園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

料理研究家兼タレント・園山真希絵の食べても太らないミラクル幸腹DAYS。

来たる9月9日(火)、『豆園 』が1周年を迎えました。

これもひとえに皆様方のおかげです。

これからも多くの方に愛されるよう、小さくても大きな存在となれるよう、

精進して参りますので、どうか今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m


<Oiチカ「園山」コーナー>

http://www.oisix.com/shop.g6--oichika--ts-ebisu__html.htm


<『豆園 』~美味しいご縁結び和菓子店~>

オンラインショップ:http://www1.enekoshop.jp/shop/mamezono/


住所:渋谷区恵比寿1-8-14-27 (エビスストア内)

電話番号:03-5789-9899

アクセス:JR山手線・恵比寿駅西口より徒歩だいたい1分ちょっと。

営業時間:10時15分~なくなり次第終了。

定休日:今のところ、日曜日。


HP:http://www.ts-ebisu.jp/

FB:https://www.facebook.com/mamezono

ブログ:http://ameblo.jp/mamezono


photo:01



※園山真希絵に関しての広告/媒体/キャスティング依頼お問合せ先

『サンズエンタテインメント』 tel:03-5485-7922  fax:03-5485-2166

担当:風間(ymdrkk@gmail.com


<一日一豆~豆料理と共に生きます~>

※「Everyday BEANs 」(Facebookファンページ)


<史上最強グルメアプリ>

※「TERIYAKI~テリヤキ~


<プロデュース>

※黒豆入りハーブティ『ダイエットビューティー


※豆乳ロールケーキ『まめのおもい

現在の購入先はこちらです↓

http://store.shopping.yahoo.co.jp/coo-shop/a4dea4e1a4.html



photo:01



<家庭料理割烹『園山』スタッフブログ> 『園山一家の幸腹日記



園山真希絵流 食べても太らず元気な心身を作る9ヶ条

               ↓


            そ 咀嚼(噛む) 

            の 飲みもの

            や 野菜

            ま 豆

            ま 真っ先に食べるもの

            き 気持ち

            え 栄養バランスとエコ

            で 伝統食

            す 素と酢

NEW !
テーマ:
『豆園』1周年を迎えて1週間が過ぎましたが、

改めまして、

photo:07

いつも支えて下さっている心温かい皆様、
1周年当日もお越し下さった愛顧客様、

photo:01

おやつやドリンクも差し入れて下さったエンジェル様、


photo:06
photo:07

たくさんのお花やメッセージを下さった美しいお花のような方々、


photo:01


報道&取材陣の皆様方、

本当にありがとうございました<m(__)m>


photo:08

これからも、
何が起ころうと、
感謝の気持ちを忘れずに、
日々成長してまいりますので、

photo:09

どうか今後とも宜しくお願い致します<m(__)m>


しかし、


photo:10


1年経っても、
なかなか思うようには進まないもので、
和菓子の難しさを痛感してます。

でも、
まだまだ1年。

私が描く未来と想いを、
チーム『豆園』と共に、
考えに考えまくってます。

その一環として、

photo:10

私の人生テーマでもある「美味しいご縁結び」を
もっともっと広めていこうと、

photo:01
photo:05
photo:06
photo:07

「PERFECT・KOIBUMIプロジェクト」を始動します。


photo:09

赤い糸で結ばれる素敵なご縁が、


photo:01


玉手箱になることを願います。


そして、、、



photo:08



後光も向日葵も背中を押してくれたので、




photo:09



物件決めました、


『園山』


形を変えて復活します。



photo:07



※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、ブログ お取り寄せはじめました。

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
只今、

photo:01

「体にいい!野菜のおかず800品」が発売されてますが、


私も、

photo:02

「白菜と豚肉の重ね蒸し」や、


photo:04

「根菜たっぷりラタトゥイユ」等をご紹介させて頂いてます。

毎日食べたい野菜なので、
より美味しく調理して食べたいですね。

さて、
野菜といえば、、、


image

たくさんの口福おつまみを持って我が家にきて下さったんです。


photo:03


噛めば噛むほど旨みの出るものや、


photo:03


元気になりそうな魅惑的なばかり。。。


今回は、

私がおもてなし役だったので、

理恵さんに、

体想いスイーツを食べて頂いたのですが、


我慢しきれず、


photo:06

頂いたおつまみを思いっきり食べちゃいました(*^_^*)

あまりにも私好みのドストライクなおつまみで、


image

食べ始めたら止まらなくなってましたが、
理恵さんとの話も止まらなくなってました(*^_^*)
皆さんにも聞いてほしいぐらいの内容です(苦笑)


photo:10


頼もしい姉さんであり、
時には、
面倒みたくなっちゃうような(*^_^*)少女の心を持つ可愛らしい才女様、

改めまして、
ごちそうさまでした&ありがとうございました<m(__)m>


理恵さんとバイバイした翌日は、
「玄気フレーク」と「黒豆醤油(菊醤)」を使って、

photo:05

パパッとできちゃう「枝豆入り玄米雑炊」も作って食べてましたが、

次回は、
理恵さん邸に、
そんな甘くないお料理を作りにお邪魔しようと思います☆



※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、ブログ お取り寄せはじめました。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
本日発売号から、

photo:02

『女性自身』での連載が再開しました。

前回の連載(「栄養の園・野菜の山」レシピ)とは全く企画が異なり、


photo:03

私がおススメする「日本全国のお取り寄せギャップフード」です。

食に人生をかけている私が、
見た目と食べた時の良いギャップがある47都道府県の逸品をご紹介するという企画ですが、

第一回目は、
やはりお取り寄せの宝庫でもある「東京」からです。

数多くある中から3つしかご紹介できないので、
かなり悩みましたが、
厳選した結果、
以下の3つを選ばせて頂きました↓

photo:09
photo:10
photo:01

スイーツ番長プロデュースの「フロマージュブリュレ」と、

photo:08

『新生堂』さんの「切腹最中」と、

photo:11

『シャンウェイ』さんの「ジャンボ餃子」です。

どれも意外や意外な美味しさに出逢えるはずですので、
皆さんも是非召し上がってみて下さいね。

さて、
今回ご紹介した3品は、
似たようなものを私も作ってますが(チーズケーキ・あんこ菓子・餃子)、

それらに(特に餃子)、
「ESK(液体塩こうじ)」を入れるようになりました。

最近、その「ESK」に関して、お問い合わせをたくさん頂いてますので、


※「初心者でもカンタンに美味しいESK野菜料理が作りたいんです!」とか…。


今日ブログは、

そんな「ESK」を使った野菜料理をお届けしますね。



まず一品目は、


photo:02

トウモロコシをESKを入れたお湯で茹でて、
生のオクラ・合わせ味噌・西京味噌・みりん等と和えたものです。


photo:05


オクラは、実家で採れたものでしたが、

生のままでも美味しくイケちゃいました。



photo:07


加熱してないので、

ビタミンCも壊れないまま摂取できますが、

トウモロコシも茹ですぎには注意して下さいね。


お次も、

トウモロコシを使いますが、

メイン食材は、

「凍らせた豆腐」です。


photo:03

凍らせた豆腐を解凍して、

小さめにちぎり、

胡麻油を熱したフライパンで、

茹でた枝豆・茹でたトウモロコシ・桜海老・ESKと炒め合わせましたが、


さらに、

「凍らせた豆腐」でもう1品いきます。


photo:08

解凍した豆腐を、ニンニクとオリーブオイルを熱したフライパンで、
トマトと共に炒め合わせ、
ESKで調味して、
ドライパセリを散らしたものですが、

どちらもとてもヘルシー食材なのに、
食べごたえも旨みも満点です。


たまには豆腐も凍らせて使ってみて下さいね。


なかなかいい仕事(?)してくれますよ(*^_^*)


いい仕事といえば、

トマトも色んな姿で活躍してくれるのですが、


続いての料理も、

主役ではないけど、

トマトがいてこその料理です↓


スライスしたゴーヤに、

ESKを軽くかけて5分置き、


photo:03

オリーブオイルを熱したフライパンにスライスしたトマトと共に並べ、
小さめの卵を中央に割り入れ、
とろけるチーズをパラパラ散らし、
ESKと合わせ味噌を混ぜたものをちょろっとまわしかけて、
ブラックペッパーをふり、
3分位焼いた「ESKとゴーヤトマトエッグ」です。

大きめなフライ返しを使って、


photo:01

スルッとお皿に盛り付けられます。

photo:02

「おいし~(≧∇≦)/」って、
自画自賛しながら食べてましたが、


photo:08

↑この「南瓜の茶巾絞り」も、お子ちゃまにもお年寄りにも喜んで頂けるはずです。

加熱した南瓜を潰して、
ESKと混ぜ合わせ、
ラップできゅっと丸めて、
茹でた枝豆をトッピングしただけですが、

美味しさと同時に、
βカロチンもしっかり摂れますよ。

βカロチンときたら、
「人参」もです。

というわけで、
以下は、

photo:01

「人参」を使った「白和え」です。

食べやすい大きさに切った人参を耐熱皿に並べ、
ESKをふりかけてラップをし、
レンジで50秒位加熱したら、

予め混ぜ合わせておいた潰した絹ごし豆腐・西京味噌・白練り胡麻・みりん・ESKと共に和えたものです。

2年前のちょうど今頃、
青森の「森のイスキア」に行き、

photo:09


佐藤初女さんに作って頂いた「人参の白和え」を思い出して、

作ってみたんです。


シンプルな「人参の白和え」を作ったのって、

いつ振りだろうって位久々でした。


昔から作り続けられる日本の料理は、

時代が変わっても、

より体想いに仕上げながら、

美味しく作り続けたいなぁって思います。


あ、

『女性自身ギャップフード』

「青森」編ラインナップもそろそろ探さなきゃです。。。


因みに、

第2回目のギャップフードは「福岡」です☆



※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、ブログ お取り寄せはじめました。

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

一昨日から続く鯨料理ブログですが、

今回で最後です。


恵比寿鯨祭 開催期間に、

14店全ての鯨料理を食べ尽くそうと思ったのですが、

1週間では、

さすがにまわりきれませんでした…。


伺えなかったお店様、

すみませんでしたm(_ _)m


改めて伺いますので、どうかお許し下さいませm(_ _)m


因みに、

最終日となった日に、

ギリギリセーフで伺えたのが以下の2店でした↓


photo:03


内装も可愛らしい『KU』さんは、


photo:01


女子が喜びそうなお料理満載ですが、


鯨料理は、


photo:02



「スパイシージャーククジラ」と名付けられたほど、

勇ましいんです。


しかし、


photo:07

カツレツ風になった鯨と、パクチーの組み合わせは、
これまた女子ウケも間違いなさそうな美味しさでした。

でも、

photo:09

「ホルモンカレー(牛肉のせ)」もたまらなく美味しいんです。

さらにさらに、
お通しのフライドポテトは、

photo:07

なんと食べ放題なんです(*^_^*)

photo:02

サワークリームとチリソースが付いてきますが、

食べ放題ときたら、


photo:03

カレーライスを食べた後に、


photo:05

赤ワインにお代わりしちゃってましたが、



photo:06

「ジャーククジラ」もお代わりしたい美味しさでした。

その後すぐ、
『ルナルナ』さんに移動し、


photo:01

「さすが鈴木シェフ!」と思わされる逸品「赤身の鯨ベーコンとマッシュポテト」を頂くと、、、

えええええーーー、
びっくり、

昨日ブログ最後にご紹介した『マザーアースカフェ』さん同様、
お店側から、

photo:04


『豆園』1周年のお祝いデザートプレートを出して下さったんです(≧∇≦)

「ベリー・無花果・りんごのタルト」も「濃厚チョコ」も、
お世辞抜きで美味しくて、

「ありがとうございます」と「美味しすぎます」を連呼し続けてました。

鈴木シェフ様、
この度は心のこもったサプライズお祝いありがとうございましたm(_ _)m

鯨料理がなくなっても、また普通に伺いますので、
いつもの席、キープしてて下さいませ(^^ゞ

宜しくお願い致します<m(__)m>

私はまた今から、
浅草まで鯨をおもいーっきり食べてきます。


本日12時からニコ生です。

テリーさん、お手柔らかにお願い致します。。。(*^_^*)


※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、ブログ お取り寄せはじめました。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
昨日ブログからの恵比寿鯨祭 ~恵比寿の鯨料理を食べ歩く~」の続きです。


photo:09


『コンフォテーブル』さんの潤いに満ちた美しい「鯨」は、

まるで「マグロの赤身」を食べてるかのようでした。


photo:11

「茹で枝豆」も交互に食べながら、
絶賛してましたが、


photo:01

住宅街に佇む隠れ家『吉柳文化倶楽部』さんでも、


photo:03

レッドアイを飲んでは、

photo:10

「カレー味噌を付けて食べるキャベツと胡瓜」もつまみつつ、


photo:02

興奮するほど美味しい鮮度抜群な「鯨のお造り2種」や、
「鯨カレー」「鯨ステーキ」を食べて、

photo:02

『やまびこ』さんでも、

photo:03

「茹で枝豆」やらあれこれ一品料理に加え、

「鯨ステーキ」と、

photo:02

「鯨のお造り」を頂いて、

鯨料理の審査シートには、
「ガンバレニン!」と書いてました。。。(^^ゞ

さらに、

photo:07


『サリーヴ』さんでは、

「恵比寿のくじら」を、

「鯨祭」実行委員長様の仲睦まじいご家族の皆様と共に頂いてましたが、


photo:09


「サラダ仕立て」になったこの1皿、

上には、

自家製の鯨ジャーキーが散らされ、


ブロッコリースプラウトやビーツソースの下には、


photo:10


ほんのり燻された鯨のグリルが敷かれてました。


味わいに強弱もあり、

素晴らしい作品でしたが、


photo:02

この日おすすめの「鎌倉野菜」も、
彩りまで美しく、
美味しい野菜補給もできました。

私は、
「恵比寿のくじら」と「鎌倉野菜」だけを頂いて(シャンパンを飲んで)、
仲良しファミリーとバイバイでしたが、


甘いもの摂取も必要ということで、
鯨と鯨の合間に、


photo:01

ガーデンプレイス近くの人気カフェで、
名物「ソフトクリーム(チョコ)」も頂きつつ、

photo:02

※今回は、トマトジュースを合わせてました。


『豆園』一周年の日も、
営業が終わり次第、
鯨料理目指し、


photo:01

『エビテイ』さんの「鯨のパイ包み焼き」に突入してましたが、
これがなんとも手間暇かかった力作だったんです。

ボリューム美味しさ120点満点かと…。

でも、
この「パイ包み」を食べた後に向かった先の『トリウオ』さんでも、

「エビテイ鯨パイ包み」に勝る迫力の鯨料理に出会ってました。


photo:04

「鯨と冬瓜のラザニア」です。

photo:05

育ち盛りのお子ちゃまにも食べてほしいって思わされるスタミナ料理でしたが、
大人の私も大満足の逸品でした。
「黒七味」もよく合ったんです。。。

他にも、

photo:02

マメになりそうな「タパスの盛り合わせ」
「マッシュルームアヒージョ」
「トリウオサラダ」等を、

我役員2人と一緒に食べてましたが、

『豆園』1周年当日だったということで、


photo:08

事前にお店にお願いしていた自分達を叱咤激励する
お祝いプレートを出して頂きました。


photo:09

盛り合わせて頂いたデザートもどれも美味しく、


photo:10

役員2人とも今後の抱負を語り合い、
9月9日が終わりましたが、、、

お祝いデザートプレートといえば、


photo:01

TERIYAKI 新編集長と、
『マザーアースカフェ』さんで、
「ソイマキアート」を飲みながら打ち合わせしていると、

photo:02

突然、大きなお祝いデザートプレートが運ばれてきたんです。


photo:03


なんと、お店オーナーさんのご厚意で、
サプライズで出して下さったとのこと…。

『マザーアースカフェ』様、
本当にありがとうございました<m(__)m>

おかげさまで、


photo:04

『TERIYAKI』編集長と一緒に、
美味しい幸せが宿りました。


こうなったら、
これからも引き続き、
『豆園』『TERIYAKI』はじめ、
全部ひっくるめて、
自分のやると決めたことは、
とことん頑張らなきゃです。

そのためにも、
心身共に健やかでいられるよう、

大切な人や食の力を借りながら、
鯨はもちろん、
美味しいものを大切に食べようと思います。


※美味しいご縁結び和菓子店『豆園 』、ブログ お取り寄せはじめました。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み