このページをご覧いただくには最新のFlash Playerをインストールし、JavaScriptを有効にする必用があります。

<母の日限定ギフト(「劇的花屋」フラワー×「豆園」)受付中です>

http://www1.enekoshop.jp/shop/mamezono/


<Oiチカ「園山」コーナー>

http://www.oisix.com/shop.g6--oichika--ts-ebisu__html.htm


<『豆園 』~美味しいご縁結び和菓子店~>

オンラインショップ:http://www1.enekoshop.jp/shop/mamezono/

住所:渋谷区恵比寿1-8-14-27 (エビスストア内)

電話番号:03-5789-9899

アクセス:JR山手線・恵比寿駅西口より徒歩だいたい1分ちょっと。

営業時間:10時15分~なくなり次第終了。

定休日:今のところ、日曜日。

HP:http://www.ts-ebisu.jp/

FB:https://www.facebook.com/mamezono


photo:01



※園山真希絵に関しての広告/媒体/キャスティング依頼お問合せ先

『サンズエンタテインメント』 tel:03-5485-7922  fax:03-5485-2166

担当:風間(ymdrkk@gmail.com


<一日一豆~豆料理と共に生きます~>

※「Everyday BEANs 」(Facebookファンページ)


<史上最強グルメアプリ>

※「TERIYAKI~テリヤキ~


<プロデュース>

※黒豆入りハーブティ『ダイエットビューティー


※豆乳ロールケーキ『まめのおもい

現在の購入先はこちらです↓

http://store.shopping.yahoo.co.jp/coo-shop/a4dea4e1a4.html



photo:01




※奥出雲の押し花&野菜チョコサンド煎餅『世界にひとつだけの心花


<家庭料理割烹『園山』スタッフブログ> 『園山一家の幸腹日記



園山真希絵流 食べても太らず元気な心身を作る9ヶ条

               ↓


            そ 咀嚼(噛む) 

            の 飲みもの

            や 野菜

            ま 豆

            ま 真っ先に食べるもの

            き 気持ち

            え 栄養バランスとエコ

            で 伝統食

            す 素と酢

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-19 07:48:51

恵比寿『マザーアースカフェ』(豆乳・ひよこ豆・おから)、オープンおめでとうございます。

テーマ:食べたり飲んだりするところ(時差あり)

photo:03


まだできて間もないマザーアースカフェさんでした。

カウンターをよーく見ると、


photo:01


要町『81』さん で出逢った振りの「VICHY CATALAN」が。


photo:02


こちらには、

そんな「VICHY CATALAN」はじめ、


photo:09

ユニークで体も喜ぶドリンクや、


photo:10


※これは、「JustMate」です。

photo:04

体想い料理が充実してるんです。

例えば、
「バーニャカウダ」には、

photo:05

冒頭でお伝えした「塩こうじ」がソースになったり、

photo:07

「カポナータ」には、


photo:08

切り干し大根がMIXされていたり、

photo:09


※砕いたアーモンドが散らされてます。

photo:10


ボリュームいっぱいの「生ハム・ブリーチーズ・トマトのパニーニ」も、


photo:01

パンは、
「自家製の全粒粉パン」だったり、


photo:03

「スパゲッティボロネーゼ」は、


photo:04

ひき肉の代わりに、
タカキビが抜擢されていたり、


photo:05

※食感の楽しいエリンギも入ってました。


デザートも、


photo:06


「南瓜と豆乳 のプリン」や、




photo:08

おからとリンゴのクランブルケーキ」や、


photo:10

※全粒粉入りです。


photo:09

「レアチーズケーキ(土台は、全粒粉入り)」
「こだわり卵のティラミス」等、
全て、白砂糖の代わりに、「甜菜糖」が使用されているので、
安心して、あれこれ食べられちゃうんです。

photo:07

おかげさまで、
デザートは全部盛り込んで頂いたのですが(*^_^*)、
一緒にオーダーしたエスプレッソにも、

photo:11

豆乳ホイップ」と「豆乳」を添えて下さったんです。

料理もデザートも、
豆乳入りのものもいっぱいですが、
(シーザーサラダも、豆乳ドレッシングでした)

豆乳を言われなければ分からない美味しさです。


photo:02

「全粒粉田舎パンのビーンズストロガノフ」にも、
豆乳クリームで作られているとのことで、
食べようと思っていたのですが、

おなかいっぱいになったせいか、
帰宅後に、
食べ忘れたことを思い出し、
何としても大至急食べたいと、



photo:01

数十時間後に、
また来て、
食べてました(*^_^*)


photo:02

器となっているパンは、
「パニーニ」のパンと同じく、
姉妹店『恵比寿es』シェフ考案の「自家製全粒粉パン」でしたが、

くり抜かれたパンの中に、

photo:03

ひよこ豆・しめじ・椎茸等が入った豆乳ベースのクリームが詰められ、

photo:04

パンをちぎりながら食べてましたが、
何ともヘルシーな食材だらけですが、
食べ応え満点です。

でも、、、
食べ応えといえば、
こちらのオーナーさんから、
どうしても食べてほしい大きな名物パニーニがあるとのことで、


photo:06

言われるがままにオーダーすると、

photo:07

ものすごーーーーい迫力の「オマールエビのパニーニ」でした…。


photo:08

この写真では分かりづらいのですが、
ドが付くほどの迫力とボリュームです。



photo:09

パンは、
やはり自家製全粒粉パンで、

photo:10

表面かりっと、
中はふっくらで、
冷めてもかたくならないんです。

全粒粉入りだと、
すぐにかたくなるのですが、

シェフ曰く、
発酵の仕方に秘密が隠されているとのこと。

感心しながらも、
全体をまじまじと観察してみると、

photo:01

頭も添えられてましたが、


photo:02

エビ味噌もたっぷりのグラタン仕立てです。

さらに、

photo:03

パンに挟まれていたのは、

豪快な厚切りベーコン・アボカド・トマト・サニーレタス、

そして、

photo:04

ポーチドエッグとオマールエビでした。

全体の味の決め手となるソースは、
自家製マヨネーズとケチャップを合わせたオーロラソースでしたが、
かぶりつける大きさではなかったので、
ナイフとフォークを使い、
格闘しながら^^;、
「美味しい」を連呼しっぱなしでした。

お値段は、
2300円と、
なかなかリッチではありますが、
でも、
それだけの価値があるかと。

ランチタイムでもよく出ているそうです。

豪快さだけではなく、
手作り感も感じられる美味しさですが、

photo:05

シーザーサラダにトッピングされている野菜チップスも、


photo:06

自家製です。

レンコン・じゃがいも・人参に加え、

photo:07

茄子までチップスになってました。

思い残すことはないほど食べて、
でも、
やっぱりデザートも食べたいということで、、、

予めお店スタッフさんにお願いしておいたデザートプレートを
運んで頂いたのですが、

やってきたのは、

photo:08

『マザーアースカフェ』さんの開店と、
オーナーさんのバースデーお祝いを兼ねてのゴージャスプレートでした。


photo:09

予想以上に華やかで、
私もびっくりでしたが、

ここで、
『恵比寿es』シェフも参戦(?)して下さって、
飲食店話や、
美味しいもの話に花が咲きつつ、
お祝いデザートを完食し、
おなかいーっぱい幸腹&口福になってましたが、

実は、
こちらに伺う前に、
ご近所様に挨拶回りということで、
『マザーアースカフェ』のオーナーさんと一緒に、
まず、

photo:05

『Abri』さんに伺い、
軽くグリル野菜をつまんで、

photo:06

『マザーアースカフェ』さん開店&オーナーさんバースデーお祝いプレートを
出して頂き、


photo:07

サプライズお祝い第一回目を行い(*^_^*)、

続いて、
『マザーアースカフェ』さんから徒歩30秒という超ご近所バルに
お邪魔してたんです。
(そのバルは、後日ご紹介します)

久々に何軒かハシゴして食べてましたが、
まだまだ強靭な胃袋が健在だと確信できました^^;

どちらのお店も、
大切なご近所さんですし、
同じ飲食に関わるもの同志、
仲良く、力を合わせながら、
盛り上げていけたらいいなぁと思います。

改めまして、
『マザーアースカフェ』さん、
オープンおめでとうございました。

これからも、
母なる大地のような存在でいて下さることを願います。
私もまた、
マザーでも、マザーでなくても、
女友達やスタッフを連れて伺いますね☆

「母なる大地カフェ」です。

母といえば、
今日は、
出張がてら、
今年初めて、
母と、母になった義妹に会ってきます。


photo:01



※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、お取り寄せはじめました。
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-18 17:41:44

六本木『ジャンジョルジュ』(空豆・味噌・スナップエンドウ)、オープンおめでとうございます。

テーマ:食べたり飲んだりするところ(時差あり)
3月12日に、
NY『ジャンジョルジュ』 の日本初上陸店が、
六本木にオープンしたとのことで、
予約が取れなくなる前に、
伺ってきたのですが、

photo:01

箸があるのは、嬉しい限りでした。


photo:02


大好きなカウンターで、

オープンキッチンを眺めていると、

まず、


photo:03

「ビスケット」が運ばれてきました。

photo:04

パンの代わりですが、
14皿の料理が運ばれてくるため、
パンを食べすぎないようにということで、
今はこの一種類とのこと。


photo:05

しかし、
温かい状態を食べると、

リッチなバターの風味があまりにも美しく、

photo:06

結局何度もお代わりしてしまってました。。。


photo:07

レシピを教わりたいぐらいです。

1品めのお料理が運ばれてくる前に、
1個食べてしまったのですが、

まず初めに登場したのは、

photo:01

空豆 入り緑野菜のプレート」でした。



photo:02

味噌入りソース。

続き、


photo:08


「卵の殻に入った卵」


photo:09


※中身は、純粋に全卵と塩のみで作られた温かい卵ソース(?)。


photo:10

※上部は、キャビアとウォッカ入りクリーム。


photo:01

「お寿司風3種」



photo:04

※手前:サーモンとイクラ。

photo:02

※ホタテと揚げたもち米。

photo:03

※雲丹と黒パン。


photo:06

「3種の人参のロースト」

photo:06

※南瓜の種も添えて。

photo:08

「自家製フレッシュチーズと舞茸」

photo:09

※ちょびっとピリ辛ソース。



photo:10

「アスパラガス1本とモリーユ茸」


photo:02

※スパイスもきいたクリームソース。

photo:03

※長いアスパラ丸ごと1本。


photo:08

「鮪のパスタ風」

photo:05

「スパイスが塗されたハタのスープ仕立て」

photo:06

スナップエンドウ入り。


photo:07

NY&スナップエンドウといえば、


photo:01

『D&D』のお惣菜にも、
スナップエンドウとフェタチーズのサラダ」がありました。

photo:01

ご近所の奥様邸で、

photo:03

その他のお惣菜(ミックスビーンズ・豚肉・ホワイトアスパラのサラダ等)や、


photo:05

ローストビーフ・ラップサンド・菓子パン色々等と頂いていたのですが、

中でも、


photo:04

BIGサイズの「エビフライ入りトルティーヤ」は、
1個しか食べられないと思いつつ、
ついお代わりしてしまったお気に入りサンドイッチです。


エビで、
再び話は『ジャンジョルジュ』に戻りますが、


photo:10


「オマールエビ・リンゴ・デーツのカプチーノ仕立て」

photo:03


※イクラに見えるのは、タピオカでした。


photo:04

「和牛のグリルとホワイトアスパラガス」


photo:05


※ソースは、激辛ハバネロ入りの南国テイスト。

photo:06


「仔羊のグリル」


photo:08

※羊の上にのっているのは、



photo:09

お肉を使わないミートソース風のもので、
「きのこ」で作られてました。

羊の下は、

photo:10

「菜の花」です。

ここで料理は終わり、

photo:01

1品目のデザートが運ばれてきましたが、


photo:02

「マンゴー」に、ジンジャーが合わせてあり、
和洋折衷風味でした。


2品目のデザートは、

photo:04


「桜のメレンゲとホワイトチョコ」です。

photo:06

ホワイトチョコが、
何だかハリネズミみたいにも見えました。

そして、

photo:07

「抹茶アイスとチョコアイス」が、
最後のデザートとなったのですが、


photo:08

※ミントのパウダーもふりかけて。


photo:10

デザートも全て食べ終えたと思ったら、
最後の最後に、

photo:03

「自家製ショコラのプチフール」と、


photo:01

「デカフェのエスプレッソ」で、
約15品もの『ジャンジョルジュ』コースが幕を閉じました。

帰り際に、


photo:10

見るからに美味しそうなプチフールを頂き、
帰宅後早速頂いたのですが、
見た目以上に美しく軽やかな味わいでした。

photo:12


まだまだオープンしたばかりの『ジャンジョルジュ』さんですから、
色々スタッフさん達も試行錯誤のご様子でしたが、
とても感じのいいスタッフさんばかりでしたし、

この先、
おそらく品数が少ないコースもできてくるんだろうなって気がします。

というわけで、
また落ちつかれた頃に伺おうと思います。

今後にますます期待大です。



※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、お取り寄せはじめました。
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-17 12:31:26

浜松町『宮葉』(味噌)で、江戸時代のお祝い。

テーマ:食べたり飲んだりするところ(時差あり)
17時。

photo:06

まだ誰もいないカウンターに座ると、

photo:01

おかめさんと、


photo:02

大将が出迎えて下さいました。

そして、
この日のお祝いターゲット2人へのめでたい食材を、


photo:03

大将が見せてくれたのですが、

photo:04

とても立派な「グジ」をお造りにして下さるとのこと。


さらに、

貴重な「渡り蟹料理」も用意して頂いているようで、

私自身楽しみでしたが、


暫く、

大将と他愛もない話をしたり、

目頭が熱くなるような温かいお言葉をかけて頂き、

食事前から感動と感激を味わってました。。。


そんなこんなで、

予約時間になり、

主役2人が登場し、


photo:09

おつまみ3品からスタートしましたが、


photo:10

続く、「お祝い用のグジ入りお造り」は、
江戸時代から伝わる「煎り酒」と共に運ばれてきました。

煎り酒には、

photo:03

大将からの教え通り、
たーっぷりの「山葵」を入れて、


photo:01

「グジ」や、

photo:02

「ヒラメのエンガワ」に付けて頂いてました。

上品な味わいの白身魚とも、
すっきりした最高の相性でした。

お造り後は、

photo:04

今年初ものの「稚鮎」が、

photo:05

キレイにお行儀よく器に並び、

photo:06

「蓼酢」と共に運ばれてきましたが、


photo:07

「稚鮎」は、
アシスタントの大好物でした。

ただ、

photo:08

「酔っ払い蟹」みたいな日本酒に浸かった「渡り蟹」は、

photo:09

アシスタントの分まで私が頂き、

photo:10

握りに突入でしたが、
まずは、
私も大好物の「小肌」からです。

2種類の「小肌」を頂いたのですが、

photo:01

やはり「江戸前の小肌」は、


photo:02

しっかり酢で〆てこその「小肌」ですね。

他にも、

photo:03

「かすご」

photo:04

「細魚」


photo:05

※生姜のすりおろしと、

photo:06

「大葉の粉末」がふりかけてありました。


photo:03

「穴子」


photo:04

※とろけました。。。


photo:06

「かんぴょう巻き(山葵入り)」等を頂き、


photo:10

「グジのお頭のお味噌汁 」 と、


photo:02

白味噌仕立てでした。



photo:08

「ねぎま汁」の2種のお椀を頂いたのですが、

大将曰く、

photo:09


「これは、元祖ねぎま汁だから、うちに来たら、まず味わってほしいんです。そして、3口目が美味しいと感じるのが、プロの作る料理なんですよ」とのこと。

言葉には表せないほど素晴らしい初感覚の「ねぎま汁」でした…。


しかし、、、

photo:01

ターゲットの1人は、

photo:07

お昼に、
サンドイッチやフライドポテト、

photo:08

※私も食べましたが、たまにはこんなサンドイッチもいいですね。


photo:09

色々とおやつを食べたせいか、

『宮葉』さんでは、
殆ど食べられなかったのですが、

代わりに私が大将の一球入魂ものを頂き、
「お椀」と「かんぴょう巻き」を食べ終えたところで、

事前にお店にお願いしていたサプライズお祝いタイムがやってきたのですが、

私が予め持参して、お店の方に渡していたロウソクは、

photo:07

この「可愛いウサギ型になった茹で玉子」に使われたんです。

電話予約の際は、

あまりお祝いらしいことができないとのことで、

私がロウソクを持参しますから、
玉子焼きにでも、デザートのゼリーにでも使って下さいと伝えていたので、


photo:08

まさかこんな素敵なデザートに使われるなんて、
私自身びっくりでした。


「この愛くるしいうさぎは一体何ですか??」と、
大将に尋ねると、

photo:09

「これは、雪うさぎと言って、江戸時代に、お祝い用として作られてたんですよ」と。

photo:10


半分に切られた茹で玉子の表面に、
胡瓜とイクラで、
うさぎ風に仕上げられ、

中身は、

photo:01

単なる黄身ではなく、


photo:02

お砂糖と混ぜて甘くされた「黄身おぼろ」でした。

photo:03

お皿に取り分けて、
じっくり見れば見るほど、


photo:04

感激・感謝・感動が溢れてきました。


photo:05

食べるのがもったいなかったのですが、
思い切って一口で食べ、
「ありがとうございました」と「おめでとうございました」を告げると、

大将から、
「人参ゼリーも食べますか?」と聞かれたので、

photo:06


「はい、是非」と、一発返事をして頂いてましたが、
人参と言われなければ分からないような、
まるでオレンジジュースでも入っているかのような美味しさでした。


photo:07

この「人参ゼリー」に合わせて、
「コーヒー」を出して下さって、
「お寿司屋さんで、コーヒーなんて珍しいですね~」と伝えて、
コーヒーを飲みほし、
席を立ったのですが、、、

その際、
カウンター越しに、
美味しそうな「鮪の赤身」が見えて、
「うわ~、美味しそ~~~~~」と口走ってしまったところ、

大将が、
「これ、最高級ものだから、今急いで握ってあげよっか?」と
おっしゃって下さったので、

またしても、
「是非!」と伝え、

photo:08

握って頂いたんです。。。

コーヒーを飲んだ後に、
また握りを食べるなんて、
想像だにしなかったですが^^;、


photo:09

何この潤い…。


photo:01

何この美味しさ…。

と、


photo:02

サプライズな美しい味わいでした。

一緒に「ガリ」も出して下さったので、
全て食べ、

photo:03

今度こそ、
大将に別れを告げ、
お店をあとにしてました。

それにしても、


photo:07

15歳から74歳まで、お寿司を握り、水仕事をしてきたとは思えない
若々しい両手です。

お酢の効果もあるんでしょうけど、

でも、

美しい料理を美しく作り、美しく食べてもらいたいという思いがあると、

きっと体も美しくいられるんですよね。



photo:05


ほっぺたもぷっくり、
美味しい笑顔になりました。

本当にありがとうございました<m(__)m>


photo:10

日本が世界に誇るべき国宝級の『宮葉』大将です。



※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、お取り寄せはじめました。


園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-16 14:49:52

「Doctors Me~美味しく痩せる、幸腹食生活のススメ~」スタートです。

テーマ:お知らせ
本日から、

photo:01




幼い頃は、

photo:03

とにかく「小豆」が大の苦手で、

photo:01

「大福」なんて、
もってのほかだったのですが、

photo:04

※でも、唯一食べられた粒あん菓子は、出雲『いしはら』さんの「沖の石」でした。


photo:01

大好きだったカレーに、

photo:03

「大豆」を入れるようになって、
「大豆」から美味しく食べられるようになったことをきっかけに、

いつしか、
「小豆」も大好きになり、
今では、
色んなシーンで、

photo:05

小豆ものも、

photo:10
photo:03

大豆ものも楽しく食べてます。

楽しいといえば、

photo:03

『柿山』さん新商品の「アニマルすもうおはじき」も、

photo:05

楽しく遊びながら、

photo:07

美味しく「大豆」も食べられます。



「大豆」と言っても、
豆腐・豆乳・味噌・湯葉・厚揚げ・高野豆腐・納豆・油揚げ等、
たくさんの大豆食品がありますから、

きっと皆さんも、
知らない内に食べていると思います。

そういえば、

photo:01

『鍋ぞう(渋谷店)』さんで試作中の鍋も、
楽しんで頂ける工夫をしたり、
大豆食品の「木綿豆腐」や、「さやいんげん」を入れてますが、

試作試食会で、
おなかいーっぱいになりながらも、

photo:02

こちらの食べ放題アイス(季節によって変わります)、

予想以上に楽しい品揃えで、


photo:03

※現在は、ごぼうショコラ・蓬・トマト・塩ミルクの4種です。

photo:04

特に、ごぼうショコラなんて、
期待値をはるかに上回る美味しさなんです。

「え、ごぼうとチョコ?!?」と思われるかもしれないですが、

photo:05

食べてビックリ、
何度もお代わりしてしまうほどなんです。

一体どれだけ食べたんだろうってぐらいでしたが、

でも、
「大豆」や「小豆」を好きになったことをきっかけに、
体質が変わり、
こうして甘いものもたくさん食べても、
太らない健康体を維持できてます。

photo:01

命の恩人的食材の「お豆もの」も毎日食べているからでしょうが。


あとは、
心から楽しめて、
心から好きなものだからこそ、
健やかな心身をつくり上げてくれるんだって思います。


とまぁ、
私の人生をプラスに変えてくれた「小豆」や「大豆」への恩返しの気持ちも
こめつつ、
そんな昔話から今に至るまでの幸腹コラムを、
「DoctorsMe」で連載してまいりますので、
ご愛顧のほど、
よろしくお願い致します。

多少なりとも、
皆様方のお役に立てますように…。


photo:02


※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、お取り寄せはじめました。
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-15 05:52:43

池尻『パーレンテッシ』&『インスパイアード3号店byスタバ』

テーマ:食べたり飲んだりするところ(時差あり)
パーレンテッシさんでしたが、

今月初旬、
7年ぶりに伺ってきました。

そして、

photo:04


ご無沙汰しすぎていたオーナーの中野さんが、

「もう今日でプンタレッラがおしまいなんです」とおっしゃったので、

まずは、


photo:05


「プンタレッラのサラダ」をオーダーし、


photo:06


※イタリアからやってきた野菜で、プンタというのは「尖った」という

意味を持ちます。



さらに、


photo:08

この日おススメ食材から、

photo:01

「手長エビ」もチョイスして、

photo:02


「パン粉焼き」にして頂きましたが、


photo:03

めちゃくちゃレアでした。


また、


photo:07


甘ーいトマトは、


photo:09

モッツァレラチーズと、


photo:10

バジル・オリーブオイル等と合わせて、


photo:01

カプレーゼにして頂きました。

その他、

photo:03

「穴子のぐるぐる巻き焼き」や、

photo:04

※蟹味噌ソースでした。

photo:02

「雲丹の茶わん蒸し」

photo:01

※カプチーノ仕立てです。


photo:06

「仔牛のカツレツ」

そして、

photo:07

お店名物「ピザ」が運ばれてきましたが、

こちらのピザは、

photo:08

厳選した契約農家さんの国産小麦を100%使用し、
小麦は、麦蒔き・麦踏み・手刈り、全てスタッフさんがなさってるんです。

さらに、
ハチミツ酵母で、
全粒粉も入ってます。

photo:09

中野さんが切り分けて下さって、


photo:10

「桜海老と長葱のピザ」と、


photo:03

「サルシッチャとトマトソースピザ」と、

photo:04

「松きのことゴルゴンゾーラピザ」の3種ピザを頂いたのですが、

粉や酵母がいわゆるピザ生地とは違うので、

全く別物です。


photo:05



体にも嬉しい成分が入ったピザ生地なので、

より安心して美味しく頂けました。


安心といえば、


photo:06

ドルチェも白砂糖が入ってないんです。

「ブルーベリーアイス」や、


photo:07

「チーズケーキ」「ティラミス」「カッサータ」等、

全て、「甜菜糖」が使われてます。


この日は、

『パーレンテッシ』さんのご近所にオープンしたお店のサプライズ誕生日お祝いを兼ねてだったので、


デザートのタイミングで、


photo:08


バースデーソングのオルゴールもかけて頂きました。



オーガニックコーヒー(ドッピオにしました)を飲み終え、



photo:01


「また近々戻ってきますね~」と伝えて、

バイバイしたところで、


photo:09

その新しいお店に移動して、

photo:10

イキイキしたスタッフさん達に、


photo:01

ソイカプチーノ」を作って頂き、


photo:06

「温かいアップルパイwithバニラアイス」や、


photo:08

「レモンケーキ」


photo:07

※一日経っても、しっとり感があるんです。

photo:09

「ブルーベリースコーン」

photo:11

『パーレンテッシ』さんで頂いた「ポンデケージョ」等を頂いてました。


photo:02

奥に薄っすら写っているのが、
何事もビシッとなさってるという店長さんです(*^_^*)

『インスパイアード店3号店』さん、
オープンおめでとうございました☆

また『パーレンテッシ』さん経由で伺いますね。

そーだ、
あと1週間後は、
「スタバ出雲大社店」も開店とのこと。

出雲初出店なんです。

ちょうどその頃は、
私も島根出張なので、
オープン日に駆けつけられたらいいなぁと思ってます。

出雲に戻ると、
虹によく出逢いますが、

七十二候では、
「虹始見」がはじまりましたね。


※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、お取り寄せはじめました。
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み