誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

ブクログ ←ブクログはじめました!!



はてなブックマークはこちら。


私の読書メーターはこちら


私のメディアマーカーはこちら


私の「本が好き」はこちら 。 







気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


タイトルの元になったものは


札幌に住んでいたとき、某就職職斡旋施設の


女性キャリアカウンセラーなる人物に言われた


『あなたには生産性というものが何一つない』


という言葉から来ております。


「機会があったらいつかこれをタイトルにして本を出してやろう」


という長年の夢がようやく叶いました。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。












よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット

NEW !
テーマ:

自伝的なモチーフを使った恋愛小説です。

 

彼と奥様の艶の愛と憎しみにあふれる

 

生々しい描写に、圧倒されました。

 

これは一気に読むべきだと思います。

 

少し大田光・光代夫妻と被る所があるかも

 

しれません。

 

 

 

 

 

この小説は自分と自分の奥様を題材に二人の軌跡を

 

愛憎をこめてつづった恋愛小説といえるもので、

 

僕は一気に読み終えてしまいました。

 

主人公と艶との出会いは、 一九六八年冬。25歳で童貞

 

だった僕は、女流作家の

 

『ウィスキー一本でだれとでも寝る女』

 

という紹介で彼女の『子分』という女性にあって見ないかと

 

言う誘いを受けて、彼女の住んでいるアパートに行き、

 

そこで彼女と出会い、男と女の関係になってしまいます。

 

そこからが25年にわたっての愛憎をこめた二人の物語の

 

馴れ初めとなります。

 

酒を飲んでは意味不明の言動を繰り返し、作者の目の前で

 

自殺未遂などのエキセントリックな行動に出るかと思えば、

 

盲目的なまでに愛を求め、それが差し出されると、今度は

 

それを全否定して関係を壊しにかかる。


そんな艶がにくくもあり、また愛おしくもある。

 

作者と同じように彼女の魅力と危うさに振り回されたまま、

 

最後まで連れて行かれた、という感じでした。

 

主人公である作者も劇団をを運営したり、放送作家として

 

ものすごい量の仕事をこなす中で劇団の女優に手を

 

つけたりなんだりで、その辺はすごくムチャクチャな中盤に

 

なっていくのですが、艶が酒で体を壊し始めたあたりから

 

物語は急展開を迎えます。

 

彼女が残した日記の中に記されてある文章から、

 

彼の知らないもうひとりの彼女の存在が浮かび上がってきて、

 

自分と彼女との25年間は一体なんだったのだろうか? 

 

そう自問自答する筆者。その姿がたまりませんでした。

 

そして、日記の中に破り捨てられたページがある箇所が

 

あって、物語の最後のほうでそれがわかるのですが、

 

彼女を形作ったある『できごと』がそこには記されていて…。

 

そうか…。こういうことがあったのかと作者と同じように

 

ショックを受けてしまいました。また、破った箇所を隠している

 

箇所がなんとも彼女らしくて、少し噴き出してしまいました。

 

ここに書かれてある男と女の姿はなんともむき出しで

 

生々しいんですけれど。ある程度年のいった人にこそ、

 

読んでほしいなと、切に願っております。

 

 

 

 

 

 

グッバイ艶グッバイ艶
1,620円
Amazon

 

 

 

人気ブログランキング←1クリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。