園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

料理研究家兼タレント・園山真希絵の食べても太らないミラクル幸腹DAYS。

※園山真希絵に関しての広告/媒体/キャスティング依頼お問合せ先

『サンズエンタテインメント』 tel:03-5485-7922  fax:03-5485-2166

担当:風間(ymdrkk@gmail.com


※紹介制飲食店『そのやま』

TEL:0363376498

https://www.facebook.com/sonoyama.tokyo


※「TERIYAKI~テリヤキ~ 」(史上最強グルメアプリ)


※『ippin(ぐるなび目利きシリーズ)』~あの人の美味しいに出会う~

http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/sonoyamamakie/


※「Everyday BEANs 」(豆料理と共に生きます


<家庭料理割烹『園山』スタッフブログ> 『園山一家の幸腹日記



園山真希絵流 食べても太らず元気な心身を作る9ヶ条

               ↓


            そ 咀嚼(噛む) 

            の 飲みもの

            や 野菜

            ま 豆

            ま 真っ先に食べるもの

            き 気持ち

            え 栄養バランスとエコ

            で 伝統食

            す 素と酢



某試食審査会を終えて、
「富山に飛行機で行くのは初めてだなぁ」と考えつつ、


{5D6CF58A-87D4-4094-9464-B6F46790788B:01}

機内で、

{F6E85134-1AF9-43DC-A135-90620B770C79:01}

「サンドイッチボックスwithオニオンスープ」を食べ、
ブラッドオレンジジュースを飲みながら、
セコセコ仕事してたら、


{022BE68F-CF91-4ED7-9E9E-9C858CA9D699:01}


瞬く間に「富山きときと空港」に到着でした。

そして、
タクシーで15分ちょい走ると、

{7E0BF976-D1BB-4D95-9FA6-D2840F45B93C:01}

「リバーリトリート雅樂倶」さんに到着。


宿泊もしたかったのですが、

また夜には都内での仕事が待っていたので、


『レヴォ』さんランチにだけ伺いました。


カトラリーは、


{D7BC2620-589B-49B8-94D0-CBAA8E5349BD:01}

テーブルの引き出しにセットされていたので、

お料理が運ばれてくる度、

この中から取り出して使うスタイルなんです。


{114C3F09-E45F-4B6B-B737-FAAF0B6CCB52:01}

お箸(若狭塗かなぁ?)も用意されてました。


{623588A4-C84E-4EEF-B3E4-786C88EEE239:01}

バターナイフも木製です。


お品書きは、


{885BE506-C5D5-47DA-8AB5-74E071DBF38B:01}

「しけ絹」です。


お料理に入る前からワクワクさせられっぱなしでしたが、


{573936A7-12F6-4AB2-A9ED-952EE3CA91D6:01}

「海藻が練り込まれた最中」からはじまったプロローグ(アミューズ)も、


{FC8F3974-2DEB-42F7-8FD6-4E6AF551F224:01}

※中からキャビアとカリフラワークリームがこんにちはです。

{A0F8F00C-FD51-47BF-8F80-0D9FEE0E3B3B:01}

「干柿とサーモンのカナッペ」


{B67C1EDE-42DE-459B-98B6-8ED5725DFA72:01}

「ゲンゲのフライ」

{266875AC-82AE-44D7-B793-5962B8A3AF4C:01}

「猪のソーセージ」


{5ECB63F2-9445-4F89-9F97-008B36B8F789:01}

「牡蠣のフリット」の愉快な5種類と、
大満足で、
もうこれで終わりでもいいかなってぐらいでした(言い過ぎです。笑)

ここからお料理の本チャンですが、


{566FE74D-AFEB-4A6E-9046-2FB86EACF327:01}

「海で採れた鱒」


{3FCBF0A4-3F9A-4318-93DF-DEC41E7C3202:01}


「海藻が練り込まれたバター」


{EC09E788-740F-4AE4-A07B-AC7FE5297307:01}

「米粉パン」(美味しすぎて一気に食べきってました。。。)

{43233004-6E07-4CCE-8F69-9A9CE1E289CB:01}


「香箱蟹と富山葱のクリームコロッケ(富山の山羊のチーズや内子を散らして)」



{9F95B4DD-5AD0-449D-A029-C53AC5556094:01}

「レヴォ鶏」

{52BBA2C3-F44A-44DC-8007-B317D0B60EF6:01}

※生後間もない若鶏です。


{C764B561-6E5E-41C1-A1C4-D7E852BC0765:01}

※ヤリイカとクレソンも一緒です。


{7ADA6C06-8168-45A7-B019-8C727DBF9D3C:01}

「全粒粉パン(お代わりしちゃいました)」


{BFC03F49-E47A-4901-9980-FE89760AC07C:01}


「熊と根菜とトリュフ」

ここで、


{C58B6451-7F3C-439C-9F6C-2785055384C4:01}

この箱と、


{A1E888EA-8265-4C38-9BEC-1C974FA9A7E8:01}

「熊のエキス」&「おい鰹」ならぬ「おい雉」のスープも運ばれてきましたが、

箱の中は、


{5FE7F877-9DDD-4450-9D62-62E5D52EC382:01}

「銀杏(今糠鰯のピュレと竹炭塩も添えて)」でした。

{3D0C9422-5011-48A6-AF1A-32B27941F2A4:01}

赤カブで、熊とトリュフをくるっと巻いて頂きました。


{5EA019F9-FDD5-45CD-92AA-CEE6261DE118:01}

「白子とアンディーブと白菜のフラン」


{347DEE17-8666-474F-A58C-CDF6FF9FADC8:01}

きな粉 入りバケット」


{53687E21-8844-4B4A-BAE7-A0B64DE21595:01}

「鰆のヴァプール(チョロギと菊芋添え)」


{22B37455-E09F-4470-AA12-3490A17992BE:01}


※私は、鰆とチョロギと菊芋も大好物なんです。


{AB91881E-9589-4F11-9D93-D03B3EC598B0:01}

「黒作りに漬けた鱈と緑野菜のスープ仕立て」



{6463D123-A072-4C64-B36A-5C3C7E08F000:01}

「仔猪のロースト」


{36132061-7DBB-4289-9C45-994C851CC375:01}

※部位の違う部分も添えられてましたが、


{D4CA6ABD-A70D-49BD-B9DE-3846925A703D:01}

脂身マニアの私としては、
透き通った白肉と評したいほど美しすぎる脂身で、
(もちろんお肉自体も素晴らしいです)

ウリボウとは思えないお肉でした。。。


{36BAAE39-38C5-4534-9C16-9980CD7756BF:01}

絹さや」や蕗の薹達も、とってもイキイキしてました。

以上でお料理はおしまいで、


{6665F23C-F292-4305-8497-3E23565A4E45:01}

アヴァンデセールが運ばれてきましたが、
サービスマンさんがカパッと上部を開けて下さると、


{BEDD96CC-CA1E-450A-B58B-F4B454271D66:01}


燻した煙がモコモコ出てきて、


{D8E266F2-D624-4D16-AAFC-31E500539101:01}

ショコラのシガールみたいなものと、
パチパチ君や、金柑・栗のクリームの共演でした。

その後、

{E415E525-3AC5-422F-A45B-8FBCD75B4587:01}

清々しい色合いの「洋梨と林檎のデセール」でしたが、

{C9BF46FE-E204-4A9F-B0D2-91C6E9F3A8ED:01}

バジル・ルッコラ・クレソン・春菊等の飴がいたりと、

{03C47A58-983F-44AF-9724-294E713CE526:01}

まるで畑みたいなお菓子でした。


{90C22D8A-828E-449D-B27F-2CEBF0C034EA:01}

見通しのいいリングキャンディに、
また良いことありそうです。

すると、、、


{84AEE3AE-76E8-48F4-B6D6-CB18EDE7AAA5:01}

まさかの「お誕生日おめでとう」プレートが付いたプティフールが…。

しかも、

{AE569F7B-BB77-4D0D-B878-3B48EBC27D41:01}

大好きな苺も添えて下さって…。

恥ずかしさと感謝の想いが混在してましたが、
最後の最後まで五感を通して楽しませて下さった谷口シェフの世界でした。

富山ってこんなに凄いんだって、
一気に富山に、や、『レヴォ』さんに魅了されてました。


{84AFAB11-CA8C-4DE9-AB62-97C07E756546:01}

ココに暫く留まりたくなりましたが、

またきっと来ようと決めて、

{A2A4DCBB-CC1E-4E05-9150-9C288BA7C9AE:01}

江戸に戻る乗り込んだ機内で、
再びお弁当を開けて、


{AEE0C24F-DAC5-438F-8F96-4CB3006FF6EC:01}

お弁当を食べ、

次なる仕事先に向かいましたが、
とてつもないお肉とケーキが待ち受けてました(*^_^*)

でも、
『レヴォ』さんのひと時が糧となり、
励みもなってました。

私の周りの超美食家の方々が絶賛なさってる理由がよく分かり、
明日の糧にもなるひと時でしたが、
レヴォリューションの『レヴォ』さんだけに、
北陸が生んだ革命児的レストランですね。

オーナーシェフそのものです。

心底、尊敬です。

そんなスーパーマンの谷口シェフ、
今日がお誕生日とのこと。

おめでとうございます。


{93294FDC-D02E-4C03-AD28-F77EB4A58262:01}

これからも心と旨みある革命児でいて下さると信じてます。


もしくは、03-6337-6498までお願い致します。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
熊本から、


{8FBC7767-0A86-44CB-8519-4F10440CAB54:01}

くまもんが届きました。

蓋を開けると、

{2B7A81B8-676C-41A3-8C30-B28E17761332:01}


「陣太鼓」です。


{52CEEB4C-C73A-4AFD-BB63-800193960E96:01}


昔から大好きな和菓子ですが、


{E8836327-8F52-4BB5-AB10-9B6EACED608B:01}

羊羹みたいな粒あんで、求肥が包まれてます。

包まれているといえば、

{827F0169-2F89-49FF-A115-93B9ECFB78EB:01}
{E36E937F-7B8A-4931-818A-A4FD70A747CD:01}

『TAKANO』のフルーツチョコは、
ブルーベリー・ストロベリー・マンゴーのホワイトチョコで、
アーモンドが包まれてました。


{32DBCDB0-0188-46F9-B8C7-44CBC513BCDE:01}


『ガニエール』さんの煌びやかなケーキ達も、


{C3B90C2D-5D59-4A6C-91A9-B1D16A172C5B:01}


全部、


{608A914B-7B81-4531-A459-D2EE78325361:01}

ハートフルな素材が包まれ、

{899EBB02-0396-47F1-9DFE-9D4F08812CEB:01}

楽しさ満載でした。

さらに、

{2D674EFC-3ACF-49F1-8562-A2AAB7822734:01}

『TAKANO』の「苺とショコラのケーキ」も、
優しさに包まれる美味しさでしたが、

ついさっき、
ここ数年で一番だと思える苺スイーツに出逢ってしまいました。

感無量です。


もしくは、03-6337-6498までお願い致します。

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
今年の「日経新聞~お取り寄せ鍋ランキングTOP10」にて、
堂々1位に輝いたお鍋は、、、


{B19D03F5-330F-4DA7-B0E4-C3D52C16C25C:01}

『人形町 今半』さんの「すき焼き鍋」でした。


{FB5EC489-FDA9-47E5-9D04-400FE5254C77:01}

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO96496050V20C16A1000000/


審査員を務めさせて頂いた私も1位に選んだお鍋でしたから、

尚のこと嬉しいです。


ぎゅっと旨みが詰まったニクい極上肉は言うまでもなく、

その究極肉を引き立てるお供達や調味料・生卵とのバランスも最高なんです。


他にも、


{29C62BB9-6EAB-44E1-9DB9-40DABF95B60A:01}

全国から集まった錚々たる鍋の精鋭達が、
何十種類も顔をそろえてましたが、


{52342E89-580D-42B3-A801-50078C6AC4D5:01}

中には、


{85319968-5CA9-44CE-ACC5-9E14ACA679E7:01}

これでもかーっってほど「お豆」が入ったお鍋や、


{7AEC1F60-895C-4355-B118-A73BF3A2A9CC:01}

キチンと美味しいチキン鍋や、


{29D8C72D-14B6-4D46-A681-61FF904DE746:01}


「美味しいかも」と思わず口走った「鴨」入り鍋等、

そりゃもう鍋まみれになりつつ食べに食べまくってましたが、

やっぱり寒い季節は鍋に限りますね。



{296D5C04-E928-4D75-BEC7-7C98A19E80F0:01}


ちょうど気合も入るお豆腐やがんもどき達が届いたので、


今日の『そのやま』 まかないごはんのメインは、

気合入りお鍋にしようと思います。


あー、『今半』さんの極上黒毛和牛があったら…(*^_^*)



もしくは、03-6337-6498までお願い致します。

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
年中無休で食べたいおやつの一つが、

{DE9BA900-7478-4044-8CD3-8C59F8AF598C:01}


『正庵』さんの「麩まんじゅう」です。


寒い冬でも、

{690D7338-D839-40A1-A163-83FC3B9078DF:01}

冷やして食べてこその麩まんじゅうですが、
なんか温まるんです。


{9B5EE165-8881-45CA-93EF-5877C906DD05:01}

笹と青海苔の風味に、柔らかい粒あんが包まれてます。

この「麩まんじゅう」同様、
こちらの名物といえば、


{55A27200-A595-4E97-89CD-55905C922CDC:01}

一世風靡した「あんず大福」ですが、

{928827AD-141E-441E-BAE2-542D1F83DB4C:01}

杏子がちょびっと顔を出した薄皮の大福には、

{E7EF8520-6FD2-423E-B4B9-9C9E37073C43:01}

杏子と粒あんがぎゅっと詰まってます。

この2品は、
もう何年食べ続けていることかってぐらい食べてますが、

この時期になると、

{EFD66EE0-0210-4C81-965C-A1C632943543:01}

「苺大福」も登場してます。

「あんず大福」より生地が厚めで、

いわゆる苺大福とは少し違い、


{31C02A60-90BC-4531-9074-7B5E95E77CA2:01}

ミニサイズの苺が大福1つに対して2~3個ぐらい入ってるんです。

昨今、
あらゆる「苺大福」が出回ってますが、
そろそろ私も大好きな苺を使った私流の「一期一会大福」を作ろうと思います。

今日は立春。

立春大吉、
や、
立春大福です(*^_^*)


もしくは、03-6337-6498までお願い致します。

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
{95B44177-7442-45B3-B0F5-B8B8C87D0FCB:01}

「レンコン入りの米粉いももち」です。


ほんの少し、

大豆食品きな粉も入れてますが、


今日は、

「大豆の日」&「節分」でもあるので、


{A0F3AFDF-1E8B-433C-83DC-14DA89A42C12:01}


「大豆」入りにしてもいいですね。


うちのお店でも、



{D157C98D-1035-46AA-B206-767909C5E07D:01}

黒大豆のおから大豆の煮もの」や、


{EAE81783-C284-45AB-AA11-4368339794E5:01}

「ベーコンと大豆の炒めもの」や、

{BF77452B-DFBC-4DBE-B87C-BAF9EB7708E6:01}

大豆入りはんぺん」等を作って食べてましたが、
皆さんも、
大豆を美味しく食べて、
お体おだいず(じ)にです(*^_^*)



もしくは、03-6337-6498までお願い致します。

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み