誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

ブクログ ←ブクログはじめました!!



はてなブックマークはこちら。


私の読書メーターはこちら


私のメディアマーカーはこちら


私の「本が好き」はこちら 。 







気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


タイトルの元になったものは


札幌に住んでいたとき、某就職職斡旋施設の


女性キャリアカウンセラーなる人物に言われた


『あなたには生産性というものが何一つない』


という言葉から来ております。


「機会があったらいつかこれをタイトルにして本を出してやろう」


という長年の夢がようやく叶いました。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。












よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット

NEW !
テーマ:
本書は「歴史探偵」を自認する昭和史の第一人者、

半藤一利とインテリジェンスの第一線で活躍し現在は

作家として活躍する佐藤優。この両先生が

「あの戦争はまだ続いている―。」

をテーマに語った対談本です。





本書は「歴史探偵」を自認する昭和史の第一人者、

半藤一利とインテリジェンスの第一線で活躍し現在は

作家として活躍する佐藤優。この両先生が

「あの戦争はまだ続いている―。」

をテーマに語った対談本です。半藤氏の著作には

『ノモンハンの夏』(文春文庫)や『ソ連が満洲に侵攻した夏』

(文春文庫)という「ソ連シリーズ」があることは有名ですが、

その理由は日露戦争後の陸軍が仮想敵としていたのが

ソ連だったからとのことだからだそうです。

さらに対談相手である佐藤優氏といえば、旧ソ連の政権中枢に

まで入り込み、多くの機密情報を取ってきたことでも有名で、

ゴルバチョフ大統領の政権時にクーデターが起こるも、彼の

生存をいち早く日本へと報じたのはインテリジェンス史に残る

ほどの功績であります。

そんな二人が

「歴史が人間によってつくられる限り、われわれはまた、

同じような判断ミスを犯すだろうし、似たような組織をつくる」

(半藤一利)

「戦後70年が経って、戦争が遠くなったのではなく、新たな戦争が

近づいていると感じています」(佐藤優)

とし、昭和史の対談をテーマにした対談が面白くない

はずがなく、その目次は


第一章  よみがえる七三一部隊の亡霊
第二章  「ノモンハン」の歴史的意味を問い直せ
第三章  戦争の終わり方は難しい
第四章  八月十五日は終戦ではない
第五章  昭和陸海軍と日本の官僚組織
第六章  第三次世界大戦はどこで始まるか
第七章  昭和史を武器に変える十四冊

なのでありますが、本書で語られている昭和史の象徴的な

存在である731部隊、ノモンハン事件、終戦工作、

昭和陸海軍と日本の官僚機構・・・。が現在でも形を変えて

大小さまざまな影響をおよぼしていることがよく分りました。

そして話題は(出来ることなら起こってほしくはない)

第三次世界大戦はどこで始まろうとしているのか? 

という話題へと続くのです。国家間から国家対組織へと

非対称にはなったものの、21世紀の戦争は、テクノロジーは

飛躍的に発展していても、結局は人間同士が行っている

ものであり、本書ではそれに対しての「生き残り」を指し示す

ヒントが記されていると思いました。  





21世紀の戦争論 昭和史から考える (文春新書)/佐藤 優
¥896
Amazon.co.jp

人気ブログランキング ←1クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。