1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-28 16:59:31

L.Aでライティングキャンプ Day5 & Summary

テーマ:LATKO.

In fact

 

最初はDay5は予定されてなかった

 

だけど

 

L.Aのクリエイターの参加希望が多かったし

 

せっかくだからって・・・

 

オレはもろもろスケジュール変更できず

 

午前中の飛行機で帰国

 

まぁ仕方ない!

 

キャンプは続行

 

オレは立ち会えなかったけど

 

あとからきいた感じは良かったみたい!

 

Can't wait listning these songs

 

ところで この朝 

寝坊 渋滞 飛行機ギリギリ 焦る

こんどはちゃんとしよう!

 

 

という感じで5日間のキャンプ終了!

初めてL.Aでのキャンプを企画

どうなるかと思ったけど

最初にしては素晴らしいキャンプだった

 

日本ともヨーロッパとも全然違ったし

世界のトップクリエイターたちとできたこと

今までにない経験だったし 

エキサイティングだった 

何よりも

Now I can see the NEXT

 

これから

もっともっとカッコイイ音楽をクリエイトする

場所

作っていきたい!

クリエイションとアーティストを繋げて

届けたい!

 

そのためにも日本人クリエイターに

世界中で活躍してほしい

そのためにどんどん世界に出て行ってほしい

今回 

その手助けくらいならできるかもって思えた

 

それにL.Aにいるクリエイターたちにも

もっと日本のこと知ってもらいいたね

そうだ

こんどは彼らを日本に呼んでキャンプしよう!

日本のアーティストとA&Rよんでさ

sounds exciting, right?

 

まぁ

出来上がってくる曲を聴きつつ

今後のこと考えるわ

So take care

and

LIVEN IT UP!!!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-22 09:58:48

L.Aでライティングキャンプ Day4

テーマ:LATKO.

13時

 

今日はクリエイターが1人いないので

 

オレもクリエイターとして参加。

 

Adamは何度かあったことあるトラックメイカー

 

Jessie PolandはCharlotte Sometimesとして

オーディション番組のVoiceなどにも出演していた

女性トップライナー

最近はLacesとしてアーティストとしても活躍している

 

さて、さっそくセッションを始めよう!

 

ターゲットは決まっているので2人に

アーティストオ歌声や世界観をチェックしてもらう

 

ギターでコードを提案

4コード

シンプルに頭からケツまでこれで!

 

2人とも

No questionで

OKって感じ

 

Adamがキックとコードだけ打ち込む

それに併せてJessieが歌い出すVerse

 

いくつかのアイデアを聴きながらも

1発目のメロディが一番いい

 

細かいところをブラッシュアップしつつも

pre-chorus

これもいくつか聴きながらも

最初に出てくるやつがバチっとくる

 

ここ何日かセッションをみていると

トップライナーのアイデア管理が素晴らしい

自分で歌いつつもiPoneで録音

ちょっとしたアイデアもしっかりとメモリして 

もどりたいときに直ぐもどれる

「あれ、なんだったっけ?」

みたいな無駄な脳ミソと時間を使うことがない

Jessieも漏れなくハイスキル

どうやって管理しているか分からないけど

 

アイデア出しと管理

日本のトップライナーには見習ってほしい。

 

大サビにはコード進行も含め議論して

メロディはフィックス

 

そこからJessieはリリックへ

女性の精神的な世界

悩める女子

ここから男2人はあまり役立たない

もちろんアイデアを出すがすぐに却下か

よけいにJessieを悩ます結果に

 

なんどかJessieからは

「日本人はこれをどう思う?」

的な質問があったから

 

Forget about Japanese audience,

Just Be your self!!

 

と言ってあげる。

これが一番役に立った感じ(笑)

そして1時間ほどそっとして1人にしておく

 

出来上がったリリックをみると

最初に見たものとは全く別物

だけど

こっちのほうが全然良くなった・・自然!

 

歌、録っちゃおう!

 

ブースの中の彼女は最高

声のアティチュード

超アーティストだけど彼女のままでバッチリ

 

コーラスはどうする?っていうから

 

the main is gorgeous, so no need choruses

 

メーンが素晴らしいからこれだけでいい!

Finito

あとはAdamが持ち帰って仕上げる

 

セッション中からAdamが卓球ができるか?

って何度もきいてくる

スタジオの外にある卓球台で勝負したいらしい

オレもかなり腕に自信あり

Uberを待つ間の11分勝負

ハイレベルなラリーに通りがかりのアメリカ人も

驚愕(笑)

結果、僅差でオレが負けた(負けてやった)。。

Adamどや顔(笑)

 

この後、ビール飲みながら

LATKO.全体ミーティング

 

そしてMs.OOJAのL.Aライブ!

なんだか懐かしい気持ちが湧いてくる

楽しい!

 

Ms.OOJAのヒット曲『Be...』の作曲者であり

『コーライテインングの教科書(伊藤涼著)』にも協力

古くからの友人であり

現在L.A在住のグラミー作家

Alex Geringas

も駆けつけた。

5、6年ぶりにL.Aで会えるのなんて!

 

L.A

 

初めてなのに

 

こんなに庭のように思える街

 

最高!!

 

久々にビールたくさん飲んだ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-19 15:39:00

L.Aでライティングキャンプ Day3

テーマ:LATKO.

 

13時スタジオにIN

 

Ryosuke Dr.R Sakaiチーム

 

イイ感じに歌入れしてる!

 

もうひとつのスタジオもいい感じで

 

コミニケーションしていて雰囲気がいい!

 

やること無さそうなんでこっちの出版社と

 

オシャベリ。

 

そろそろ

もうひとつの外スタジオに行こうとしたら・・・

 

Ms.OOJAがVenice Beach近くまで

 

エビ

 

SHRIMP

 

食べに行くとな!!

 

はいはい、オレも行く!

 

ってことでLA名物 TRAFFIC JAMに突っ込む!

 

1時間半かけて

 

KILLER SHRIMP

 

LAの空、SUNSHINE、潮風、そして

 

エビとロブスターとBEERって

最高!

 

このあと

またTRAFFIC JAMをなんなく乗りこなし

 

明日のライブのリハーサル。

 

部外者だけどエビの流れでついて行くオレ

部外者なのにユルいギターリストを叱る(笑)

その後、流れでみんなで飲みに行く

ヒロイズムもスタジオ終わりで合流

L.AのシャレオツなBARで楽しく飲む!

楽しい

だけど

だけど

明日もあるんで解散!

 

今夜からホテル暮らし、バタンキュー!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-19 09:04:38

作詞家へ、12期の募集開始!

テーマ:リリック・ラボ

リリックラボの12期募集はじめました。

 

1月からです。

 

これからは

 

コーライティングで活躍できる作詞家を

 

どんどん育てたい

 

コーライティングできる環境も作っていきたいも

 

ちろんコンペに参加するのもいいけど

 

結局はディレクターに名前を覚えてもらわない限り

 

ワンショットに変わりない

 

チャンスこそ第一歩!

 

リリックラボの申し込み詳細は以下のリンクから

https://www.facebook.com/lyric.laboratory/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-15 08:43:01

L.Aでライティングキャンプ Day2

テーマ:LATKO.

5時 起床

デスクワーク

朝ごはん食べたりおしゃべり、なんだかんだ

 

10時 ヒロイズムのスタジオの壁素材など運び込まれる

そう実は今日、ヒロイズムのスタジオ完成予定日

 

11時 工事スタート

吸音パネルや遮音カーテンの配置とか確認&指示

 

13時 ヒロイズムはスタジオに出発

オレは残って工事を監督(ってかほとんど見てるだけ)

 

15時 ひとチーム方向性で迷っているということで連絡あり

テキストでやりとりしつつも向こうの不安感が伝わってくる

ってことで工事スタッフを残しスタジオに向かう

 

OK I'm in, what's up!!

スタジオ内の空気・・・

重(笑)

 

イメージをつたえトップライナーの女性に歌わせる

だけどトラックメーカーが断片的な音をだして

トラックを弄る

メロディを考えたくても邪魔、ウルサスギ!

ここはトップライナーに歌わせたい時

 

Stop doing tracks.

I want her singing for now!

もう一人にギターで伴奏させつつ

彼女に歌わせる

あまりいいメロディが出てこないけど

少しづつ気分も上がってくる

Jam!

 

イメージ大事

ディレクション大事

 

才能があるクリエイターが集まっても

いい空気じゃないと生まれてこない 

 

音楽

 

楽しくやるの大事

 

せっかく人が集まってやってるんだし

 

そういう意味ではRyosuke Dr.R Sakaiのチーム

いつもいいテンションで楽しそう!

無駄にダラダラやらないでメリハリがある

何よりも良い空気が曲に表れている

 

19時 ヒロイズム、Steve、Lyreチーム

車で30分、住宅街の中

着いたらほぼ完成していて聴かせてもらう

イケてるスタジオ

低音がクル

曲も良い感じでHip

 

Steveのスタジオの近所でディナー

ちょっとセレブなアメリカン料理

メニューに「Albacore」と・・・

聞いたことない単語

ウェイトレスに聞くとTunaだという

調べると、ビンナガマグロだって

オレ以外の二人は巨大なHamburger

重たすぎw

オレはAlbacore Staek

口に美味し、腹にナイスチョイスだった!

 

ヒロイズムの家に帰るとスタジオができている。

真っ白

ブルーライト

 

まるで

SENSATION

 

広ずぎた空間もちょうど心地いい感じに

音も締まった

 

何よりもカッコイイ

こっからヒット曲、どんどん出してほしい

USのチャートを賑わすようなやつ(笑)

 

あまりにスタジオが心地よくて夜中2時まで

ビール飲みながら音楽聞いてCHILL

Bye-bye Jat Lag!!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-11 20:07:58

L.Aでライティングキャンプ Day1-2

テーマ:LATKO.

16時から外のスタジオへ移動。

Uberデビュー!

30分ほどのドライブで断崖絶壁に立つ木造の小屋。

軋む床板・・・・(怖)

L.Aを一望できるのは最高なんだけど

 

到着すると4人の男女がワイワイと(笑)

だけど、ちょっと思ってたのとは違うテイストの曲

これはこれでいいけど・・・

ちょっと求められているものとは違うかも。

 

そういうと、ふてくされる女子1名

サングラス掛けてスタジオを出る。

もう一人の女子は悔しかったらしく

じゃぁどんなのが欲しいの?と詰め寄ってくる

さすがアグレッシブなL.A女子

 

ってことでもう1曲作ることに。

オレが持っているイメージを伝える。

Youtubeでリファレンスを観せようとするけど、

なかなかこっちじゃ観れない日本のMV。

それにUSのトレンドと日本のアーティスト、

求めるものにギャップがあるから・・・難しい

 

結局、いろいろな音源を聴きながら

スクラッチとなるトラックを作ってメロディを練り始める

ふてくされていた女子も帰ってきて参加

前向きに作ってる皆をみて彼女もテンション回復。

っていうか一番ノリノリ(笑)

この女子2人の引き出しの多さ、スピード、

歌&RAPもイケイケ

溢れ出てくるアイデア、良いと思ったものを拾い上げる。

ダメなものはNO、良いものはGREAT!

メロと同時にリリックもついてくる。

 

Okey, I think we have all, so let's record it

 

Girls sing.

 

Thirty seconds, done!

 

気づいたら19時

Uber来るまで11分

L.Aの夜景を眺ながらChat

よくしゃべる女子2人

女子高生か!!!(笑)

Take pics

 

まさかのUberがキャンセル

絶壁に怖気ついたらしい(笑)

RIO君の車で街までおろしてもらってUber呼びなおし

 

ヒロイズムと連絡とると、ちょうどあっちも終わった

腹減ったんで待ち合わせてディナーすることに

 

21時

鼎泰豊(ディンタイフォン)に滑り込む。

台湾料理の超有名店、日本にもあるけど

噂によると日本よりもこっちのほう美味いらしい

たぶんホント

マジでうまかった。

頼み過ぎた分はDoggie Bag,, Ofcourse

 

What a day, great people, good songs, and yum foods

23時ヒロイズム宅 feel a jet lag still 就寝

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-11 17:28:27

L.Aでライティングキャンプ Day1-1

テーマ:LATKO.

10月3日

 

朝3時に起床、ジェットラグは想定範囲。

どうってことないぜ(笑)

暗いうちに溜まったデスクワーク。

これも日本にいるときと同じだからルーティンルーティン。

 

8時くらいにはヒロイズムも起きてきて

昼前にはスタジオに出発、フリーウェイで30分くらい。

オープンカー、ドライな風、サンシャイン、マジ喉が渇く!

 

早めのランチにIn-N-Outでハンバーガー食べてからスタジオイン。

Ryosuke Dr.R Sakaiと合流、What' up!

そこでMs.OOJAとヒロイズムのファーストコンタクト

この2人は2012年のヒットソング「Be...」で共演しているけと、

逢うのはこれが初めて。

オレと彼女も共通の友達がいたのでなんとなくはお互い知ってた

だけど逢うのは初めて

CREA WEBのコラムで彼女の最新シングル曲について書いてたのを

知っていて、良い記事だったと盛んにいってた(笑)

 

この後はヒロイズムとRyosuke Dr.R Sakaiは別々のチームに

分かれてライティングをスタート。

オレはクリエイティブディレクターっていう立ち位置で各スタジオを

回って意見したりアドバイスしたりアイデア出したり

こっちの出版社と打ち合わせしたり.etc

 

やっぱこっちのクリエイターのスキルの高さ

もちろんUSトップチャートに名前を連ねるだけあって

いままで多くのコーライティングを見てきたけど、間違いなく最高!

それにコーライティングそのものがイキイキしていて

最高の素材が最高のシェフによって料理されていく感じ

それにまったく引けを取らないヒロイズムとRyosuke Dr.R Sakai

もちろんメロディやトラックもなんだけど

 

ディレクション力!!!!!

 

揺るぎないイメージ、それにしっかりとみんなを導いていく

言語とか人種とか音楽性とかを超えていく瞬間

ケミストリーを起こすマジックを持っている2人は

 

L.Aでもカッコイイ!

 

まだ最終の音源は聴けてないけど、

初日から凄いサウンドが生まれてたのは間違いない!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-11 12:43:13

L.Aでライティングキャンプ Day0

テーマ:LATKO.

 

L.Aで初のライティングキャンプを開催したんだけど、

まずはシンプルに“L.A最高”だった!

 

キャンプは10月3日~7日の日程。

その様子をさかのぼってブログにまとめてみようと思う。

 

L.Aは12歳のころに一度行ったっきりで、久々というか

初上陸って言ってもいいほどの遠い記憶。

 

10月2日

 

成田から9時間、ほど良い疲労とともに陽の高いL.Aにランディング。

しかし、入国審査でいきなり足止め、意味なく4時間待たされた。

名前呼ばれて「もう行っていいよ!」って・・・・ムカつく(怒)

 

ヒロイズムが空港まで迎えに来てくれてて、4時間待たせちゃった。

So sorry!

オープンカー、ドライな風、サンシャインがマブイ!!

ってかサングラス忘れた・・・(汗)

とりあえずサングラスを買いにNordStrom、

125ドルの値札のついたサングラス、会計したら21ドルだった。

もうけ!

 

この日はスーパーマーケットに寄った後にヒロイズム宅に直行。

ステキすぎるアメリカンハウス、家族とプールサイドでディナー。

ちょっとビール飲んで、久々の再会に花を咲かす。

って言っても2か月ちょいぶりの再会だけど(笑)。

 

疲労、時差ボケ、ビール3杯、10時に就寝。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-03 10:52:37

フワリ確認デモの未来

テーマ:リリック・ラボ

 ここ数年、歌詞コンペにフワリ(譜割り)を確認するための音源を求められることが多くなった。発注書に歌詞をつける曲の音源が添付されているんだけど、それと一緒にインスト(カラオケ)も一緒に送られてくる。そして可能な限りそれにフワリが確認できるようなボーカルを録ってくださいと。最初は正直、

 

そこまで作詞家に求めるか!?(怒)

 

という想いだった。作詞家は言葉を扱う仕事であって音楽家ではない。音符を読めなくても、DAWができなくても、歌うことができなくても詞はかける。はじまりは5年ほど前くらい、海外の英語で歌われているデモ音源に対して日本語の歌詞をつけた場合、ディレクターサイドは歌詞は良いけどフワリがわからない。そこで、それを確かめるために作詞家にフワリを確認するためだった。もっと前ならディレクターと作詞家が膝を突き合わせフワリを確認したり、プリプロや仮歌レコーディングに作詞家が立ち会えばよかった。でも今はそんなことにお金と時間をかけない。こうしてフワリ確認デモが作れない作詞家は戦線(少なくともフワリ確認デモを求められるコンペからは)を離脱していくことになる。そして今、フワリ確認デモを求められる作詞コンペは増えている。

 

しかし後ろ向きな話ばかりではない。FKD(ここから突然DAIGO)があることで作詞家のクリエイティブは広がった。音符や英語のニュアンスに縛られることなく自分がイメージするようなフワリにトライできる。日本語の歌いまわしにはいろいろあるわけで、特にB.M(ビフォーミスチル)A.M(アフターミスチル)があるように時代によっても変わるもの。それを音符だけで表現するのは難しい。ということで作詞家もDAWや歌、レコーディングを屈指すればより作詞家がイメージするクリエイティビティが表現・伝達できるようになるのだ。

 

事実、採用を勝ち取る作詞家にはFKDを上手につかい、英語では出せないような日本語のニュアンスや、音符では表現できないラップやセリフや掛け声、そしてフワリを表現している人が多い。作曲のコンペに完成形に限りなく近いデモ音源を求められるようになったのと同じように、作詞にもそれが求められている。DAWや歌の練習を始めるのもいいけど、できないことは人にお願いしてしまってもいい。とにかく、勝つために出来ることをする。

 

FKDをください!と言われなくても用意するのが当然、そういう時代がそこまで来ていることを作詞家のみなさんは知っておくべきだ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-06 13:40:22

時代の音楽を作るトレンドセッター

テーマ:コーライティングの教科書
音楽業界に入ってもう少しで15年。JEに入ったばかりの時は毎日スタジオに通って、今から考えるとかなりアナログなレコーディングをしていた。アナログっていうのも悪い意味じゃなくて、しかも本当の意味でアナログでもなくて。当時はかなり製作費も使わせてもらっていたからスタジオにミュージックマンたちを集めてあーだこーだ言って朝方まで音楽作っていた。JEを退社した2009年には音楽の作り方はかなり変わっていたと思う。とは言え、自分の制作スタイルは貫いていたつもりだったので、その時はその変化を実感できないでいた。

フリーのプロデューサーになって感じたのは、オレはもうレコーディング会社の人間じゃないこと。立場が違う。楽曲も、予算も、最終の形態も、その他もろもろ楽曲を世に出すにあたって何も決められない。そのかわりと言っちゃなんだが、音楽をゼロから作ることができる。現場に近くなったことでよりクリエイティブな脳を動かせて、ゼロから音楽を作ることができるのは楽しいってこと。

ところが今、ゼロから音楽を作るクリエイターにハイクオリティなものを求められるようになってきた。ハイクオリティなものとは、つまりは完成形に近い音源で、このままリリースしても良いというくらいのレベル。言ってみればディレクターに提出するときには、アーティストさんのレコーディングの時だけスタジオに入ってください。いやむしろ、ボーカルディレクションもしましょうか?ミックスもこっちでしましょうか?ってレベル。最近の楽曲コンペって、いい楽曲との出逢いもあるけど、どこに制作の仕事を振れるかっていうチーム選びのためのコンペみたいなところもある。だから一度採用になると次からはかなりのアドバンテージをもって楽曲作りが始められる。

レコード会社は15年前とは比べ物にならないくらい製作費がないことは確か。だから彼らは良いチームに丸ごと振って少ないバジェットでハイクオリティなものを作りたい。わがままな要望だけど、それに応えるのがクリエイターたちの役目。メロディ、歌、歌詞、トラック、世界観、サウンドを兼ね備えることが必要だし、そこにビジネスやブランディング、先見の目までも持ち合わせることが必要。結果その時代の音楽を作るチーム、トレンドセッターになっていくんだと思う。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。