作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)

~平成28年 発達支援コーチ 講座のお知らせ~

発達支援コーチ中級(B) 講座

平成28年10月15日(土) 16日(日) 残席 5名 
      お申し込みはお早めに‼


発達支援コーチ認定特別講座

「OTがお伝えする発達ぷらす・わん講座・第三部 発達編」

平成28年10月2日(日) 残席 5名


お申し込み・お問い合わせは、こちらを~クリッククリック


-----------------------------------------------------------










テーマ:

おはようございます。


ま~ぶる 佐藤明子です。


今日は、10月1日に開催予定の研修会のお知らせです。





「アーチルの役割と就学について」というタイトルで、


仙台市北部発達相談センター 学齢児支援係 係長  蔦森 武夫先生に


お話をして頂きます。


時間:10:00~12:00


場所:ま~ぶる株式会社 田子教室


詳しい内容や申し込みはこちらをご覧ください→クリッククリック



今回の研修会は、保護者さま・支援者さんに是非知って欲しい内容です。


これからの時期、本当に悩む「就学問題」


普通級・通級・支援級・支援学校の違いは何?


アーチルってどんなサービスをしてくれるところ・・・?


などなど、わからないこと沢山あると思います。


みんなで一緒に学んでいきましょう。


先着申し込み制となっております。


お早めにご連絡下さいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。 ま~ぶる 佐藤明子です。


シルバーウィーク3連休、皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?


私は、9月19日(日)に講座を開催していました。





発達支援コーチ特別認定講座


「OTがお伝えする発達ぷらす・わん講座」


第2部 感覚


の講座でした。



特別認定講座は


「身体の基礎」


「感覚」


「発達」


の三部構成になっていて、今回は「感覚」でした。


感覚は、マニアックです(笑)



学べば学ぶほど、わかるけど、わからなくなる。


特に二覚と言われる


「前庭覚」


「固有受容覚」


の話しは難しい。




発達支援コーチの学びの中で、


「感覚」については初級でサラリ、中級Aで深く学んできたものが、


テキストが改正になり、初級に「感覚」の学びがしっかり入ってきています。


それだけ発達支援コーチの学びの中では、「感覚」の学びを大切にしています。


感覚は私達の世界にはとても大切で必要不可欠なもの。


でも、無意識感覚は、使っていることがわかりにくいもの。


この、無意識感覚のことがわかると、凸凹のお子様の「いずさ」がわかるようになってきます。


※「いずい」って仙台弁で、しっくりこないってことです。


今回の特別認定講座で「感覚」がすべてわかるわけではありません。


ただ、私達は常に意識していないけど、「感覚」というものがあり、それを少し丁寧に見ることで、


子ども達の不思議な行動の捉え方が変わることを感じて頂けたと思います。


まだまだ、学びの入り口です。



次回の特別認定講座は「発達」です。


0歳~1歳までの子供の発達のお話です。


この講座はデモ講座をした時に、一番リクエスト多かった内容です。


10月2日(日)10:00~15:00


講座の詳しい内容・お問い合わせはこちらからお願いします→クリッククリック



19日の夜はま~ぶるスタッフとの夏の慰労会でした!


支えてくれる仲間がいるから、走り抜けることができます。


感謝です(^-^)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

おはようございます。ま~ぶる 佐藤 明子です。


今日から3連休の方もいらっしゃるのでは?


私は連休中も、活動予定ビッシリ!


体調と相談しながら、楽しむ予定です。



さて、多機能型支援事業所ま~ぶる・び~とでは、


9月から新しい学びを始めました。


「SST」を意識的に取り入れたグループを作り、


子ども達・スタッフ・保護者さまと一緒に学んでいくことにしました。





なぜ、SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)が必要なのか・・・・・。


子ども達はコミュニケーションに


何らかの不器用さがあり、そのせいでお友達とトラブルになったりします。


トラブルの原因はホント些細なこと。


・人の話を聞かない


・ルールや順番を守らない


・勝負ごとにこだわりすぎる


・負けると怒る


・思ったことをすぐに言葉にしてしまう


・できないとすぐにあきらめる・・・・・などなど。




なぜ、


「その事がトラブルの原因になるのか」


「そして本来はどのように対応したら良いのか」


言葉で何度も説明しても、


「わからない」「伝わらない」ことって沢山ありますよね。


だからこそ、どうしたら良いのかを具体的に学んでいきます!


私達ま~ぶるスタッフだけでは、


SSTグループを作っていくのは難しいので、


勉強会でお世話になっている


「臨床発達心理士  菅原佐和子先生」


にご指導を頂きけることになりました。





子ども達には、


どんな行動が良い行動なのかを考える時間を・・そしてそれを練習する場として。


スタッフには、子ども達にわかりやすい支援の方法とは何なのか、


スタッフ自身、子ども達にわかりやすい対応ができていたのか振り返る場として。


保護者さまには、もう一度ご自分のお子様の特性を理解する場として。




3ヶ月、全6回コースです。


9月13日は第1期の1回目のグループの日でした。


年内は、このグループで終わりです。


来年からSSTグループを定期的に行っていくかは検討中です。



1回目のグループが終わった後、スタッフは菅原先生からのフィードバックがありました。


自分たちの支援を、他の専門職の方に見て頂き、ご指摘を頂けるって、ホントありがたいです!


子ども達も・私達もまだまだ発達中です!



ま~ぶる株式会社は10月から


新しい挑戦を始めます!


どんな、ことに挑戦するのかは・・・・


ご期待下さいね。



皆様、素敵な一日をお過ごし下さい(^-^)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)