Mの国より愛を込めて

日本のチベット Mの国より
映画の感想やゲームの散財など
Mの国のホットな話題もあるよ!

NEW !
テーマ:

Mの国のフルーツといえばマンゴー。

イーストランドフィールド氏がMの国の首相をやっていた時はかなりの売り上げを上げていましたが、近年はそこまでの勢いはないとのこと。

 

だったら次はライチだ、キュウイだ、となるのですが、一般的に普及するのはもう少し先になりそうです。

 

そんなおり、世界に羽ばたけるフルーツとなっているのが完熟金柑「たまたま」。

名前がちょいとアレですが、奇跡の生で食べられる金柑は少しづつMの国に浸透。

遂にはその解禁日を大々的に祝うようになりました。

 

 

というわけで、今年もきんかんヌヌーボーの季節がやってきました。!

今年もヌーボーの解禁いイベントは満席でした。

 

 

たまたま解禁の暁にはシャンパン(スパーククリン「ングワイン」なのですが、ウェrカムドリンクとして飲むのは良いかと。

ともあれ、受けれるものは最大活用そうぃましょう・

 

来年こそは海外の方したいところかと思います。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日お伝えしましたが、プロ野球選手で功績をあげた選手たちが入る名球会の試合がMの国で行われることになりました。

 

 

プロ野球のキャンプ地として有名なMの国ですが、こんなに面白そうな代物が開催されるとならば

 

 

行くしかないでしょ!

世界の王が!

トルネードの野茂が!

大魔神の佐々木が来るんだ!

行くしかない!

 

 

なお、入場したときに応援グッズとして風船バトンを渡されたのですが、何故かセガサミーの文字が。

一応社会人野球チームになっているのですが、良いのかなぁ

 

さて、チーム分けとしては元々所属していた球団(複数の球団に所属していた場合は功績があった方)で東西に分かれてというもの。

そのため王さん(巨人)や現ソフトバンクの工藤監督(功績により西武扱い)の東チームが陣取る一塁側にお客さんが集中。

 

というか、三塁側は殆ど広島ファンばかりだったりします。

 

 

そりゃ昨年現役引退した黒田投手が出場するとなれば、広島ファンは集まるというものです。

 

 

なお、試合は特別ルールとして試合は5回まで、交代自由、トレードOKという何やら危険なルールもありますが・・

 

 

というわけで、試合開始!

 

1回から西チームが工藤投手(現ソフロバンク監督)を責め立て打者一巡の猛攻により一挙5点を先制。

対する東チームは2回以降北別府投手や野茂投手を攻め4回についに同点!

 

というか4回の東チームの投手が黒田選手なんですけどー!

まさかのトレード、こりゃ打てないわー!

 

とはいえ、最終回は現役の岩瀬投手が投げるなど、終盤は点が動かず5対5のまま終了。

だが、引き分けなんざ甘っちょろい事はしない名球会は代表者によるジャンケンを行い、東チームの勝利となりました。

 

 

結果はコチラ。

いや、いろんな意味で熱い試合でした。

 

名球会の試合は本日だけですが、来月からはプロ野球の春季キャンプが始まり、また今年は侍ジャパンのキャンプもMの国で行われます。

 

是非とも今年は春はMの国でキャンプ巡りに繰り出していただければ幸いです。

 

 

余談ですが、WBCのマスコットがやってきたのですが、顔が二つあるというキワモノ!?

 

 

一応こういったキャラなのですが、顔と被り物の見分けがつかんよ・・

 

 

 

 

 

黒田投手がメジャーから広島に戻った時に作られた入場曲。

一昨年のツアーでも歌っていましたね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中島みゆきのツアー「一会」

その様子を収めたコンサート映画が公開

彼女の歌声は人々の心に響く

 

 

http://ichie-movie.jp/

 

 

鑑賞日 H29.1.9

映画館 キネマ館

 

日本を代表する女性シンガー 中島みゆき。

そんな彼女はテレビの出演はほとんど行わず、もっぱらコンサートや舞台を中心に活動しています。

そして、コンサートの状況をドキュメンタリー映画として毎年のように上映されています。

本作は2015年から2016年にかけて行われたツアー「一会」の様子を映像化したものです。

 

なお、今回はコンサートの内容以外にもコンサートに向けてのメイキングも含んでいるのが特徴となっています。

やっぱり準備は本場より楽しいですし。

 

内容は、ほぼコンサートなので省略。

圧倒的な歌唱力で魅了してくれること請け合いです。

 

見どころは最近のヒット曲である麦の唄。

朝の連ドラの主題歌であり近年の中島みゆきのヒット作。

それだけにクライマックスで歌うのですが、盛り上がること請け合いです。

 

気になった点はトーク部分が全てカットされている事。

どうやらラジオDJのような場面があったようですが、バッサリカット。

そのためずっと歌いっぱなしなのですが、すべての曲を知っていればよいのですが、知らない曲があるとダレてしまうかと。

 

歌唱力は確かなので、並みの歌手のコンサートより聞きごたえがある映画となっています。

ずっと歌いっぱなしというのも編集ができる映画ならでわ。

音楽にどっぷり飲める込めるのも良いものです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

正月ボケもそろそろ治る今日この頃。

年末年始もやっぱりパッとしなかったゲーム業界ですが、あのゲーム機の発表会ということで久しく盛り上がるネタがやってきました。

 

 

 

昨年の10月に発表されたNintendo Switchの最新情報がいよいよ発表!ということで、私もパソコンの前で正座して・・

 

いや、今日は普通に仕事をしてました。

E3とかだったら社会人失格な事をやったりしますけどねー

 

ともあれ、今回発売日と金額、そしてソフトのラインナップが発表されたのですが

 

 

 

発売日は花の節句である3月3日、お値段は29,980円(税別)也。

 

発売日が今年度だったのと、お値段が強引に3万円を切っている設定がツッコミどころかと。

あと2か月後には発売しているのね~

 

なお、ソフトのランナップは宣言通りゼルダの新作がロンチタイトルで登場(正しWiiU版と同発)、一応30周年に間に合わせた・・のかな?

他にキラータイトルになりそうなのは、夏発売予定のスプラトゥーン2。

前作は意外なヒット作となりましたが、システムが変わりそうなだけにどうなるのかな?

他、個人的に注目なのはファイアーエムブレム無双、ってゼルダよりこっちを最初に無双すればよかったんじゃね?と言ってはいけない。

ドラクエ無双のダブルパックも発売されるみたいなのでしばらく無双には困らないかと。

 

世界で大ヒットしているPS4にあてつけて、ラインナップが貧弱だの危機感が足りないだの言っている人もいますが、ゲームハードは突撃してナンボ。

予約開始が来週の土曜日(1月21日)となっていますので、新しいモノ好きは人はお金の準備をしておきましょう。

 

なお、明日から東京ビッグサイトにてNintendo Swichの体験会が開催されます。

昔だったら乗り込んでいたのですが・・

私も老いたかな。

 

 

 

 

 

ただNintendo Swichの一番のライバルになりそうなのがモンハン。

こちらはほぼ確実にミリオン行きますから、タイミングが悪いといえば悪いかと。

PSVR?売れているみたいだけど、一回遊んで終わりになりそう。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

92歳の誕生日を迎えたマドレーヌは2か月後に命を絶つと宣言

当然家族から大反対を受けるモノの、頑固なマドレーヌは一歩も譲らない

娘のディアーヌは母の宣言に戸惑いつつもその思いに向き合いつつあった

 

 

 

 

http://gaga.ne.jp/92parisienne/

 

鑑賞日 H29.1.7

映画館 キネマ館

 

超高齢化社会となって久しい昨今、日本の平均寿命が80歳を超えるようになりましたが、健康寿命と10歳近く差があり、多くの人が亡くなる数年間は不健康という事になります。

不健康な状況で長生きしても・・

本作はそんな自分が自分でいられる内に人生を終えようとした女性の話。

実話をモチーフにした作品のようですが?

 

本作のポイントは自分らしく。

夫に先立たれながらも92歳を迎え子どもたちから誕生日を祝ってもらったマドレーヌ。

しかし、自分が出来ることが少なくなっていたマドレーヌは誕生日の席で2か月後に命を絶つと宣言する。

それに猛反対する息子のピエールと娘のディアーヌだったが元々自立心が強いマドレーヌはそれを意に介さない。

そしてヘルパーのヴィクトリアとアパートの隣人たちを楽しく終活を進めるものの、怪我をしてしまい病院に入院してしまう。

しかし、病院での扱いに母の思いに向き合うようになったディアーヌは母の終活を手伝うことに。

 

尊厳死とはいえ母の死に悩むディアーヌ、しかしマドレーヌは自分であろうとしていた。

 

尊厳死をテーマにしている作品なのですが、他の尊厳死の作品と異なりマドレーヌ自身は不治の病の病にかかっている訳でも余命僅かというわけでもありません。

用は老化により体が衰えたからということなのですが、それで尊厳死を選ぶというのも中々ぶっ飛んでいるというか。

 

見どころは後半、愛人との出会い。

ディアーヌは母が文通をしていた相手と出会わせることに。

最初で最後の対面となるが・・まあ、これで思い残すことも無いということで。

直後の車との別れも印象的です。

 

気になった点は尊厳死を選んだ動機が弱い事。

自分で身の回りの事が出来なくなったからなのですが、出来なくなったのであれば出来るように努力をするべきじゃ?

92歳から努力はしたくないかもしれませんが。

 

正直あっさり尊厳死を選んでしまうのは問題アリ、結局方法も自殺と何ら変わりありません。

最後まで自分らしくというのも分からなくもないのですが、家族の困惑ももっともです。

もっと家族と話し合っても良かったような・・

 

 

 

母の身終い [DVD]母の身終い [DVD]
4,104円
Amazon

 

尊厳死ということでチョイス。

こちらは余命僅かな母親を息子が看取るという内容。

重い話ですが複雑な余韻が残ります。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。