園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

料理研究家兼タレント・園山真希絵の食べても太らないミラクル幸腹DAYS。

※園山真希絵に関しての広告/媒体/キャスティング依頼お問合せ先

『サンズエンタテインメント』 tel:03-5485-7922  fax:03-5485-2166

担当:風間(ymdrkk@gmail.com


※『ippin(ぐるなび目利きシリーズ)』~あの人の美味しいに出会う~

http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/sonoyamamakie/


<一日一豆~豆料理と共に生きます~>

※「Everyday BEANs 」(Facebookファンページ)


<史上最強グルメアプリ>

※「TERIYAKI~テリヤキ~


<プロデュース>

※黒豆入りハーブティ『ダイエットビューティー


<家庭料理割烹『園山』スタッフブログ> 『園山一家の幸腹日記



園山真希絵流 食べても太らず元気な心身を作る9ヶ条

               ↓


            そ 咀嚼(噛む) 

            の 飲みもの

            や 野菜

            ま 豆

            ま 真っ先に食べるもの

            き 気持ち

            え 栄養バランスとエコ

            で 伝統食

            す 素と酢




テーマ:
日本海側から太平洋側に向かう機内で、


{D644C08F-DD64-4295-B6E1-B1A558314DA6:01}

「白いクリスマス」や懐かしソングを聴きながら、
外を眺めると、
真っ白な雪化粧が目に飛び込んできました。

あまりの美しさに、
うっとりして、
ボケーっと見つめていると、

{9A894069-45A8-478A-88CF-6C8F55EFA63C:01}

雪山から徐々に、

{05BA6CA3-57EF-4DB7-B5DB-6F80D13C3DF1:01}

雪も雲もなくなり、

{51F68F12-BECF-437C-B8FD-C01CDBE26100:01}

羽田着陸直前になると、

{76697940-A7BC-484B-BFD8-648E4D3F3DB3:01}

すっかり青空に。

でも、
まだまだ目には、雪が焼き付いてましたが、


雪といえば、


{671C782F-D72F-449A-9030-9B594C98445B:01}

まるで雪が積もったような極上バウムクーヘンに出逢ったんです。


{DFA27615-D5CB-4EDC-887C-92D8648EACB1:01}

いわゆるバウムクーヘンだろうと思いきや、

ところがどっこい、
あまりの大作ぶりに、
垂れ目が一気に吊り上って、
真ん丸な目になってしまったほどです(*^_^*)

大げさかもですが、

{A81D933B-4C71-476F-B8C1-8F7E030837A9:01}

こんなバウムクーヘン、
未だかつてあったかなぁと考え込んでしまったぐらいの衝撃でした。。。

飛ぶように売れているとのことですが、
食べれば、
その理由がよーくご理解頂けるかと。。。

{D7AF5720-EF38-4830-8F01-A7D8CE5E54F8:01}

カリッ・サクッとしたフロランタンみたいな生地の底面に、

{28CB065E-44D9-4F5B-96B6-34A615585E8A:01}

粉糖で覆われた上部のややネチッとしたマジパン風の食感と、

とてもしっとりした全体の生地とのコントラストも絶妙なバランスで、

繊細さの中に、力強さや生命力すら感じ、


{26D63DE1-491A-41D6-AF99-CDF8F9330487:01}

いちいち感激しながら食べていたのですが、


『カルヴァ』さんといえば、

今回のバウムクーヘンみたく、

「2014年のベストお取り寄せ大賞」に選ばれたんです。

我が子のように嬉しいですが(笑)、

私も『カルヴァ』さん目指して、
ホンモノの味を作り出せるよう、
また気持ち新たに、
食と人と真摯に向き合っていき、

何層にもなるバウムクーヘンやクロワッサンのように、
いろんな経験を自分の成長の糧にし、

遠回りしてでも、
人生経験という美味しい層を重ねていこうと思います。

そう自分に言い聞かせてます。


{F6608B28-2485-4E0F-B42A-EEF3800F0916:01}

いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014年のTERIYAKI~テリヤキ~ が選んだイタリアンTOP3は、、、


{C44E5077-78A8-4FF7-AD48-7BA27FE85F49:01}

1位:『メゼババ』


{9410CCDC-B204-4C6B-94CB-3AEE9A91B98D:01}

同1位:『ビオディナミコ』

{2A7E1ECE-DE29-4F1E-A1A4-7DB670D89784:01}

3位:『Knock』

{BCA65868-BA40-4157-8D41-B8C8FFB6ADC7:01}

同3位:『オルゴーリオデルカザルタ』でした。

上記お店様方、
このたびは本当におめでとうございます。

またせっせと通わせて頂きます(*^_^*)

しかし、
『オルゴーリオ』さんのパスタ写真、
なーんか見覚えあるなぁと思ったら、

photo:07

私が「TERIYAKI」に投稿していた写真でした^^;

因みに、

photo:09


「イワシとドライトマトのタリオリーニ」です。

こちらは、
手打ちパスタにも定評がありますが、

photo:01

「ミートボールのピチ」も大好きな手打ちパスタの一つです。

でも、
そんなパスタに突入する前に、
私がいつもオーダーするお決まりメニューがあるんです。


photo:01


愉快な「前菜盛り合わせ」です。


photo:02

白いんげん豆のサラダ」もよく入れて下さってます。

あとは、
季節ごとに変わるメニューも、

photo:03

「パン2種」に合わせてモリモリ頂いてます。


例えば、

いつぞやは、


photo:04

「鯖のグリルとクレソン」とか、


photo:05
photo:06

「トリッパの煮込み」とか…。

さらに、

photo:02


魅惑的なドルチェも、


「ティラミス」

「ガトーショコラ」

「ブラマンジェ」


photo:03


「栗粉のクレープ(リコッタクリームが入ってます)」


photo:05

※「苺」がある時は、リクエストして添えて頂いてます。

photo:06

「リコッタチーズケーキ」等、
ついつい欲張って食べすぎて、
困ったもんです(*^_^*)

でも、
食べたいものを食べないで後悔するより、
美味しく感謝して食べて、
「あー、美味し~。幸せだ~」と思って食べ終える方が、
心身共にいいはずだと思ってます。


だからこれからも、
その調子で、
「いただきます」と「ごちそうさま」の両手を合わせて美味しく頂きます。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
寒い冬におススメしたい食材&料理の一つが、
「あんこう(鍋)」ですが、、、

先日、

{3B70D5BD-166F-4A1D-8D3C-FA9C3CE862E4:01}


「あんこう」カラーの着物を纏い、
人生初の「あんこう吊るし切り」に挑戦させて頂きました(*^_^*)

光栄にも、

{9B6474EE-850E-42C7-BE28-02C24DE17A52:01}


「茨城県北PR大使」を仰せつかりましたので、
大使就任を記念して、
最初のお役目でした。

任命式では、

{BCBEAEB0-1D8E-4F2D-A82D-E3C76DCB83C3:01}

大使の襷をかけて頂き、

{CAE56259-FF20-48DC-A612-D04633FD7E06:01}

{F206C6D9-17A4-4D2F-A11B-71AFBC259F59:01}

あんこう秘話を語りつつ、


{51D0396C-C2F1-48CB-8D33-6AA8FB36F8FD:01}

PRキャラクターのあんちゃん&こうちゃんも見守ってくれる中、


{CFBBECF7-9BA1-4E9C-A94A-FA9B04B42647:01}

あんこう捌きの名人さんに教わりながら、

{85C51F43-DE1B-408F-AAED-026B3FCF4CDA:01}

ヒレに包丁をグイッと入れて、


{04CB6C0C-9EE7-469D-816D-5654268ED38B:01}

なかなか悪戦苦闘してしまいましたが、

{F2331F42-734F-423F-A638-EE0410A3F42F:01}


何とか無事終了でした。。。

こぶしきかせて「あんこ椿」も歌いたくなりましたが、
空気的にやめときました(苦笑)

それにしても、

image

演歌歌手みたいですね(笑)

それはさておき、

{B78A7E0A-5045-4FC1-9904-D25F89F9DA3B:01}

捌きたて「あんこうのどぶ汁」も頂いたのですが、
これが美味しいこと美味しいこと。

7つの部位が入ってますが、
味噌もミソです。

コラーゲンも良質なタンパク質も豊富なあんこうですから、
特に女性の皆様、必食です。


また、

{7BCD7E98-CDE9-4AF1-A921-E5D4F60B3D8E:01}

うちたての「秋蕎麦」も頂きましたが、
甘いのなんのって。

コシもしっかりして、逞しい逸蕎麦でした。

お蕎麦といえば、
イベント前日には、

{2546CB3B-69DA-4BDF-8379-44B8F7B9F4D8:01}

加賀料理屋『浅田』さんでも名物蕎麦を頂いてましたが、


{4C423DF5-00CA-456B-94A1-42BA52D9EC33:01}

昆布だしと塩のつゆで作られた特製の汐露で頂く
「汐露蕎麦」なんです。

{1AB0868B-E447-46E3-8E9B-6735257BCBEA:01}

秋蕎麦も、
「汐露」に合いそうだなぁと考えては、
瞬く間に平らげてましたが、


{37D96F49-34CB-44AF-9523-C1896D4D6797:01}


控え室では、

{3BD0D0BE-DF0C-4579-8359-4BEFD4BB5A11:01}

茨城のお菓子やミネラルウォーターも頂いてましたが、
{8F0903F5-9FE5-4C67-A5BC-F8031C7CD346:01}

「黒きくらげ」や「頭こんぶ」


{9801DC73-ADF3-40DB-8EBD-29F38E23A9E2:01}

「いばらキッス(苺)」等、
まだまだ口福になるもの満載ですから、

茨城に行けない方は、
銀座にある「茨城マルシェ」に足を運んでみて下さいね。


{FEAC8276-E1FD-456A-AD10-D080EEA81BDA:01}

出雲大社の分社がある常陸国のガラス工芸も揃ってます。


そうそう、
イベント最後には、
来年の抱負も語らせて頂きました。


奥深い味わいのあんこう鍋や、
コシと風味の際立つ秋蕎麦のような人間になり、
茨城納豆のように、粘り強く、より良く醗酵しますと。


納豆といえば、
茨城マルシェには、

{CCA87EBF-CC64-47C2-9068-1A6C7029509A:01}


クリスマスツリーならぬ、
なっとうツリーなるものもありました(*^_^*)


{297154A2-2430-482F-8945-5CD38EF027DA:01}

数多くの茨城納豆がぶら下がってましたが、

{52B2B47A-EDBD-4BE7-B460-E58598CFC53E:01}

臭くはないです(笑)


{1551BCE9-BC6A-42B8-9EB2-CF2C379C16D1:01}


※余談ですが、「茨城マルシェ」お隣のパンやさんは、朝9時半から行列です(*^_^*)


{ADF03E5A-E300-4882-A506-5EF2E3FD773C:01}


いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

昨日ブログの続きですが、、、



{F07F2C24-E85B-439C-97F3-7F983F4438DF:01}

あさひ鍼灸治療院さんも、
心身共に温めてくれるなくてはならない大事な存在です。

頼りになりまくりの落合先生のゴッドハンドで、
鍼や温灸&マッサージを受け、
また新たなパワーが宿った後は、


{D2D21071-7B95-4830-95D3-E45FB7528AE4:01}


梅干しと生姜の入った番茶「梅生番茶」を出して下さるのですが、

このお茶、

体ポカポカ効果に加えて、

胃腸の働きを助けてくれるんです。


しかも、
治療院に置いてあった「たいせつなこと」という絵本を、
偶然私も持っていたので、

本棚から久々にその絵本を取り出して、

{9695BDBC-9AA8-4245-B72B-8441527644D9:01}

「梅生番茶」も作ってみました。

そして、
温まりながら、
改めて考えてます、

「たいせつなこと」を。

生涯、
温かい人や食べものに感謝です。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
オイシックスさんから、

{64C02EE4-166B-4B54-B582-3697FE3AFDC1:01}

嬉しいクリスマスプレゼントが届きました☆

真っ先に目に飛び込んできた野菜は、

{C7179996-5518-4028-847B-4C837B6E3AE5:01}

群馬産のとてもご立派な「ミニ白菜」でしたが、

ちょうど本日発売の連載中『女性自身』でご紹介している
ギャップフードも、

{B7CB479D-9B6D-4EB9-B7C5-68435B38F620:01}

群馬の3品でした。


{10E072FB-6981-4D47-A008-CB85BFBB0840:01}

繭を模った葛湯「まゆこもり」と、


{4213EE7A-1565-4E16-959D-B678E13704B5:01}

一見、「里芋の煮物」かと思いきや、

{FB780B19-C6C7-46DB-AC22-9CD8BE001E1B:01}


しゃりしゃりした食感の「糀たまり漬けきくいも」と、



image

「塩ヨーグルト」をご紹介してますが、

このヨーグルトは、

{304594DC-C020-47C3-BBC8-4FD843EDBA2A:01}

しっかり水切りしたヨーグルトみたいな感じなんです。

マスカルポーネに塩を混ぜた感覚といってもいいでしょうか。

このままクラッカーに塗ったり、
ディップにしてもいいのですが、

{6684D7BF-24DE-4801-BE22-C27C822DB4E0:01}

かりかり味噌大豆」と合わせてもバッチグーでした(古)


{16461A13-5C4E-440D-9489-941B269A4596:01}

「蒸かしたさつまいも」も一緒に入れてましたが、
このさつまいもは、

{0229FBA3-91B8-421F-8DE6-B9C8268B1F0D:01}

実家で採れた「さつまいも」です。

そのまま焼き芋にしたり、

{F7993DDA-E383-4729-A34A-32FECFDB2377:01}

炒り大豆」や、溶き卵・岩海苔・もち麦・液体塩こうじ等と一緒に
雑炊風にして食べてましたが、

さつまいもと言えば、

photo:13

大好きな「さつまんま」も、安売りにつられて、
買いしめてました^^;

すぐになくなりましたが。。。

それはさておき、


{874FA7AE-3071-4AFB-86EB-1F513A26D1F9:01}

『大輔』さんの「さつまいものすり流し(シェリービネガー入り)」も、
寒い季節にもってこいの斬新な美味しさでした。

他にも、

{00A502AD-BAC9-4795-8DE5-8FA04E05C5EA:01}

素材を生かした料理がいくつも登場し、

{776C9894-9475-4CED-8994-223353E85CAD:01}


日本酒も進んでしまいましたが、


{6A19D50A-A2DB-4431-ACC6-8CA85B8B256B:01}

特に「寒鰤のカマ焼き」にはやられました…。

{5E692D92-9A0A-413D-9E0D-5CBECA47BBE8:01}


ド迫力の大きさでしたが、
ペロリといけちゃうほど劇的な美味しさで。。。

恐れ入りました。。。

この時期は、
寒鰤もブリブリ言わせてますよね。


{7F45EB7C-8954-44A1-8218-A47E96EBEEEA:01}

青草窠さんの「寒鰤の鬼おろし添え」も最強すぎて、
とろけてました。。。

{580ED8CE-1A48-4368-B5E5-B2C19CEA43C0:01}

※三杯酢と山葵を付けて頂きました。

{47C7A046-599D-4B29-A049-C6894CD789BD:01}

※「雲丹がのった蓮根餅風」や、


{9FE341FE-111E-4255-9DDA-1EFBB953CAFF:01}

「たまごの葛焼き」も感激の逸品でした。。。

さらに、

{9A7A5483-3992-4FF9-8AA1-55C18DBD9BDB:01}
{2214908E-3016-455F-8ACD-5B1F0FA87FE5:01}

『浅田』さんの「寒鰤の照り焼き」や、

{74B6F101-EBF3-4176-9204-7AA00A703341:01}

※鰤に足りない栄養素を持つブロッコリーや茗荷も添えてありました。

{B6E9079F-7A03-4A07-B498-7809198FB3F4:01}
{F82D514C-DC6C-4101-9A80-4D2CED6F5647:01}


『かのふ』さんの「寒鰤の焼き物」も、

{A7CBC9EA-8ADC-4372-83E9-1E66047DCBAD:01}

「縮みほうれん草」と共に、
冷えた体を温めてくれました。

温まるって、
体だけではなく、
心からも温まりたいですね。


{E2E35146-3ED7-427D-8924-7F8C5D4BABA9:01}

「まゆこもり(生姜入り)」を飲みながら、

ホイットマンの「寒さに震えたものほど、太陽のあたたかさを感じる」
という言葉を思い出しましたが、、、

身も心も温まる私のお気に入りサロンが銀座に移転なさってました。

明日のブログに続きます。。。

因みに、
来週お届けする「女性自身ギャップフード」は、

{A9D7B363-9307-47D7-B416-950E964F8A1D:01}

長野県です。
いいね!した人
園山真希絵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み