美軌模型店の待合室

ようこそお越し下さいました!

店主の工作日記や、お客様の作品などを紹介しています。
一緒に工作を楽しみましょう!(^^)/

NEW !
テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

えーっと・・

どこまでやったんだっけ??という状態で

一旦あまりにも邪魔なものを片付けたまま

作業台を占拠していたレイアウトセクション。

 

結局、どこでどう時間が詰まってしまったのか

折角並べて、あとは土台を接着するだけ・・

のはずが、こんな事になっています。

IMG_20170219_015614617.jpg

(笑)

 

もう、一部は足がもげてワケわからなくなってるし

当然、フォウリッジも少しずつ剥げて落ちるし

こんな事をするだけで状態ガタ落ちですよね(笑)

IMG_20170219_015615052.jpg

まあ、そうも嘆いてはおれないので

木を取り直して、もとい、気を取り直して

並べるところから再スタートです。

IMG_20170219_015615409.jpg

前回は前回で、

それなりに色のバランスとか密度とか

色々と検討して決めたもので、結構良かったのですが

今回はどうでしょうね??

色違いの紅葉は、バラしすぎると雰囲気が散らかるし

かといって同じ色を並べすぎると不自然だしで

思いのほか悩むところでもあります。

 

ああ、写真に撮ると不自然さが顕れている気が(笑)

 

そして、少し空間が空く部分には

普通の広葉樹を足すことにしました。

IMG_20170219_015615914.jpg

この左手に、先日作った

グリーンマックスの工場が建っています。

レイアウト上の季節は、左から右に向かって

初秋から初冬へと少しずつ変化させたいと思います。

 

したがって、ここに生える広葉樹は

春から真夏にかけての元気な姿ではなく

これから葉を落として冬支度をするところ、

という大人しめの色が良いのですが

IMG_20170219_015616400.jpg

このウッドランドの広葉樹キットに含まれる

フォウリッジの緑色は、こんな感じの3種類です。

中央は盛夏丸出しですよね(^^)

右は少しだけトーンが落ちますが、まだまだ元気。

ここは迷いなく、左の黄緑にしておきます。

 

とはいえ、黄緑とてこれから成長する黄緑と、

これから役割を終える黄緑では雰囲気が違いますから

合うかどうかはお楽しみ・・・

IMG_20170219_015616838.jpg

あー、まあ、じゃあ秋の色を正確に着色しろ、

と言われたら物凄い難問である事を想像すると

これは及第点(あくまでも自分のイメージに対して)

といえるのではないでしょうか?^^

 

まあ、良しとしましょう!

まずは1本、例によってゴム系接着剤を

枝にたっぷり塗布してフォウリッジを貼っていきます。

IMG_20170219_015617269.jpg

今回のここの広葉樹は、

フォウリッジの貼り方を少し変えて

左側のもみじ色の木との品種の違い?

をつけてみました。

 

葉っぱが枝の先端に集中して

少し松っぽく??って、松は広葉樹じゃないですけど(笑)

 

こんな事、草木のド素人がフィーリングでやっても

リアルな結果が出るとは思いませんが

同じようにモリモリの色違いを作るよりは

少しは雰囲気の違いであったり、

それによってレイアウトの密度感にも

少しは寄与するんじゃないかなあ、

なんて思ったりします。

IMG_20170219_015617690.jpg

わかった。

この葉ぶりは、パセリだ!!

全然かけ離れた結論を見出してしまった!

残念(笑)

 

しかし、ここで立ち止まって考えるのは無意味です。

何しろ私は草木のことを殆ど知りません。

それらしくなりそうだと思ったので、

続けて次の作業へと進みます!

IMG_20170219_015618149.jpg

また登場しますのが

タミヤのテクスチャーペイントと

粗末に扱うとき専用のボロ筆です。
工場付近の地面も同様に作りましたので、

連続性を持たせる上でも、同様に工作します。

 

これはもう、ほぼ何も考えずに地面を塗って終了です。

IMG_20170219_015618554.jpg

おおお、こんなものでも

蛍光灯が木洩れ陽のように影をつくり

少しだけ林っぽさを感じられるようになりました!

 

シナベニヤの地色より

茶色い泥一面でも、かなり前進した感じがしますね!

 

写真を撮り忘れましたが、

このあと全体の地面を塗って、

乾燥待ちのため今日はここまでとしました。

 

ひと晩、多少の水分があっても
あとは木工用ボンド溶液と粉物作業ですので

明日はもっと気楽に地面をいじれます。

 

サクサク進むと楽しいですね。

明日の結果に期待しましょう!

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

可愛くて、小さなスペースでも楽しむことが出来て
何と言っても手軽で簡単なのがBトレイン。

 

しかし、そこは鉄道模型を趣味とする者の宿命と言いましょうか

 

模型はやっぱり動いてほしい。

そして動くからには、やっぱりライトは点いてほしい!

特に、通常のNゲージ車両を見てしまった以上は

そう思うのは当然のことですよね(^^)

 

しかし、そこはBNトレの製品の意図として

恐らくそのために複雑化する事はなさらないようですので

何とか自分で改造しなければいけません。

そこで問題になるのは、

やはり台車から車体に至る通電系統の製作です。

 

私も色々と可能な限り考えてまいりましたが

たぶん現状でのファイナルアンサーは

「いつもの方法」で収斂するかもしれません(^^)

 

今日は、ちょっと頼まれ物がありまして

こんな車両に室内灯を入れました。

結果はこんな感じです!

IMG_20170218_104357763.jpg

西武のスマイルトレインこと30000系です。

以前にも同様の工作をしましたが

今回は増備分とのことで頼まれたものです。

 

この場を借りて個人的な連絡を失礼しますが

遅くなって申し訳ございませんでした、

と一言添えさせていただきます(+_+)

台車集電板の製造になかなか着手できず、

この持ち主さんにはかなりお待ちいただいてしまったのでした。

IMG_20170218_104352738.jpg

しかし、大変なのは集電板を作る工程であって

その取付自体はそんなに大変ではないと思います。

つまり、お客様は、私どもの意図するように

「思ったより簡単に」取り付けられるかと思いますが

如何でしょうか?

 

では工作にまいりましょう!
IMG_20170218_104353264.jpg

「室内灯製作キット」を使って回路を組み、

車体に取り付けたところまでは、

ご自身でなさったとのことでしたので

今回は台車の加工のみです。

 

T車集電加工セットN 軸距11.0mm用

一刻も早く発売していれば

きっと台車もご自身で組むことができたと思いますが

販売時期ばかりは私も最善を尽くすのみですので

恐縮するほかありません(^^;

IMG_20170218_104353758.jpg

ちなみに、点灯確認しましたところ不灯のため

床板を外して見たら、ブリッジのところにショートがありました。

これも修正して、再度床板を戻しました。

一旦配線を済ませて切断した銅線も、

再加工には少し短く、撚れてもいますので

同時に銅線も交換しました。

 

なるほど、

無被覆銅線 0.14mm×約15cm

という商品もなかなか有用だなあと

あらためて感じました次第。

結構ちょくちょく使いそうです。

一家に一袋、常備をおすすめします(^^)

 

などと自慢しているヒマがあったら

工作を進めましょう(笑)

IMG_20170218_104354307.jpg

このカトーの「小形車両用台車」の加工には

ちょっとコツがありまして

(もっとも、どの台車にも言える事なんですが)

 

いっぺんに2.0mmの穴を開けようとしますと

ドリルが突き抜ける瞬間の荷重が大きくなり

付け根のすびんだ形のこの台車の場合

ねじれて折れてしまう可能性がありますので、

ここは針でセンターを打ってから

1.0、1.5、2.0mmと穴を広げていき

最後に丸ヤスリでバリを仕上げて

引っ掛からないようにしました。

IMG_20170218_104354862.jpg

加工という加工は、以上で終わりです。

ここに台車集電板を差し込んで

車輪を組み戻せば完成です。

どうです?シンプルではありませんか?(*^^*)

 

装着状態を裏面から見ますと

これまた謀ったかのように

留め具っぽい突起が台車梁に見えるのですが

それは気のせいです(笑)

この丸い突起には保持力はありません^^

IMG_20170218_104355473.jpg

ここで車輪を嵌めてみたのですが

ほんのわずかに走行抵抗を感じましたので

集電板の軸穴のバリを少しだけヤスって取り除きました。

IMG_20170218_104356065.jpg

このバリ、実は意図的に残しているものです。

車輪や車軸の具合により、

もしバリを残したままでも支障なく車輪が回るなら

すなわち車軸に対する接触面積が増えますので

集電の確実性が増すことになるのです。

 

転がり抵抗を優先する場合はバリを落とし、

少し重くてもいいからチラツキをなくしたい、

という場合はバリを残しておくと良いでしょう。

また、バネを少しだけ伸ばし気味にしますと

それだけ接触圧が高くなりますから

同じように集電性と転がり抵抗を調整できます。

 

このへんは、何をとるかで

状況よってお好みで使えますので

どうぞTPOを楽しんでいただければと思います^^

IMG_20170218_104356582.jpg

組み付けた完成の姿がこちらです。

この「小形車両用台車」は何種類か形がありますが

今回のものは集電板が隠れて目立ちません。

ものによって、外から見えることがありますので

その際気になるようでしたら、台車の成型色に合わせて

黒や灰色に集電板の外側を塗装するのも有効です。

 

そして、履かせました!

IMG_20170218_104357763.jpg

実は今回のこの室内灯、

取付は私ではなく、この車両の持ち主さんの施工なのですが

 

レンズを使わず、3mmの砲弾型LEDを天井の中央、

つまりこの集中クーラーの真下に仕込んでおられたんです!

結構、イケてしまうものですね(^^)

 

もちろん光は完全に均一とはいきませんが

通常のNゲージ車両で、車端の光源に偏るのに比べれば

これは充分に及第点と言えるのではないでしょうか?

 

角度を変えて見てみます。

IMG_20170218_104357195.jpg

また、上の写真でご覧いただけますとおり

集電板も片側台車にだけ仕込んでいます。

もちろん両側集電に比べれば集電効率は半減しますから

走らせますと多少はチラつきますが

 

これもBトレの宿命で

動力車の牽引力がありませんから

走行抵抗を半分にする、と割り切れば

これもおおいに有効な判断です^^

 

そして最後に、気になるその走行抵抗の様子は

特別に動画にて大発表しましょう!

(おおげさだなあ。笑)

 

緑色のリレーラーが年代を感じますでしょうか?(笑)

 

まあ、こんなのでは伝わりにくいですけど

あからさまな抵抗感があるわけではない、

というのは見て取れるかと思います(^^)

 

これにて、Bトレの集電化には

グリーンマックスやカトーの台車を使うほか

「小形車両用台車」も選択肢に入れることができました!

 

ご参考になりましたら幸いです(^^)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

大変お待たせ致しました!

先日お知らせ致しました集電加工関連製品4種

予定より少し早く準備が整い、

本日新発売致しました!!

 

今回新たに加わりますのは

下記の2種類のセットと単体、合計4種類でございます。

 

T車集電加工セットN 軸距11.0mm用
こちらは、Bトレイン向けのカトー製台車

「小形車両用台車」シリーズにお使いいただくための

短いホイールベースに合わせたものです。

 

従来のバンダイ社製「走行台車T」が絶版となった今、

難易度が高く、構造が複雑になる「走行台車T改」の加工より、

もっと手軽にお楽しみいただけるようにご用意致しました。


これにより、Bトレイン車両の点灯化の際は、

当該の「小形車両用台車」をお使いいただくほか、

よりスタイルの近似したカトー・グリーンマックス製を使い、

それぞれの軸距に合わせて集電板を入れるなど

より一層選択肢が広がります。

 

そして、こちらのセットから床板側の集電板を除き、

台車集電板のみの販売を行うのがこちらです。

 

台車集電板N 軸距11.0mm用 4枚入り
床板側の通電には色々な方法がありますので

ご自身のアイディアをお持ちの方でしたら、

一番煩わしい台車集電のみお使いいただくのも

おおいに宜しいかと思います。




続きまして、軸距15.4mmの製品のご紹介です!

 

T車集電加工セットN 軸距15.4mm用
こちらは、国鉄形が中心のご趣味の方の場合は

あまりお馴染みの無い数値ではないかと思いますが

一部の私鉄車両に使われている台車の軸間距離で

「鉄コレ」製品に存在する規格です。

簡単手軽な鉄コレとしましては

すでに16.0mmがあるにもかかわらず

センターからわずか0.3mmの違いを表現するあたり

なかなかの拘りではないかと感心しますね^^

もちろん動力装置も作り分けています。

○○m級の「D」の付くものがそれに当たるようですね。

 

こちらの使い方は、

すでに皆様にご愛用いただいている通りです。

他製品に準じまして、こちらも単体を販売致します。

 

台車集電板N 軸距15.4mm用 4枚入り


16.0mmバージョンと、ほぼ見分けが付かないですね(笑)

 

実際、もしかして、ですけど

誤差を吸収できる寸法として、

0.3mmは許容範囲内とも思われるのですが

集電板に対する荷重のかかり方が少しズレますので

やはり僅かとはいえ適合する方が望ましいと思います。

 

そういえば同様の理由で、

弊社でも16.0と16.5を作り分けているのでした・・

なにを言ってしまっているのでしょう(笑)

 

以上、集電関連の新製品のご紹介でした!

 

少々頼まれ物もありますので

軽くではございますが、明日はBトレ車両を

ちょこっと点灯化してみたいと思います。

どうぞお楽しみに!


-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

いつも当店をご利用いただきまして誠に有難うございます。
 
さて、誠に勝手ながら
2017年2月22日~26日
所用により県外に外出しますため
出荷業務をお休みいたします。
(ご注文受付、メール対応などは通常どおりお受けいたします。)
 
期間中のご注文分につきましては、
2月21日午前中にご注文/ご入金確認分は 2月21日出荷、
2月21日午後以降のご注文/ご入金確認分は 2月27日より順次出荷

 
となります。
お急ぎのお客様がいらっしゃいましたら、
20日までにご注文・お支払いいただきますと確実です。
 
穏やかな春まであと一歩のこの時節、
皆様方には大変ご不便をおかけ致しますが、
何卒ご承知置き戴きますよう、
どうぞ宜しくお願いいたします。
 
今回も、お役に立つものをご用意できますよう頑張ってまいります。
どうぞご期待下さいませ。
 
-店主 敬白

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

準備が出来る時というのは

一気に事が進むものでして

本日も皆様ご待望の新製品の発表でございます!

 

大変お待たせ致しました!

非常にご好評いただいております集電化部品シリーズの

「台車集電板N」と「T車集電加工セット」

新しく「軸距11.0mm」「軸距15.4mm」が加わります!

写真は軸距11.0mmのものです。

第一に、カトーの「小形車両用台車」に適合します。

つまり、Bトレイン製品の集電化に非常に有効な製品なのです!

 

これまで当店では、

すでに台車に金属板の内側軸受が入った

「走行台車T」向けの集電製品を提案してまいりましたが

台車の仕様が「走行台車T改」に変更されてから

使えなくなってしまいました。

 

そこで、点灯化を検討する際、

元々走りの良いカトー台車を見直してみよう、

という経緯で応用したのがこちらの製品です。

 

使い方は既存の一般Nゲージ向け製品と同様、

台車を加工して集電板を通し、

床板側に受け手の集電板を貼るだけです。

慎重にやるべき工作ですが、

慣れるとそんなに難しくはないと思います。

具体的な使用例は、

追って工作記を掲載いたしますね(^v^)

 

続きまして、軸距15.4mmの方は

「鉄コレ」の一部台車に採用されている軸距でして

こちらも、かねてからご要望をいただいておりました製品でした。

皆様方には、永らくお待ちいただいてしまい、

大変恐縮致しておりますm(__)m

価格は、他のシリーズ製品と同じ

台車集電板の単品(4枚入り) が290円、

T車集電加工セット(床板集電板つき)が430円でございます。

(それぞれ税別)

 

2月20日前後、週明けあたりの発売を目指し

現在鋭意準備中です!

どうぞご期待下さいませ(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

LED打ち換え比較企画!!ひとまず最終回!

 

始めに申し上げておきます

今日の作業はほとんど中身はなく

工作記としてはほぼ失敗報告日記であることを

素直に白状させていただきます(笑)

 

まあ結果的には

こうしてうまく点灯した事には違いありませんが

IMG_20170215_234919408.jpg

その経過はと申しますと

昨日取付を済ませた状態で線路に乗せて

パワーパックのツマミを回してびっくり

そういえば電球色化のオレンジ色を塗り忘れたなあと

IMG_20170215_004348913.jpg

気付いて色入れして終われば

それでも良かったんですけど

IMG_20170215_004348449.jpg

取り付けたこの基板モドキのフチに合わせて

「きらめきライト 水平型」を取り付けたもので

こうして見ますと少し奥まって見えてしまい

 

もしかして、プリズムに光源をもう少し近付ければ

もっと明るくなるのではないかな?

と考えた次第。

実際、豆電球の取付位置を見ますと

ダイカストブロックが斜めに降りるフチの

ギリギリのあたりまで電球がせり出しているんです。

 

まあ、やってみる価値はあるかな?

IMG_20170215_234915171.jpg

というわけで

目分量で2.8mm位伸ばした「基板モドキ」を再作成。

そのへんに転がってたケント紙を切っただけです(笑)

 

2回目にもなれば速いもんです。

すぐ出来ました。

基板を延長したので、リード線が足りるか心配でしたが

2周巻けたのでちょうど良かったです^^

IMG_20170215_234915716.jpg

これを再度所定の位置に装着。

プリズムに合わせて、少し上向きにしてみました。

 

そして最後にクリア電球色

(クリアレッドとクリアオレンジを調色したもの)

をLEDの発光部に塗って、色を調整したら完了です。

IMG_20170215_234916845.jpg

先に塗っとけばいいのに??

って、ハイ!仰る通りでございます。

また忘れてただけです(笑)

 

というわけで完成!

今度は結構明るくなるはずだぞ!

 

ところが・・・

IMG_20170215_234917510.jpg

結果は、残念な程に明るさダウン。

なんで??

 

と思ったら、

今まさに基板を延長して前に出したのが

災いしたのでした・・

IMG_20170215_234918146.jpg

このプリズムは、豆電球の

斜め上半分に当てて集光する仕組みでした。

それを、紙と「きらめきライト」の基板で塞いだら

上向き光なんか来るわけがないですよね(^^;

 

当然、不合格です(笑)

 

全く話にならないので、

作戦を元に戻してやり直し。

IMG_20170215_234918755.jpg

ああああああ今わかったぞ!

良いこと思いついた!

白いニセ基板の表側に「きらめきライト」をつければ

上向きにも発光するじゃん!!

それなら、離さなくても大丈夫じゃん!!

 

しかし、ここまできたら後の祭りです(笑)

こうしてブログを書いているということは

即ちこの作業は完了しているという事ですので

またほじくり返す事はしません(^^;

 

しかも、点灯具合はむしろ格好が良く

IMG_20170215_234919408.jpg

この電球のヘッドライトって

好みは分かれるとは思いますが

見事な電球色より、

少し白っぽくした方が

なんとなく明るい印象が出るような気がしますね。

と、こんな感じで仕上がってみますと

やっぱり「きらめきライト」は明るいんですよね(^v^)

そして肝心の明るさはと言いますと・・

 

3mm砲弾型LED打ち換え

           対

「きらめきライト 水平型」

 

の勝負は・・

 

引き分けでした!!

 

電球打ち換えの場合、安く上がる代わりに

ハンダ付けも基本的には必須ですし

基板は一旦壊しますので

元に戻すことは困難だと思います。

 

一方、「きらめきライト」の場合

なにしろ穴ひとつ、接着剤一滴たりとも使わないので

失敗しても何ひとつ後腐れはないですし

いざ元に戻したくなったらいつでも戻ります。

そもそも非常に簡単で手軽です。

 

今まで散々申し上げてきた通りなんですけど

やっぱり、TPOに合わせて使うのが吉、

という結論に、今回も至ってしまいました(笑)

しかし、やっぱりライトが明るいというのは

何年やってても楽しく、気持ちがスカッとします(^v^)

これだから、やめられません(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

LED打ち換え比較企画!!

なんて言うほどでもありませんが
昨日ふと思ったこと。

 

30年以上前のプリズムのせいも

多少はあるのかもしれませんが

今回加工した骨董EF66のヘッドライト、

いつものように劇的明るくなったかといえば

そこまで劇的というよりは想定の範囲といえ

 

「こりゃ強力なだけのことはあるな」

と、感動はしなかったんですよね。

 

では、いつも感動している方法で工作したら

今回も感動することが出来るだろうか?

IMG_20170215_004345811.jpg

 

やってみました。

昨日は片エンドのみでしたので

今日は反対側に「きらめきライト 水平型」を入れてみます。

 

そうそう。

これが昨日の写真なんですけど

IMG_20170213_005253475.jpg

盛大にスカートの隙間から光漏れしてますが

再び車体を外してみてみると

動力ユニットと車体の隙間に

何も塞ぐものがないんです。

 

ここ、確か黒いスペーサーみたいなもので

本来塞いでありませんでしたっけ??(笑)

 

まあ、千円でそこそこ動く機関車を買ってきて

文句を言うほどの場面ではありませんが

多分ここの床面を作ってしまえば

例の遮光問題解決するような気がします。

IMG_20170215_004346209.jpg

原因が判って良かった(^^)

というか、何で昨日気付かなかったんだろう(笑)

 

さて、ライト工作を始めます。

今回は、いつものテープ止めではなく

既存の基板のところにダミー基板を作り

そこに「きらめきライト」を張りつける方式をとります。

IMG_20170215_004346589.jpg

元の基板の厚さは0.5mm、

そこにリード線をグルグル巻きにしますので

基板代わりの「ニセ基板」には

0.25mmのケント紙を使ってみることにしました。

理由は・・・そこに転がっていたから、です(笑)

 

IMG_20170215_004346943.jpg

もとの基板に合わせて、ケント紙を切り出します。

そんなにシビアでなくてもここは大丈夫。

適当に切りました。

見た目のとおりですね(笑)

 

で、ここに「きらめきライト 水平型」を

軽くゴム系接着剤で貼りつけて

ダイカストブロックに差し込む部分で通電させるため

リード線を巻きつけるスリットをつけておきました。

ここも、もちろん目分量です(^^)
IMG_20170215_004347301.jpg

そこにグルグルッと線を巻いて

IMG_20170215_004347700.jpg

確実に通電させてやろうと

厚みがでる程巻きつけたら

厚くなりすぎて挿せなくなりました(笑)

IMG_20170215_004348067.jpg

結局、2巻くらいが適正でした。

計算上、0.25mmの紙に、0.14mmの線が裏表で

0.25+0.14+0.14=0.53 、という感じで

元々0.5の基板がシッカリ挿さっていた箇所ですから

1巻でも充分しっかり入るんですよね。

IMG_20170215_004348449.jpg

あとは余分な線を切って、

左右のダイカストブロックが線を介して接触していないか、

いや絶対してないけど一応確かめて(^^)

 

車体を組み戻せば、ひとまず完成です!

IMG_20170215_004348913.jpg

 

あ・・・・・・・「きらめきライト」って

やっぱり明るいと思いませんか?

スマホの自動撮影ですので

そう撮影条件は変わらないと思うのですが

これは白色点灯と電球色の違いでしょうか?

 

この光量なら、ちょっぴり感動しますね(*^^*)

 

ともあれ、

実は発光色が白いのは単純なミスで

まぁいわゆる「塗り忘れた」ってやつですね(笑)

 

良い感じで、まさに字の如く

「光明がさしてきた」ような感じがしました(^v^)

 

本来、とても2日もかける作業ではありませんが

ちょっとここのところ時間が取れず

ここまで遊ぶ事しか出来ませんでした。

 

次回、電球色に色挿しするなり

もう少し弄ってみたいと思います(^^)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

今日のはじめに、まずは業務連絡(笑)

昨日お知らせ申し上げました電子部品関連商品5点、

本日販売開始致しました!

 

↓ご関心のおありの方は、下記リンクからどうぞ!

3mm 砲弾型LED 白色 3.0V 20mA  10個入り 100円(税別)

3mm 砲弾型LED 電球色 3.0V 20mA  10個入り 100円(税別)
超小型スルーホール抵抗 1/4W 470Ω  20個入り 100円(税別)
小型ブリッジダイオード 500mA  3個入り 100円(税別)

無被覆銅線 0.14mm×約15cm  24本入り 100円(税別)


さて。

 

売るからには使ってみよう、という事もあり

説明文を書いていて、自分でもやってみたくなり(笑)

今日はサクッと簡単に出来る打ち換えでもやろうと

ジャンク置場を物色していましたら

IMG_20170213_005253475.jpg

こんなことになりました!

 

種明かしはこちらです。

IMG_20170213_005249086.jpg

どうだ参ったか!と言いたくなる千円の値札(笑)

カトーの初期製品のEF66です。

スカートが台車と一緒に動くタイプです。

 

買ってしまえば、何とかなるだろうとばかりに衝動買い、

その後2年の熟成期間を経て本日役に立つ次第。

 

そもそも、動くのかどうか定かではありません。

線路に乗せる前に、まずは車輪をクリーニングしました。
IMG_20170213_005249503.jpg

最初は重かったのですが、

少し慣らしたらまわるようになってきました。

ちなみに写真は、12ボルト全開で

唸りながら爆走しているシーンです。

ライトは思ったより明るいですが、

さすがに豆電球ではこれ位でしょうか?

 

いや、第一印象は、そうではなかったです。

思ったより明るい気がする(^^)

実際に走らせてみると、どうだろう?

IMG_20170213_005249920.jpg

トミックスの常点灯パワーパックで、

走り出す寸前のツマミ位置にて撮影。

これ、やっぱり最近の豆電球製品より

プリズムが頑張っているんですね!

満足とは言いませんが、及第点だと思います(^^)

 

とはいえ、やはり高輝度LEDを見慣れた眼には

満足な光量とは言い難いレベルです。

当然のことです。

 

今回はこれを

単純に豆電球を砲弾型LEDに回路を改造する

いわゆる「打ち換え」でライト改善することにしました。

使う部品は、

3mm 砲弾型LED 電球色 3.0V 20mA  10個入り 100円(税別)​​​​​​​
超小型スルーホール抵抗 1/4W 470Ω  20個入り 100円(税別)

の2つです。

 

では車体を外してみます。

IMG_20170213_005250351.jpg

回路は実にシンプルです。

プラスマイナス両極に、

電球とダイオードが直列に接続されています。

 

LEDは、マイナス側にプラスの電気が来ても

点灯しないので必要ありませんが

豆電球には極性がありませんので

こうしてダイオードで片方の電気の流れを抑えているんです。

IMG_20170213_005250788.jpg
おあつらえ向きの題材でした(^^)

もう、やることはひとつです。

電球の位置にLEDを、

ダイオードの位置に抵抗を入れましょう。

 

また、今回は

「そっくりそのまま部品を入れ替える」例として

あえてハンダ付けを行う方法をとります。

 

半田ごてを当てて既存部品を抜き取り

新旧部品の大きさを比較してみました。

IMG_20170213_005251415.jpg
上が新抵抗対旧ダイオード、

下が豆電球対LEDです。

前者は明らかに抵抗の方が小さく、

後者は同じ3mm径でした。

目視にて、サイズは合格です^^

 

早速、元の基板に部品を挿します。

まずは抵抗から。

IMG_20170213_005251950.jpg
小さいぶんには困りませんね。

綺麗に嵌りました。

 

続いてLEDも挿して、位置を合わせて足を曲げ、

最終的に「右側がプラスで前進」の法則どおりになるよう

LEDの向きを確認したらハンダでとめてしまいます。

IMG_20170213_005252454.jpg

 

しっかりハンダ付けされているのを確認したら

余計な足を切断して、基板は完成です。

そのままもとの位置に組み戻します。

IMG_20170213_005252981.jpg

元に戻すだけですから、なにも難しくもなければ

ここは何も頭を使いません。

 

車体を組み戻して、線路に乗せてみました。

すると、冒頭の写真に相成ります。

IMG_20170213_005253475.jpg

やはり、

「改造する必要は無いかなあ?などというのは

妄言と言うほかありませんでした(笑)

明らかにこっちの方がカッコ良いです!

 

これは成功と言って良いでしょうね!(*^^*)

 

作業時間はここまで

写真を撮りながらのんびりやって

せいぜい30分位だったと思います。

 

しかし、良く見ますと

スカートの上から光が激しく漏れており

これを本気で加工改善するとなると

スカートの固定化とともに、遮光も

重要なポイントになるかもしれませんね^^

 

これまでこうしてEF66を放置した理由というのも

実はスカートのせいだったりするんです。

ASSYで、イマドキの格好良いスカートがあれば

是非とも改造したい機関車なのですが

あいにくなかなかそれが見当たりません。

次の再販でも待ちましょうか(^^)

 

という感じで

打ち換え作戦、というか実験工作

無事成功が確認されました!(^^ゞ

 

半端極まりありませんが

今回は目的を達成しましたので

これにて終了します。

 

ご参考になりましたら幸いです。

 



-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

大変永らくお待たせ致しました!

かねてからご要望の多かった

「室内灯製作キット」関連の各パーツを
単品販売致しますのでご案内申し上げます!

 

今回単品で登場しますのは下記のアイテムです。

まずは両エースから

 

3mm 砲弾型LED 白色 3.0V 20mA  10個入り 100円(税別)
綺麗な白色発光が自慢の、7000mcd超高輝度LEDです。

世の中に数多くの部品が売ってますが

多くの製品の中から模型に向くものを厳選しました。

既存の豆電球基板のライト打ち換えをはじめ、

さまざまな用途にお気軽にお使いいただけます。

レンズ部分をクリア系塗料やマジックペンで着色することで

お好みの発光色を作ることも可能です。

IMG_20170211_232554280.jpg

レンズのお尻が帽子状になっているものが白です。

識別を容易にするため、電球色と形状を変えています。

 

3mm 砲弾型LED 電球色 3.0V 20mA  10個入り 100円(税別)

こちらは同様の製品の電球色バージョンです。

ヘッドライトや室内灯で、色を統一したい場合などに便利です。

明るさは1700mcdと白より随分低い印象は受けますが、

光度の計測上、発光色の特性上の理由によるものですので

実際に見た明るさは非常に強力です。

IMG_20170211_232554623.jpg

 

超小型スルーホール抵抗 1/4W 470Ω  20個入り 100円(税別)

続きまして、抵抗器のご紹介です。

写真では伝わりにくいのですが、

本体部1.7×3.3mmと極めて小さく、しかも1/4Wの大容量。

1個で3VクラスのLEDをしっかりサポートします。

豆電球基板のダイオード部分に、ほとんどの場合

そのまま取替えが利きますので非常に便利です。

IMG_20170211_232554947.jpg

 

小型ブリッジダイオード 500mA  3個入り 100円(税別)

こちらはLEDのプラス・マイナスの極性を無くし、

前進・後進時ともに点灯させるための部品です。

定格500mAと余裕がありますので、

複数個のLEDの接続にも安心してお使いいただけます。

通常の規格よりひとまわり小さく、

Nゲージ車両への装着に少し余裕があり便利です。

IMG_20170211_232555667.jpg

 

無被覆銅線 0.14mm×約15cm  24本入り 100円(税別)

そして最後に、意外と便利で好評の裸銅線です。

「きらめきライト」シリーズに使用している材料で、

適度な線径で扱いやすく、車両へのLED配線に便利です。

被覆がありませんので、現物合わせの作業に最適です。

ご自由にお使い下さいませ。

IMG_20170211_232555350.jpg

 

以上、5品目のご紹介でした!

 

一両日中、準備が出来次第発売開始致します。

日本一安いかどうかは調べておりませんが、

品質のわりに非常に安価である自信はございます^^

鉄道模型への適性を、実際に使って確認しています。

どうぞ安心してお楽しみいただければと思います。

 

ご利用お待ち申し上げております!


-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

古工場を再生させよう!! その4

 

昨日までののんびり工作はどこへやら。

急に工場が完成しました!(大笑)

IMG_20170209_010421289.jpg

まあ、完成と言いましても

まだまだお化粧のしようは幾らでもありますけどね^^

 

とはいえ、

今日の粉物作業というのは

ほぼ一度に全部済ませるようなものですので

特別に頑張ったわけではありませんでした。

 

まずは、地面に木工用ボンド溶液を筆塗りして

そこにモーリンの「リアルサンド」を撒きます。

ウチのいつもの地面です。

IMG_20170209_010418278.jpg

次に、そこにスポイトで再び

木工用ボンド溶液をたっぷり垂らします。

 

薄めに溶いていますので、

これくらいでも乾燥後に表面がテカることはありません。

しっかり行き渡らせよう、という考え方ですね。

IMG_20170209_010418653.jpg

 

そこに下草を・・

と思っていたら、間違えました!!

IMG_20170209_010419039.jpg

先に撒くべきは本来、

同じくモーリンの枯れ草パウダーでした(^^;

 

まあ、ボリュームがあるに越したことはないので

あらためて上からパウダーを撒いて

さらに黄緑色のターフを重ねました。

すると、こんな状態になりました。

IMG_20170209_010419383.jpg

同様に、手の届きにくいところから

地面を作っていきます。

IMG_20170209_010419748.jpg

そして線路際に差し掛かったところで、

一旦手をとめて鉄路柵を接着しました。

ゴム系接着剤を、はみ出すくらいにたっぷり付けて

強く固定してしまいます。

IMG_20170209_010420131.jpg

そして、ひと呼吸おいてから

周囲と同様に地面を作り、

もみじの並木を挿し戻したら出来上がりです!

IMG_20170209_010420503.jpg

確か、軽トラか何か持っていたし

大型トラックもどこかにあるはずですが

何故か目に付いたのが新潟交通のバスという(笑)

IMG_20170209_010420889.jpg

うーん、これが秋らしい風景に見えるかと言われれば

あんまりそんな感じもしないんですけどね(笑)

 

いっそ木は黄色にして、

イチョウっぽく見せた方が良かったかな??

そうなると、木の形がなあ・・と、

無限の思考停止に陥りますから

今回はこれで良しとしましょう(笑)

 

IMG_20170209_010421289.jpg

でも、ちょっとだけ高い視点から見ますと

 

まあ、いつかどこかの車窓から見たような風景、

と言えなくはないですね^^

 

便宜上、今回は煙突とタンクを固定しましたが

実は工場本屋は置いてあるだけです。

今回は施工しませんが、

煙突の先端に赤い標識灯をつけて

タンクの近辺に軽く街灯をつけて

本屋にも明かりを入れてやれば

それなりの夜景に見えるような気がします。

 

あー、次はそこを目指すか!!

暗ければ、外面のディテールなんて

ほとんど見えないですからね!!(笑)

 

今回作ったのは

わずか25cmの二等辺三角形ほどの

小さな角地の工場なんですが

 

こんなものでも意外と楽しめて

出来てしまえば意外と見映えするものです^^

 

そして何よりも、
高校生だか何だか以来の「捨てられない所有物」が

とにもかくにも風景の一端として漸く役立ち

今回はなんだか良い工作をしたような

楽しい気分です(^^)

 

そして、工場プラモに特別な加工をしなかったことで

今と昔の連続性が感じられ

もう自己満足冥利に尽きますね(笑)

 

というわけで、なんだか冗長な文章になってしまい

恐縮ではありましたが

ご静聴いただき有難うございました!

 

次は久しぶりに車両工作をしたいと思います!

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
  にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。