作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)

平成29年 発達支援コーチ講座のお知らせ


発達支援コーチ 中級講座A

平成29年2月18日・19日 9:00~19:00 定員 8名  残席 1名


発達支援コーチ 中級講座B

平成29年3月4日・5日 9:00~19:00 定員 8名   残席 3名


新規 発達支援コーチ 初級講座 

平成29年3月11日・18日 10:00~18:00 定員10名  

お申し込みはこちらから=クリッククリック






おはようございます。 ま~ぶる 作業療法士 佐藤明子です。

なんだか、寒い毎日。

皆様、体調は大丈夫ですか?

お自愛くださいね。


さて、今日は「伝える」ことと、「伝わること」について考えてみました。

普段の生活の中でも、

「言ったのに」

 

「伝わらなかった」

「教えたのに」

 

「理解してもらえなかった」

 

 

そんなコミュニケーションエラーって結構ありませんか?

ブログもそうです。


ブログを通して私の思いをみなさんに、

 

「伝えた」と思っていても、

 

違う解釈で「伝わっていた」ということがあります。

 

 

研修会の講師をさせて頂いても、

 

私は

 

「伝えた」

 

つもりになっていても、伝わっていない・・・。
 

 

仕事でも、

 

家庭でも、

 

伝わっていない事、

 

沢山あるのかもしれませんね。

さて、

なぜ、伝わらないのか?

それは、相手にわかる

 

コミュニケーションスキルを使っていないからです。


放課後等デイサービス ま~ぶる・び~とを

 

ご利用して下さるお子様は、

言葉の理解はあっても、

 

次々に指示をだされてしまうと、

 

指示を理解できない、

 

記憶にとどめておけないお子様も沢山います。

支援者は伝えたつもりになっているけど、

音は流れてしまうから、

 

目に見えにくいから、

 

記憶に残り難い。
 

 

視覚優位の特性を理解して、

 

彼らにわかるように伝えれば、行動が変わってきます。


行動が変わったら、それは、

 

「伝わったこと!」

 

になるのです。
 

私が、先日準備した物は、これだけ。

 


あとは、

 

部屋に刺激になる(気が散りやすくなる)物を撤去しただけです。

1時間、穏やかに過ごされました。

子ども達に伝わるように、伝える術を考える。

支援者は

 

「伝える術を考える」ことが大切。

伝えること、伝わること。

伝わるように伝えること。

連休中、ちょっと考えてみようと思います。

子ども達に伝える術もそうだけど、

 

保護者さまと面談する時の伝える術も必要!

伝える術は、

 

支援場面にヒントがあるのではなく、

 

日常のチョットしたこと、工夫からヒントが沢山あります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。 ま~ぶる 作業療法士 佐藤明子です。

年末から、なんだか朝方目が覚めることが、多くなりました。

今朝もも3時(゚Д゚;)

折角、目が覚めたので、仕事してました。


私が早い時間に目が覚める時は、

 

自分自身で何かを「感知」している時です。


原始反射でいうモロー反射

自分自身では気が付かないけど、身体は戦うモードになっているようです。

自分では、何に戦いを挑むのかわかりませんが(笑)


年度末に向けて、周りがザワザワしている感覚を、

知らず知らずに受信し、勝手にモロー反射を強めているようです。

身体は、戦うモードになるけど、

自分はのんびりしたい。


自分の身体の中で、

何かがぶつかっているような、落ち着かない感覚です。


きっと、凸凹の子達も、色んなザワザワ感を勝手に受信して、

身体がシンドクなるんだろな~。

こんな時は、深呼吸。

呼吸が大切になってきます。

最近、呼吸の大切さをみなさんにお伝えしている私が、

呼吸がしっかりできないでいました。


今日は、呼吸をしっかり意識しよ~。


発達支援コーチの学びを知ってから、

やっと自分自身の事を知り、気づき、自分が頑張っていることを認めることができました。

反射を知ることは、自分自身を知ること。

そして、強みを生かすことです!


私の身体のモロースイッチが、今、警報を鳴らしています。

自分では気がつかない

 

何か」のために、

今、身体は準備をしているようです。


3月までの発達支援コーチ講座予定は
https://www.marble555.jp/研修-講演依頼/発達支援コーチ初級-中級講座/

2月のおんちゃん先生の遊びの講座
https://www.marble555.jp/oyanzの会-遊びの講座/
 

 

 

 

4月以降の講座のスケジュールは、まだはっきりしません。

私の中の

何か」が

確信」に変わったら、

きっと身体が教えてくれる。

答えは常に自分自身にある。

だから、焦らないで、その時に備えて、しっかり身体の声を受信していきます。

みなさんは、自分の身体からの声、ちゃんと受信できていますか?

時々、身体からの声に耳を傾けましょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
おはようございます。 ま~ぶる 作業療法士 佐藤明子です。

2月2日は、多機能型支援事業ま~ぶる・び~との誕生日!

3年目に突入しました~!


山あり、谷ありの丸2年間。

4人でスタートしたま~ぶる・び~とは、今や8人のスタッフとなり、

8人中5人が作業療法士という、小さな事業所ではまれに見る専門職集団となりました。


一緒にここまで走ってくれたスタッフに感謝。

そして、ま~ぶる・び~とを

ご利用してくださいます子ども達・保護者様には感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとございます。

そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


毎年2月は、保護者さまとの懇談会を開催しております。

私達ま~ぶる株式会社の思い、ま~ぶる・び~とが目指していることを、

保護者さまにご理解頂くとともに、

4月からのスケジュール調整や、営業日の変更等のご説明をさせて頂きました。


今回の保護者さまとの懇談会は、

2月中に4回開催いたします。


多くの保護者さまにご参加の意思表示をして頂き、ありがたい気持ちで一杯です。

懇談会でお伺いしたご意見は、

今後のま~ぶる株式会社のサービスの中に反映させて頂きます。


3年目に突入したま~ぶる・び~とは

「実行」

「実戦」

「実証」

「実施」

「実感」


「実」ということを意識して、活動していきます。




今までのサービス内容を検証し、新たな挑戦もして参ります。

益々、ま~ぶるから、目が離せないですよ(^O^)/

今後とも、多機能型支援事業ま~ぶる・び~とをよろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)