薔薇 machaの旅の記録★一覧★


薔薇 Miracle Journeyとは?


薔薇30人女子出版プロジェクト プロジェクトリーダー/現在進行中ドキドキ

Facebookページ  いいね!をお願いいたします♪

ウェブサイト  いいね!をお願いいたします♪


薔薇 100人100旅 (旅本出版プロジェクト)

執筆書籍キラキラ100人100旅】 全国の書店や通販サイトで絶賛発売中♪

2009年12月、126人の旅人達により1冊の旅の本が出版されました。私も執筆者の一人です。

翌年には2冊目・3冊目が、そして2014年11月にはシリーズ9冊目が発売されましたキラキラ

※印税は全額、世界各地のボランティア団体等に寄付させて頂いております。


クローバー執筆した作品と自分のページのタイトルクローバー

 第1弾 126人でつくった旅の本 『自分の感覚を信じること』

 第4弾 地球に恋した旅人たち  『miracle haneymoon』

 第5弾 旅PHOTO~旅人からの贈り物~(ポストカード) 『あの日、この場所で。』

 第7弾 明日また旅に出たくなる100の話  『旅の途中』

 第8弾 そしてまた旅が始まる 『ラパ・ヌイからの贈り物』


  $Miracle Journey


薔薇 100人100旅特別企画 世界の料理ショー  中東・中米料理をご紹介

出演DVDキラキラ100人100旅 世界の料理ショー 発売中♪


薔薇 100人100犬(100人100旅姉妹プロジェクト) プロジェクトリーダーでした

執筆書籍キラキラ100人100犬 -100 dogs with 100 partners- も発売中♪



薔薇 おすすめ健康体操: チベット体操 インストラクター・DVD等のモデルをやっています

出演DVDキラキラチベット体操 ~若返りの儀式~ 絶賛発売中♪

出演書籍キラキラ若返りの秘儀 チベット体操 絶賛発売中♪

おススメ記事→ 代謝アップにチベット体操♪


薔薇 おすすめ健康施設: 陶板浴のぞみ (山梨県) 遠隔地スタッフです(笑)

陶板浴のぞみ 】でポカポカ&リラックス、万病の元・冷え対策をラブラブ

TV出演!!キラキラ陶板浴のぞみ×世界の写真展by macha

雑誌掲載!!キラキラ 陶板浴のぞみのブログ もよろしくねラブラブ

おススメ記事→ 陶板浴のぞみに行ってきました♪その2≪体験した方々の声≫


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月18日(水)

繰り返す夢の話~ウクライナ~ その2

テーマ:├明晰夢・予知夢・過去生

キラキラ前回のお話キラキラ
繰り返す夢の話~ウクライナ~ その1 
 
夢に出てきたドネツクという地名
世界報道写真展で見た灰色のドネツク
調べたらドネツクはウクライナの都市だった
 

ということで、
ウクライナと言えばの過去の予知夢のことを思い出したわけですが・・・
 
そのときのmixi日記を見てみたら、あれはもう10年も前のことでした。
※2007年06月16日のmixi日記/タイトル:【豪快な号外】ナターシャの謎
 
ちょうど、その頃出会ったある方々が、
「豪快な号外」という環境問題を取り上げたフリーペーパーを
3000万部作って配ろうというプロジェクト(てんつくマン主催)に参加していたことで
自分もそのフリーペーパーの存在を知った時期です。
 
そして、ちょうどその時期、スピリチュアル・エマージェンシーの自分的第三期(今のところこれが最後)で
サイキックオープ二ング的要素の強い段階だったこともあり
奇妙な体調不良・体調変化等を様々経過していました。
当時はスピリチュアル・エマージェンシーなどと言う概念は知らず
なんだこれ、どういうこと~~???あせるなことばかりでしたが。
 
その対処の1つとして、この時期はとある天然塩を結構な量水に溶かして飲むという
ミネラル補給+浄化を試みていたのですが(真似しないでくださいあせる)、これが物凄く気持ち悪い(;´Д`)ノ
一応、始めてしばらくは好転反応(浄化反応)で吐き気や下痢などが出ます、とは言われていることなので
まぁ仕方ないと思って耐えていたのですが。
(別の話でもチラッと書きましたが、当時、不可解な現象に対しても出来る限り自己解決に拘っていた私は
自分でできることは自分の責任の元いろいろと試していたのですね。)
 
ある日は仕事中気持ち悪すぎて、得意先の廊下のソファーでぐったり。
その場にいた当時の仕事の相方さんに心配される。
なんとかやりすごそうと呼吸を整え精神統一していると、
しばらくすると、全身が汗ばむくらいにものすごく熱くなる。これはこれで心配される。
しばらく熱感が続き、なんだこれ、なんだこれ!?と思う間に、
ぞわぞわぞわ~っと何かが身体から頭の上の方へ抜けていくではありませんか!((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

そのまま、熱さも気持ち悪さも抜けていきました。いろんな意味で、もぬけの殻。
「なんかとれたわ・・・」、そう思うしかないような体験です。
 
そんなことがこの頃は日常茶飯事でした(^_^;)
 
※その翌年くらいには、そんなこと(怪しげな不調和)があれば、
自分で、マントラ的音韻を降ろしながらエネルギー調整を行うことで
すぐに祓うことができるようになっていましたが、それについてはまたの機会に。

 
で、またある日、同じように気持ち悪く、この日は車中で休憩していました。
そこで、うつらうつらしながら見た、ちょっと気になる夢・・・。
 
薄暗い中、あたり一面の瓦礫の中を1人で歩く少女。
少女は茶髪~金髪で、白いワンピースのような服を着ている。
わたしはその少女のことをナターシャと何度も呼んでいた。
または、ここは曖昧なのだが、わたしが何度もナターシャと呼ばれていた気もする。
(つまり、わたしがその少女で、ナターシャと呼ばれていたのかもしれない)

 
「ナターシャ」という名前については、健在意識の私は初めて聞く名前で、もちろん知り合いもいないのですが
目覚めたときにもあまりにこの名前が焼きついている。
名前が具体的すぎてびっくりしたのと同時に、可愛い名前だな~なんだろな~と
無意識的に手帳にメモしたのです。
 
まっさらなページに一言、「ナターシャ?」と。
 

夢をメモるなんてこと普段しないのでその時点で何かがおかしかったのですが、
このメモを2日後に慌てて開くことになるとはこのとき思いもしませんでした・・・。
ちなみに、この夢は覚えている限りでは繰り返してはおらず、このとき見ただけです。
 
2日後。
刷り上がった「豪快な号外」を知り合い達が配るというので、もらうために高田馬場へ向かいました。
実はその知り合い達というのは、この時点ではまだ1度くらいしか会った事はなかったのですが
私の奇妙な体調不良・奇妙な現象の謎を解く鍵になるかも・・・と直観的に感じていたので
そんな方々の活動ということで興味を持ち、更に、恐る恐るではありますが、
直接取りに行くことでまた少し面識が深まるといいなぁという目的もありました。
(後に、この直観がある意味で正しかったと言えるような濃い繋がりとなっていきます)
 
無事に入手して、帰りの電車で早速読み始めました。
 
途中、目に付いた「言いだしっぺのひとりごと」というコラム。
 
そこを読み始めて、一瞬時が止まりました。
 
 
~~~チェルノブイリ原発事故で最も被害を受けたベラルーシ共和国の
医療支援をする中で、ナターシャという女性と出会った~~~

 
 
ん?ナターシャ?・・・なんだっけ?
 


・・・・ああああーーー!!!!(°д°;)
 
 
自分の手帳を広げる。
 
おとといのページを見る。
 
そこには自分で 「ナターシャ?」 って書いてある。
 
驚きすぎて、そのまま2駅乗り過ごしました(笑)
 
 
 
で、じゃあなんでウクライナなのかという話。
この「言いだしっぺのひとり言」のナターシャはベラルーシでしょ?
 
それは夢の中に理由がありました。
ナターシャがいたのは一面瓦礫の場所。
 
ウクライナのチェルノブイリ原発事故で、ベラルーシも酷く汚染はされたにせよ
隣の国が一面瓦礫になるということはまずないでしょう。
 
じゃあ、あれは原発のもっと近く?てことはウクライナなんじゃないか。
 
正直、原発付近という感じがしたわけではなかったのですが、ぼんやりと、
わたしの中ではナターシャがいたのはなぜかウクライナ、ということになっていたのです。
 
 
そして、前回の記事にリンクを貼ったこちらのサイトの写真を見てはっとしました。
激しい戦闘により穴だらけとなったウクライナ、ドネツク国際空港廃墟
 
 
 
夢の中の瓦礫の感じに近い。
夢の中のナターシャがいたのは原発じゃなくて戦闘の跡か・・・・

 
 
だとしたら、10年前のナターシャの夢は
豪快な号外に出てくる「ナターシャ」を予知しただけでなくて
何年も後の(ドネツクの)戦闘の後の情景だったのかもしれないし、
過去にもウクライナではそんなことがあって、その記憶に触れたのかもしれない。
(まぁ、過去も未来も今も同時多発的…なのかもしれないが、便宜上時間軸を使うとする)
 
これ以上のことを現実世界側から確認しようはないし、特にしなくていいのですが
ウクライナと、瓦礫と、戦闘と、ナターシャと、わたしと・・・。
こうして度々シンクロが起きるこれらの断片が、やっぱりちょっと気になるのでした。
 
 
そして、旅人な私的には
 
とりあえずウクライナに行ってしまえ~(≧∇≦)ドキドキドキドキドキドキ
次の行き先は決まったぜ!
 
と、通常はなるわけなのですが(笑)
今は幼子連れにより行き先はさすがに慎重にはなるので、

すぐにというわけにはいかないかな(;^_^A
※過去には、ベリーズはシンクロで確定させた行き先だったりする(笑)
 
 


そうそう、近年よく感じること。旅大好きである私の背景の1つとして
自分はある種の懐かしさを求めて旅をしているんじゃないかと、そんな気がすることがあります。
相当いろいろな場所にいたのかも、しれませんね( ´艸`)フフフ
 

 


おしまいドキドキ
 

Photo by macha ,  Ishinomaki Miyagi-ken , 2012

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

LikeView likeView = (LikeView) findViewById(R.id.like_view); likeView.setObjectIdAndType( "http://ameblo.jp/macha0625/", LikeView.ObjectType.PAGE); ShareButton shareButton = (ShareButton)findViewById(R.id.fb_share_button); shareButton.setShareContent(content); ーーー アメブロ用の簡単便利な無料プラグイン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。