平野博文官房長官は13日午後の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が消費税などの増税を掲げて次期衆院選に臨むべきだと語ったことについて、「時期尚早の議論だ」と述べ、現時点での増税論議に否定的な考えを示した。
 平野長官は、消費税引き上げの議論に入れば「無駄遣いをいかになくしていくかというエネルギーが途中で止まる」と指摘。「議論まですべきではないとは言わないが、(争点に)掲げて戦いますという議論は時期尚早だ」と強調した。 

橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
日航など計10便が欠航=アイスランド火山噴火(時事通信)
<足利事件>菅家さんの選挙権回復 10年ぶりに名簿登録(毎日新聞)
<大崎市長選>現職の伊藤氏が再選 宮城(毎日新聞)
<老後資金>日本人の4割が準備せず 1万人ネット調査(毎日新聞)
AD