元旦から働く男

テーマ:
何だかんだで2006年も今日で終わり。
感慨深いものがある。
8月からmamiさん の手伝いをするようになって、いろんな人に出会った。
中には胡散臭い人もいたけど、総じてmamiさん を何としてでもサポートしようという、意識を持った人達。
オレが抜けているところを氣づかせてくれたり、夢を追いかける大切さを改めて教えてもらったり。
何ものにも代え難い、濃密な4ヶ月だった。

そして31日。
ホントは、大掃除をして氣分よく新年を迎えたいところだけど、元旦にバイトを入れてしまった。
この時期だから、多少は時給に色をつけてくれるのを期待してたのに、日給7000円也。
まあ、年末の勢いをそのまま来年に持ち込むにはいいんじゃないかな。
問題は(というほどでもないか)、駐禁対策のバイトだってこと。
ドライバーさんが配送に言っている間、助手席で大人しく座っているだけってヤツ。

今回に限って、いろいろと注意事項があって、
・ドアの開閉は後ろをチェックして行うこと
・シートベルト着用(←当然のことだと思うが)
・昼食持参(←これは前もそうだった)
・制服・制帽着用
・ドライバーさんの邪魔をしない(←これの意味が今イチわからん)等々。

あと面倒なのが、現場到着の際にサンレディース
と相手先に連絡携帯を入れるというのがある。
ドライバーさんと合流したらサンレディース
に連絡携帯、終了時にサンレディース
と相手先に連絡携帯
出発コールを入れると、都合6回も連絡携帯を入れることになる。

待ち合わせ場所が新宿2丁目のど真ん中というのには笑った。
この時期、この時間(仕事は06:30~15:30)に、あの辺をウロチョロしててダイジョブなんだろうかにひひ
ナンパされないように氣をつけよう。

ということで(?)今年もあと残り12時間余り。
こんな拙いブログに付き合ってくれてありがとう。
来年もシクヨロ!!!!
より高みへ羽ばたけるよう、luvRockは邁進いたしまする<m(__)m>

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)
AD

コインランドリーで

テーマ:
乾燥機をかけている間に本屋に行ってきた。
Mac関連の本でも立ち読みしようかと思ってたら、見慣れない仮面ライダーの姿。
たぶん次のライダーなんだろうなぁ~と思いつつ、ちょっと氣になってページを開く。
その名も、仮面ライダー電王
名前はまだいいとして、今度のライダーは電車に乗ってやって来るというのはどうよ。
この設定の時点で、すでに仮面ライダーではなくなってるし。
初代ライダー世代としては、バイクアクションあっての仮面ライダーだと思うんだよなぁ。
何かオモチャ会社とのタイアップ見え見えの設定。

den-o1.jpg
う~ん微妙┐(´ー`)┌

んで買い求めたのは
エリザベス キューブラー・ロス, デーヴィッド ケスラー, Elisabeth K¨ubler‐Ross, David Kessler, 上野 圭一
ライフ・レッスン
臨死体験を研究した精神科医。

ニール・ドナルド ウォルシュ, Neale Donald Walsch, 吉田 利子
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
を書いた著者とも親交のあった人。

特に意識して本を買うわけじゃないけど、本の著者が思わぬところで繋がっているのが面白い。
まるでサークルを描くように。
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
聖なる予言
ジェラルド・G. ジャンポルスキー, Gerald G. Jampolsky, 大内 博
ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない
も親交があるそうだ。
(^_^)3 フムフム。なかなか面白い展開だこと。
また全部持ってるんだな、これが。
実家に置いてきた本もあるけど、正月三が日で読み返してみるのもいいかな。

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)
記事URL
AD

お疲れちゃん♪

テーマ:
この前夜勤をしたところで、半日のバイト。
時間的には半分なのに、やけに時間が経つのが遅く感じた。
時計にばかり目がいって、「10分しか経ってないや」とため息をつく。
今日で仕事納めなのか、片付けがほとんど。
休憩がないことが判明したときの脱力感といったらなかった。
五分でいいから、タバコタイムをくれ~!!という心の声をグッと飲み込んで、黙々と作業を続けた。
このまま日当を受け取りに行こうかと思ったら、今年の支払いは昨日で〆切だったorz
ということで、歩く気力を削がれたので、用賀駅まで戻ってバスに揺られているのであったマル
AD

パソコン前がクリスタルだらけ

テーマ:
楽天市場の光の部屋@石家 というところで、2007年開運福袋を購入。
届くのは年明けだと思っていたら、今朝届いてしまいました~。
アメジスト水晶グリーンフロライトトルマリン等々7種類のクリスタルが入っていた。
浄化用のセージ(ハーブを乾燥させたもの)までついて5000円。
どうですか、お客さん。

デジカメで撮ってみたんだけど、フラッシュをたくと真っ白けで、たかずに撮るとボケボケ。
やっぱ1万を切るような安物じゃダメダメだ。
お金を貯めて、もっといいデジカメ買おうっと。
ホント、こんだけクリスタルが並ぶと壮観だニコニコ

などと、のんびりしているところへ(内心バイトでも入れようかと考えてた)
サンレディース から電話携帯
タイミングがいいんだか、悪いんだか。
「明日、どうですかはてなマーク

部屋の片付けもしたいけど、ちょっと計算外にお金が飛んでいってしまったので、引き受けることにした。
場所は日曜日に夜勤をやったところ。
08:00~14:00の半日勤務はいいんだけど、お決まりの出発コールが06:00だぜ。
何時起きしなきゃいけないんだかσ(^◇^;)

大晦日とか三が日とかもバイトあんのかなぁ~
たぶん普段の日より時給とか日給とか高いよなぁ~
どうせ寝正月だから、働こうかなぁ~

ちなみに、せっかく顔張って起きてたのに、オーラの泉 が始まった途端に寝てしまったしょぼん

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)

mamiさんと共演する

テーマ:
夢日記(Akira_de_Po~n!!!! )の方で書き込んでたんだけど、ちょっと早い初夢ってことで。

現時点では同じステージに立つことなど、畏れ多いというか出来そうもないけど、夢の中でなら、話は別。
いつもは小畑さんというピアニストとのLIVEが多いけど、今夜はフルバンド。
オレはギターを抱えて、コーラスもやる。
そこへ、ゲストパーカッションのブバさん登場。
この人はジャンベというアフリカの太鼓をエモーショナルに叩く。
叩き続ける。
それがドラムのビートや心臓の鼓動と相まって、会場を包んでいく。
mamiさん の歌声が優しく、そしてときに激しく包み込む。
一音一音を大事に、最後まで歌いきろう。
アイコンタクトで、そう言っているのがわかる。
今夜も最高のヴォーカリストでありますように。

以上、クリスマスの夜の夢でした。

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)

ボケボケでんなぁ〜

テーマ:
てっきり昨日が水曜日だったと勘違いして、オーラの泉を見損ねた氣でいた。
(。)ホヨ?今日は何日はてなマークiCalを起動。
なぁ~んだ、28日の水曜日じゃん。
日曜日に夜勤をしたから、曜日の感覚が狂ってたぜ。

それと何か今月は懐に余裕があるなぁ~と変に感心していたら、OCNの料金を支払ってなかった。
危ない、危ない。
ネットがオレと社会を繋ぐ唯一の手段だというのに、停められるところだった。
憶えてるうちにコンビニに行っとかないとだな。

何とか最後の三日間で部屋の大掃除をして、氣持ちよく新年を迎えたいもんだ。
そう言えば、ゴミ出しの最終日はいつなんだろはてなマーク
集積所に張り紙がしてなかったような……。

今朝は用もないのに、午前5時前に起きて燃えるゴミを出してきた。
出来れば、金曜日の資源ゴミの日までやってるといいんだけど。
せっかく雑誌とか新聞をひとまとめにしてるんだから、そのまま新年というのは避けたいな。

あとやり残したことは……いっぱいあるけど、順番に片付けていこう。
今更焦っても仕方がない。
オレの場合、器用貧乏というか、何でも出来るんだけど、秀でたところがない。
それがかえってコンプレックスだったりする。
歌うことに関しては、多少の自信はあるけど、そこはそれアマチュアの域を出ないから。

話はコロコロ変わるけど、最近過眠氣味というか、しじゅうネ、ネムイ‥メヲ、ゴシゴシ(-_\)(/_-)ゴシ
もしかしたら、年明けの診察でまた減薬になるかも♪(/゜)/ ̄ハィ♪
と言っても、テトラミドが2錠から1錠になるだけなんだろうな。
何故アナフラニールが処方からはずれないのか疑問じゃぁ。

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)

日当の受け取りに池袋まで

テーマ:
三日分で2万4千円とちょっと。
もっと引かれるかと思ったけど(所得税と安全費で100円ずつ)いいんじゃないの~すっごくニコニコ
それにしても、今日の天氣の悪さ。
雨は仕方がないとしても、風も強い。

確かmamiさん湯島でお仕事。
松葉杖で大丈夫かなぁ~はてなマーク
前に松葉杖だったときに席を譲ってもらえなかった話を聞いたことがあるので、不安だ。
普通席を譲るでしょ、松葉杖ついてる人が立ってたら。
この国はホントにダイジョブなのか!?と思ってしまう。

「こりゃ介助で同行した方がいいのかも」と思っているところへタイミング良くmamiさん から携帯
「一緒に行ってくれる人がいるので、大丈夫」とのことで、ひと安心。
駅まではタクシーを使うにしても、階段なんか大変だからね。
普通に歩いていても、大変だったもの。
幸いなことに、オレは今まで松葉杖を使うような怪我をしたことはないけど、大変なのは想像がつく。

電車の中では斉藤一人の幸せセラピー(Amazonの検索でHitしなかったので、文字だけね)を読んでいた。
斉藤一人さんが喋っているのをネットで聞いたことがあるんだけど、口調が落語家みたい。
言ってることはいちいちごもっともで、氣づかされることが多い。

命という言葉を見てごらん。
「人は、一度は叩かれる」と書くでしょ。
人は、この世に生まれてきたら、一度は試練を受けるようになっている。
だけど、これが絶対乗り越えられる試練です。
神さまは、その人が乗り越えられる試練しか与えない。


時々人って、世の中で自分だけが不幸だって思いがち。
オレも世界中の不幸を背負っているような氣分でいたことがある。
それでも、あーだこーだと足掻いて、もがいて、何とかなってるからね。
まあ、周りの人達にいっぱい迷惑をかけてるけどさ。
こうやって無事に年の瀬を迎えられることにも感謝、感謝。
さ~て、部屋の掃除をするぞ

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)

クリスマスイブに働く男

テーマ:
待ち合わせは用賀駅に22:00。
祖師ヶ谷大蔵から用賀駅まで直通のバスバスが出ているので、それに乗っていくが乗客はオレひとり。
夜の道路を誰を乗せるわけでもなく、バスバスは淡々と進んでいく。
途中でひとり乗ってきたが、それだけ。
何かすっごく違和感を感じる。

到着の連絡をあらかじめ教えてもらっていた携帯に入れるが、「電源が入ってないか、電波の届かないとことにいます」というメッセージ。
意味ないじゃん!!
仕方がないので、他の誰かが来るのを待つことにする。
用賀駅の改札からは、クリスマスイブを何処かで過ごしてきた人達が次々と吐き出されてくる。
これから仕事なんですけど(〃_ _)σ∥イヂイヂ・・・

FAXしてもらった地図によると、今夜のバイト先は中央卸売市場の中にある。
砧公園世田谷美術館のすぐ傍。
用賀駅に回った方が遠回りのような氣がちょっと……。

今夜は男5人。
やっぱお姉ちゃんがいた方が華があるっていうかさ。
何か違うじゃない。

地図を辿って歩く男5人。
オレは決して歩くのが遅い方ではない。
しかーし、前を歩いていくお兄ちゃん達との距離が、目に見えて開いていく。
えー!?ってなもん。

本日は花の仕分け作業でありまする。
楽勝じゃんビックリマークと思った、そこのあなた、甘い。
ひとつひとつは大した重さじゃないけど、自分の背よりも高いところに積み上げていくと、これが結構重労働なんだな、これが。
黙々と作業をしていたら、1時間も経たないうちに一回目の休憩。
30分あるけど、座って休む場所もないし、喫煙スペースタバコは灰皿が置いてあるだけ。
他のお兄ちゃん達は誰も吸わないから、コミュニケーションを取ることも出来ない。

このあと、オレだけ別の場所で作業することになったので、二回目の休憩を取り損ねた。
終了間際になって担当者に確認されて、~~~-y(^。^).o0○ プハァー2本分の休憩を取った。
それでも、他の人は作業をしているから、終わるまで休むと言うことが出来ない貧乏性な性格。

一緒に組んだ人が使えない人で、口頭で確認している傍から違うことをするので、(´ヘ`;)ハァだった。
1000番台と1900番台~3000番台に分けて台車に積んでいく。
単純な作業なのに、とんちんかんなことをやってくれる。
(^_^;)\(・_・) オイオイ、てな感じ。

と今夜は妙にジーンズがズリ下がると思ったら、股間にブランブランするものが。
エッ?(?_?)エッ?と思って確認すると、ベルトがちぎれてた。
梱包用の紐で簡易ベルトを作り、急場を凌ぐが、それでもズリ下がって氣持ち悪いったらありゃしない。
履いていたジーンズが生涯MAXのデブだったときに買った34インチだったので、今やブカブカ。
ジーンズは腰ではくという流行りには、トンと無関心というか、個人的にはちゃんと履きたいものがある。

7時を回った頃、競りのようなものが始まった。
変なものを見るような不思議な氣分の中で散らかったゴミの整理を始めた。
段ボールを片付けていると、担当者に「5Fの手伝いに行ってくれ」と言われたので、エレベーターの乗り、お兄ちゃん達と合流した。
花の位置を移動したり、さっき分けた花を番号順に並べ替えたりしているうちに作業終了の時間。
作業報告書に担当者が記入していくところで、1名行方不明であることが発覚。
何処でどんな作業をしているのか皆目見当もつかないので、そのまま「お疲れさまでした」と解散。

用賀駅まで戻ることも考えたが、距離的にはこのまま歩いて帰った方が近いような氣がしたので、お兄ちゃん達と別れてサンレディース
に終了の報告をする。
日当の支払いは28日までやっているとのこと。
このまま池袋まで行くことも考えたが、さすがに立ちっぱなしの作業で足の裏が痛い。
千歳船橋のマンションに住んでいた頃に通い慣れた道だったはずが、どうも記憶にある道と違うところに出てしまう。
オレって方向音痴だったかしらん。

公園でひと休み。
それにしても、オレって非力だよなぁ
毎回バイトのたんびに筋肉痛。
みんな「そのうち慣れる」って言うけど、ちっとも慣れない。
今日ももしかしたら、睡眠導入剤なしで爆睡出来るかも♪
担当医にも「疲れて眠れるようだったら、ロヒプノールは抜いてもいい」って言われてるしね。
これを書き終わったら、速攻で横になりまする~。
おやすみなさ~い。

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)

世離れしてるなぁ~

テーマ:
昨日サンレディース から「明日の夜勤に入れませんかはてなマークという連絡があった。
特に用事もなかったので「大丈夫です」と快く了承してしまったが、テレビを見ているときにハタと氣がついた。
(・o・)ゲッ!! 明日はクリスマスイブじゃんよークリスマスツリー
全然氣にしてなかったぜ。

まあ一緒に過ごす相手もいないことだし、関係ないねむっという感じだけど、スッカリ世離れしてしまっている。
16日が今年最後の診察日病院だったり、mamiさん LIVEが21日で今年最後だったりして、氣持ちの中ではもう今年は終わっていた。
大晦日前の大イベントであるクリスマスイブを失念しているとは……。
お金のかかる彼女と過ごして散財しているよりは、少しでも稼いで年を越すことの方が建設的ではある。

つくづく考えてみると、恋ドキドキをしてないよなぁ~。
ほとんど自宅愛好家だったから、出会いがなかったというのもあるし、ホント心のドキドキ感がない今日この頃だよ。
誕生日ケーキ、バレンタインデーチョコレート、ホワイトデー、花火大会打ち上げ花火、クリスマスイブクリスマスツリー
世の中にはもっといろんなイベントがあるんだけど、蚊帳の外の出来事だもの。
泣いちゃうぜ~(苦笑)

閑 話 休 題

iPod nanoで音楽を聴いてると、季節に関係なくクリスマスソングがかかる。
真夏の炎天下に
山下達郎, Irving Berlin, Alan O’Day
クリスマス・イブ
とか
B’z, TAKAHIRO MATSUMOTO, MASAO AKASHI, KOHSHI INABA
FRIENDS
に収録されてるいつかのメリークリスマスがかかって、軽く脱力してしまうけど、今夜はどんなにかかっても違和感がない。
と、カレンダーを見て、驚いた。
来週は大晦日。
マズイ、部屋が片付いてないや。

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)

心ない言葉はスルーしてしまおう!!

テーマ:
昨日一日爆睡している間に、mamiさん のブログは大変なことになっていたようだ。
心ないコメント。
他の人が怒ってくれたので、オレが改めて怒りを表明することもないんだけど、無責任なコメントを残す人に限って、匿名であったりする。
つまり、名前にリンクが張ってない。
言いたいことだけをいい連ねて、自分の発言に何の責任も持たない。
正直な話、こういう人に反応するだけ時間の無駄。
わかってない人(mamiさん のLIVEを体験していない人)に何を言っても理解することは出来ない。

例えば、21日の時点で、すでにmamiさん は右足を引きずっていた。
それを理由にするような人ではないことは、みんな知っている。
マネージャー(スタッフ)として心配だったのは、LIVEになると痛みを忘れてしまうこと。
歌っている間は痛みを感じないというのもあるんだろけど、右膝を屈伸したり、動き回っているのを見るだけでハラハラしてしまった。

案の定、右膝は内出血。
金曜日も横浜で仕事をするということだったけど、ロングスパンで考えるなら、今は少しでも足に負担のかかるような動きはするべきではない。
それでなくても、mamiさん の荷物は重い。
重い荷物を抱えて階段の上り下りをするのは危険きわまりない。
1ファンとして、スタッフとして、出来るだけ早く病院に行くことを勧め、横浜の仕事はキャンセルした方がいいと伝えた。
mamiさん は放っておくと無理をする。
そのブレーキをかけるのも、オレの仕事のうちかも。

心ない言葉は、書き込んだ時点で世界に向けて発信されていることを覚悟しなければいけない。
だからこそ、匿名であったり、名前を名乗ってもリンクがされていない時点で卑怯だと、オレは思うわけだ。
発言の自由と、自己責任をはき違えてはいけない。

mixiのコミュに横浜ホンキートンク・ブルースがある。
恐らく管理人は音楽ファンであって、ミュージシャンではない。
そこで、mamiさん バージョンの横浜ホンキートンク・ブルース についてトピックが立っている。
敢えて、mamiさん に伝えないようにしていたが、何処からかmamiさん の耳に入っていた。
オレがよそで書いたブログだったかもσ(^◇^;)

曰く
アレンジはJAZZ風。演奏はベース、ドラム、ピアノのみでシンプル。歌い手の人生経験が薄っぺらなものに感じられるところが残念。この歌は歌う人の生き方が厳しく問われることを覚悟しなければならない。

はあ~歌い手の人生経験が薄っぺらなものに感じられるだって!?
わかってないなぁ。
評論家を氣取る前に、mamiさん のLIVEを見に行きなさい。
LIVEを見れば、自分の発言が間違っていることを認識する。
間違いない!!

mamiさん の声(音圧と言うよりも波動)を聞いたら、何も言えなくなる。
必ずLIVEの最後に歌われるあなたに会えてよかったは、何度聴いても泣きそうになる。
本当に 本当にありがとう
このありがとうという言葉に包み込まれてしまう。
それは母性であり、人としての大きさであり、目に見えない力が作用して昇華されていく。
四の五の言ってないで、まずLIVEに来なさい。
それだけ。

すべての人にすべての喜びごとが雪崩のごとく起こる
(斉藤一人)
あなたがつねに美しい道を歩けますように
(アメリカインディアンの祈りの言葉)