罪歌

狂愛罪歌


テーマ:



「あれ、この花…どうしたの?」
「ああ、私が買ってきてもらったの」

見たことのない花。白くて、真ん中が少し赤い。

「ねぇ、いつもありがとう」
「いきなりどうしたの?」

笑いながら尋ねれば、彼女は微笑む。
なんで、そんな、悲しそうな


「花言葉、好きなのよ私」
「え?」

「花とか、植物はそこまで好きじゃないんだけどね。花言葉とか、その物に込められた想いとかを読み取るのは本当に好きなのよ」


何が言いたいのだろう。花言葉?


「この花ね、ゴジアオイって言うの。本当はキスツス・アルビドゥス」
「ふーん」
「一日花なの。一日で、咲いて枯れちゃう」

「なあ、それより、」


「明日には、もういなくなっちゃうの」












…え











今、花の話をしてるんだよな。
少し驚いた。まるで彼女が、自分のことを言っているかのようで、


「どうしたんだよ、今日変だぞ?」

「一日花、儚いよね。だから好きじゃないの。植物も、花も、動物も、命あるものは全部」
「おい」
「命はいつか失われる。ってことは、大切な人を残していなくなるってこと。その大切な人を傷つけていなくならなければならないから」


そう言ってわらった。


「私は、命が嫌い」

動けなかった。喋れなかった。
もう、俺にはどうすることもできない。そんなのわかりきっていたのに。
彼女の病気は、もう戻れないところまで彼女の体を蝕んでいた。

俺の、知らないうちに。


「梨花、この花の花言葉、なんなんだ?」
「…ふふ、秘密。帰ったら調べてみてよ。『ゴジアオイ 花言葉』で調べたらすぐ出てくるよ」

病室の窓の外を見れば、もうあかね色。
面会時間もきっともうすぐ終わる。


離れたくない。


こう思ったのは初めてじゃないけど、今日何故か、ここで離れれば本当にもう会えない気がした。
明日は大学をサボろうか。そして、朝からこいつについておこう。



「ねえ、」
「ん?」
「…やっぱなんでもない」
「なんだよー気になるじゃねぇか」
「明日、教えてあげる」


だから、もう帰って。

そう言ってるように聞こえて、俺は立ち上がった。



「じゃあな、また明日」
「…ばいばい」

頷きもせず、ただ悲しそうに笑うだけだった。








家に帰って、パソコンを立ち上げ、調べる。

『ゴジアオイ 花言葉』








次の日、病院に行くと、枯れたゴジアオイと一通の手紙。



『ローダンセ、胡蝶蘭、ありがとう』










- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


花言葉



ローダンセ 永遠の愛

胡蝶蘭 貴方を愛しています

ゴジアオイ 私は明日死ぬでしょう


PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード