以前、技術士第一次試験に合格したら技術士補だみたいな書き方をブログしていたら、違うって教えてもらったので、ちょっと調べてみた。


技術士補になるためには、”登録”が必要。

宅建とかと同じ仕組みだけど、試験名が”技術士補試験”ではなく”技術士第一次試験”だから、合格したとしても表記上は「技術次第一次試験合格」とかいう表現になるんだね。

「技術士補合格」という表記は確かにおかしい。


技術士補になるには、第一次試験に合格するか指定された教育課程を修了すると登録する権利が与えられるようだ。

しかし、たんなる資格マニアにとっては超えられないハードル”技術士への弟子入り”をしなきゃならないようで、「補助しようとする技術士の証明書」が必要とのことです。


ところで、指定された教育課程って、多くの国公私立大学の学科が名を連ねているのですが、東京大学と京都大学が載っていない・・・・

東大と京大程度では、技術士一次試験合格相当の力は無いということですね(*´ω`)

という、冗談はさておき、なんでだろう?単純に、大学側が申請していないとか、技術士としての専門性を満たす学科が設置されていないってところだろうか。




にほんブログ村

AD

技術士一次試験の研究と言っても、問題ではなく、試験自体の研究です。


「試験時間が1時間の「適性科目」、「基礎科目」は途中退室を認めません。」

ということで、

でも、

「試験時間が2時間の「専門科目」の試験では、試験開始後60分を経過してからは、」退室が認められるそうな。


しかし、試験問題は「試験終了まで在席した方のみ試験問題を持ち帰りできます。」

となると、実質途中退出は難しいかな。

専門科目こそ、答え合わせしたい科目だもんね。

しかも正答発表が10月17日って早いし、答え合わせしたいもの。



にほんブログ村

AD

技術士一次試験の受験科目について調べていたら、理工系大学卒か特定の国会資格を取得していたら、共通科目免除という説明が。

文部科学省のHPの内容だから間違いはないはずなのだが・・・

と思ったら、”共通科目”?あれ、適性と基礎科目じゃなかったっけ?問題選択性であって、物理化学などからの科目選択性?

記事の日付が平成8年でした(*´ω`)


そういえば、昔は科目とか、受験制度が違ったのだよね。


今の試験制度では「学歴又は他の国家資格の保有による試験の一部免除はありません。」って明記されていた。

免除科目に無駄に申し込んでしまったかと思ったぜ(*´ω`)




にほんブログ村

AD

QC検定の過去問2級第16回解説読み終わりましたよ。

実践編は、文脈から語群を選択できる場合もあるけれど、知っている知っていないで大きく点数に影響するので、結局しっかり憶えておく必要がある。

さて、手法は慣れですかね。

まだ過去問2回分だから、他の手法も憶えていかねばならんのかな。



にほんブログ村

石綿の勉強

公害防止管理者特定粉じんの勉強のために、石綿作業主任者のテキストを本棚からひっぱりだしましたよ。

バグフィルタとか、けっこういろいろ載っていたのね。当時こういう勉強していたことはすっかり忘れてしまったけれど(´д`;)





にほんブログ村

保育士実技試験体験記造形編に続き【言語編】ですよ。


僕は3匹のこぶたを選びました。

お題となっている話の中で、この本を幼いころ絵本として持っていたし、一番情景を思い描きやすいというのが理由の一つでしたよ。


練習方法は、とりあえず3分程度で収まるように話を組み立てました。

奇をてらうことなく、本来のあらすじどおりに作成。

あとはひたすら、寝る前などに頭の中でシミュレーション。

最初は話をつまづくことなく、最初から最後まで通してみる。

それができるようになったら、実際に時間を計って3分ちょどになるように話のスピードや内容の調整をしていきましたよ。

保育士二次試験当日の待ち時間で主に時間をかけましたが、通算すると5時間ぐらいの練習。

正直、練習時間足りなすぎ・・

人前で話すのが恥ずかしいので、妻や義妹の前での練習もせずじまいでした(´д`;)

まぁ、せめてもの救いは、元々塾講師など講師職に就いていたときに人前で話す訓練は受けていたことぐらいかな。

ただし、ただやみくもに練習したわけではなく、参考書に沿って気をつける点、抑揚をつけたり、オーバーアクションは控える、登場人物によって声色を変えるなど。


さあ、では、本試験ではどうだったのか。

造形の試験が終わった後、待合室に集合。時間は人それぞれなので、僕の場合は午前中に終わりそうな時間帯でしたので、食事はとらずに、時間まで待合室で待機しましたよ。この時間を利用して、言語の最終シミュレーションもする予定でしたし。

本番では早口になってしまうことを想定し、3分を数秒超えるぐらいの時間設定で話を終えるように仕上げていきましたよ(*´ω`)。


そして、いよいよ私の順番。

誘導の試験官から受験者が3人ずつ呼ばれて、試験実施教室の前まで誘導してもらいます。

試験官によっては、名前を苗字だけで読み上げる人と、フルネームで読み上げる人がいました。

試験室からは受験者の声も聞こえていました。僕の声も他の受験生に聞こえるのかなと思うと、やや憂鬱。(´д`;)


なんてことを考えているうちに、私の順番。

まず、失敗したなと思ったことは、話し始めたら、私の声が部屋に反響したこと。

「録音されているのか」と思い気がそれたたために、話の一部を言い忘れてしまうという失敗・・・

しかし、台本を提出しているわけではないので、つじつまさえ合えば多少の間違いはばれないはず。

きにせず話を続けました。


しかし、試験当日のブログにも書いたように最後に大失敗。

時間が余りすぎ・・・・

3分で調整しているのに、体感で20秒ぐらい余ってしまった。

実際は10秒~15秒ぐらいだったのかもしれませんが。


最後に、良かったであろう点と悪かったであろう点をまとめて終わります。

ちなみに点数は31点/50点中でした。


【良かったであろう点】

登場人物ごとに声色を変えた。

一点を見つめることなく子ども達に見立てたイスをみわたすように心がけた。

身振り手振りのオーバーアクションはしなかった。

話の間や抑揚に気をつけた。


【悪かったであろう点】

話の始まりで注意散漫になってしまった。

時間が余りすぎた。(早口になってしまった。)

人前での練習をしなかったので、実際に自分が思っているようにできていたかどうか不明




にほんブログ村

技術士一次試験上下水道部門平成16年度過去問について、問題集に収録されている専門科目問題を解き終わりましたよ。


収録16問中6問正解(´д`;)


合格基準は5割なので点数足りず・・・・

より精進せねば。


技術士第一次試験「上下水道部門」専門科目択一式問題厳選250問解答と解説 [ 松山正弘 ]
¥2,808
楽天


にほんブログ村

本日は有給休暇で保育士登録の手続きのため郵便局に行ってきましたよ。


登録費用を払って、申請諸に振込み書を貼り付けて、申請書と合格通知原本をホッチキスとめして封筒に封をして・・・・


そういえば、署名の横に押印しただろうか(´д`;)

普段だったら、署名したら押印なんて、外出時の施錠ぐらい無意識にやることなので、杞憂だとは思うけれどと考えつつ、開封したら


( ゚д゚)押印忘れてた・・・


ということで、念のため印鑑持参だったのでその場で押印して、封筒は一度開封したため見た目は汚くなったものの無事簡易書留で送付できましたよ。



にほんブログ村