大阪 心斎橋の健康から美容までトータルケアを行うまえだ鍼灸院のブログ

大阪の心斎橋で健康から美容までトータルケアを行うまえだ鍼灸院。ニキビケア、アンチエイジングのフェイシャル、ダイエット針、不妊や肩こり・生理痛の治療などを行ってます。健康、美容ネタ、癒し系ネタ、いろんなことを店長の松本美智子が綴ります


テーマ:

ちょっと前に、外部から先生をお招きして

 

セミナーを開いていただいた際、

 

皆様にも共通する部分に関しては

 

このブログ上でもお伝えしたんですが、

 

覚えていらっしゃいますか?

 

重要と緊急のお話。

 

お仕事を4つの領域に区分して

 

第一領域は緊急かつ重要なお仕事の領域。

 

まえだ鍼灸院ならお客様からクレームが

 

出てしまった、お灸をしている時に

 

お客様が熱いとおっしゃったなど。

 

緊急であり重要であるお仕事。

 

次、第二領域。

 

これは重要なんだけど緊急ではないお仕事。

 

例えばまえだ鍼灸院で店舗責任者でないスタッフなら

 

技術の習得やまだ技術に入れない、

 

受け付け業務しか行っていないスタッフの

 

技術面における教育など。

 

今日、明日、スグ必要ってわけじゃないけど

 

とっても重要ですよね。


 

次。第三領域は緊急だけど重要じゃないこと。

 

まえだ鍼灸院なら接客中のセールス電話などかな。

 

誰だか電話が鳴った状態なら判んないから、

 

緊急で出なきゃいけない。でもセールスなら重要ではないですよね。

 

最後第四領域、緊急でも重要でもないこと。

 

仕事中の雑談やネットサーフィンなど。

 

見てわかるように第一領域って絶対やらなきゃいけないこと。

 

それに対し第二領域は重要なんだけど緊急じゃないんで、

 

やらなきゃな・・・・・、

 

やらなくちゃダメだよな・・・、

 

いやいや、やれよっっっ!!、私(俺)。

 

なんて自分自身の中で葛藤しながら

 

もう一人の自分と会話してたりする領域。

 

解ってんだけど実はやってない・・・・ってことですよね。

第三領域は緊急なわりに重要じゃないので

 

他人事が入り込んだもの。

ここまで、以前のブログ通り。

 

でね、先日ネットで見た記事によると

一般的な企業がどれくらい、どのエリアに

 

充当しているのか・・・・?

 

第一領域、緊急かつ重要に25%から30%

 

第二領域、重要なんだけど緊急でないに15%

 

第三領域緊急なんだけど重要じゃないに50%から60%

 

第四領域緊急でも重要でもないにその残りのパーセント。

 

で、優秀と言われる企業に(企業人に)なるなら

 

どれくらいにする必要性があるのかというと、

第一領域25%から30%

 

第二領域65%から80%

 

第三領域15%

 

なんて・・・・・・!!第二領域の多いこと、多いこと。

そーなんですよね・・・・。

 

どんなポジションの人も第二領域って

 

めちゃくちゃ重要なことばかり・・・・・・。

・・・・・って、でも全然実際は実行できず・・・・。

 

なぜなのか・・・・?

 

第三領域、第一領域はどちらも緊急であるという

 

要素が共通します。

人は、基本的に、緊急なことに対しては

 

必ず反応するように出来てます。

 

簡単に反応できるんです。

ところが、重要だけれども

 

でも緊急じゃないよ・・・・ってことになると

 

途端に反応するのが難しくなっちゃうもんです。

 

つまり大きく意識的な部分を働かせなければ

 

行動できないんですよね。

 

「意識的」ってことはつまり

 

怖い上司や、口うるさいことを言ってくる

 

身内などからさえも、

 

何も言われていないにも関わらず

 

要するに、何もないところから自ら行動を起こさねば

 

ならないってこと。

 

む、難しい・・・・・・。

 

恐るべき第二領域。
 

第一領域、第三領域より難しい。

 

でも成果を上げるためには

 

第二領域をいかにやるか・・・・?

 

先輩方、上司に当たるポジションの方なら、

 

自分自身も動かしながら、

 

後輩、部下も動かさねばならない・・・・・!!

だって、極端に言えば第一と第三って、

 

誰でも出来るんですよね!?

 

第二領域をどれだけやるかで、


今後の発展に大きな差が出るんですよね!?

さぁ、皆様、第二領域に入るお仕事は何ですか?

 

今日、スグでなくても良いけど、

 

でも重要なこと、何ですか?


どうすれば、それに時間を注ぐことが出来ますか?
 

ブログ更新、ちょっと久しぶりでした。

 

これ、学生さんでも、子育て中の主婦の方でも

 

もちろんお勤めしてる人でも、

 

スタッフさん雇ってる、または会社経営してる人も、

 

部下・後輩の教育してる人も、

 

みんなに共通しますよね。

 

第二領域の難しさ・・・・・。

 

重要さ・・・・・・。

 

どうやったらそこに時間を注げますか?

 

どうやったら具体的に動き出しそうですか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、

 

「不満」ってありますか?

 

パートナーに対して、

 

職場に対して、

 

今の自分の境遇に関して。

 

そんな方にこの言葉、どうですか?

 

「不満は、事実を

 

解釈したものであって、

 

事実そのものではない」

 

どうでしょうか・・・・?

 

その不満、

 

事実ですか?

 

事実を解釈したものですか?

 

解釈ならば変えられるかもしれないですね。

 

今日も皆様が幸せでありますように・・・。

 

素敵な解釈が出来ますように・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あるお宅に巣作りをした

 

ツバメさんがいました。

 

そのお宅の飼い猫ちゃんが、

 

その巣を落としてしまいました。

 

親鳥は飛べるので無事逃げられたんですが、

 

まだ飛ぶことの出来ない雛鳥は一羽しか

 

生き残ることが出来ませんでした。

 

奇跡的に助かった雛鳥を何とか助けようと、

 

そのお宅の小学生だった子供さんは餌を与えるために

 

一生懸命虫を探しますが、

 

中々うまくいきません。やっぱり当然ですよね。

 

で、ある人が殺虫剤を作ってる会社さんなら、

 

実験用で虫を飼育してるところがあるらしいよと

 

教えてくれました。

 

会社に電話して、

 

「虫を買いたいんです」

 

最初は怪訝そうなリアクションだった担当者も

 

小学生が一生懸命事情を話すものだから

 

「売ってあげよう。どれくらい必要?」

 

「でも、きっと一気に売ってしまっては

 

腐ってしまう。さなぎの状態で

 

渡すから。さなぎの状態なら

 

一定の温度など条件を満たせば

 

ふ化させることが出来る。そうして

 

あげた方が良いよ」

 

と教えて頂けたそう。

 

一生懸命お礼を言って電話を切り、

 

言われた通りに雛鳥に与え続けたら

 

飛べるようにまで回復して

 

ある日、そのお宅から巣立っていったそうです。

 

そして、後日、

 

「さなぎの代金を払ってない!!」と気づき、

 

もう一度電話。

 

でも「代金はいいですよ。要らない」と。

 

「よかったね。頑張った甲斐があるね」と

 

褒められたそうです。

 

まだネットなどがあまり普及していない時代のお話で、

 

当時小学生だったからうまくお礼なども言えてなくて、

 

大人になった今、改めてお礼をきちんと伝えたいと思うけれども

 

会社名も電話番号も忘れてしまったそう。

 

ネットが普及した今、

 

色んな所から情報が集まり

 

「○○会社なら、本社が○○市だからそこなんじゃない?」

 

とか

 

「電話帳とかで調べて電話したはずだから□×が

 

先に出てくるからココにかけたんじゃない?」とか

 

色んな意見が出てるそうです。

 

心当たりのありそうな会社に電話して

 

その経緯を話すと

 

「苦情やクレームの電話を取ることはあっても

 

そのようなお電話は初めてです。

 

社内メールで回します」と。

 

確かに、人は文句を言う方が多いのかもしれない。

 

苦情処理係って言葉は聞いたことあるけれど、

 

感謝の気持ち受付係ってないですよね。

 

世の中、一杯いい話、あるのにね!!

 

皆様も誰かに感謝の気持ちがあれば

 

スグ、伝えてくださいね。

 

ネットが普及しようとも

 

生の人間の言葉にはかなわないですから。

 

今日も皆様が幸せでありますように・・・。

 

まえだ鍼灸院、まえだ鍼灸整骨院、

 

すべての店舗が元気に営業中です。

 

訪問看護事業も少しずつですが

 

動き出しました。

 

今日も幸せづくりのお仕事、

 

頑張ります!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)