誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

ブクログ ←ブクログはじめました!!



はてなブックマークはこちら。


私の読書メーターはこちら


私のメディアマーカーはこちら


私の「本が好き」はこちら 。 







気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


タイトルの元になったものは


札幌に住んでいたとき、某就職職斡旋施設の


女性キャリアカウンセラーなる人物に言われた


『あなたには生産性というものが何一つない』


という言葉から来ております。


「機会があったらいつかこれをタイトルにして本を出してやろう」


という長年の夢がようやく叶いました。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。












よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット

NEW !
テーマ:

この本に書かれてあることは恐らく正しいのでしょう。

 

しかし作者の言うことを鵜呑みにできる人は人から

 

足元を見られたり、値踏みをされたことがない人

 

だろうなと言うのが一読した上での僕の感想です。

 

 

 

 

ちょっと気になって読んでは見たんですけれど、

 

正直言ってここに書かれてあることをそのまんま

 

鵜呑みにできる人は人から足元を見られたり、

 

値踏みをされて不快な思いをしたことがない人

 

なんだろうな、とつい勘ぐりながら読み終えました。

筆者いわく


「学歴、仕事、年収、結婚、子育て……ずっと勝ち続ける

 

人はいない降りることで、かえって強くなれる!」


のだと。確かにそれはそうでしょう。ビジネスの世界でも、

 

それから投資の世界でもずっと勝ち続けて引退をした

 

人はいません。

 

たとえば、スティーブ・ジョブズは自分の創った会社を

 

一度追い出され、ジョージ・ソロスだって

 

「イングランド銀行に地をつけた」

 

といわれる巨額のポンド取引のあとにロシア危機の際に

 

行った投機の失敗をはじめ数々の敗北を喫しています。

「99.9%の人は、いつかどこかで必ず「負ける」

 

(勝ち続けないかぎり、勝ち組ではない)」


というのもそうですし、


「「働き」「仲間」「役立ち」の3つの世界を持つことは、

 

人生の最高のリスクヘッジ」


と筆者が主張するのは彼が主催するNPO法人で日々、

 

ニートやフリーターを相手にしての結論なのでしょう。

「別な本に日本の格差社会が進むと同胞意識が

 

なくなっていく」


という話を聞いたことがありますけれど、僕個人のことは

 

別にして日々、巨額のお金を扱って、六本木にあるような

 

会員制の図書館を当たり前に使える人間と年収200万円

 

クラスの人間が「同じ」日本人だ、という意識を持つのは

 

やっぱり難しいだろうな、という読後感を持ちました。

個人的な将来の日本人像はアメリカ型のように朝から

 

深夜まで働きづめに働いて生きる人間と、ヨーロッパ型で

 

そこそこに働いて食い扶持を稼ぎ、あとは余暇や友人との

 

付き合いをを楽しむ、というスタイルに分かれていくのでは? 

 

という感じがします。ただ、ここに書かれているような

 

ニートやひきこもりが自立するのはワーキングプアしかない

 

というのは少々乱暴すぎるような気がしないではないです。

僕はまだ、勝ち負けという生き方から降りる気が毛頭

 

ないのでしばらくは続けますけれど。

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング1クリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。