公明党は10日、政府提出の国家公務員法改正案に対する修正案を衆院に提出した。幹部職員の降格人事について、人事院の意見を尊重するよう義務付ける一方、事務次官、局長級、部長級を同格とみなす政府案の規定を削除。政府案にある再就職あっせんを一元的に行うための「民間人材登用・再就職適正化センター」は不要とした。 

【関連ニュース】
増額分、全額現金は見送り=子ども手当
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定
参院選マニフェストで攻防へ=政府・民主が修正めぐり対立
公務員人件費の2割削減明記=政権公約で報告書
来月中旬に閣議決定=国家公務員の採用抑制

もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
サントリー美術館で国立能楽堂展(産経新聞)
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ(医療介護CBニュース)
十数件に関与? ひったくりで少年逮捕 警視庁 (産経新聞)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
AD