東京外苑前オーラソーマ&女神のヒーリングスクールLove&Light

オーラソーマ®とレムリアンヒーリング®のスクールです☆オーラソーマで自分の輝きを知り、レムリアンヒーリングで愛と美と豊かさへの扉を開いていきましょう☆あなたの輝きが溢れていきますように☆


テーマ:
ヴォイスイーラーの第一人者である
渡邉満喜子先生 が旅立たれました。
あまりにも急な、突然のお報せでした。
今頃、先生のお通夜がしめやかに行われているはずです。
心からご冥福をお祈りいたします。

先生の声のワークショップに、友人のayanonさんに誘われて
訪れたのは、もう今からずっと前のことです。

暗く照明を落とした、音楽スタジオ。
そこで円陣になって、一人ひとりの本質の声を出していくワーク。
そして、先生が一人ひとりの声を感じて
メッセージをくださいます。

声は人それぞれです。
うめくような地底から出てくるような声
天界から降ってくるような天女のような声

最初は、自分の声って本当に嫌だな~と小出しにしているのですが
この際、全部出しちゃえ!!と
だいたい最後には周りの人の迷惑顧みず、
思いっきり解放させていただいてました。

渡邉先生のレッスンの中で
どうしても忘れられないシーンがありました。

ある男性の生徒さん、どうしても声が出ないのです。
出そうとしても、擦り切れたような音が少しでるだけ。
渡邉先生も、もう少し解放してみましょう♪♪、と男性に声かけるも
どうしても、声は出てこない。

すると先生は男性の傍らに席を移り
まるで介抱するように男性を抱き抱え、
お産婆さんのようにその方の背中を撫ではじめました。
するとまず、咳がたくさんでて・・・・

先生は、いいですよ~いですよ~
と優しく背中をなで続け、

やがて、咳と共に、か細い声が・・・

先生は声が産まれるのを介助し続けました。

声の出産を介助し続ける先生。。。
その時間は、1時間にも感じられるほど長いものでした。

そしてついには、
その男性そのものの声が、暗闇に響き渡りました。

参加者全員が、暗闇の中で目頭を熱くし
自分のことのように、言葉にならぬ感動を覚えていました。

先生は男性に、
“おめでとうございます。
今日あなたは再誕生されましたね”

とおっしゃいました。

私たちは、声の誕生、否
一人の人間の、本質の存在としての、再誕生に
立ち合う体験をさせていただいたのです。

その日私は、先生からとても不思議なメッセージを頂きました。
“さなぎから蝶になるような、変容の時期を迎えています。
非常に古い時代の地球の、女性性の、
シャーマニックなエネルギーを持っています。
それがこれから現われていくようです”

まだ私は会社勤めをしていて、
いわゆるバリバリのPRウーマンで
今のように、ヒーリングやカウンセリングの
ギヴァーの立場になる、ずっとずっと前のことです。

けれど、先生のメッセージをそれから何年も
忘れたことはありませんでした。
私が今の私になる予感を、一番最初に下さったのは先生でした。

一昨日から、オーラソーマの創始者であるヴィッキーさんの自伝
オリジン・オブ・オーラソーマ を読みなおしていたのですが、
ヴィッキーの持っているものと
渡邉先生の持っていらっしゃるものは、とても共通しています。

人の、魂の存在としての、再誕生のサポートを
慈悲深く寄り添い、魂の潜在力を信頼し
真にやりとげられる人だ、ということで。

また、お二人とも、人生の荒波を乗り越えられて、
その厳しい体験の後に、
自分を通してやってきた何かしらに自分を明け渡して
人の魂レベルの再誕生につながる、新しい癒しのメソッドを
世界にもたらし、人生を捧げられたのです。

そして今私は、とても小さな力ですが、
人の存在の、再誕生の一部を担うお仕事を
させていただいているのだと思います。

ぶれそうになる時があります。
迷いが生じる時があります。

そんな時にこれから私は、
声の、存在の、再誕生を介助されていた
渡邉先生のあの日の姿を思い出すことで
中心に戻れると思います。

先生のあの、慈悲そのものの姿。

人をサポートするとはこういうことだ。

ということを、深く心に刻む体験を頂けたことは
これからずっと続く私の人生の中で
とても大きな貴重なエッセンスになりました。

渡邉先生のご冥福を、心からお祈り申し上げます。
そして、
先生との繋がりの中で、得難い貴重な気づきを頂けたことに
心から、感謝をいたします。
先生、ありがとうごさいました。
いいね!した人