園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

料理研究家兼タレント・園山真希絵の食べても太らないミラクル幸腹DAYS。

※園山真希絵に関しての広告/媒体/キャスティング依頼お問合せ先

『サンズエンタテインメント』 tel:03-5485-7922  fax:03-5485-2166

担当:風間(ymdrkk@gmail.com


※紹介制飲食店『そのやま』

TEL:0363376498

https://www.facebook.com/sonoyama.tokyo


※「TERIYAKI~テリヤキ~ 」(史上最強グルメアプリ)


※『ippin(ぐるなび目利きシリーズ)』~あの人の美味しいに出会う~

http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/sonoyamamakie/


※「Everyday BEANs 」(豆料理と共に生きます


<家庭料理割烹『園山』スタッフブログ> 『園山一家の幸腹日記



園山真希絵流 食べても太らず元気な心身を作る9ヶ条

               ↓


            そ 咀嚼(噛む) 

            の 飲みもの

            や 野菜

            ま 豆

            ま 真っ先に食べるもの

            き 気持ち

            え 栄養バランスとエコ

            で 伝統食

            す 素と酢



NEW !
テーマ:
あっという間に8月に突入しましたが、
8月1日は、
「パ(8)イ(1)の日」&「パインの日」ですね。

パイとパインといえば、、、

ちょうどグラニースミスさんでは、
「パインとココナッツのアップルパイ」も夏季限定で食べられるんです。

というのを知ったのは、


{43795B90-15AA-4CF1-BD84-D2ABE73E5B07:01}

「ブルーベリーとリコッタチーズのアップルパイ」と、

{BA0FDAD9-8DB6-4925-910D-B2FACF5020B0:01}

「ヨーグルトアップルパイ」を食べて、
お店を出た後、
看板を見た時だったので、

「パインアップルパイ」は食べそこなったのですが、
次回のお楽しみにしておきます(*^_^*)

しかし、


{A9F3678C-BFE7-42C8-858F-DC07B631B8E8:01}

色合いまで美しいブルーベリー&リコッタチーズ入りも、


{A8669994-239F-4955-AF26-ABFD70E7B5CD:01}

ヨーグルト入りも、
爽やかテイストで、
夏の暑さも吹き飛ぶような爽やかテイストで、

何よりリンゴがバツグンに美味しいんです。

どちらも使用されているリンゴは異なり、
歯応えも違うので、
両方食べても、
飽きるどころか、
楽しく美味しく食べられました。


{0805140D-46DD-4904-B3AE-7A7402A271AD:01}

上にのっているクランブル(小麦粉・砂糖・バター等を混ぜて、そぼろ状にしたもの)も、


{A8669994-239F-4955-AF26-ABFD70E7B5CD:01}

見た目は殆ど分からないですが、
ヨーグルト版は、
食物繊維豊富なオートミール入りなんです。

だから、
お腹のお掃除にも一役買ってくれます。

さらに、
どちらも、

{1A276DDE-11FA-4B7D-A3E9-8B20A3A00F12:01}


パイ生地に一切クドさがなく、

詰めたくても、

バターの風味も際立ち、

さくっとパリッとしていて、


{439B4CE4-08A5-4C51-BEBE-66E5821FC385:01}


リンゴの水分でもふにゃふにゃになってないのも、
こちらのパイの凄みです。


途中で、


{68E3CE7A-2B5D-4130-BC51-BF3C8C937E74:01}

バニラアイスや、


{934FCC84-EAFD-4B84-A271-795F26FF279B:01}

フレッシュクリーム・オレンジハニーソース・ベリーソースを添えて、

{8F04F7AE-BCCE-467F-BE4D-540561BACCAC:01}


水出しコーヒーや、エスプレッソと一緒に頂いたのですが、

あまりにもベストマッチなので、
全てが仲良し家族みたいに思えてきました。

というアップルパイのクオリティの高さは無論、

ストーリー を知ると、
より一層、美味しさも感動も感激も増すんですよね。。。

その上、


{69C2B645-9EDC-43CF-876A-A5ECCEF4404E:01}


店内には、



{98F9B68D-A1E3-4C9E-9FE5-1D5369AA4102:01}

心安らぐ花言葉と、



{E644B93C-D3CE-4885-8945-B5485DC904F1:01}

お花にも魅了されます。


おかげさまで、
数日経っても、
記憶に残る『グラニースミス』さんですが、


{092CCD6F-C7B9-4231-BEF4-4FE02CD0DE74:01}

お腹いっパイになっても、
罪悪感ゼロ&美しくなる要素いっパイのアップルパイ、


{E9AA5C5C-9443-437A-83A8-5B278098406A:01}

より一層、層の厚い人間になれる気がします。


「たとえ明日世界が滅ぶとしても、私はリンゴの木を植えるだろう」
というマルティンルターの名言がありますが、

「たとえ明日世界が滅ぶとしても、私はグラニースミスのアップルパイを食べるだろう」と言いたくなるぐらい惚れました。

嬉しいことに、
贈りものにも最適です。

お取り寄せといえば、


{46207602-1018-418B-82BA-182E91E367D8:01}

連載42回めとなる「お取り寄せギャップフード(女性自身)」の今週号は、山梨編です。

あ、
「アップルパイ」と「山梨」で思い出しました。

10年ちょっと前に、
山梨でリンゴ狩りして、
そのリンゴでアップルパイを作ったことがありましたが、

山梨ときたら、
五穀豊穣を祈る「八朔祭」も有名ですね。

旧暦の8月1日は、
「八朔の日」でもありますが、

そもそも「八朔」とは、
鎌倉時代、農村で初穂を恩人に贈る風習「八朔の祝い」とか、
農民が収穫の無事を願う儀式に由来するようですが、
別名「田の実の節句」とも呼ばれてます。

武家や公家の間でも「田の実」を「頼み」にかけ、
日頃お世話になっている人に贈り物をして感謝を伝える日となり、
後のお中元に繋がったとも言われているようです。

そんな「八朔の日」の今日、
改めて、
人や食や今に感謝です。

なかなか東京に来れない実家の家族や、
お世話になっている方に、
『グラニースミス』の愛情いっぱいアップルパイを贈ろうと思います。

「ありがとうの想い」をいっぱい添えて。


もしくは、03-6337-6498までお願い致します。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

昨日、

灼熱の太陽も熱いエールを贈ってくれた中、


{8F570A41-DFEC-442A-B3DC-DD2C124D899E:01}

『肉食女子博』 プレス発表会&試食会が行われました。



{D97C72A2-74EA-4405-8535-B29B3F989D06:01}

オフィシャルサポーター部長の田辺晋太郎さん、
副部長の里井真由美さんを筆頭に、

放送作家のすずきBさん率いる応援団「ミーターズ」の一員として、

{BF811402-3FDC-45BD-9021-85692EB10570:01}

女優の秋本祐希さん、
体操のお姉さんのいとうまゆさん、
アートディレクターの秋山具義さん、
タレントの浅田好未さんと共に、
開会式に臨ませて頂きました。


{45E4FED1-AEA8-4301-9BE2-3428F3674A9F:01}

私は「牛柄」の帽子をかぶり、
お肉とのエピソードや意気込みを語り、


{F4098E8F-8BAD-4A5F-94D9-F48D7879A18D:01}

全店のお肉料理を食べてきましたが、


{67B586F2-8EE0-4346-9B5A-45A977783311:01}

イタリアンの巨匠こと山田宏巳シェフのお店『ヒロソフィ』さんも出店なさってます。


因みに、
『ヒロソフィ』さんのメニューは、

{CCD28A83-7DC0-4797-9843-39C778B8220C:01}

「夢のトリプルお肉ソースのスパゲッティ」ですが、
ココでしか味わえません。


他にも、


{407E0C69-973C-4406-865A-663475033B91:01}
{EF4AA65E-A010-4713-A7AF-425DAEED989C:01}
{D8BC9D3A-6F38-4305-866C-57D7379D874F:01}
{67EBEA1C-1F3A-4490-8E79-BE16A36A0DDD:01}
{9F7D5DFF-BD58-423C-BC83-C149D51841ED:01}
{3E8C6D9B-FDFB-44CD-B6AA-C0C38D41A27A:01}

魅惑的お肉料理が集結してますが、
そんなお肉料理だけかと思いきや、


{96DB4A87-C974-42A4-B1BE-EC30F140C60C:01}

お肉を食べた後(合間?)に恋しくなるデザートも用意されてるんです。

というわけで、
お肉料理を食べながら、

{2E604C22-C778-45B9-B110-E513EA10CB04:01}


体想いスイーツ3種も食べて、


{AFC4FDF4-611A-4BA1-B5E2-82320C99DA7B:01}

再びお肉へ突入してみて下さい、私みたいに。


{6B61664A-135E-4D95-9161-554C7D665E2C:01}

きっと酷暑にも負けないパワー補給ができるはずです。

夏の暑さにやられがちなこの季節、
美味しく元気をGETするためにも、


{447E5A36-AAA5-401B-9245-E67AB29ECC4B:01}


日焼け&暑さ対策をして、

代々木競技場へ駆けつけてみて下さいね。


そして、

夜は、島根のお肉料理をいくつかご用意している自店そのやまにもお越し頂けたら嬉しいなぁ。。。


なんて本音をつい書いてしまいましたが^^;、、、


そういえば、
今回の『肉食女子博』は、
女子博といっても、
男性も大歓迎とのことです。

ミートだけに、

きっと素敵な出会いもあると思います。


はじめましての挨拶は、

Nice to ミート you で決まりです(*^_^*)



もしくは、03-6337-6498までお願い致します。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
先月、

{72230E87-71F6-4604-95BA-6435EC89F64F:01}

遅ればせながら、
『スコッチバンク』さんへ1周年のお祝い花を贈らせて頂きましたが、

『肉食女子博』でも、
出店なさるとのことで、
(「希少肉のNice to Meat丼」を販売するそうです)
そんな美肉を求めに、
スコッチさん1周年記念会に、
すこっし(笑)だけ伺ってきました。

とりあえず、

{D652AE6C-1501-4E57-AD5D-B573F716ABDD:01}


大きな「鶏肉のフライ」を3つかぶりつき、

{5A341B9E-907F-4373-ADE9-4610289D49DF:01}

「田村牛」のミスジ、


{784C3F94-4FCA-4F39-8CC9-28B280B43809:01}

ランプ、


{E9E2FD63-9C3A-4E82-8255-BDE67B0B86C9:01}

トモサンカク等、
あらゆる部位を食べ、
すでにお腹がお肉まみれになってました。

途中、
「トマトサラダ」
「キノコソテー」
「カンパチのカルパッチョ」


{9D3A32AD-D981-4A7C-B126-90E260F98F7B:01}

「フライドポテト」


{00FA105E-EB16-4B40-80C9-BDD395FF4D7D:01}

枝豆入りリガトーニ」とか、
豚肉のラグーソース、
トマトソース等、

{CC9FAAA9-E4FB-4D2E-A439-A4F7868E745B:01}

4種類位の「リガトーニ」も食べ、



{72840726-F637-426E-AA3E-7A753CA8F173:01}

再びお肉に突入でしたが、
今度は、
とんでもなく豪快な「豚肉のグリル」でした。。。


{763D2725-0000-48B7-8BA5-5B6AA36E7B56:01}

4㎝位の分厚い豚肉で、



{F0F68708-9808-454E-8C8F-778BB7178338:01}


表面カリッと、
中身はほろほろ崩れるほどの柔らかさで、
ぶったまげる美味しさでした。

でもって、


{DDE86B00-40D8-4C5E-B2AF-ABA1F5A93F75:01}


またまた「田村牛」に戻り、
一体どれだけのお肉を食べたんだろうってほど、


{F59037B1-693F-4230-B0FD-3FED6BFE9FB3:01}

モウレツにお肉を堪能しましたが、

これらの極上肉を厳選なさってるのは、

{839BC37A-BBDE-4252-BACF-DF5A7D2C09E3:01}

お店オーナーのDJタローさんです。

今回の1周年記念イベントでも、

{B0EA7D84-2836-40D6-9287-A803CD4097EC:01}

誰もがメロメロになるDJを披露して下さってましたが、

実は、、、

photo:01


私のDJの先生でもあります(*^_^*)


また、



{BEEDD478-F757-4835-A096-41DDCFEA3955:01}

パートナーでもある由美子さんは、
お茶のスペシャリストで、

{0C4E5CD3-A0CC-4F85-AE79-B6DA7884E721:01}

素敵なお茶もプロデュースなさってるんです。


というわけで、


{C517AAFB-4527-492E-A2F2-ACD7F981FEE6:01}

お祝いケーキの中身は、
紅茶フレーバーでした。

さらに、
ケーキの上のデザインは、
タローさんの好きな「アイアンマン」というオンリーワンケーキです。

ふんわりしたシフォンみたいな食感でしたが、
ふんわりときたら、

こちらは、


photo:05

「マスカルポーネのパンケーキ」が看板商品でもあります。

photo:02

「ベリーのパンケーキ」も大好物ですが、

photo:02

今流行りの「ティラミスパンケーキ」は、
『スコッチバンク』さんが元祖です。

連日長蛇の列ができるほどの人気ですが、

{F1635C2D-17DE-4890-AB47-7594E840E52E:01}


その売れっぷりをスクリーンで説明して下さいました。

1年間で焼かれたパンケーキは、
なんと819mとのこと。。。

すごすぎます。。。

でも、
美味しさだけではなく、

{35AB7F17-4CC6-471B-A2C1-FED757D9C791:01}

スタッフさん達も明るく愛嬌ある方ばかりなので、
お店が愛されている理由は人にもありますね。

チームワークの素晴らしさ、
うちも見習わねばです。。。

改めまして、

{E4674687-BF3D-4F21-A16B-C68E27EB9C99:01}

『スコッチバンク』様、1歳おめでとうございました。

これからも美味しいものを食べながら、
素敵なお客様とスタッフさんに囲まれて下さいね。

次回は、
すこっしではなく、
ゆっくり伺おうと思います(*^_^*)


さて、
冒頭にも書きましたが、
『スコッチバンク』さんは、
明日からはじまる『肉食女子博』にも出店なさいます。

またあの美しい牛肉が食べられると思うと、
「うっしっし」ってお腹の声が聞こえてきますが、
なんと今から『肉食女子博』のプレス発表会なので、
モウし訳ないですが、
一足お先に頂いてまいります。。。



もしくは、03-6337-6498までお願い致します。

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
毎月29日は「肉の日」ですが、


{1BBB26B0-F5F9-4273-8017-A725339DBF68:01}


「牛テールの赤ワイン煮」も、
「肉の日」に相応しく、
赤ワインとの相性もバツグンな美肉料理でした。

赤ワインとくれば、
こちら、

{840726DC-F6CC-4007-984D-4B8A3CE4A164:01}

ものすごーーーーーいワインカーヴもあり、
赤ワイン約700本に、白ワインも約140本(ワインはもっとあります)、
さらに、シャンパンも何種類も用意されているとのこと。

ワインがワイワイしてます(*^_^*)

そんなワインの拘りまでハンパない『ドミニク』さん、
場所も装いもコンセプトも心機一転です。

きっとすぐに予約が取れなくなるので、
急遽、ギンギラギンに照りつけるお昼時に、
伺ってまいりました。


{BCF1AFD9-2506-4E76-9733-B5D04A18C6EB:01}

お店オリジナルロゴのついたシャンパーニュを皮切りに、


{DD2A6EB1-3AF7-4FCB-8A6F-FE62FD8C256D:01}

「アミューズブーシュ」からはじまりましたが、

手前から、

「ブルーチーズのパリパリ焼き」

{55EC4F38-B9DA-41CC-B3E5-AB034D0467DF:01}

「ウサギのもも肉」


{A6A00C90-1E28-4FC0-92BD-37A4C1676F2C:01}

「ちっちゃなパンケーキ」です。

これらを秒刹で食べ終えると、

{F5C5AE80-4084-437C-BCB9-705796616612:01}

「トウモロコシのムース」が運ばれてきましたが、

スタッフさんが、

{6B367B82-6F8B-4A67-850C-042D2E3E6E7A:01}

冷たいトウモロコシのポタージュを注いで下さって、


{A4144740-BAAC-4AA8-B8D9-ABEDBC3BECB0:01}

冷静になる「冷製コーンポタージュ」の完成でした。


{74B3FB97-4135-4AA3-9C19-3F9594855F8D:01}

トウモロコシ本来の甘さが活きた夏らしい美味しさです。


{1D9833E6-892B-4A7B-B813-8B5CC81612F2:01}

続いての「トマトとズワイ蟹のシャルロット仕立て」も、


{BF7C5604-6604-4739-9C83-A2574E85A106:01}

アボカド・雲丹・キャビア、

{F4CF8778-16A3-4A50-8611-305D288C651F:01}

マンゴー等、
女子が大好きそうな共演の涼やかで爽やかな逸品でした。

{A0DD7A05-F43B-4F5E-BF51-C0F21EE713DF:01}

パンは3種類でしたが、
いずれも噛めば噛むほど旨みの出るハードタイプです。

2種類は「ライ麦」入りだったので、
ビタミン・ミネラル・食物繊維補給にも一役かってくれます。


{AAC2DC4D-8559-4FC1-971D-E6E80022C56A:01}


お魚は「スズキのロティ」でしたが、


{DC1DF2AA-BE4C-41CE-A4C1-959F643293BD:01}

フヌイユやミニポワローも添えてありました。

そして、


{1BBB26B0-F5F9-4273-8017-A725339DBF68:01}

お肉は、
感激感動を与えてくれたスペシャリテ「牛テールの赤ワイン煮」です。


{BF3F9ACA-9779-4497-803F-0A0FBBEDDA67:01}

一緒に彩り豊かな「温野菜(モロッコインゲン・さやいんげん入り)」と、


{DFDB5027-19C6-4903-BD76-52A370B5D230:01}

「トリュフ入りマッシュポテト」が運ばれてきたので、


{4630686D-03C6-498F-AFB0-7F9677428099:01}


全てのご縁を結んでみました。

スペシャリテだけあって、
全体の構成も全てひっくるめて、
素晴らしい味わいです。

なかなかボリューミーなお魚とお肉でしたが、


{BDD89440-A24B-4748-A3CC-823B5BBF2571:01}

上から見るとUFOみたいなデセールも、

{2EAC7A3C-BF2E-46D4-80C0-671579BBE4F8:01}

常夏気分になるような「パイナップルのカラメリゼ&「ココナッツアイス」で、かなり大き目サイズでしたが、

お腹いっパインになりながらも、
キレイに完食でした。

さらに、

{C00246FC-81AB-4C0D-9C51-0A0AAA289D76:01}


最後のプティフールも、


{FA12EE9F-45EB-4F89-83F9-6332151AAFAA:01}

5種全て、

{98081B9A-950B-4740-BA56-C53B0A22BBFE:01}

目からも楽しめる愛くるしい美味しさでした。


{C00246FC-81AB-4C0D-9C51-0A0AAA289D76:01}


これらのミニチュアお菓子とエスプレッソでしめて、

「ありがとうございました」&「ごちそうさまでした」の両手を合わせ、
帰り際に少しドミニクさんとお話をさせて頂いたのですが、


シェフ曰く、

「内装のテーマは、アパルトマン。パリのアパートのエスプリを味わって欲しいんです」と。


なんともニクいお言葉です。

さて、
ニクい肉の日ときたら、
『ドミニク』さんも、
「牛テール煮込み」を携えて出店してほしいぐらいです。

そんな想いを抱えながら、

{AC8190B7-4FC1-4327-828E-F5749ABDA269:01}

肉の日の今日、
皆さんも、

{C7091A46-B061-4B3C-A125-73C122309720:01}


ギュウッと旨みの詰まった美味しいお肉を食べて、


{B008443B-4B39-4F19-88F1-72CCF6AAC487:01}

骨まで元気な夏バテ知らずの体をキープして下さいね。


もしくは、03-6337-6498までお願い致します。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
広尾『小野木』さんには、
無口なマスコットがいます。

{C8B7A14C-1591-48E9-9CB0-1C40C8DF6004:01}

豚さんと亀さんです。


{B6B6C8B9-DAF1-498C-8057-739CFE95EB68:01}

真っ先にオーダーした「枝豆」にもくっ付いてきましたが、

そういえば、
「枝豆」は、
日本人が食べる豆の中で、
一番人気だという統計も出てるそうです。

確かに、
飲食店を10年位経営してて、
豆が苦手な方でも、
「枝豆なら大丈夫」って方ばかりだったのと、
枝豆が嫌いだって方は聞いたことがないですね。

豆が大嫌いだった幼少時代の私も、
枝豆だけは食べられましたし。

今でも、
今回みたいに、
メニューにあると、

{FF6B63CB-5476-4FE3-A83A-3EB88D67924E:01}

必ず頼んでますし。

『小野木』さんのマスコット達も大好きなんでしょうね。

そんなアイドルをつまみながら、


{FD479CD6-8113-4B37-B4D5-F4F807B8F19E:01}

夏限定のうすにごり酒を呑みつつ、


{EA4B3F95-023F-43D1-99F0-CF1DB5709B4A:01}

「牡蠣フライ」

{8EC5D29C-5A46-4A6A-AC8B-75F9F23DB94F:01}

「夏野菜のお浸し」

{CE16939A-8A55-4A87-B671-879455D2072D:01}

※パクチー入りです。


{BEC1C0AC-68AB-4CAD-A696-38DB26F214F8:01}

「牡蠣と生海苔」


{CDA9B388-7044-464C-BD0A-E11F8249D747:01}


「鮎の丸ごとコンフィ(胡瓜がいっぱい敷いてありました)」


{BAB57E81-BF4A-470B-B704-56F5A1391A06:01}

「ジャンボマッシュルーム焼き」

{451FB5FC-A4C3-4042-87D0-13BA4BBED06F:01}


手前に添えてあるのは、

{6BE631DF-A702-428D-ABD7-2045AA7E2296:01}

「手前ミソ」ではなく、、、お店名物「キャベツミソ」です。

ミソといっても、
味噌は入らず、
キャベツと塩昆布だけでできてるんです。

出逢ったことのない通な味わいでした。。。

また、
このキャベツミソと並ぶ看板料理は、


{BD8F5418-86FE-4575-9552-CBDF7497FA4E:01}

豪快な海老が入った「海老“び”の炊き込みご飯」で、
料理長さんからも勧められましたが、

今回は、


{5F309241-A619-41F7-9D20-D81BB64E2C90:01}

「シラスと梅の炊き込みご飯」にしてしまいました(*^_^*)

せっかく勧めて頂いたのにすみません<m(__)m>
次回頂きます。。。

でも、
「シラスご飯」も、
一緒に頼んだ「赤だし」も「お漬け物(キャベツ・カブ)」も、
選んで大正解でした。

炊き込みご飯は、

{B3F7495A-8901-4E08-9F1A-09A69EEFCA8A:01}

まずそのまま食べて、
二杯目は、
山葵を添えてお茶漬けにして頂きましたが、
さっぱり暑さを吹き飛ばす美味しさでした。

シラスもたっぷり入れて頂いて、


{015C87BD-EA94-4036-A64B-4D1EBF120E42:01}

因みに、、、
タイプの人を聞かれると、
白洲次郎と答えてます(*^_^*)

どうでもいい私事の余談はさておき、
兄弟店の『食幹』さん同様、
お祝いの席にもぴったりな『小野木』さんですが、

うちのお店も、

{CAC41C49-6637-4B02-9494-8BF4BECD2112:01}

お祝いごとに恵まれてます。



もしくは、03-6337-6498までお願い致します。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み