Mの国より愛を込めて

日本のチベット Mの国より
映画の感想やゲームの散財など
Mの国のホットな話題もあるよ!

NEW !
テーマ:

三大オーケストラの一つに数えられるロイヤル・コルセントヘボウ

そんな彼らと共にカメラがツアーに同行することに

そして、彼らの音楽を聴きに来た人々にもそれぞれの思いがあった

 

 

 

 

 

http://rco-movie.com/

 

 

鑑賞日 H28.8.17

映画館 キネマ館

 

ストレスがかかる現在社会において癒しは何事も代えがたいものの一つ音楽。

とりわけ、大人数で奏でられるクラッシックは多くの人を魅了して止みません。

そんなオーケストラの頂点として数えられるのがウィーンフィルとベルリンフィル、そしてロイヤル・コルセントヘボウの三つ。

本作はそのロイヤル・コルセントヘボウのツアーを追ったドキュメンタリー映画。

オーケストラのドキュメンタリーは非常に珍しいのですが、それだけではないようです。

 

本作のポイントはクラシックがある生活。

創立125年を迎えたロイヤル・コルセントヘボウ。

それを記念して世界ツアーを行うこととなり、その記録映像を残すことに。

そして映像はコンサートの様子と彼らのインタビュー、そしてコンサートにやってきた人々を映していく。

 

彼らの音楽を聴きに来た人々はどう音楽と向き合ってきたのか?

 

本作はロイヤル・コルセントヘボウの演奏とメンバーのインタビューだけでなく、その音楽を聴きに来た人々にもスポットを与えるという斬新な作品となっています。

クラシックといえばハイソな人々のみが聞く音楽と思われがちですが、様々な人々が彼らの音楽を楽しみにしていたようで?

 

見どころは後半、マーラーの楽曲。

マーラーに傾倒する一人の男。

懐かしい思い出と苦い思い出か混在する中、彼の目の前で高らかにマーラーが演奏される。

クライマックスだけあって、楽曲も非常に力があり、見る人を圧倒してくれます。

 

気になった点はロイヤル・コルセントヘボウの記録映像としては弱い事。

数十人いるメンバーのうちインタビューを受けた団員はわずか数人、おまけに比重が非常に軽く、聴きに来た人々よりかなり短めになっています。

ふつう逆じゃね?

その分、冒頭に登場するシンバルの人はその後ネタになっています。

わずかな出番にすべてをかける!

いや、間違っていないけどね~

 

クラシックの記録映像としてはやや物足りなさを感じますが、着眼点は非常にうまい本作。

一流の音楽を聴きに来る人は千差万別、それだけ人々に人生があるというものです。

超一流でなくてもオーケストラが奏でる音楽は何事にも代えがたいもの。

一度は生の音を聞いてほしいところです。

 

 

 

 

 

 

オーケストラ繋がりでチョイス。

共産政権時に解散させられたオーケストラがひょんなことから再出発する作品。

復活に四苦八苦する様子は笑えると同時に心を打ちます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新入りのデュークといがみ合っている最中、保健所に捕獲されてしまったマックス

そんな彼らを助けてくれたウサギ スノーボールは人間への復讐を計画していた

一方、マックスの友達たちは彼の捜索に乗り出すが?

 

 

 

 

http://pet-movie.jp/

 

鑑賞日 H28.8.21

映画館 セントラル

 

ストレスが多い現代社会において、一服の癒しといえばペット。

必死に愛情を振りまいてくれるヤツもいれば、こちらにお構いなく知らんぷりするヤツまで。

ともあれ、そんな彼らを愛でることで人間は癒しを得ています。

 

しかし、ペットを飼うことは彼らの命に責任を持つことと同じですから、最後まで面倒を見ましょう。

 

とはいえ社会生活を送っている人間は彼らを家に置いたまま外へ出かけなければなりません。

愛情を注いでいるんだから、彼らもお利口にしている・・とは限らない?

 

本作はそんな人間の知らないペットたちの生活を題材とした作品。

ミニオンズの大ヒットでノリにノッっているユニーバサルスタジオの作品です。

なお、本編上映前にミニオンの短編もあるのですが・・実にミニオンらしい話となっています。

 

本作のポイントは反逆の野良。

元々捨て犬だったマックスは拾ってくれたケイティと大の仲良し。

ところがある日、保健所で保護されていた大型犬デュークを引き取るものの、体格にものを言わせる彼に怒り心頭のマックス。

その翌日、散歩ヘルパーと共に外出した二匹は喧嘩しているうちに野良ネコのたまり場に迷い込んでしまう。

そこで首輪を切られた二匹は野良と間違われ保健所職員に捕獲されてしまう。

うろたえる二匹だったが、突如現れたウサギ スノーボールの機転により二人は助け出される。

そんなスノーボールは自分を捨てた人間に深い怒りを持っており、野良動物の軍団を結成。

マックスとデュークは無事家に帰るため、野良と偽って彼らのアジトに向かうことに。

一方、マックスの友達であるギジェットはマックスの捜索を決意、仲間と共に顔が広い老犬の元に向かうが?

 

果たしてマックスとデュークはギジェット達と再会し、無事ケイティの元にたどり着くことができるのか?

 

本作は動物たちが主人公ということもあり、非常に愛くるしい動物たちが沢山登場!

・・なんですが、腹の中は結構ドス黒いお茶目なヤツもいます。

その象徴はやはりスノーボール、見た目は可愛らしいウサギちゃんなのですが、人間への復讐に燃える危険動物です。

(なお、声はフリーザー様兼ポロリの人)

 

本作の見どころは中盤、老犬の案内。

マックスたちが野良のアジトに居ることを突き止めたギジェット達は老犬の案内でその場所に向かうけど・・

非常にアクロバティックな道中で、見る方がヒヤヒヤ、けど老犬はマイペースという対比が実に面白いシーンです。

もう一つはソーセージランド、詳しくは説明しませんが、狂っています、ええ。

 

気になった点はペットたちの隠された日常とは言えないこと。

本来は予告編みたいな内容がずっと続くものと思っていたのですが、そういったシーンは冒頭の5分間だけ。

その後は大冒険になっていくので、これはこれで楽しいのですが、人間が見ていない動物たちの生活というアプローチではないのはちょっと残念です。

 

展開も面白く、ノリもよいため子供から大人まで楽しめるため、ファミリー向けとしてはこの夏一番の作品だと思います。

やはり素直に笑えて楽しい作品は良いものです。

 

 

 

 

 

野良つながりでチョイス。

雑種犬に税金がかかるため、捨てられた犬たちが人間に逆襲するというお犬様万歳映画。

ヒロインがちょいと情けないのがアレですが。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週月曜日はジャンプの発売日!

 

お盆明けの号ですが・・

 

昨日やった?

いやいや、実はジャンプ本誌以外にもう一冊発売されていまして

 

 

こち亀40周年の特別号です。

3号というのも、両さんの眉毛をモチーフにしているからですね~

 

というわけで、中身は勿論すべてこち亀!

ほとんどは再掲載ですが、最初はちゃんとこのために書かれた作品となっています。

 

というか日暮すっかり忘れていたわ。

これを見ずにオリンピックは終われない!

 

再掲載の漫画もジャンプ作家陣オススメの作品ということもあり、非常に面白いモノが揃っています。

 

ただ、ボリュームが普通のジャンプと同じくらいで、値段が500円というのはちょいと高いような~

 

というか、昔発行していた「kamedas」の劣化じゃね?というのは無しだ!

あっちはボリュームも値段も4倍くらいするから!

 

ともあれ、40周年ということで、舞台やら色々企画されているみたいなので、盛大に盛り上げていってほしいところです。

 

・・4年後の東京オリンピックでは日暮はちゃんと出るよね?

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週月曜日はジャンプの発売日!

お盆休み明けの号ですが、間が空いた新連載陣がスタート。

 

(最初は「新連載陣も最後」と書いてしまっていた~)

 

 

 

 

今週スタートはラブラッシュ。

異様にモテる主人公が人間だけでなく人間以外の女性にもモテるという代物。

絵はまあまあだけど、設定がけしからん荘に似てるのが色々残念。

ニセコイの後釜狙いだったかもしれないけど・・

 

しかしながら、この設定昔見たような~

 

あ、「天外君の華麗なる悩み」だ

遺伝的にモテるって、ほとんどそのまんまじゃないかー

アクセントに「サクラテツ対話篇」といった塩梅かな?

 

 

ハイキュー!は宮城選抜の強化合宿も大詰め。

監督の宣言通り、練習に参加できなかった日向だけど、得るものも大きかったようで。

後は相方だけど、やっぱり荒れるのかねぇ

 

ワンピースは誰もが忘れていた設定きたー

しかし、紙切れ一枚にも力があるのね

とはいえ、今度の敵は強そうだけど、やり合うのかな?

 

センターカラーのブリーチはついに最終回・・!!

その後のみなさんだけど、ユーなんたらがどうしたって?

しかし、これってボルトみたいな事になるのかね?

 

あと、実写映画になるみたいですぞー

テラフォーマーズみたいにならなければいいけどねー

 

火ノ丸は石神から稽古の申し出を受けたダチ高

やっぱりスポーツ漫画の真骨頂は戦ったライバルは戦友だな!

あと、個人戦もクライマックスみたいだぞー

 

ネバーランドはまだまだ助走期間。

脱出するまでが長そうだけど、飽きられないかヒヤヒヤです。

あと、ママは実は良い人というオチなのかな?

 

センターカラーのヒーローアカデミアはライバル紹介の続き。

そしていよいよ仮免試験だけど、お約束の展開に

モブどもはすっこんでろ!

 

ブラッククローバーは魔法帝に報告だ!

けど、アスタは両腕が折れているのに連れ歩いて大丈夫か?

そして、ライバルの成長の程は?

 

ワールドトリガーは生駒の旋空を何とか防いだ遊真

けど、射撃並みにリーチがある斬撃ってロマンすぎる!素敵!

次は王子隊のターンだけど、修はどこに行った?

 

こち亀は孤島のリゾートから。

こういった曲芸飛行を見るとパイロットウィングスを思い出すねぇ。

後半はほとんどおまけかな?

 

強力なライバルが現れたけしからん荘は勉強に勤しむ学生諸君。

まあ、また狸が余計な事をしていますが、とばっちりを受けたのは?

けど幽霊でも料理ができるのね。

 

ソーマは次の試験は11傑とやり合うそうで。

ようやく凄い技が繰り広げるのかな?とおもったら相手が・・

絶対何かあるな、そして裏切るな。

 

トリコは自分の食欲すら食べてしまったアカシア。

究極生物に近づいたっぽいけど、副作用もありそう。

そしてビックリのカミングアウトがーまあ分かっていたけどさ。

 

今週でブリーチがついに終了!

ニセコイといい、ジャンプを引っ張ってきた漫画の終了は実に寂しい限りです。

これらを超える作品たちが登場してくれることを期待したいと思います。

 

 

 

 

 

これってひょっとしたらバクマンの新妻エイジが言っていた漫画のリサイクルですかね?

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

近年増えている周年イベント。

ファミコン登場以降雨後の筍のように登場したゲームたち。

そしてその中には今日でも名前が知れているゲームも数多くあります。

 

さて、ある名作ゲームも周年記念ということで、新展開が!?

 

 

 

 

あの「ぷよぷよ」がRPG・・だと・・?

 

http://www.famitsu.com/news/201608/19113640.html

 

テトリスと並ぶ落ちモノパズルゲーム「ぷよぷよ」が今年誕生25周年!

それを記念した最新作が登場するのですが、モードの一つにRPGモードが追加され、アクションパズルRPGという触れ込みみたいです。

 

なんだかんだ言っても日本人に人気のあるRPG、ぷよぷよと掛け合わせるなんてなんて頭の良い企画なんだ~

 

・・って、ちょいまて!

元々がRPGだろうがぁぁ!!

 

 

何のことかさっぱりの人に説明すると、ぷよぷよは元々「魔導物語」というRPGから発生したゲーム。

「ぷよ」も「アルル」も「カーバンクル」も「スケルトンT」も魔導物語に登場したキャラクターです。

 

 

まあ、当時は敵キャラクターのグラフィックがリアル調で気持ち悪さ爆発。

おまけに倒し方も結構グロいので、ぷよぷよで彼らを知った人にとってはショックかも。

 

ともあれ、せっかくぷよぷよ25周年なのですから、その原点である魔導物語にもスポットが当たっても罰は当たらないかと思います。

 

旧コンパイルの罰が当たる?

いや、そんなこと言わないで・・・

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。