テーマ:

作詞のやり方について、講座やマンツーマンでお伝えしている事をまとめました。

作詞に挑戦される方、書き始めたけれどこれで良いのか困っている方のご参考になれば嬉しいです。

WEB無料作詞講座のもくじはこちら→(

 

字脚(じあし)って何?

 

作詞で使う独特の表現に「字脚(じあし)」と呼ばれるものがあります。

字脚とは、声に出して発音した時の文字数のことです。

小説家なら原稿用紙のマス目の数=文字数 ですが、
作詞では、声に出して発音した時の音数=文字数 という考え方をします。


猫もこたつで丸くなるは、原稿用紙だと10マス=10文字となりますが、

字脚で数えると、12文字になります。

 

作詞の時は、こんな風にコレ 数えます。

 

ねこもこたつで(7)  まるくなる(5)

 

こうしておくと、2番を作るとき

7文字と5文字の組み合わせで書けば良いとわかります。

みんないっしょに(7) おひるねだ(5)


発音数=字脚 になるので、いっしょに は、字脚4になります。

 

声に出して発音しながら、指を折って数えましょう。

 

 

 

作詞で大切なのは字脚ではなくリズムである

 

曲にするための作詞なので、リズムが大切になります。

和歌や俳句には、5・7・5のリズムがありますよね。

作詞の場合も似たような繰り返しのリズムが存在しています。

 

以下は、私の書いた歌詞のAメロの部分の1番(左)と2番(右)です。

1~2文字の誤差がありますね。このくらいは大丈夫ってことです(笑)

 

なによ」より  

 

ともるネオンに(7)        出会いはいつも(7)

通り雨(5)             ありふれた(5)

 

あてのない(5)           かけひき(4)

約束だと知りながら(11)     だまされたふりして(9)

 

君だけだよって(8)        堕ちたら深く(7)

あまい吐息(6)           沈むだけね(6)

 

夕べの記憶に(8)         熱く抱きしめられ(9)

胸焦がす(5)            恋の罠(5)

 

 

字脚を揃えるときに気をつけること

 

発音数=字脚に気を配りましょうとお伝えしました。
では、下記のような場合はどうでしょう。

友達は大事だとあなたがつぶやいた。(19)

字脚=19 で考えます。

明日天気になればいいなと思うけど。(19)

確かに、字脚はピッタリ19で揃いましたが、
歌にするには1つの文節を3~10くらいに分けてみます。

ともだちは(5)
だいじだと(5)
あなたがつぶやいた(9)

あしたてんきに(7)
なればいいなと(7)
おもうけど(5)

これでも、メロディにはピッタリのりますが、
あしたてん」 「きになれば」 というように、
言葉がメロディによって分断されてしまう場合もあります。

晴れた空見上げるとツバメが飛んでいた(19)

これならどうでしょう。

はれたそら(5)
みあげると(5)
ツバメがとんでいた(9)
 

バッチリ、字脚とリズムが揃いました!
こんな風に組み立てていきます。

 

ただし、字脚にこだわり過ぎると、情緒がなくなってしまう場合もあるのでほどほどに。
多少の字あまり、字足らずでも、言いたい事・伝えたいことを優先してOKです。

 

 

■ 無料作詞投稿&添削コーナー
歌詞を投稿される場合、お名前・メールアドレス等不要です。


チューリップ赤書いてみたいその気持ちさえあれば、誰にでも作詞できます。

ブログを読んで下さっている方で、歌詞を書いてみたい方、発表したい方に場を提供したいと思います。
チューリップ赤お寄せくださった作品には、ひとことアドバイスや、プチ添削をさせて頂く予定ですが、
何もさわらずに載せて欲しい!という方も大歓迎です。発表の場としてお使い下さい。

 

※お申込み時に、添削希望か不要かを選べるようにしています。

《無料作詞添削》お申込みフォーム(→♪♪♪

 

■ 作詞を学びたい方のために
作詞添削コースA(1ヶ月メールやり取り無制限:10,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。1ヶ月以内なら何曲でもOK
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞添削コースB(2週間以内1曲のみ:5,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞マンツーマンレッスン(1回1時間のレッスン×2回:1万円)
 場所:ホリスティックハーモニーセミナールームまたは、お客様のご指定の場所
 ホリスティックハーモニー以外の場所の場合は交通費(実費)が必要です。

お申込み・お問合せ(→こちらまでお願いします)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

作詞のやり方について、講座やマンツーマンでお伝えしている事をまとめました。

作詞に挑戦される方、書き始めたけれどこれで良いのか困っている方のご参考になれば嬉しいです。

WEB無料作詞講座のもくじはこちら→(

 

ストーリーを作る

 

ここまで、作詞のテーマを決めてお手紙を書いたり、作文や散文詩のような状態まで準備をされてきたと思いますが、ここからは伝えたいテーマや思いを、聞き手にわかってもらい共感を呼ぶために、歌詞の中にストーリーを作っていきます。

歌詞の中が、映画やドラマの1シーンだと思って、自分が映画監督や脚本家になったつもりで、一度客観的になってストーリーを考えてみましょう。

 

客観的な視点の大切さ

 

作詞初心者の方が陥りやすいのが、この客観的視点の甘さです。

自分は、気持ちや思いがわかっているので、それを込めて書いているつもりですが、

聞き手(読み手)は、まったくあなたの思いも気持ちも知らないで聴く(読む)わけです。

会話なら「どうしてそう感じるの?」とか「それで、どうしたいの?」と聴けますが
歌詞の場合は一方通行なので、聞き手にわかるようにストーリーを作る必要があるのです。

 

好きだけどもう会えない

 

と歌詞にあったとしても、聞き手は「どうしてもう会えないのか」わかりません。

 

相手が引っ越したから会えないのかもしれないし、

片思いのまま、相手に恋人が出来たから会えない場合もあるし、

相手が亡くなってしまったという事もあるでしょう。

 

それを自然に伝えるようにストーリー仕立てにする、という方法があります。
(これも一つのテクニックで、必ずスしもトーリー仕立てにする必要はありません)

 

 

 

作詞の中のストーリーの脚本を書く

 

作詞の脚本(シナリオ)を作る時の参考にして下さい。

《例》
〇脚本~主人公が誰と(どんなものと)対話や葛藤をするのか。
 

〇主人公の設定
年齢

性別

職業

身長・体重・容姿

住んでいる場所

季節

時間帯

 

〇主人公は誰と対話(葛藤など)するのか
(異性・過去の自分や未来の自分、今の自分の心、空や宇宙など)

 


季節や時間軸がバラバラで、設定がよくわからないストーリーだと、いくら伝えたいテーマは素晴らしくても、共感が呼べません。

 

作詞では、過去の感情と現在の状況、未来への望みや展望が一緒に一つの世界に入ることも珍しくありません。

客観的な視点で、つじつまが合うストーリー展開になるようにしましょう。

また、誰の視点で書くのかも、途中でぶれないように注意して下さい。

 

 

■ 無料作詞投稿&添削コーナー
歌詞を投稿される場合、お名前・メールアドレス等不要です。


チューリップ赤書いてみたいその気持ちさえあれば、誰にでも作詞できます。

ブログを読んで下さっている方で、歌詞を書いてみたい方、発表したい方に場を提供したいと思います。
チューリップ赤お寄せくださった作品には、ひとことアドバイスや、プチ添削をさせて頂く予定ですが、
何もさわらずに載せて欲しい!という方も大歓迎です。発表の場としてお使い下さい。

 

※お申込み時に、添削希望か不要かを選べるようにしています。

《無料作詞添削》お申込みフォーム(→♪♪♪

 

■ 作詞を学びたい方のために
作詞添削コースA(1ヶ月メールやり取り無制限:10,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。1ヶ月以内なら何曲でもOK
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞添削コースB(2週間以内1曲のみ:5,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞マンツーマンレッスン(1回1時間のレッスン×2回:1万円)
 場所:ホリスティックハーモニーセミナールームまたは、お客様のご指定の場所
 ホリスティックハーモニー以外の場所の場合は交通費(実費)が必要です。

お申込み・お問合せ(→こちらまでお願いします)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

作詞投稿コーナーのご利用ありがとうございます。
大阪府にお住まいの、ペンネーム『* 雪』様より、添削ご希望と言うことでお送り頂きました。

歌詞のテーマや設定、伝えたいことなどは下記の通りです。

* 雪 様よりのメールより

今ではほとんど会わない人の顔が、急に浮かんできた。
なんだ、私の心にずっといたんだ。
いや、もしかして、あなたは私に逢いにきてくれているの?
思い出させているのは、実はあなたなの?
だって、一緒にいるかのように感じるのよ。 


写真提供元フリー素材タウン 

 

 

光彩(こうさい)   作詞:* 雪

きらめくイルミネーション
流れる歌声
心に響く冷たい夜
 

忘れたはずだったのに涙が出るなんて
まだ心ここにあったのだろう


色とりどりの思い出はそれぞれに光を放ち
旅立ってみえなくなる そう思っていた

けれど一番に 大切なものは
何度も繰り返し 逢いに来てくれる

きらきらと輝く美しい光となって
いつもそばで寄り添ってくれる


穏やかに光る月
別々の場所で 同じ景色みてる気がする


逢えない人をこんなに深く感じるなんて
まだ心ここにあったのだろう


色とりどりの思い出は それぞれに光を放ち
旅立ってみえなくなる そう思っていた

けれど一番に大切なものは
何度も繰り返し逢いに来てくれる

きらきらと輝く美しい光となって
いつもそばで寄り添ってくれる

 


大事な人との思い出を、色とりどりの光にたとえたあと、
さらに擬人法を使って「旅立って」という所が、素敵な表現ですね。
 

この歌詞の一番のポイントは「まだ心ここにあったのだろう」という
主人公の独白。

自分の心なのに、どこか他人事のような客観的視点が、
大人の女性像を想像させますが、

この方が歌詞のテーマや伝えたいことにかかれている内容を読むと
もっとアツい感情のようにも読めますね。
 

このあたり、テーマ設定は良かったけれど
主人公のキャラ設定をもう少し詰めると共感を呼びやすいかもしれません。


「まだ心ここにあったのだろう」という表現はすごく良いです。
それで、主人公はどう思う?どうしたい?があるともっと良いと思います。
たとえば・・・


→本当はあの頃に戻りたい、でも過去には戻れない
→忘れようとしてたけど、まだ思い出の中で生きていた私。辛いけど一歩踏み出そう

のように、もう一展開先まで考えて、それをテーマに書くと聞き手に届きやすくなるでしょう。
 


写真提供元 著作者:Joe Parks/ライセンス:クリエイティブ・コモンズ

 

テクニック的なことで言うと情景描写に、動作を入れるとグッとリアルになりますよ。

『穏やかに光る月』→(例)『見上げると肩越しに三日月が~』等


とても素敵な歌詞なので、ぜひブラッシュアップしてまた投稿して下さい!


 

■ 無料作詞投稿&添削コーナー
歌詞を投稿される場合、お名前・メールアドレス等不要です。


チューリップ赤書いてみたいその気持ちさえあれば、誰にでも作詞できます。

ブログを読んで下さっている方で、歌詞を書いてみたい方、発表したい方に場を提供したいと思います。
チューリップ赤お寄せくださった作品には、ひとことアドバイスや、プチ添削をさせて頂く予定ですが、
何もさわらずに載せて欲しい!という方も大歓迎です。発表の場としてお使い下さい。

 

※お申込み時に、添削希望か不要かを選べるようにしています。

《無料作詞添削》お申込みフォーム(→♪♪♪

 

■ 作詞を学びたい方のために
作詞添削コースA(1ヶ月メールやり取り無制限:10,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。1ヶ月以内なら何曲でもOK
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞添削コースB(2週間以内1曲のみ:5,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞マンツーマンレッスン(1回1時間のレッスン×2回:1万円)
 場所:ホリスティックハーモニーセミナールームまたは、お客様のご指定の場所
 ホリスティックハーモニー以外の場所の場合は交通費(実費)が必要です。

お申込み・お問合せ(→こちらまでお願いします)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

無記名でのご投稿作品をいただきましたのでご紹介します。

アドバイス&添削ご希望ということですので、後半でワンポイントアドバイスをお伝えします。

歌詞のテーマは「景色の感情」とのことです。

 

無題   作詞:

ただ波の音に耳を澄ます
時間の流れに委ねて
帰らぬ日なぞるそんな時は
心にたゆたう記憶が
 

孤独に見え隠れする真実を
どうか教えてはくれないか?
 

風の音は耳に届かぬ
ただ切ないだけ
止まぬ波の側に寂しく
ただ佇むだけ

 


今響き渡る鐘の音は
どこから聴こえてくるのか
遠くから響くその鐘の音
何処まで届くのだろうか?
 

私は何処へ辿り着くのだろう?
一人歩いてたあの道を


風は今も強く吹くだけ
そう流れて行く
道角にはそこに咲いてる
花一輪だけ

 

 

徳島の小神子で撮った写真を載せてみました。

歌詞を読んでいると、この海岸で、私もただただ波の音に身をゆだねてぼんやりしていた記憶がよみがえってきたので。

とても詩的な作品ですね。
書き手の感情は本当は重く深いものなのに、
あえてそれを抑えて、景色の描写で表現しようとしているところが
この作品の特徴になっています。
 

詩(ポエム)としては、これで良いのですが、
「歌詞」という作品にするなら、
「~~だろうか」という疑問形は、1番2番で呼応する箇所に使い
出来れば字脚(じあし)=文字数を揃えると良いです。


それから、
1番は

風の音は耳に届かぬ
ただ切ないだけ
止まぬ波の側に寂しく
ただ佇むだけ


2番は

風は今も強く吹くだけ
そう流れて行く
道角にはそこに咲いてる
花一輪だけ

 

この「~だけ」という言葉が、たぶんこの歌詞に漂う空気感を作っています。
もの悲しいというか、切ない感じですね。

出来れば、「~だけ」を使うところは、ここぞ!という箇所にして
1番2番で呼応する場所に使うのが好ましいです。


他のところは「~だけ」という表現ではなく
似たニュアンスで、違う表現を探しましょう。

他の表現を探そう!と決めて一日を過ごしていると
TVやラジオから聞こえたちょっとしたセリフや
新聞、雑誌や電車のつり広告など、
あらゆるところから情報が意識の中に入ってきます。

あ、この表現いいな、と思ったらメモするか
スマホに入れるなどして、ネタ帳を作っておくと良いですよ。
 

 

 

 

■ 無料作詞投稿&添削コーナー
歌詞を投稿される場合、お名前・メールアドレス等不要です。


チューリップ赤書いてみたいその気持ちさえあれば、誰にでも作詞できます。

ブログを読んで下さっている方で、歌詞を書いてみたい方、発表したい方に場を提供したいと思います。
チューリップ赤お寄せくださった作品には、ひとことアドバイスや、プチ添削をさせて頂く予定ですが、
何もさわらずに載せて欲しい!という方も大歓迎です。発表の場としてお使い下さい。

 

※お申込み時に、添削希望か不要かを選べるようにしています。

《無料作詞添削》お申込みフォーム(→♪♪♪

 

■ 作詞を学びたい方のために
作詞添削コースA(1ヶ月メールやり取り無制限:10,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。1ヶ月以内なら何曲でもOK
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞添削コースB(2週間以内1曲のみ:5,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞マンツーマンレッスン(1回1時間のレッスン×2回:1万円)
 場所:ホリスティックハーモニーセミナールームまたは、お客様のご指定の場所
 ホリスティックハーモニー以外の場所の場合は交通費(実費)が必要です。

お申込み・お問合せ(→こちらまでお願いします)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

作詞投稿コーナーのご利用ありがとうございます。
東京都にお住まいの、ペンネーム『らん』様より、添削ご希望と言うことでお送り頂きました。

初めてでよくわからないとのことですが、お送り下さってありがとうございます。

歌詞のテーマは下記の通りです。

らん 様よりのメールより

梅の花が毎年咲いて、散っていく。
長い年月立っている梅の木が
枯れずに毎年きれいな梅の花を
咲かしてくれるんだなと感激することを歌詞にしました。


写真提供元フリー素材タウン 

 

 

梅の花   作詞:らん

1番
ちるも花咲く梅の花
咲いて輝く梅の花
こんなきれいな木の花が
明かりを灯し輝いている


花びらが私のてのひらに
ひらひら落ちてきた梅の花

 

2番
長い年月耐えてきて
ぽつんと落ちてきた梅の花
心にしみる花でしよう
咲いて枯れてちってゆく


なんときれいな梅の花
咲いて枯れてちってゆく

 

3番
一本木のみの枝の木が
いつまでたっても立っている
お酒を飲むのもいいでしょう
この木の下で飲んでいる


おいしいよ、おいしいよ
みんな集まり梅の花

 


らん 様が、この梅の木を見て思うことは、上記のテーマからこんな気持ちなのではないかと推測しました。

「また今年も咲いてくれてありがとう」
「また来年も咲いて、私たちを喜ばせて欲しい」

それが行間から伝わってはきますが、言葉として表現しないと
この歌詞が歌になったとき聴いて下さる方に届きません。


たとえば、
出だしの部分は、情景描写。

サビの部分は、書き手の気持ち。
にすると、グッと引きしまると思います。

写真提供元フリー素材タウン 


あと「梅の花」という言葉が、1番に3回出てくるのは、ちょっと多いです。
1行目か2行目の「梅の花」のどちらかを、別の表現(出来れば同じ5文字)に
変える方が良いでしょう。

初めて作詞をされる方は、
自分が好きな歌の歌詞を耳で聞いて映して書いてみられることをオススメします。

書いてみると、文字数のバランスもわかるし
気持ちを書いているところ、情景描写の部分などのバランスも
見えてくると思いますよ。

 

■ 無料作詞投稿&添削コーナー
歌詞を投稿される場合、お名前・メールアドレス等不要です。


チューリップ赤書いてみたいその気持ちさえあれば、誰にでも作詞できます。

ブログを読んで下さっている方で、歌詞を書いてみたい方、発表したい方に場を提供したいと思います。
チューリップ赤お寄せくださった作品には、ひとことアドバイスや、プチ添削をさせて頂く予定ですが、
何もさわらずに載せて欲しい!という方も大歓迎です。発表の場としてお使い下さい。

 

※お申込み時に、添削希望か不要かを選べるようにしています。

《無料作詞添削》お申込みフォーム(→♪♪♪

 

■ 作詞を学びたい方のために
作詞添削コースA(1ヶ月メールやり取り無制限:10,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。1ヶ月以内なら何曲でもOK
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞添削コースB(2週間以内1曲のみ:5,000円)
 歌詞を仕上げながらノウハウをお伝えします。
 メールまたは、フェイスブックの秘密のグループでやり取りしながら仕上げます。

作詞マンツーマンレッスン(1回1時間のレッスン×2回:1万円)
 場所:ホリスティックハーモニーセミナールームまたは、お客様のご指定の場所
 ホリスティックハーモニー以外の場所の場合は交通費(実費)が必要です。

お申込み・お問合せ(→こちらまでお願いします)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)