが、今回は見送りました。 浄瑠璃寺に戻る道で最後に出合ったのが、 三尊像です。

      テーマ:
  • 16 Jun
    • 浄瑠璃寺

      なるべく人の多い寺を避けてきたので、加茂にある 浄瑠璃寺へは何度も訪れています。 春先や紅葉の季節が美しいのですが、 梅雨時もまた違った趣があります。 平日で人も少なく静かでいい。 国宝の阿弥陀堂には九体阿弥陀仏(国宝)が安置されています。 阿弥陀堂の中に入ると静謐で身が引き締まります。 現存する唯一の九体阿弥陀仏です。 (写真は撮れないので本からの物です。) 古い石仏も歴史を感じさせてくれます。 西方極楽浄土の庭は心が落ち着きます。 自然な感じの花には、小さな虫や 蝶が遊んでいました。 国宝の三重塔は薬師如来が安置されていますが、 この日は拝む事は出来ません。 東方浄瑠璃浄土の眺めも素晴らしいです。

      テーマ:
  • 15 Jun
    • ギャラリー・カフェ「人と木」

      6月に入り、10日ほど京都へ帰ってました。 京都府木津川のギャラリー・カフェ「人と木」で、 お昼ご飯をたべました。 昔の民家を改装されたようですね。 庭も緑があっていい感じです。 10年ほど前に来た記憶がありますが、 今では予約される人が多い人気のお店みたいですね。 和室で落ち着けるのでしょう。 猫ブームはここでも感じます。 まずは野菜から頂きます。 野菜中心の身体に優しい家庭料理で女性がほとんどでした。 一つ一つ美味しかったです。 ゆっくりさせて頂きました。

      テーマ:
  • 02 Jun
    • 田淵行男記念館と「サンガキヌヨ時計展」

      安曇野田淵行男記念館へ行って来ました。 全国のファンからの寄付金が集まり平成2年に開館しました。 終戦前に安曇野に疎開しています。 昆虫の生態研究家として知られ「高山蝶」を出版、 今も多くの人に読み続けられています。 1960年代の北アルプスの写真やチョウの細密画は 驚くほどの繊細さで描かれていました。 すぐ横には「あづみ野ガラス工房」などが隣接しています。 中村草田男の句碑もありました。「蜻蛉ゆく うしろ姿の 大きさよ」 草田男と言えば、「降る雪や 明治は遠く なりにけり」でしょうか。 穂高駅前の「ひつじ屋」で、「サンガキヌヨ時計展」が、 6月22日まで開催されています。 豊かな感性で丁寧に作られた時計は人気があり、 今年も残念ながら、お目当ての作品は売約済み。 やっぱり初日に来ないとダメですね。(この日は五日目)

      1
      テーマ:
  • 26 May
    • きゃらぶき

      山吹の佃煮を作りました。 しばらく水につけてから沸騰したお湯でゆがき、 水にさらして灰汁を抜きます。 1時間ほど炊き、きゃらぶき完成です。 昆布・椎茸・山椒を入れました。

      2
      1
      テーマ:
  • 24 May
    • 安曇野「アトリエ宇」

      工芸の五月も終盤です。 第32回クラフトフェアまつもとは、あがたの森公園で 28日・29日開催されます。 工芸の五月にも参加されている、安曇野にある 「アトリエ宇」へ行って来ました。 10人ほどの作家さんの作品も展示されています。 小さな器を一つ購入。 無垢の器は使いやすく暖かみがあります。 廻りの新緑がきれいでした。 「アトリエ宇」は山麓線アートヒルズのすぐ近くにあります。

      1
      テーマ:
  • 23 May
    • 白馬青鬼

      2年振りに青鬼へ、地震の影響で行けなかったのですが 道路も通れるようになりました。 棚田に水が入り田植えも、そろそろ始まります。 今年の11月で地震から2年になりますが・・。 江戸から明治に作られた青鬼堰も健在でした。 石仏も 道祖神も無事だったようです。 日本の棚田百選にも選ばれ 重要伝統的建造物保存地区でもある青鬼集落は いつまでも残って欲しい風景です。 五竜岳やジャンプ台もよく見えました。

      1
      テーマ:
  • 22 May
    • ビーナスラインを通って

      諏訪大社参拝の帰り、ビーナスラインを走りました。 八ヶ岳を裏側(小海線から見るのが表?)から見ています。 お天気が素晴らしいので、南アルプスも、中央アルプスも見えました。 八ヶ岳です。 何十年ぶりの白樺湖かな? 標高1700㍍からの景色。 遠く富士山もはっきり見る事が出来ました。 少し走ればまた違った山々が見えます。 気持ちのいい一日です。 北アルプスも見えて来ました。 御嶽山です。 満足して帰路につきました。

      テーマ:
  • 21 May
    • 諏訪大社上社

      諏訪大社上社本宮まで来ました。 こちらも温泉ですが、冬は温かくていいでしょうが 春から秋は仕方ないですね。 雷電為右衛門の像がありましたが、 モデルとされたのがなぜ3人の力士だったのかは不思議です。 最後は上社前宮です。 これで四社すべてを参る事が出来ました。 御柱の樹の大きさもさることながら、 欅の大木に圧倒されました。 諏訪大社を楽しむことが出来ました。

      テーマ:
  • 20 May
    • 諏訪大社下社

      今年は長野県の諏訪大社で御柱祭がありましたが、 テレビでも放映されたので見た方も多いでしょう。 ジャンプ台とほぼ同じ角度の斜面を滑り落ちます。 まさに命がけですね。 立てられた御柱です。 下社春宮は杉を御神体とする古い神社の形を残しています。 何と温泉です。 手水舎が温泉は初めてです。表示が無ければ驚きますね。 こちらは下社秋宮で、大きな注連縄をつけた神楽殿です。 お金やコンタクトを落としたわけではありません。 天覧の白松の「三葉の松」を探しているのです。 私は三つ拾ったのでさしあげました。 財布に入れておくとお金が貯まると言われています。 残った一つを財布に入れました。 貯まるかなァ?

      1
      テーマ:
  • 19 May
    • 親海湿原

      姫川源流に隣接しているのが親海(およみ)湿原です。 ミツガシワの花が咲いています。 今は一面に咲いているので見頃でした。 サワオグルマの花も少し咲いていますが、 黄色なのでよく目立ちます。 レンゲツツジの花も咲いています。 木立の中を歩くコースもあるので気持ち良いです。 帰り道にオドリコソウの花に気がつきました。 タンポポの綿毛もこんなに広がっていると・・・。

      1
      テーマ:
  • 18 May
    • 姫川源流

      タタンから車で10分ほど、さのさかスキー場の前 国道を渡れば歩いて5分で姫川源流へ行けます。 雪解けの4月福寿草が咲くと、次々と色々な花がさきます。 ニリンソウの花もまだ咲いていました。 ヤブデマリ?の花も咲き始めています。 エンレイソウです。 バイカモの花は10月ぐらいまで咲いていますが、 今が一番沢山咲いています。 バイカモの向こうはクレソンのようですが、 水がきれいな証拠ですね。 この源流が新潟糸魚川まで、そして日本海へ注ぎます。 のどかで穏やかな一日でした。

      1
      テーマ:
  • 17 May
    • 小谷村千國番所

      小谷村にある千國番所(関所)です。 番所が置かれたのが慶長年代で明治2年に廃止されるまで 280年にわたり役を果たした事になります。 人形がリアルです。 いろりの間にも1人。 火縄銃なども当時のものでしょうか。 千国の庄資料館も実に立派な民家です。 床や梁などは黒光りしていました。 小谷村も地震で被害が出ている地区ですが、 大丈夫だったようですね。 雛人形もかなり古いものです。 八重桜が春風に揺らいでいました。

      1
      テーマ:

プロフィール

kon

お住まいの地域:
長野県

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ランキング

総合ランキング
218955 位
総合月間
264622 位
日々のできごと
15069 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。