あーシナモン欲しいー

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-26 01:56:51

第89回の音源

テーマ:ブログ
【ネトラジ】第89回もっさりモチモチラジオ【ピン】
の音源をUP致しました

http://www1.axfc.net/u/3670181?key=magyu525



ライブで声が潰れてお聴き苦しいと思いますが
聴かれる方はDLなさって下さいませ。


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-25 19:39:13

【ネトラジ】第89回もっさりモチモチラジオ【ピン】

テーマ:ブログ
【ネトラジ】第89回もっさりモチモチラジオ【ピン】

【日時】
本日5月25日(水曜)
開始:21時頃から
終了:1時間を目処に・・・(が久しぶりなのでどうなるやら)



【再生URL】
http://std1.ladio.net:8030/mosamotimagi.m3u


【ウェブ再生】
http://teela.jp/~elika/ladioPlayer2/?m=/mosamotimagi


【掲示板】
まぎーのもっさりもちもちラジオ専用スレ-2014-
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/radio/9042/1388918599/

【ラジオまとめ】
http://teela.jp/~elika/


約1年半振りのピンラジでございます。
内容は近況及び、氷室LIVEのことなど(氷室話はほどほどに・・・)


AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-25 16:34:03

LAST GIGS

テーマ:ブログ

ご無沙汰しております。
なんと1年1ヶ月ぶりのブログ更新。
昔1日3,4回更新してたころが嘘のようです・・・
どうもまぎーです。

今回ブログを更新するに至ったのは・・・
自分が26年間ずっと追い続けてきたロックアーティスト
「氷室京介」のラストライブが東京ドームであったからです。

氷室京介・・・伝説のバンド「BOOWY」のボーカルであり
数々の後輩アーティストにリスペクトされ続け、目指し
日本では最高のロックミュージシャンの一人でしょう。
TV露出なし雑誌もほとんど出ないのに何時も何処でもライブは満員
他にこんな人はなかなかいないと思います。

2年前、ツアーの地方最終公演だった山口県の周南で
このツアーで氷室京介を卒業するとMCで発言し
ファンは悲壮感で溢れ、嘘であってくれと願ったものでした。
そのツアーの最終横浜スタジアムで改めて氷室の口から
多くのファンに向けて経緯が発言されました。
両耳の難聴、特に一部のキーが変化してしまうのが苦痛ということ。
もちろんそれだけではないと思います。

しかしそのヨコスタで良いのか悪いのかラストライブに繋がるトラブルが起きます。
一つは初日、雨降ったあとリハーサル中にライブで何時もやる
コロガシ(歌手前にある床のモニタースピーカー)で魅せる
パフォーマンスをやったとき滑って胸を強打。
それで肋骨3本にヒビが入りました。
初日は大した痛みもなかったそうでそのままやり続けたのです。
そして運命の最終日、まず雨でライブが遅れたことに始まり
ヒビの入った肋骨の内の1本が無理な体勢をしたことで折れることになります。
激痛の中歌うところに更に無常の雷雨。
落雷も酷くライブは50分以上中断。
痛み止めも切れ激痛の中、最後に1曲だけソロシングル1曲目であり
代表曲のANGELを歌いきり
「(十分なパフォーマンスを魅せれず)申し訳ない。プロとして。
怪我をしてこれ以上歌えないが、このままでは終われないから何時かリベンジを」
と約束しステージから去りました。

骨折に雨・・・神様(天にいる氷室ファン)からのここで辞めるなという事だったのでしょうか。
このおかげでこの場に居なかった私やファン含め、もう一度全国の氷室ファンが
お別れをする場が出来たのです。


後に所属レコード会社から公式に発表があり次のライブで
「無期限ライブ活動休止」と告知されました。
(後に氷室はこう言い換えてくれた事を感謝している)

それから1年9ヶ月後、本当のラストライブツアー「LAST GIGS」が大阪ドームを皮切りに
名古屋、博多と行われどこも超満員の熱いステージ。
私は全てが仕事に被り有給で名古屋だけ行きました。
いつもと変わらない氷室がそこにいました。
私もどちらかと言えば何時もと変わらず叫び飛び跳ね
しかしラストになる東京ドームに来られないファンにとっては1曲1曲がもう聴けないと
氷室に会えないと心に刻んでいったことでしょう。
唯一違っていたのはMCで氷室の口から今回の経緯を聞いた事。
やはりショックです。

そして運命の東京ドーム3days、初日私は不参加。
さすがに有給3日は気が引けました・・・。
2日目から参戦し、その日は名古屋と余り変わらず
カッコイイ氷室に熱いステージ、そして熱いファン。

終わった後は「あー後1日・・・全ての曲がもう2度とライブで聴けない」という思いに駆られます。

最終日10時半にドームに着きました。開場は16時でも少しでも長く氷室ファンと共にこの場にいたかった。
26年間の氷室人生でライブに行けたのは20年で通産で7,80回はライブに行ったはずです。
初夏の日差しに気温、時折通り抜ける都会の風は気持ち良いものでした。
会場は違っても待つ間に毎回見る風景、感じ取る空気が今回は切なくて愛おしく感じます。

入場列にいち早く並び開場後すぐにドーム内へ。
外と同じように中での空気を感じるために。
刻々と迫る別れの時、一人であっても一人じゃない場所がそこにはあります。
前の席のファンは既にうつむいています。
そんなファンが私の周りに何人もいました
早く始まって欲しいライブなのに永遠に来て欲しくないライブ、変な感情が交差します。

開演3分前、最後の場内アナウンスが流れ55000人以上のファンが総立ちになり手拍子を送ります。
落陽していないドームの屋根はまだ白く陽を透過する18時7分、ドームの照明が一斉に落ち暗転します。

エピローグ的な音楽の最後King of Rockが姿を現しボルテージはいきなりMAX、胸の痛みもMAXです。
1曲目はBOOWYの「DREAMIN'」夢を見てる奴に送る曲。
ここで早くも涙腺崩壊・・・みんな大合唱・・・自分の歌う声は震え歌になりません。
曲の間、もう聴けなくなるもう聴けなくなる何度も心で叫び続け。
そんなことがそれ以降の曲でずっと続きました。
多くの氷室ファンも同じ気持ち・・・楽しいはずなのに悲壮感を背負ったライブだったはずです。

が、そんなよどんだ空気が一気に晴れる時が訪れます。

9曲目が終わった後のMCで・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[氷室]
今のPARACHUTEって曲は、最近仲良いんだけどGLAYのTAKURO君が歌詞を書いてくれた歌で
俺は向こうに長く住んでるから日本人の音楽はあまり詳しくはないんだけど
昔からTAKURO君の才能には結構ヤられてるところがあって
BORDERLESSというアルバムを作った時に、是非とも歌詞を書いてくれないかとお願いして
出来上がった曲なんだけど
TAKURO君は昔は家を持ってたくらいLAが好きで、B'zの松本君もつい最近LAに越してきて
たまにTAKURO君が来た時は皆で飯食ったりするんだけど
この間、このツアーが丁度始まる前に焼き肉食いに行ったの、3人で
(客笑)
ふっ、何笑ってんだよ?(笑)
いや、焼き肉ぐらい食うよ(笑)
(客大歓声拍手)
何でこんなところで一番盛り上がるんだよ(笑)

焼き肉食いに行ったんだけど、その時にTAKURO君が
「氷室さんこれからどうするんです?」と真顔で聞いてきて
彼は俺のことを人間的に認めてくれてるみたいで、あまりに真面目に聞いてくれるから
真顔で聞かれると俺は冗談で返したくなるタイプなんだよ

「ゆっくりアルバムでも作って、元々ゆっくりだからこれ以上ゆっくりになると
 ほとんど引退に近いんだけど(笑)、今までよりもゆっくりアルバムを作って
 60ぐらいになったらアルバムでも出すか」と
「タイトルは、俺は日本語のタイトルはアルバムにつけたことないんで
 『還暦』っていうアルバムにしようと(笑)
 1曲目はやっぱ『60(Sixty)』だろって(笑)
 2曲目はこれも漢字で『年金』で(笑)」
そういう馬鹿なことを言ってたらTAKURO君が
「お願いだから最後のライブでそれは言わないでください」って
ダメ出しがあったたことを今喋ってんだけど(笑)

まあそんな感じで時間かけてアルバムを作ろうかと
これはマジな話で
(ここで大拍手)

(某大型掲示板より、書き起こしありがとう)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あれだけ重い空気だった会場が大爆笑で包まれ一気に晴れていきました。
ここで自分も皆も気持ちが軽くなったのは間違いありません。
あーまた何時か新しい氷室の楽曲を聴けると・・・。
元々、公式から曲製作は続けると発表はあったものの本人の口から
これだけはっきり言ったのは初めてでした。
空気を察したのか冗談交じりでこの発言をしてくれたヒムロックの
温かさと気遣いに感謝感謝・・・。

そこからはもう会場の雰囲気がガラっと変わりました。
もちろんそれまでも何時も以上に盛り上がっていたのですが
どこか空元気感がハンパなかったのです。
もう皆吹っ切れたように芯の通ったような拳を挙げ気の入った声で叫び続けます。
本編最後の曲は「ANGEL」氷室がソロになり一番最初に出し大事にしてきたシングル曲です。
ドームに響く渡る「STAND BY ME ANGEL」
最後に大爆発音で本編終了。

5分程のインターバル中はずっと手拍子。
名古屋から定番化した場内のウェーブも起こります。

そしてアンコール(EN1)が始まる。
1曲目は「The Sun Also Rises」。この曲は氷室の長男が一人立ちするに送った歌。
が、引退(無期限休止)発表あってからは自分達と氷室の関係を歌った曲になってしまった。
「ずっとそばにいたいけれど、ここから先はひとり」
これ以外の歌詞も全てピタリと当てはまる。
そして最後の
「たとえ遠回りしてもいい 信じた道の彼方に
陽はまた上る旅人よ 空を見上げる限り」
これも今日のアルバム製作のMCでピタリと当てはまった。
ライブ活動からの「引退」ではなく「無期限休止」・・・
もしかしたらまた・・・そう感じられずにはいられません。

EN1のラストはBOOWY時代で最後のライブでやった「NO.NY」
まるで28年前の東京ドームにトリップしたかのようです。
楽曲が終わっても鳴り止まない大きな手拍子は何もない時間を打ち消したい
気持ちで一杯でした。

EN2は全てソロの曲、終わりが近づいてきました。
2曲目のKISS MEは氷室ファンじゃなくとも知っている最も売れた曲。
しかしライブ栄えしないことからファンから余り好まれていませんでした。
が、この日は違います。今回のツアー初お披露目でサプライズ感もあり
凄く盛り上がりました。

そしていよいよ・・・
「最後にこんな暑い季節にピッタリなやつを送るぜ!!
サマーゲーーーーム!!」

ライブの〆で定番、むしろこの曲が〆じゃないと閉まらない「SUMMER GAME」。
思い思いを胸にガッチュガッチュ!します。
もう終わるなんて考えもせずにとにかく歌い叫び続けました。
「ジャスフォリンラヴ!フォリンラブ!フォリンラヴァアアアアアアア!!」
氷室のラストシャウトとアウトロが鳴り響き
氷室のセンキューーー!と割れんばかりの歓声がこだまする。
アウトロが決まり歓声と拍手だけが残る。
氷室が最後に「Thank you!!!」と叫びステージにマイクを置いた。
多くのファンが泣いた。
きっとこう終わるのだろうと想像してたことが現実になったのだから。

明るくなった会場、氷室がステージの袖消えてゆくと同時に・・・
5万5千人以上の「ひ・む・ろ!ひ・む・ろ!」の大コール。
言葉に言い現すことが全くできないぐらい異常なコール。
密閉されたドームが異空間になった瞬間だった。
大音量で流れ寂しいエンディングロールは絶対流させない!
もし流れても、それを打ち消すという気持ちが一つになっていた。
その願いは一つ・・・

もう一度『氷室京介』を!

その願いは1分後に叶う。
バックバンドのメンバーがステージに再登場!
後は主役を待つその「ひ・む・ろ!」コールは
激しさとテンポが上がる!
再びあのシルエットが見えてくる
そう、ヒムロックが三度ステージに戻ってきた!!

ライブ34曲目はソロ一発目のライブでソロ曲として最初に歌った(違ったらすみません)
「SEX&CRASH&ROCK’N’ROLL」
氷室との声の掛け合いが気持ちいい、脳内トロけまくりで完全に記憶が飛んでる。
間奏部分はメンバーの各ソロパートが定番。
ここで一人一人のソロで歓声が沸きあがる。

そして本当の本当の最後に来たのは・・・
BOOWY曲の「B・BLUE」
イントロ聴いてこのとき思ったのは『意外』だった。

が歌ってるとそう思えなくなる・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ON THE WING WITH BROKEN HEART
やぶれた翼で
ON THE WING WITH BROKEN HEART
もう一度翔ぶのさ
ON THE WING WITH BROKEN HEART
こわれた心で
ON THE WING WITH BROKEN HEART
もう一度笑ってよ TO THE BOYS & GIRLS


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いや、歌詞と自分達を理解して認識して突き刺さったんじゃない。
もっとダイレクトに重なり合った。
最後のサビで

「もう一度笑ってよ TO THE BOYS & GIRLSーーーーーー!」

氷室の超絶シャウトが天に届くかのように響き渡る。
それはドームの外にいた中に入れなかったファンの
心にも響き掴んだことだろう。
忘れかけていた大きな笑顔で。

「ON THE WING WITH BROKEN HEART 」

きっともう一度飛べる日を願って・・・。


曲が終わりそれまで聞いたことのない大拍手。
最期に言い放った

「Thank you!!東京ベイベー!!!Thank you!!」

氷室は清清しい満面の笑顔だった。
こちらも同じ、涙を流し別れの時なのに笑顔で清清しい。
もちろん寂しいけれど悲しい気持ちは一切なかった。
お互いやり切り、全てをぶつけ合い融合できた。
それがそうさせていたのだろう。

最期に深くお辞儀をしステージを降りる氷室。
今度はマイクを床に置かなかった。
意味深と勘ぐるのは嫌だが遠い未来を予感してしまう。
多くのファンの「氷室ー!ありがとう!」を背に受けて氷室は消えていった。

モニターには生中継で氷室を追いかける映像。
控え室に入ったところでフェードアウトした。

そのままエンディングロール。
「リボルバー」というファンのために作った曲と
会場外にあったメッセージボードに書かれたファンの感謝の言葉が流れていた・・・。

ある者は帰路の交通のため足早に会場を後にした。
あるものはずっとモニターを見続けていただろう。
しかし誰もがまた歩み始めた。

5年後の「DREAMIN'」を見るために。



後書き
と、長い文章を書き上げました。
文才が全くないので読み辛かったかと思います。
そもそも全部読んでくれた人もいたのかどうかも・・・。

私が大人になって、どんな時も何よりも傍にいたのが氷室京介でした。
その間、お互い随分と歳を取りました。
出合ったとき私は18歳、今は43歳。氷室は29歳が55歳に。

私はこんな性格で尖った部分も角の部分もなく
尖り鋭いカミソリのような姿を氷室と曲に感じ憧れました。
何より氷室が14年前からファンに対してカリスマ性を脱ぎ捨て始め
冗談を言ったり、ファンの声に受け答えたり、
ファンの前で大泣きし近付いてくれました。
それ以降、触ることの出来ない「孤高の存在」から愛情を本当に感じられる
「尊敬できる一人の人間」として私達は好きになっていったのです。

東日本大震災のときは誰よりも早く
チャリティーライブの開催を発表しました。
必要最低限の経費以外は全て震災地への寄付と言うのも前代未聞だったはずです。

まだ自粛ムードが蔓延している時にでしたが
自分がやることで後に続きやすくさせる願いもあったでしょうが
やはり自分で出来ることで早く行動したかったのでしょう。

そんな数々のエピソードがより氷室を惹きつかせました。

23日で今までの氷室京介生活35年を終えました。
昨日から飾らない一人の人間に戻って傷ついた羽を癒しつつ
ゆっくり休んでいるはずです。

I will never say good-bye.
Till we meet again...my love.

モニター映し出されたこの気持ちを信じて待ち続けます。

何時かまた陽が上るその日まで・・・お休みなさいヒムロック
俺もその陽が上るまで腐らず生きていくよ。

氷室京介・・・今まで本当にありがとう!!







AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-27 21:25:41

ボイスドラマ「オカケン(略)」後編の放送告知!

テーマ:ブログ
ニコ生&ねとらじ同時放送開始】
2015/04/27
22:00開始


新作ボイスドラマ

「怖がりの私がなぜかオカルト研究部の前で右往左往している」~後編~

オカ研の体験入部先は、廃病院だった。
骨格標本に驚いたり野良ネコと触れ合ったりとある意味堪能していた優奈だったが、
涼太が謎のおふだを発見することにより気絶し、ぐだぐだのまま進行。
幸一「実はここまでは前座なんだよね。それじゃ、今日のメインディッシュにいこうか」
その言葉の真意とは―

キャスト
相沢優奈:ジャス子
浪川涼太:上条巧
相模幸一:sukuizu
田所淳平:まさよし
町田戦士:爽龍


ニコ生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv218947975

ねとらじ
http://std1.ladio.net:8030/links-losstime.m3u

掲示板
http://jbbs.shitaraba.net/radio/19821/

今夜22時放送開始です!
(ねとらじは3分ほど前から放送開始している予定です)
またねとらじではドラマの放送が終わったら、スタッフによる延長戦(雑談)が
今回も放送されますのでお楽しみに!!
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-20 18:10:54

ボイスドラマ「オカケン(略)」の放送告知!

テーマ:ブログ
ニコ生&ねとらじ同時放送開始】
2015/04/20
22:00開始


新作ボイスドラマ

「怖がりの私がなぜかオカルト研究部の前で右往左往している」~中編~

新入生の優奈は部活勧誘に乗じてナンパされそうになるところを助けて(?)もらう。
その恩を一つの縁と向かった先は、オカルト研究部だった。
怖がりということもあり逃げようとする優奈と、引き止めようとするオカ研部員。
そこで顧問が落とし所として『体験入部』を提案する。
そこで待ち受けているものとは――


キャスト
相沢優奈:ジャス子
浪川涼太:上条巧
相模幸一:sukuizu
田所淳平:まさよし
町田戦士:爽龍


ニコ生
http://live.nicovideo.jp/gate/lv218230144

ねとらじ
http://std1.ladio.net:8030/links-losstime.m3u

掲示板
http://jbbs.shitaraba.net/radio/19821/

今夜22時放送開始です!
(ねとらじは3分ほど前から放送開始している予定です)
またねとらじではドラマの放送が終わったら、スタッフによる延長戦(雑談)が
今回も放送されますのでお楽しみに!


あ、今日のねとらじの放送担当は私でございます(ヽ´ω`)

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。