Mの国より愛を込めて

日本のチベット Mの国より
映画の感想やゲームの散財など
Mの国のホットな話題もあるよ!

NEW !
テーマ:

毎週月曜日はジャンプの発売日!

 

 

現在新連載陣がスタートしていますが、今週スタートは「アクタージュ」

映画などの映像から感情を置き換えてしまう少女が女優になる話のようで。

 

平たく言えば「ガラスの仮面」です。

 

この手の作品にしては絵が荒いのが気になりますが、そのうち上達するかと。

ともかくライバルが登場してからが本番かな?

 

石医者は人類が石化した中、宇宙で生き延びていた千空の親父。

問答無用で絶望的な状況だけど、石になった理由も分かるのかな?

それにしても前兆はあったのね、あったかしらん?

 

なお、石医者は来週休載ということ。

連載1年未満で休載が取れる・・だと・・?

 

ネバーランドは堰を切ったように展開が進んでいく!?

こんなにトントン拍子に話が進んでも良いのか~?

まあ、それと同じくらい伏線はっていますけど。

 

センターカラーの鬼滅の刃は攻撃を食らっても攻撃する炭治郎

一方の善吉と猪之助も頑張っている!というかスゴイ能力だなソレ。

それにしても伊達に上弦じゃなかったのね。

 

ブラッククローバーはまさかの巨大兵器で敵を討つ!

だったら相手も巨大かだ!なんだかスーパー戦隊みたいだー

何度も登場するキャラではないと思いますが果たして?

 

ぼく勉はいつの間にか予備校の帝王になってしまった唯我。

確かにこの状況は帝王です、流石夜の帝王。

小波先輩は余裕を見せていますけど今後はどうなる?

 

ナンバーワンは学校最大の行事、修学旅行。

色々楽しい思い出が・・なんだか不穏な動きが。

今回こそシリアスが!失敗したシリアスが!?

 

月一連載のボルトは老練の青の猛攻!

それにしてもカタスケの評価が上がっていくわー

後はボルトが科学忍具を上手く使いこなすだけだ!

 

センターカラーのボウズビーツは飛行機でのひと悶着

飛行機で事故るとは「ジョジョ」か「うしおととら」か。

さて、本当にガトリング砲を使えるようになるのかな?

 

ハイキュー!は影山の本領が爆発する!

あと、ようやく稲荷崎の本質が公開、いやみんな分かっていたけどさ。

伏線張ったんだ、ちゃっかり回収したれ。

 

ゆらぎ荘は雲雀にそそのかされた?サキュバス先生。

とはいえ、自覚はしているようで?

制御ができないという点では一番厄介ですな。

 

 

 

 

ジャンプの演劇繋がりで。

部長のオカマキャラが強烈でしたが、本当の最終回が別雑誌で掲載されていたのは知りませんでいた。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

猫を大切にする習慣があるイスタンブール

そこで猫たちが気ままに生活をしていた

彼らと生活するうえで培ったものとは?

 

 

 

 

 

 

公式サイト

 

鑑賞日 2018/1/20

映画館 キネマ館

 

猫とは人を癒すものである!

それは今年が戌年であろうとも変わらない事。

今まさに世界は猫を中心に回っているといっても過言ではありません。

 

しかし、世界には猫が街に溶け込んでいる場所があるようで。

 

本作はそんな猫が溶け込んだ街 イスタンブールの猫たちを追ったドキュメンタリー映画。

非常に個性的な猫たちが登場しますが、可愛いだけでは無い様で?

 

本作のポイントはネコがいる生活。

トルコ イスタンブールで多く見かけられる猫。

街の至る所でエサや水飲み場が設置されていたりと、猫にとってはいたせりつくせり。

そんなイスタンブールのネコたちにも非常に個性的な猫たちがいた。

犬すら怯える牝猫、子供のため食べ物を集める母猫、高級食材に目が無いモノなど。

 

ネコたちが住む暮らしは人々に何を与えているのか?

 

というわけでイスタンブールの猫たちが沢山登場!

加えてイスタンブールの美しい情景が広がっています。

そして、猫たちを生活をする人々の格言も中々。

 

見どころは後半、美食猫。

美味しい餌しか食べないネコがいるのですが、そのアピールの方法は・・

いや、体張っていますわー

はたから見たら偉い事になっています。

 

気になった点は猫の紹介が余りない事。

とりわけナレーションのようなものは無いので、パンフか公式サイトを見ないと猫の名前は分かりづらいかと。

 

猫が非常に魅力的でかつ映像も綺麗な作品。

猫は勿論イスタンブールの街並みを眺めるだけでも楽しい作品となっています。

猫好きは勿論、情景ファンにもおすすめです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界を代表する作曲家の一人である坂本龍一

様々な活動の傍ら常に音の探求を欠かさなかった

己の体が病魔に蝕まれる中、彼が探した音とは?

 

 

 

 

 

 

公式サイト

 

鑑賞日 2018/1/13

映画館 キネマ館

 

日本のみならず世界で活躍している作曲家 坂本龍一氏。

YMOとして日本で初めて(のはず)テクノを演奏し、一時代を築いたかと思えば、ラストエンペラーの音楽を担当し、アカデミー賞の作曲賞を受賞した事でも知られています。

 

本作はそんな坂本龍一氏を追ったドキュメンタリー映画。

東日本大震災の被災者活動からガン闘病、そして昨年行ったニューヨークでのライブまでを題材としています。

 

本作のポイントは音を探す。

YMOとして活躍し、その後映画音楽を始め作曲家として活躍を続ける坂本龍一氏。

そんな彼は東日本大震災の被災地を訪れ、帰宅困難地域を目の当たりにしたり、原発再稼働反対の集会にも姿を見せていた。

しかし、そんな彼にガンが見つかり作曲活動を一時停止。

仕事をしない事に不安を覚えるが、音楽への探求は募るばかり。

そして病状が落ち着いたのを見計らって音楽活動を再開、そして今まで出会った音のない音を探していくが?

 

果たして坂本龍一氏は理想の音を手に入れることが出来るのか?

 

前半は東日本大震災関連のシーンが多く、特に冒頭から登場するツナミピアノの音は本作の根幹をなしている音色とも言えます。

中盤はガンの闘病と音探し、とはいえその音探しというのが中々奇想天外。

はたから見たら変人ですが・・まあ、大丈夫なはず。

 

見どころは前半、ツナミピアノの音色。

津波をかぶりさび付いたピアノ。

ピアノらしい音はほとんどでないのですが、彼は不思議な事を話すのですが?

確かにそれは一理あるのかも。

 

気になった点はYMOでの活動がほとんど語られない事。

監督が外国の人だからかもしれませんが、彼の音楽活動の原点があまり触れられないのはもったいかと。

 

ファンは勿論、作曲家を追った作品として面白い作品。

捜索活動の一端が見れるというだけでも満足です。

 

なお、昨年のニューヨークでのライブも映画になるのですが、その宣伝も兼ねているような~

 

 

VisualYMO:the Best [DVD] VisualYMO:the Best [DVD]
5,076円
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

映画誕生と同時に誕生した映画音楽

そして映画業界の移り変わりと共に映画音楽も変化

その音色は今も映画を彩っていく

 

 

 

 

 

 

公式サイト

 

鑑賞日 2018/1/14

映画館 キネマ館

 

テレビのバラエティ番組を見ていると、聞こえてくるアノメロディ。

確かアノ映画の音楽だったはず~

 

というか、結構多いのですけどねー

 

有名なところだと料理の鉄人のメインテーマは「バックドラフト」のメインテーマですし、不思議なシーンだと「未知との遭遇」の曲が大抵流れます。

(ピーポーパーポーパー)

 

本作はそんな映画音楽を題材にしたドキュメンタリー映画。

映画音楽の歴史から今日の製作状況まで、映画好きには見逃せない内容ですぞ?

 

本作のポイントは映画と音楽。

映画が誕生した当初から存在していた映画音楽。

以後、様々なジャンルの映画を彩ってきましたが、今日では対策はもっぱらオーケストラが定番となっていた。

今最前線で活躍する作曲家たちが生み出してきた音楽とは?

 

基本的に今日の映画音楽と作っている作曲家や映画監督に対するインタビューとなっているのですが、ちゃんと映画音楽の歴史も紹介してくれるのは良いところ。

とりわけ無声映画時代に活躍したオルガンは驚くこと必至、いや結構ビビります。

先に書いた通り、今のハリウッド映画の音楽はオーケストラが中心なのですが、一風変わった楽器を使ったものも。

とりわけ「猿の惑星」では楽器ではなくボウルにゴムボールを付けたステイックで叩くという代物も。

あと、摩訶不思議な楽器も多数登場!こいつはレアさね!

 

見どころはスタジオの違い。

とりわけオーケストラの場合、スタジオで録音するのですが、スタジオどころか国ごとで音質が変わる!?らしい。

オーディオマニアを茶化すネタで電力会社ごとで音質が違うというのを思い出したのはナイショ。

勿論、録音現場のシーンは耳が楽しいシーンです。

 

気になった点は結局オーケストラに終始してしまう事。

前半は色々面白い楽器も登場したり、様々な音楽のジャンルも登場するのですが、結局は中盤以降オーケストラが中心に。

音楽なオーケストラが至上なのか・・いや、違うはず。

勿論、今日のオーケストラを引っ張っているのは確かですが。

 

様々な映画と映画音楽が楽しめる非常にお得な本作。

インタビューも見ごたえがあり、映画音楽を再発見できる内容となっています。

作曲家たちの産みの苦しみもゾクゾクしますが・・

ともあれ、映画好きなら外せない一本となっています。

 

 

 

 

 

劇中で登場する作品の中でも、強烈なインパクトを残している作品。

とはいえ、重要な曲はピアフの曲なんですけどね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年新しいゲームの遊び方を提唱し、何者入りで発売された「ニンテンドースイッチ」。

 

 

あっさり予約できたので注目度は低いのかな~と思っていたのですが、年末商戦まで品薄状態。

 

売り上げも好調のようで、任天堂の株高にも役立っているようです。

 

そんな、スイッチの特徴といえはジョイコン。

傾きや振動、赤外線など様々な秘密兵器が盛り込まれているのですが、もっぱら不思議なワイヤレスコントローラー程度しか使われていませんでした。

 

しかし!そんな状況に喝を入れるべく、この度任天堂が新しい遊びを提案!

 

それが

 

 

ニンテンドーラボ!

まさかのダンボール!

 

簡単に説明すると、ダンボールを組立てジョイコンを設置、ダンボールをいじりながら遊ぶという

 

説明だけだとサッパリだ!

 

 

 

こういったものは動画で見るに限ります。

 

ええ、ワクワクします、ワクワク。

というか、「できるかな」や「つくってあそぼう」の類じゃないか!

やられた!

 

とりわけ、タダ同然のダンボールに価値を付けるという所業は唸ります。

ともかく、ジョイコンの潜在能力と可能性をフルに生かした代物になる事は間違いないようです。

 

デモンストレーションソフトの意味合いが強いですが、本作を契機にジョイコンを活かしたゲームが登場することを期待しています。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。