1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-26 16:48:08

海底熟成!ドラピエ

テーマ:シャンパーニュの食卓

数年ぶりの風邪を引いた?らしく、

朝起きてシャンパンの注文をしようとTEL、

「もしもし」

「うぅぅ〜うぅううう・・」

「もしもし?もしもしーーーっ!?」

要するに声が出ず、断念。

入社して間もない頃、喉をつぶして

病院の先生に「スーパーにお勤めなの?」

と言われたことを思い出しました(笑)

声が出ないと全くできる仕事がなかったことにも、

多少なりとも傷つき・・・。

これは今も変わりないですね(^^;

 

さて、昨日「ドラピエ」のセミナーに。

チャレンジングに海底で熟成をさせたシャンパーニュを試飲。

当主のミシェル氏、ダンディすぎて、生産者のイメージわかず。

でも包み隠さず、いろいろと教えてくださいました。

興味深々、これは、いつか訪問せねば!!

ブルターニュの海に

左から二番目が海底に1年寝かせた「ドラピエ・ブリュット・ナチュール」

海底はボトル内と外の気圧を均衡に保てること、

沈めたブルターニュの海は細かな砂が常に舞っていて光をとおしにくいこと、

温度が安定していること、

など熟成に最適な環境があり、熟成がよりゆっくりと進むのだそうです。

同じアイテムを飲み比べましたが、

海底のものはキメが細かく、なめらかな印象が。。

この試みは今後も継続、楽しみですね。

 

プレステージ・キュヴェの「グラン・サンドレ」も海底熟成ものを含め

3ヴィンテージ試飲しましたが、

私はやっぱりこれが好きなのです。伸びるような酸がたまりません。

「ドラピエ・グラン・サンドレ2008」

ポンポンヌでグラスになってますよ~\(^o^)/

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-15 14:11:43

ボジョレー・ヌーボー

テーマ:シャンパーニュの食卓

今年もこの季節です。

遠い遠い異国のものながら・・

日本にも季節感をもたらしてくれる風物詩。

私にとっては、お節料理のように、なじんだものです。

美味しいとか美味しくないとか、好きとか嫌いとか、

あまりそういう感覚ではとらえていません。

今年のブドウの収穫を五感で感じられる初めてのもの!!

シャンパーニュはあと3年は待たないと飲めない訳ですし・・。

今年収穫されたブドウに対する、感謝、のつもりで毎年楽しんでいます。

入荷しました(*^_^*)

リュー・デュモン

天地人のボジョレー・ヌーボー

これから発送準備です。

ご予約の皆様お楽しみに!

あっ、忘れてた!!の皆様、まだ予備がございますのでご連絡ください。

もしくは・・16日を超えた深夜、ポンポンヌで開けますよ。

 

ブルゴーニュにとってもシャンパーニュにとっても、大変な苦労の多かった

2016年、来年こそは豊作を、心を込めて祈りつつ。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-05 12:04:17

お姉さん教室

テーマ:シャンパーニュの食卓

お姉さん教室、

なんだか綺麗なお姉さんがマナーや

ウオーキングレッスンでもしてそうですが(笑)

 

あくまでシャンパーニュ教室、少し長く通っていただいた皆様

向けの教室、PLUS(もうちょっとの意味で)教室。

もちろん、綺麗なお姉さんも居ますよ!笑

 

先日はコート・デ・ブランの「ディエボル・ヴァロワ」をテーマにしました。

全体にきれいで柔らか、バラのエチケットのシリーズは特に

繊細でとてもスムーズな泡。

こうして5本を一度に飲むと、生産者のスタイルが嫌でも

頭に入ってきます。

繊細なディエボル・ヴァロワには和食を合わせてみました。

茄子と牛肉のみぞれ和え

                  鰹と焼き豆腐のポン酢ジュレ

 

初めての方向けの教室も、毎月開催しております。

聞いて飲むだけ、そしてちょっと食べるだけ(笑)

シャンパーニュが好き、と思ってくださるなら

それだけで大歓迎でございます。

いつでもご連絡ください。

お待ちしております。

m-champagne@fc4.so-net.ne.jp

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>