気付くとわかる

テーマ:

人生、気づきが大事なんだよな

気付いたら、すぐ、「わかった」ってなってしまうんけど

それは「わかった」ではないんだ。

 

そう思った、今日この頃。

 

わかったもん勝ちって思ってた。

わたらないといけないと。

わからないと、ダメなんだと、わからないやつはダメなやつだ、負けだと思っていたのかもしれぬ

 

 

子育てと家庭のことには正解がない

だけど、仕事をしていたときのように

正解やどうしたら効率がよいかなどを考えて家の作業をしていると思う。

今はだいぶ、ましになったけど、息子が生まれたばかりの頃は、より、そうだったと思う。

 

子供が生まれるまでの人生において

家事や料理や洗濯、掃除はサブ要素でしかなくて、メインは仕事と遊ぶことだった。

それ以外のことは、なんでもいい

時間があるときに、生活に支障のない程度に、人様に迷惑を掛けない、変に思われない程度に、表面だけを取り繕っていればよかった。

空き缶は、燃えるゴミの袋の真ん中あたりに、わからないように入れる的な感じ

 

だけど、赤ちゃんが生まれて、そのどうでもいいことがメインになり

さらに子育てが加わった

勝手がわからないことばかり。

 

当たり前なんだけど、わからないことばかりで、いつでも求められて、責められているような気持ちになり、疲弊していった。

それは、

もちろん

初めてのことだったから、勝手がわからなくて、いっぱいいっぱいになっていた。

これは物理的な話。

だけど、これに付随しているものがあった。

 

それが、できないことがダメだという自己否定。

これがあったから、つらかったんだ。

 

と、いうことに、先程気が付いた。

でも、書いていたら、前から気付いていたような気がした。

 

当時悩んでいたのは

誰も助けてくれない、どうしたらいいの、眠い、もうやだ、助けてー

って思って、表現的には怒ってた。

旦那に。

あとはぶつけるところがないから。

 

産後クライシスで離婚してしまう夫婦の話で、よく見かけるのは

 旦那さんにきちんとやって欲しいことを伝えるとか、

 旦那さんが奥さんの話を聞いてあげてとか

だけど、そこには人としてできないことが辛く感じるもあったよなー

 

そうだ、先週のコウノドリも、そうだったのではないか?

 

それで自殺しそうになっていたんではないか?

 

できない自分、無能な自分が、赤ちゃんを産んだ途端に露呈して

自己嫌悪に陥る。そしてそこに物理的な睡眠不足と、作業が加わる。

だから辛いのか!

そうか!

 

 

今はどうか。

今も、家庭の作業は好きじゃない。

料理が一番苦手。

できるなら毎日誰かに作ってもらいたい。

家に帰ったら、今日は鍋だよ~とか言って出て来たら、なんて幸せなんだろう♡

今思っただけでも、うるうるする。

よっぽどごはん作りが嫌なんだ。

 

だけど、さすがに今の日本で、毎日外食やお弁当は精神的にも金銭的にも無理‐

そこに罪悪感も感じてる気がする。

 

こんなに嫌なのは、自分がうまくできないからなのか

それともよく言われる、家事は評価されないからなのか

評価されるという時点で、なんか違うんだよなー

 

 

んーーー

 

 

 

自分が自分を評価していないからか!

自分はダメな子

超完璧、スムーズ、ぐうたらしないで、いつも笑顔で怒らない、いろいろできなきゃダメ

と、

位置づけているから、いくら自分がやってもダメだ、ダメだ、まだ駄目だ、

もっともっと、みたいになって、ついには他人の評価を求めてしまうんだ。

そこで評価しない旦那に攻撃する。

 

おー

曖昧だったことを、ブログに書いていくと、理解が深まる

 

 

子供を産んで、仕事を辞めて、

子育てと家庭のことばかりやっていて

毎日嫌な気持ちになっていたのはどうしてだったんだろうかと

旦那がクズなせいだと本気で思っていたんだけど笑

自分ができない自分を、なまける自分を受け入れられてないからだったんだね。

(旦那がクズなことに変わりはないけど笑)

 

 

なまけても愛されてるよ

ぐうたらでも愛されてるよ

きちがいでも愛されてるよ

暴言吐いても愛されてるよ

夕食はほっともっとでも愛されてるよ

片付けができなくても愛されてるよ

機嫌が悪くても愛されてるよ

八つ当たりしても愛されてるよ

苦労をしても愛されてるよ

苦労から逃げても愛されてるよ

嫌いになっても愛されてるよ

いいんだよ、それで。

 

それはそれで愛されてるよ

つまりは評価してるってことだ

 

それを自分でやれば、それでよかったんだ。

 

 

いくら小手先で、楽しいこと、好きな情報を自分の中に入れたとしても

なんか芯が違っているような気がしたのは

ここな気がしてきたぞ。

 

やっぱり、わたし、まだ自己否定していたんだ。

そこに向き合うときが来たのかもしれない。

 

 

自分が生きたいように生きるために、自分とど正面から真っ向勝負しないとだめなときも

あるのかもしれない。

 

今日参考にした記事

https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12230234354.html

https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12205320782.html

https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12052502921.html

https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12259459000.html

 

 

ちょっと違和感もある気がするけど

 

時間がないのでとりあえず終わり。

 

 

AD