誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)

ブクログ ←ブクログはじめました!!



はてなブックマークはこちら。


私の読書メーターはこちら


私のメディアマーカーはこちら


私の「本が好き」はこちら 。 







気分しだいで読んだ本の感想がメインと


後は時事ネタやニュース関係を


引用しては垂れ流す。そんなブログです。


どうぞごゆっくりとしていってください。




<著作物など>



遠浅の海/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp


これは20~23歳までの間に書いた「半自伝」の小説です。


某サイトである時期まで無料公開しておりましたが、思うところがあって


単行本化し、「その後」のエピソードを追加しました。



生産性はなくても本は出せる/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

弊ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』


に掲載された記事を基に、


大幅な加筆訂正と書き下ろしの


記事を加えて単行本化したエッセイ集です。


タイトルの元になったものは


札幌に住んでいたとき、某就職職斡旋施設の


女性キャリアカウンセラーなる人物に言われた


『あなたには生産性というものが何一つない』


という言葉から来ております。


「機会があったらいつかこれをタイトルにして本を出してやろう」


という長年の夢がようやく叶いました。


ミギワノコトノハ ~Ver.2010~/有坂汀
¥価格不明
Amazon.co.jp

私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを


取捨選択した上で一冊にまとめてみました。




世間から遠く離れて/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

4冊目に上梓した拙著です。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp


『月刊群雛 (GunSu) 2015年 04月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン』


にて、『供犠を巡る物語』というタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に


ついての評論を掲載させていただきました。



月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~/日本独立作家同盟
¥価格不明
Amazon.co.jp

『月刊群雛 (GunSu) 2015年 06月号 ~


インディーズ作家を応援するマガジン ~ 』


にて、『二つの時代の罪と罰』というタイトルで日ロ双方で製作された


ドストエフスキー原作のドラマ版『罪と罰』についての評論を掲載させて


いただきました。ご笑覧を賜れば幸甚に思います。



ミギワノコトノハ~Ver.2011~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトノハ~Ver.2011~ 』


私、有坂汀のツイッターのうち、2011年につぶやいた


ツイートをまとめ、オリジナルコンテンツを加えた上で


書籍化した第2弾です。



ミギワノコトノハ ~Ver.2012~/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

『ミギワノコトハ~Ver.2012~』


6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私が


ツイッター上でつぶやいた「ツイート」を基に編集し、


更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。












よろしければどれかひとつを1クリックしてくださるとうれしいです。

アフィリエイト ブログランキング ドット ネット

NEW !
テーマ:
合計年齢が二人合わせて120歳。

新世紀ばかっぷる伝説の第1巻です。

美容整形のパイオニア、高須克弥先生と強烈な破壊力と

叙情溢れる筆致で大人気を博す漫画家、西原理恵子

両先生による規格外のおのろけ絵巻です。






「毎度毎度よくもまぁ…。」
本書の基になった小学館の『ビッグコミックスペリール』の連載の最後のページを読み終えたときは必ずそうつぶやいておりました。

この連載が始まった頃。高須先生が70歳のお誕生日を迎えたときに、僕は以下のようなメッセージを寄せました。
「改めまして、お誕生日おめでとうございます。高須先生。教祖様に『ダーリンは70歳』などで高須先生がどんな描かれ方をされても、先生に対する敬意はこれからも変わることはありません。今後も公私にわたってパワフルな高須先生であられることを心からお祈りしております。」
と。勿論、現在でも高須先生のことを尊敬しておりますが、それにしても・・・。

「ダーリン」が始まった当初から西原画伯のツイッターのTLをのぞくと、
「 うん。かっちゃんが頭かかえてる」(担当の八巻和弘氏も「担当もですw。」)
「わしのような偉い人が、、、と、かっちゃんがむせび泣いてまし。」
等のツイートが並び、「「スペリオール」誌上に「ダーリン」の漫画が掲載されるたびに高須先生の医師としての権威と人としての尊厳は暴落の一途をたどり、西原画伯のブログ『銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)』の2015年05月14日のエントリー「泣き入ってます」にいわく、

「本日はかっちゃんは美容外科のなんかの医師会。一番えらいワシ、えばるワシ、よきにはからえと、大殿様のワシ。ふとみんなを見渡すと「はい大殿様のおっしゃるとーり!」と頷きながら、クスクスクスクス笑ってる。良く見ると全員こちらを目配せしながら下で雑誌を回して読んでてそれはもちろんビックコミックスペリオール「ダーリンは70歳」回ってるのは、かっちゃんが間違えて私のピンクのパジャマをずっと着てた回か、それとも新幹線で私を喜ばそうと脱いで駅員さんに補導された回か、、、、「恥ずかしくってえええ!医師会抜け出してきちゃったよううう!」70歳かつや。なんぎやなぁ。」
とあり、それを初めて読んだときには僕も思わず涙ぐんだものでした。

さて、高須先生にとってありとあらゆる都合のよろしくない事が描かれた「ダーリン」が単行本化となって発売される「Xデー」は何と、高須先生御年71歳の誕生日である2016年1月22日。その直前に高須先生は自身のツイッターで
「発売されたらすぐに買い占めてやる!誰にも読ません。わしの・・・・❗(///∇///)恥ずかしい」
とツイートするも、Amazonの予約は先生の意思に反して一気に跳ね上がり、それを見た高須先生は
「恥ずかしいから買い占めて読ませないようにするとツイートしたらAmazonの予約が一気に増加❗どうしたら情報隠蔽できるんだ( ̄□ ̄;)!!」
とさらにドツボにはまっておりました。そして誕生日(発売日)の当日、僕は高須先生に
「高須先生。お誕生日おめでとうございます。先生にとって今年の誕生日は『Xデー』なのかもしれませんが・・・。これからも世界を股にかけたご活躍を心から祈念いたしますと共に、西原画伯とのことは薄目を開けて生暖かい眼差しで見守りつつ、馬に蹴られて死なない程度に茶化すことをお許しください。」
とメッセージを送ってみましたが、それが少しでも慰みとなって頂ければ…。

しかし、いざ単行本が発売されるや否や高須先生は感想ツイートを往年の高橋名人をほうふつとさせるようなリツイートの連打連打で、僕も高須先生に
「高須先生の最近のTLで『ダーリンは70歳』の感想ツイートを積極的にRTされているのを拝見させていただくたびに「包皇」の重責と過酷さを感じずにはいられません。」
と話しかけたところ。なんと「包皇」こと高須先生から直々に
「教祖の福音書を買え。包皇 印」
と直々の拝命を頂き、早速購入して
「とうとう買ってしまった…。西原理恵子画伯の『ダーリンは70歳』「堪えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」TL上に感想ツイートを積極的にRTしている「包皇」こと高須先生直々に「教祖の福音書を買え。包皇 印」と下知があればそうするしかない。」
と画像つきでツイートすると、なんと西原・高須両先生からリツイートをいただき、瞬く間に拡散する仕儀と相成ったのでした。

展開されている二人の恋愛模様はまぁかくも規格外なものでまずページを開いて迎えるのはモンゴルは朝青龍の所に行った際に来た民族衣装を着た(恐らくは婚礼用と思われる)西原・高須両先生のド迫力の2ショットです。

第1回の最初のコマは
「高須克弥は改造人間である」
と説明がついた2枚の写真で全身整形をする前と後の写真が掲載されており、骨盤を顎に移植する世界初の手術を行い、ベッドでの「格闘」の様子を回診に来た昭和医科大学医学部の教授以下研修医たちにさらされたかと思えば、世界的に偉くなっても酔っぱらった西原画伯を自分のホテルの部屋まで連れて行っては開放し、
「70歳ワシこんなに偉くなって 飲まれて食われて抱かれる日々」
を嘆くのです。

かと思えば、出家をして僧籍を取り、西原画伯を伴って訪れたエジプトで開眼し
「私の金で 私だけが永遠に讃えられるために」
との理由(これはビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどの世界的な大富豪もほぼ同様の理由で自らの財団を設立している)で帰国後すぐに『高須克弥記念財団』『一般財団法人 かっちゃん基金』を設立し、自分の膨大な資産を社会還元に使い始めていくのです。

そんな高須&西原両先生が降り立った地はインドはチベット亡命政府のある地。ダラムマサラ。自身も浄土真宗の僧侶である高須先生が尊敬してやまないダライ・ラマ猊下のもとでした。かの地では学校を建て、生徒のために多額の寄付をし、医師を志す優秀な学生を援助すると申し出、ダライ・ラマ14世猊下へと謁見を果たしたのでした。

さらに、高須先生がかの世界的な秘密結社、フリーメイソンのメンバーであることが明かされるのです。しかし、そのことを西原画伯によって暴露された高須先生はロッジのグランドマスターに受ける予定だったメイソンの昇任試験の問題を「特別仕様」にされてしまうも、大学受験から医師の国家試験までを乗り切った驚異的な記憶力で難なく突破してしまうのです。実は、その「一夜漬け」の前日、僕は高須先生とツイッター上でやりとりをしたことがあり、それは以下のもので
「『イラスト図解 フリーメイソン』と言う本を読んでいたのですが、先生が「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」の5つの基本理念を忠実に実行されていることがよくわかりました。"」
すると高須先生からは
「明朝、えらいひとになる試験。一夜漬け中なう"」
とのことで
「あぁ。あの時の話か…。」
と掲載された「ダーリン」を読んだときにしみじみと思ったものでした。

思い出の地である長野県は白馬山頂へヘリを用いて10分で徒長したり(このときの高須先生のいでたちはシャア・アズナブルを意識しているのかと思っていた)、砂かぶり席、通称「相撲を見るより俺を見ろ席」でペアルックで相撲を鑑賞したかと思えば、モンゴルはウランバートルにまで赴いて朝青龍歓迎のもと「ナーダム祭り」を鑑賞したりとまさに「規格外」そのものの二人ですが、二人の仲がこじれたときの高須先生がこれまた素晴らしく、
「ボクを理解してよ…」
「教えて 直すから」
などの愛の言葉を切々と説く姿にも、きゅんとされる方が多いのかもしれません。

そして、個人的に最大のハイライトは高須先生が常宿としているニューオータニにて、高須先生が西原画伯と間違えてズボンとパッチを降ろして出迎えたのがなんと、若い女性のコンシェルジュ。彼女は「あたかも何事もなかったかのごとく」
用事を済ませて帰ったのですが(この事実が西原画伯によって暴露されるまでホテル側からの「内部告発」がなかったことで逆説的にニューオータニが一流ホテルであることを証明したと思っている)、高須先生にとっては人生で最大級の「屈辱」であったらしく西原画伯に
「もうダメだ 死にたい」
と送ったことも有名な話と相成ってしまいました。

後日、この件で僕はこんなツイートをすると
「『ダーリンは70歳』より。僕が知る限り高須先生が人生の中で「死にたい」とまで漏らした局面は二つ。一つ目は常宿のホテルで若い女性コンシェルジュに粗相をやらかしてしまったとき。そしてもう一つはバブルが崩壊して100億の借金を背負ってしまったとき。 #ダーリンは70歳」
なんと高須先生から以下のような長文のクレームがツイッターで送られてまいりました(しかもフィリピンからフリーメイソンの大きな会議中に!!)。
「百億程度の借金では死にたくなりません(笑)バブルが崩壊したのはバブル仲間もみな同じです。この世で起こったことはこの世で解決できます。かならず僕だけは浮上する自信がありました。そのとき、一年間の医師免許停止と追徴金8億円と罰金が2億円来ましたがその程度のことで僕が「死にたい」とは思いません(笑) 医師免許停止中は厚生省の管轄の及ばない諸国で腕を研き人脈を広げました。おかげで2001年、現役復帰と同時に国際美容外科学会会長に選出され、あとは順風満帆。人生全て塞翁が馬(笑)しかし、西原理恵子のマンガ「ダーリンは70才」は本当に「死にたい❗」ような屈辱的な描写が沢山でてきます。読まないでほしいです」
と。すぐに僕は
「高須先生じきじきの、それも長文にわたる真摯なご返答有難うございました。まだまだ先生に対するご理解が浅かったようです。反省します。」
と謝罪と反省を申し入れ、何とか事なきを得ましたが、これもSNSが普及したならではの「現象」なのでしょう。

自分の人生でなすべきことをなし終え、後は西原画伯との愛に生きる―。西原画伯の破滅的なギャグによって描かれたい放題に描かれている高須先生ですがその「覚悟」を本書では痛感するとともに、西原画伯もそれに寄り添っていく。そんな「決意」を感じさせてくれる一冊でした。

※なお、文集で引用されている西原・高須両先生と僕のやり取りはあらかじめ許可をいただいた上で掲載させて頂いております。






ダーリンは70歳 (コミックス単行本)/小学館
¥1,080
Amazon.co.jp

人気ブログランキング ←1クリックお願いします。
AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。