かきかたノート

自分の中にあるものを文字にして表してみたい。「書く」ことの練習帳です。


テーマ:
最近あなたの周りでどんなことがありましたか?

ということなので

先生からメールが来てうれしかった
私のことを知っている人と会って話したい
と思い始めていたところだったので
素直にうれしかった

といっても
連絡をとらずに1年以上経過している相手も複数いて
向こうからも来ないということは
便りの無いのは良い便り だと思いたいが
久しぶりに送って もし宛先不明ではね返って来たら
と思うと なかなか踏ん切りがつかない

子供向けの映像ばかり観ているから
脳が退化して来たんじゃないかと思ったり
うまいこと若返ってくれればいいのに
あー 春からの通信講座 まだ申し込んでないや
親もけっこう大変らしいから 刺激になるといいけど
AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2割マシマシ ちょっと早い分 ちょっとだけクリスマス な感じ


ここまで上がって来る間の第一印象: 読売カネ持ってんな~
儲かってんな~ が正しいのか とにかくすんごいビル
ほんでも新しいビルって気持ちがいい キレイだしね


そのオーナメントがぐるりと配置されたステキなステージ
新しいだけあってホールも非常に快適で 悔しいけど最高だった(笑)

バッハばっか聴いてるから 他の作曲家のになると
耳が馴染まない感じがしちゃう まったく勉強が足りない
と最初は思ったけど 好きな曲は初めてでも好きだし
好きな編成だと勝手に聴き入ってしまう やっぱり音楽は好き
文楽は 何年も通ったけど ここまでハマれなかったなと最近思う
文楽のおもしろさを追求できなかったなと
今回は チェロソナタ2曲と コンプラなんとか なんだっけ
コントラプンクトゥス 恐竜かって これがスゴかった


「コントラプンクトゥス スゴかったです」と伝えれば良かった
全然違うことを言ってしまった あー失敗
前に立つ直前の一瞬で言うべきことを考えて言えてたのに
肝心な相手には何も言えないという
言葉以外で伝わるだろう なんつう勝手な思い込みは
いくらか成功したようで ほとんど失敗したような
前回の「思い込み」も「思い違い」だったようで
でもまぁ その方が 片想いは楽 ラクだよね

相方ナシにすべきだったか と公演中何度も思ったが
大編成なら対岸でバラバラに聴かねばならないところを
隣で一緒に観ながら聴ける機会はなかなか無いので
まぁ 少々気は散ったけど 今回は良かったんじゃないかな

息子が成長したこともあり 今年は自由にさせてもらった
正直まだ諦め切れていないけど 今年はこれで打ち止め
少し間を開けて 春からまた自由な時間をもらおう
AD
いいね!した人

テーマ:


「最終話(HDDから)消すよ」とさっき確認した時
「あれはないよ」「4話まではおもしろかったのに」と
珍しく相方が全否定したので
私も 私なりの解釈をしつつ同意した

そのちょっと前 放送開始前の記事が目に留って
新しい時代劇 とか何とか書いてあったけど
新しい時代劇 つまり勧善懲悪に縛られないそれは
『鬼平犯科帳』がとっくに達成していて
「善」側が皆殺しになる なんてことは
少なくとも私達は 視聴者として まったくもって 欲していない
漫画の原作どおり映像化しました ってことなのかもしれないが
それも 原作どおりだからイイ ってもんじゃないだろう

それまで エグイシーンは多々ありながらも
謎解きあり人情ありでとてもおもしろかったのに
最後の最後で うちら的には 台無しにされてしまった
展開のポイントを見落として 本当は見返したいのだが
アレをまた観るかと思うと
だから相方に確認して あっさり消去した

なんてもったいない とてもおもしろい時代劇だったのに
なんであんな最後にしなきゃいけないんだ



録画を何話も溜め込んだという意味では こちらも同じ
大好きな上川さんが毎回大変な目に遭うので
観たくない~と言いつつも 頑張って最後まで観た
後になってメイキング等も少し見て
長期契約者がこれを観ずしてどうする!?と
相方にも勧めているのだけど
全20話ってのはねぇ 年末にやるけど 3日間で じゃねぇ

後で読んだインタビューで 上川さんが
「恩地は演じる必要が無いと思った」と語っておられて
あの主人公を演じる必要が無いという彼の人間性に
改めて ファンになった
もちろんそういう意味でおっしゃったのではないのだろうけど
上川さんにしか演じられない役であり
上川さんが演じなかったら観なかったかもしれない作品だ
『エンジェル・ハート』も同じことが言えるけど
180度違った作品で同じことが言えるって すごいよねぇ

飛石的に用事が入り 最近まったく文章を読めていない
そろそろ軌道修正したいけど また石が置いてある
AD
いいね!した人

テーマ:

だいぶ前のことだけど 先生のゼミの中で
人間とは 他人との関係性でもって成り立っているのではないか
という話があり とても納得したことを思い出した
恩師が亡くなって 私を構成している部分のうちの
学問的な側面 学問なんておこがましくて呼べないのだけど
語学とか 文学とか 音楽も含めて その辺りの側面が
大きく損なわれた気分になっていた
恩師のせいにするわけではもちろんないけど
恩師あっての という側面が非常に大きかったのだと

だから Dクンと会って話が出来たことは本当にうれしかった
ドイツ語をひねり出して話す余裕は無いと踏んで
日本語で話してしまったが 既にブランクは4年を超え
相当リハビリしないと元の状態には戻らないことくらい
Dクンだってわかってくれているだろうし
教室にいた頃には「ナニソレ?」状態だったバッハの演奏会で
顔を合わせるというのも 思えば不思議なことだ

仕事を辞めてから妊娠・出産するまでの6,7年間の経験は
たとえ「経験」で終わってしまったとしても
私という人間にとって 無駄なことでは決してない


出産後しばらく経って 預けて出られるようになってから
恩師に会ったのはたぶん3回 後になって思い返したら
3回とも この街で この会場で 会っていたのだった
埼玉の真ん中で ということにはなっても
ここに来るのも ここから帰るのも けっこう大変だったのでは
ないかと思うのに 外出しにくい私の事情を優先して下さった

肉体が消失してしまったら 意識はどこに行くのか
肉体が消失してしまったら 「意識の交わり」なんてことも
絶対に起こりえなくなってしまうのかもしれない でも
いま一緒に聴いてくれてるといいなと思ったり
コンタクトを強いのに替えて来なかったことを後悔したり
音楽の一番イイ聴き方ってのは
何も考えないこと 頭も身体も空っぽにすることじゃないかな
なんて結局は考えながら いま一番好きな大曲に身を任せた


独り旅はとても楽しかった 滞在時間は短かったけど
こういう小旅行を ドイツにいる間はよくやっていたのだし
距離的に離れたからかもしれないけど
息子からきちんと自分を切り離して 時間を使うことが出来た

死ぬまでにもう一度聴きたいと思っていた結婚カンタータ
実際に聴いて 聴けてしまうと やっぱり欲が出るもんで
ソプラノの声量が素晴らし過ぎて
バランス的に物足りなかったこともあり 素人耳だけど
ぜひとももう一度
今日これ聴いたから もう死んでもいい とは思えなかった
期待が高過ぎたのか どっちかというと
コンチェルトの方が 日本ではなかなかかからない曲でもあり
すさまじく感動した


初めて メッセージを付けた
昨日も 今日も 明日も 聴きます と伝えた
伝わったかどうかは知らない でも
コンタクトを替えて臨んだ最終日
3日間同じショールをまとっていた私に向かって
笑顔で挨拶をしてくれた ように見えた
片想いは楽しい
いいね!した人

テーマ:

弔辞を聴いていて改めてわかった

相手がどんな人でも ちゃんと話を聴いてくれる先生だったと

現役時代は全くのダメ学生で

やり直し期間にしたってだいぶ中途半端だったのに

時間を割いて会ってくれて マンツーマンで話を聴いてくれて

書いたものも読んでくれて コメントまでしてくれて

今思えば 私はそれが普通だと思ってしまっていたかもしれない

 

大学院でのつまずきは 実は入学前から始まっていた

先生から思いがけず 太いパイプをつないでもらえたのに

教授とのメールのやり取りの中で

今通っているオープンカレッジの先生に

卒論を読んでもらおうと思っている と書いたことに

あなたごときが とは書いていなかったと思うけど 近い表現で

あのような大先生にそのような無遠慮なことが出来るのですか

と返され 完全に委縮してしまった

確かに 超のつく大御所で 今先生に言っても

「それはあなたがいけなかった」とたしなめられる話だと思う

けど 当時も たぶん今も

「先生」とは そうであって欲しいと

教え子に対しては こう書いてみると私はオープンカレッジ生で

教え子ではなかったわけだから完全に私が悪いのだな

でもとにかく このことで 心理的に 大きなつまずきをしていた

さすがに先生には言えず ずっと黙っていてごめんなさい

 

もしかしたらそれは日文だけの話ではなく

独文の世界でも同じだったかもしれない

どこの誰だかな しかも中途半端な年齢の私が

研究室で1時間も2時間も話をしているのを

不快に思っていた人も もしかしたらいたのかもしれない

でも恩師は そういうことをまったく気にしない人だった

先生はうまいこと振る舞えばもっとイイとこに

つまり目立つとこに いけるんじゃないのかな

実際に理事まで務めてたわけだし もっとイイとこに

と何度も思った でも

先生はそうじゃないからスゴイんだってことも

なんとなくわかっていた

 

読んだ小説について 聴いた音楽について

私の浅く狭く拙い感想を辛抱強く聴いてくれて

それを何倍にもして返してくれる先生が

いた現実と

いない現実との間の「ずれ」があるとすれば

現実の側ではなく 私の中に生じた という気が今はする

先生が結局 『ねじまき鳥』をどこまで読んでいたのか

わからないままになってしまったけど

先生にとっては読んでなくても充分に語れるテーマだし

作品にあったことが実際に私の身にも起きてるし

 

書きたかったことと だいぶずれてしまった

 

人を失うということは

その人と一緒にしていたことが出来なくなるということで

それがどれくらいつらいことかを

今頃になって痛感するという私は

ある意味 とても幸せな人間だけれども

今はとてもつらい

 

あれだけ哲学や文学に精通していた恩師の

意識と肉体が消えてしまうということを

どうしても受け入れられない 納得出来ない

全部消えてしまったのか そんなのありえない

 

斎場で感じたのは

死ぬのが ちょっと 怖くなくなったな ということ

先生でさえ あの先生でさえ 死んでしまえるんだから

私だって きっと平気

あっちに先生がいると思えば

折り返した残りの人生 私なりに楽しんで頑張って

あっちに行ったらまたいろいろ教えてもらえるだろうって

それは今だから思うことなのかもしれないけど

少し 怖くなくなった

 

なんて書いてるけど もし出来ることなら

時間を巻き戻したい

いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。