売上げを伸ばす方法

30年以上食品チェーン店の販促・営業企画を担当して全店を地域一番店に成長させるお手伝いをしてきました。販促ビジネス本はアマゾンや大手書店でランクイン。雑誌「月刊商業界」にも販促特集などを執筆しています。


テーマ:


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     売上げを伸ばす方法  
  
  2017/2/27 (第607号) 前沢しんじ      
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

★★【ニュース】 


●ホームページのアクセスで意外と多いのが、
「費用がかからず即効果がある!『筆で書く大型
POP広告』」です。

 

 

●販促顧問先の地元のスーパー様では大型のPO
P広告が効果を上げています。

大きな紙に筆とマーカーで書いたもので、だれで
もすぐ書けて、費用がかからず、効果があります。

書道やデザインの心得など必要ありません。いく
つかの簡単なコツを使えば誰でも書けます。

 

●「筆で描く大きなPOP広告」はこういうもの
です。 
http://maezawa-plan.jp/PDF/hudepop_matome1.pdf

けっこう大きいでしょ?
印刷したポスターや、POPライターがきれいに
書いたものより温かみや迫力がありませんか?

 


●さらに増えています(これでもまだ一部です)
http://maezawa-plan.jp/PDF/hudepop_matome.pdf

 

●「筆で描く大きなPOP広告」について色々な
サポートメニューを用意しています。


★セミナー講師
会社やお店単独、諸団体、商工会議所・商工会系
主催のセミナーの講師をお受けします。
詳しくは http://maezawa-plan.jp?p=633


★コンサルティング
企画から実際の制作までご指導します。個別になり
ますのでまずはお電話にてご連絡ください
080-1527-4080 


★制作承ります

(企画から制作までのオーダー)
「こういうものを売り込みたい」という商品と特
長などをFAXしていただき、案を作って見てい
ただき、制作します。
(料金税込送料込みで1枚9500円以上)
個別になりますので、まずはお電話にてご連絡く
ださい。080-1527-4080 


(制作のみのセミオーダー)
「こういうものを描いてほしい」とその内容をF
AXしていただき、制作します。
(料金税込送料込みで1枚5500円)
個別になりますので、まずはお電話にてご連絡く
ださい。080-1527-4080 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★★【ここから本文】


-------------------------------------------
「売上げ・客数・商圏・お客様について知る」
-------------------------------------------

●自店が現在どういう状況なのかを知るためには
いくつかの調査が必要です。


1・売上げと客数の調査
2・ABC分析
3・商圏調査
4・お客様の生の声を聞く
5・我が店の長所・得意分野を知る

 

-------------------------------------------
「4・お客様の生の声を聞く」シリーズ
-------------------------------------------


(その2)雑誌は情報の宝庫


テレビで放送された翌日から急に売れたり注文が
殺到したりということがよくあるように、テレビ
の威力は強大です。

テレビ放映された品で、自店で扱っている品はさ
っそく目立つ陳列やPOP掲示などの拡販対応を
すべきです。

しかしテレビの宣伝効果はどうも一時的なものが
多いようです。

筆者はむしろ雑誌の情報を重要視しています。書
店でもコンビにでも雑誌の売場が大きくとられて
います。

自店の商品に関係がなくてもあらゆる雑誌をパラ
パラめくって見ませんか?面白い情報がいっぱい
です。

たとえば主婦向け雑誌が数多く出ていますが、内
容は料理をメインに、健康・ダイエット、生活の
知恵、お金のこと、収納、家事、洋裁、化粧、フ
ァッション、園芸、趣味、旅行、ペット、占い、
など幅広く掲載されています。

さらに投稿のコーナーには読者の声。またクルマ
の雑誌では若い人たちの流行や風俗がよく分かり
ますし、ファッション雑誌では服飾、雑貨、生活
などの最先端の情報が分かります。

この他、スポーツ、旅行、グルメ、インテリア、
あらゆる趣味、男性誌、女性誌など数多く刊行さ
れています。

いずれも商売のヒントが満載で、大いに参考にで
きるはずです。

 

 

 (今回ここまで)

 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●前沢しんじ【販促アドバイザー】経歴と著作
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山のスーパーオークワ販促チーフ、支店長を
経て、販促企画会社を起業。以来30年以上顧問先
の食品チェーン店などでさまざまな売上げ・利益
増加策を展開し地域一番店成長へ導いた。


得意分野は、販促キャンペーン(地域一番店戦略)、
ロス退治(利益増加戦略)、組織活性化(社内報と
会議を積極活用)


主な著作は、
ビジネス本「販促キャンペーン実践法」(同文舘
出版)や、雑誌「月刊商業界」にロス退治術や販
促事例について執筆多数。


メルマガは週2回配信で現在606号。ぜひご講読
ください(無料です)。
http://archives.mag2.com/0001196710/

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●講演・セミナー実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山県・三重県の顧問先の精肉チェーン店様で
は30年間に500回以上の社内会議・研修・セミナー
を実施。

その他、一部上場企業様、商工会議所様、商工会
議所青年部様、大手フランチャイズ加盟店様、大
阪・名古屋など各地税理士事務所様、和歌山県内
ローカルスーパー様、和歌山県内小売業様、自治
体・団体様など実績多数。


※講演セミナー実績について詳しくは
→ http://maezawa-plan.jp?p=384

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お気軽にお問い合わせください
 → マエザワプラン 前沢しんじ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでどうぞ maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     売上げを伸ばす方法  
  
  2017/2/25 (第606号) 前沢しんじ      
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

★★【ニュース】 


●最近「社内報」「社内広報」への問い合わせを
よくいただきます。今日も一件講演のお申し込み
がありました。


組織内の「情報共有」の重要性が求められている
んですね。企業は結局「人」に尽きますから。


私が専門にしているのは中小零細企業が手作りす
る社内報です。社長が一人で作る「社長レター」
から、従業員100人程度(もちろんそれ以上でも)
向けの「社内で作る社内報」です。

 

●「社内報作り」について色々なサポートメニュ
ーを用意しています

 

★セミナー講師
会社やお店単独、諸団体、商工会議所・商工会系
主催のセミナーの講師をお受けします。

 

★コンサルティング
企画から実際の制作までご指導します。

 

★社内報制作マニュアル販売
わかりやすく簡単に企画制作できるマニュアルを
制作中です。3月発売予定です。

 

↓↓↓↓

-------------------------------------------
●A4・1枚ものの「社長レター」
 のつくりかたをお教えします

 ⇒実習セミナー講師を承ります
 ⇒コンサルティングを承ります
 ⇒ガイドマニュアルを販売します(3月発売)
 ※詳しくは http://maezawa-plan.jp?p=979 
-------------------------------------------
●冊子型(ページもの)社内報
 のつくり方をお教えします

 ⇒セミナー講師を承ります
 ⇒コンサルティングも承ります
 ※詳しくは http://maezawa-plan.jp?p=995
-------------------------------------------

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★★【ここから本文】


-------------------------------------------
「売上げ・客数・商圏・お客様について知る」
-------------------------------------------

●自店が現在どういう状況なのかを知るためには
いくつかの調査が必要です。


1・売上げと客数の調査
2・ABC分析
3・商圏調査
4・お客様の生の声を聞く
5・我が店の長所・得意分野を知る

 

-------------------------------------------
今回から「4・お客様の生の声を聞く」です
-------------------------------------------

【4】現場の、お客様のナマの声を聞く(1)


経営は現場にすべての元がある。すべてのカギ
はお客様が握っている。それを知る。


これまで説明してきた

1・売上げと客数の調査
2・ABC分析
3・商圏調査 ・・・は、

出てきた数字の分析によって現状を知る方法で
すがそれはあくまで数字によるもの。


流通業に限らず製造業でもサービス業でもその
数字を作り出す主役はお客様です。つまり売り
の現場にすべてのカギがあるのです。


現代の変化のスピードは驚異的です。日進月歩
は昔の話で分進秒歩?ですかね。クルマはハイ
ブリッドから電気自動車が主流になるでしょう
しその先は水素で走る自動車が・・・
音楽の世界でもダウンロードして聞くのが当た
り前に。そのうち空気まで「販売」されるんじ
ゃないですかね。


そういう時代の流れはすべて消費生活者が作り
出しています。つまり売りの現場にこそ、売れ
る品のカギが隠されているのです。


ですから物売りにとって大切なことは、売りの
現場でいかにしてお客様の、あるいは従業員の、
ナマの声を取り上げて、それを生かすかという
ことです。


そこで今回から「お客様のナマの声を聞く」を
シリーズで書いていきます。

 

-------------------------------------------
■お客様の声を聞く (直接、間接に聞く)
-------------------------------------------


(1)メモをとる習慣【重要!】


全従業員がメモとペンを必ず持つ。メモは取り外
し式でポケットに入る小サイズ。メモ1件につき
紙一枚、ブロックメモのようなメモ専門の用紙が
使いやすい。一日が終わればはずして提出。店長
がチェックして整理する。


この場合、だれが提出したメモかがわかるように、
メモのすみにハンコを押させるなどすればよい。
   

すぐメモする習慣にする。例えばお客様から聞か
れたこと、要望、苦情、それにお褒めの言葉など。


お客様同士の会話で参考になること(ただし商品
やお店のことだけ。個人情報を盗聴するようなこ
とになってはいけない)。


こちらから話しかけて返ってきた反応。また自分
が思いついたこと。テレビや雑誌、新聞をみてい
て『これだ!』と思ったことなどをすぐメモする
習慣をつける。


アイデアは、仕事中はもちろん、車の中、トイレ
の中、歩いている時、ふとんの中、風呂の中、そ
れこそいろいろな所で出てくるものです。メモを
し忘れることは大きな損失になります。

 

店長はそれを集めて項目別に整理し、すべきこと
をチェックする。メモ提出者に返答すべきことは
返答する。


 

 (今回ここまで)

 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●前沢しんじ【販促アドバイザー】経歴と著作
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山のスーパーオークワ販促チーフ、支店長を
経て、販促企画会社を起業。以来30年以上顧問先
の食品チェーン店などでさまざまな売上げ・利益
増加策を展開し地域一番店成長へ導いた。


得意分野は、販促キャンペーン(地域一番店戦略)、
ロス退治(利益増加戦略)、組織活性化(社内報と
会議を積極活用)


主な著作は、
ビジネス本「販促キャンペーン実践法」(同文舘
出版)や、雑誌「月刊商業界」にロス退治術や販
促事例について執筆多数。


メルマガは週2回配信で現在593号。ぜひご講読
ください(無料です)。
http://archives.mag2.com/0001196710/

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●講演・セミナー実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山県・三重県の顧問先の精肉チェーン店様で
は30年間に500回以上の社内会議・研修・セミナー
を実施。

その他、一部上場企業様、商工会議所様、商工会
議所青年部様、大手フランチャイズ加盟店様、大
阪・名古屋など各地税理士事務所様、和歌山県内
ローカルスーパー様、和歌山県内小売業様、自治
体・団体様など実績多数。


※講演セミナー実績について詳しくは
→ http://maezawa-plan.jp?p=384

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お気軽にお問い合わせください
 → マエザワプラン 前沢しんじ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでどうぞ maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     売上げを伸ばす方法  
  
  2017/2/23 (第605号) 前沢しんじ      
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

★★【販促エッセイ】

 

今回は「ケンタッキーフライドチキン」のニュ
ースから。

 

(以下Yahooニュースから引用※要約)

 


●今では「ケンタッキーでクリスマス」はすっ
かり定着しましたがもともとそんな風習はアメ
リカにはなく、当時の社長がテレビ局の取材で、
リポーターが「アメリカでもこの時期には皆さん
フライドチキンを食べるのですか」と聞かれ、

「その通りです。これはアメリカの風習です!」

と意識して嘘を言ったということです。これが
きっかけで爆発的なブームとなったのです。

ブームになったとはいえパーティーにフライド
チキンだけでは物足りないので、ひらめいたの
が「パーティバーレル」。樽の容器の底にアイ
スクリーム、その上にサラダ、そして断熱の発
泡スチロールを入れてフライドチキン、最上に
ポテトを置きました。試行錯誤を重ね85年11月、
世に送り出し「ケンタッキーのクリスマス」の
決定版となりました。

 


(ここまで引用)

 

ということです。

 


-------------------------------------------

 

そうなんですよね。


ニーズは「そこにあるもの」ではなく、
「創るもの」なんです。

もともとバレンタインチョコだって、
どういう成り立ちやら・・

なんとかチョコレートを売る方法はないかなあ・・
と、ニーズをうまく創ったんじゃないですかね。
つまり新しいマーケットを創ったんですね。

いまある商品でも、
切り口を変えたり、打ち出し方を変えることで、
まったく新しいマーケットを創造できる可能性
があります。

筆者は30年以上ある食品製造小売りチェーンの
販促を担当してきましたが、
たとえば焼き肉を「焼肉」としてだけ売るのでなく
「野外バーベキューの楽しみ」として売り込み、
最盛期の8月にはチェーン店5店で月商1億を
売り上げました。

そういうニーズを創ると、
その分野で一番店になれるのです。
そしてそれで何年かは堅い売上げが見込めるのです。

売り込んでニーズを創る。
商売の鉄則です。

 


●詳しくは
↓↓↓↓


-------------------------------------------
★ノウハウ全体図「販促の地図」は
 http://maezawa-plan.jp?p=183

★売り込んでマーケットを作るマニュアルは
 http://maezawa-plan.jp?p=32

★売り込んでマーケットを作るセミナーは
 http://maezawa-plan.jp?p=259

★売り込んでマーケットを作る書籍は
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495596314

★販促アイデアセミナーは
 http://maezawa-plan.jp?p=285

★販促全体のコンサルティングは
 http://maezawa-plan.jp?p=724
-------------------------------------------

 


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★【ここから本文】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-------------------------------------------
「売上げ・客数・商圏・お客様について知る」
-------------------------------------------

●自店が現在どういう状況なのかを知るためには
いくつかの調査が必要です。

1・売上げと客数の調査
2・ABC分析
3・商圏調査
4・お客様の生の声を聞く
5・我が店の長所・得意分野を知る

 

-------------------------------------------
今回も「商圏調査」です
-------------------------------------------

お客様がどの地域から、どの広さから来てくれて
いるかを知るのが商圏調査。内容は・・


●「商圏調査って何?」
●「商圏調査の手順」
●「商圏分析」
●「商圏対策」


です

 

-------------------------------------------
■商圏対策
-------------------------------------------


基本的には売上げ分析、ABC分析などの対策と同
じように『競合店対策』や『商品力、販売力の
強化』などが中心となります。それと併せて商圏
対策ならではのポイントは、

 

前回まで・・
(1)地元型商圏は『足元は深く』
(2)広商圏型は『さらに広く』


今回は・

(3)地元型、広商圏型共通の商圏対策

・・・商圏の広さに関係なくお客様を呼ぶ。

   一例として、


●強力商品をつくる。


●商圏内の人口が増えている地域、また自店が弱
 い地域に集中して販促をかける。

   
●特売に力を入れる。
   

●改装する。  
   

●品揃えを増やす。
   

●駐車場を拡張する。
   

●時間延長する。
   

●新商品を出す。
   

●試食販売・試供品提供を行う


・・・などが考えられます。

 


高度のマーケティング理論では、もっと色々な
こと、つまり地域の消費者の特性・属性などを
細かく分析してより精密な市場戦略を実施・・
云々などとありますが、まずは自店のお客様が
どこから来ているのかを肌感覚で知る、という
のが一番大事で基本です。


商売というものは地を這うように地味な積み重
ねがモノをいいます。ひとつずつ、着実にやっ
ていきましょう。

 

 

 (今回ここまで)

 

 

-------------------------------------------
※この章の参考図表は 
http://maezawa-plan.jp/PDF/zuhyou_shouken.pdf
表1 来店調査表見本 地図見本
表2 来店調査表
-------------------------------------------

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●前沢しんじ【販促アドバイザー】経歴と著作
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山のスーパーオークワ販促チーフ、支店長を
経て、販促企画会社を起業。以来30年以上顧問先
の食品チェーン店などでさまざまな売上げ・利益
増加策を展開し地域一番店成長へ導いた。


得意分野は、販促キャンペーン(地域一番店戦略)、
ロス退治(利益増加戦略)、組織活性化(社内報と
会議を積極活用)


主な著作は、
ビジネス本「販促キャンペーン実践法」(同文舘
出版)や、雑誌「月刊商業界」にロス退治術や販
促事例について執筆多数。


メルマガは週2回配信で現在593号。ぜひご講読
ください(無料です)。
http://archives.mag2.com/0001196710/

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●講演・セミナー実績
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山県・三重県の顧問先の精肉チェーン店様で
は30年間に500回以上の社内会議・研修・セミナー
を実施。

その他、一部上場企業様、商工会議所様、商工会
議所青年部様、大手フランチャイズ加盟店様、大
阪・名古屋など各地税理士事務所様、和歌山県内
ローカルスーパー様、和歌山県内小売業様、自治
体・団体様など実績多数。


※講演セミナー実績について詳しくは
→ http://maezawa-plan.jp?p=384

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お気軽にお問い合わせください
 → マエザワプラン 前沢しんじ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでどうぞ maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。