共産党機関紙の配布をめぐる国家公務員法違反事件の判決があった13日、東京高裁前には労組関係者ら支援者が詰め掛けた。法廷で主文を聞いた弁護士が「不当判決」と大きく記した紙を掲げて報告すると、司会役が拡声器を使い「大変な怒りを感じる事態だ」と批判。支援者らは肩を落とし、ため息をもらした。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「国家公務員の政治的行為の制限」
懲戒処分は757人=09年の国家公務員
警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い
元社保庁職員に逆転無罪=「機関紙配布、処罰は違憲」
役員から国会議員一掃=国保中央会

<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)
全日空商事元社員を逮捕=架空取引で9000万円詐取容疑-警視庁(時事通信)
<一酸化炭素中毒>塗装会社社員が死亡 新日鉄君津で作業中(毎日新聞)
<生きる>心癒す弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)
普天間、大枠合意へ調整=月内に外務、防衛相会談―日米(時事通信)
AD