誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

ブクログ ←ブクログはじめました!!



はてなブックマークはこちら。


私の読書メーターはこちら


私のメディアマーカーはこちら


私の「本が好き」はこちら 。 







気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


タイトルの元になったものは


札幌に住んでいたとき、某就職職斡旋施設の


女性キャリアカウンセラーなる人物に言われた


『あなたには生産性というものが何一つない』


という言葉から来ております。


「機会があったらいつかこれをタイトルにして本を出してやろう」


という長年の夢がようやく叶いました。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。












よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット

NEW !
テーマ:

若手のキャリア外交官によるロシア論です。

 

ロシアのことを知るには指導者層が物事を

 

判断するときの背後にある彼ら独特の

 

『ゲームのルール』

 

を理解する必要があるという箇所に感銘を

 

受けました。

 

 

 

 

 

 

どうも筆者の経歴を見ていると、ロシアが専門の

 

キャリア官僚で、職人のようなロシア分析をする

 

佐藤優氏とはまた違った視点から語られるロシア論

 

という意味で参考になった本でありました。

 

旧ソ連が崩壊して混乱を極めた1990年代を経て、

 

豊富な石油や天然ガスなどの資源を武器に強力な

 

リーダーシップを発揮してロシアを立て直していった

 

プーチン氏のもと、国際社会での発言力や力を

 

増していく『近くて遠い隣人』はどういった存在であるのか? 

 

それを知るには『政治的エリート』がどのような

 

『ゲームのルール』

 

で動いているのか? そのロシア独特のルールという

 

ものを理解するべきであると筆者は説いております。

 

佐藤優氏をはじめ、鈴木宗男氏などの著作を最近読む

 

機会に恵まれ、ロシア側が北方領土の交渉について

 

公式に発言するときに

 

『鈴木宗雄。森善郎。佐藤優。

 

そして前原誠司(評者注:民主党政権当時の外務大臣)

 

と話をさせろ』

 

と何かでいっていた理由がこれを読んでわかりました。

 

それはさておき、あの国では法律に記されていない独特の

 

ルール。たとえば

 

『ビジネスマンはきちんと税金を納め、

 

政治的な野心を持たなければ後は自由だよ』

 

などというのもオリガルヒヤと呼ばれる新興財閥がなぜ

 

あそこまでプーチンおよびロシア政府に目の敵に

 

されたのかがよくわかりました。

 

そして、『二重王朝』ととばれるプーチンとメドベージェフ両氏

 

との関係もここでは解説されており、2011年の後半では

 

選挙をめぐる問題で大規模なデモなどが起こって

 

いましたが(2016年現在プーチン氏がロシア大統領に復帰)、

 

個人的にはロシアそのものの体制が大きく変わることは

 

ないと考えております。

 

今後、日本とロシアとの関係がどうなっていくかは

 

わかりませんが、ヨーロッパとも、アメリカとも異なる

 

『ロシアの論理』を知りたいと思われる方は、手にとって

 

読んでいただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング←1クリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。