コメント受付中

認証後掲載させて頂きます。
コメントを頂きましてもご返事が出来ない場合がありますのでご了承下さい。


テーマ:
古代日本は太陽信仰をしていた。

日本語上古代文字(神代文字)考

日本のアヒルクサ文字は宇宙エネルギーのさまざまな波動状態を視覺化したものらしいの。其のアヒルクサ文字が大地に刻まれたところには、宇宙エネルギーにかかはる何かの祕密が隱されてゐるらしい

ロスチャイルド家の當主エドモンドが、なせ日本の神代文字に興味を示すのか解せなかった。然し、ロスチャイルドの人間が神代文字の資料を集めてゐる事は、別のルートの情報からも明らかだつた。聞くところによれば、私が彼女と會ふ何年か前、東京・原宿にあるコンピュータ・ソフトのメーカーがアヒルクサ文字ソフトを凡そ二千本つくったと云ふ。私白身は其のソフトの實物を見た事はない。が、其れらは歐米に輸出されて、一つ殘らず賣れてしまつたと云ふのだ。日本ではぼとんど誰も買ふはずのない其のやうなソフトをメーカーが製作した事自體とても信じられない事だが、其れをまた歐米の研究者がただちに贖入したと云ふのも奇妙な話である。私は思った ― おそらく其のソフトは今、亞米利加を中心に卷き起こってゐる猛烈な古代文字解讀ブームの最中に、此のブームを演出してゐる國際ユダヤのプロデューサーが日本の古代文字 ― 神代文字に注目して發注したものに違ひない、と。

神代文字」&「五月満月祭」&「葦嶽山」&「シャンバラ」


皆神山の謎・最新情報 2010.10.22 ③ 三輪山、太陽信仰、蛇信仰
 

東洋のイルミナティが、日本のイルミナティ(龍族・天皇)の世界制覇の野望を潰すことができた。天皇に代表される日本の皇族は、正式なイルミナティの13族の一員として認められてこなかった。日本の皇族は直径のレムリアのレプタリアン後継だと主張するが、この部分と龍族と天孫降臨天皇の相関を理解しないとプロパガンダの思う壺となるのです。

そしてマヤンカレンダーの終焉と言われている2012年は日本の干支で龍だ。

2007/10/21 葦嶽山 鬼呼山 鏡岩 太石柱

 

この↑のクリップはオイラが2007/10/21に3度目の葦嶽山に登頂した時に向かいにある巨石群の鬼叫山の鏡岩と「方位石」を撮影したものですが、クリップの再生時間 1:50/3:12 から「方位石」の十字に割れている方角が春分の日秋分の日に「太陽ライン」が見事に描かれる。

なんと!!この葦嶽山には古代文字の阿比留草文字が残されていた!!

この山に今は亡き神谷と言う男と登頂すると不思議な現象が起きた。

そして鏡岩を撮影したビデオのひとコマに古代日本人の神示の様子がカラーではっきりと写りこんだ。

阿比留草文字と葦嶽山の巨石

また今はなくなっているが、鬼叫山から向かいの葦嶽山(日本ピラミッド)を望むところには鳥居があり、その鳥居をカメラで撮影したら、なんと黄金の光の玉が映りこんだ。

その不思議な能力を持った男は今の「全米ユダヤ人協会」を猛烈に批判していた。

そして阿修羅に光を放った。

全米ユダヤ協会は本当のユダヤではない

この3日後に自宅の前にUFOが出現した。





オイラは小型UFOに意識を読み取られて「龍のノイズ」が現れて、不思議な体験と不思議なご縁が数珠繋ぎダス


イタリアのUFOコンタクティのカヴァロ氏がクラリオン星人から教えれた人類誕生の秘密には人間のDNAに霊性を高める為に爬虫類のDNA操作が施された内容がここで初めて理解出来るのか?

【永久保存版】大神神社と龍神と天皇と宇宙人&昨日、ダウンロードされた内容

西洋VS東洋の龍の真意

人類の創成とアヌンナキと龍



●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

グラハム・ハンコックさんは『人類の発祥、神々の叡智、文明の創造、すべての起源は「異次元」にあった』(徳間書店刊)の中で、アヤワスカというシャーマンが使う植物幻覚剤を服用したときの体験を語っています。ハンコックさんは、変性意識状態で出会ったのはアナコンダのような巨大な蛇で、それもものすごい知性を備えた爬虫類だったと言っています。

 最近、龍蛇族に関する2冊の本が出ました。著者はともに淺川嘉富さんで、『龍蛇族直系の日本人よ!』(ヒカルランド刊)と『世界に散った龍蛇族よ!』(ヒカルランド刊)です。
 浅川さんは、『龍蛇族直系の日本人よ!』を書き上げる過程で、幣立神宮や伊勢神宮、熊野神宮といった日本神話につながる古き神社を訪ねる一方、日本書記や古事記、さらには先代旧事本記大成経や日月神示などを調べていったそうである。

 その結果として、浅川さんは序文の中で、次のように書いています。日本神話に登場する「」なる存在が単なる空想上の生き物などではなく、宇宙や神界に実在する高度な生命体であることがしだいに明らかとなってきた。そればかりか、彼らが人類の創造にかかわられた聖なる存在であることも知るところとなった。と、述べています。

 そして、今回のニュージーランドの先住民ワイタハ族の聖地と、メキシコ、グアテマラの先住民ジッシュ・バラム・ケの遺跡を巡る旅は、「」なる生命体の実在の証と、龍神系の神々、国常立尊や天照大御神による人類誕生劇の神話や伝承を確認するためであったが、両方の旅とも想像以上にきつかった、と回想されています。

 これらの話に共通していることは、人類創成に龍、蛇など爬虫類人がかかわっていることです。この爬虫類人は、宇宙人でもあります。興味深いことです。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●



シュメール文明の謎

 



これらの日本神話に隠された秘密には「22を超えてゆけ」に見られる龍のノイズでハンコックやエハンさんのアヤワスカで入る異次元の扉の番人が龍であると言う部分とリンクしている。


22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険
辻 麻里子
ナチュラルスピリット
売り上げランキング: 32869




⑥日本人が本来持っている「鍵」とは?
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-0d2e.html より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●




我々シュメールの神官も、あなた方の祖先たちも、共通する宇宙への認識を持っていた。それが、絶えず循環する「」の概念である「」の認識であった。この世界の本質とは直線ではなく、すべてがでありスピン(回転)であるのだ。

 あなた方の意識の本質は常に象徴的な世界である。
   そのゆえに、よりシンボリックな次元に至るほど、魂はその本質の力を目覚めさせることになる。その当然の条件として、研ぎ澄まされた感覚が必要となる。一つの中から無限の情報を読み取るためには、体を耳にして、体全体でそれを感じる能力が必要になる。そのようにして感じる共感が、今後すべての人類に必要とされる能力であり、新たな世界の基礎となる。あなた方の体は本来、そのために必要な高精度のアンテナなのである。

「ガイアの法則 Ⅱ」 千賀一生著 ヒカルランド 抜粋 

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●






AD
いいね!(3)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。