誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

ブクログ ←ブクログはじめました!!



はてなブックマークはこちら。


私の読書メーターはこちら


私のメディアマーカーはこちら


私の「本が好き」はこちら 。 







気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


タイトルの元になったものは


札幌に住んでいたとき、某就職職斡旋施設の


女性キャリアカウンセラーなる人物に言われた


『あなたには生産性というものが何一つない』


という言葉から来ております。


「機会があったらいつかこれをタイトルにして本を出してやろう」


という長年の夢がようやく叶いました。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。












よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット

NEW !
テーマ:

僕が本書を手にしたのは全くの偶然でしたが、

 

累計300万PV & Amazon

 

「Kindleストアランキング4コマ部門」

 

で大人気を博していることを読んだ後に知って内容と

 

照らし合わせ、納得している次第。

 

 

 

 

 

 

僕は本書を手に取って読んだのは、まったくの偶然で

 

ありまして、いつも行くコンビニの一つの漫画棚に陳列

 

されていたからです。

 

のちに本書について調べてみると、Amazon の Kindle

 

ダイレクト・パブリッシング (KDP) で配信されたものであり、

 

それが大きな話題を呼び、宝島社から書籍として刊行される

 

運びとなったのだそうです。

 

作品の舞台は1980年代は神奈川県の江の島。そこでたった

 

一人で食堂を営みながら自活する9歳の女の子。リンちゃんが

 

ヒロインです。

 

彼女の生活は貧しく、きているものもあちこちがつぎはぎだらけで、

 

学芸会の衣装を着た時にはそちらのほうが見た目が

 

良いぐらいです。

 

しかし、明るくてかわいいリンちゃんと、彼女が営む食堂に

 

来た客は、みんなどこかほっこりしたような気持になっている

 

描写が素晴らしいものであったことを覚えております。

 

そして、本書の中には電子書籍版の作中で描かれて

 

いなかった新エピソードや続編「ひとり暮らしの中学生」も

 

収録されており、相変わらずつぎはぎだらけのセーラー服を

 

着ているものの、その笑顔は変わらないリンちゃんの少し

 

大人になった姿を見ることができて、思わずニンマリとして

 

しまったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング←1クリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。