【ニューヨーク=松尾理也】米ニューヨーク・タイムズ社は24日、同社の傘下にある国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に掲載されたシンガポールのリー・シェンロン首相らをめぐる記事に問題があったとして、同首相や、父親のリー・クアンユー同国元首相らに謝罪したことを明らかにした。ロイター通信によると、同社は16万シンガポールドル(約1千万円)を支払うという。

 問題になったのは、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に定期的に寄稿している評論家フィリップ・ボウリング氏が執筆した2月15日付の記事。謝罪文によると、ボウリング氏は1994年、シンガポール政府との間で、シェンロン氏が首相の地位を得たのは父親のクアンユー氏の縁故によるものであると書いたり、ほのめかしたりしないとの合意を行っていた。にもかかわらず、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙記事は「シェンロン氏が実力で首相の地位を得たのではないと推測させるような内容を含んでいた」とした上で、「そうした推測は本意ではなく」、シェンロン氏やクアンユー氏に謝罪する、としている。

【関連記事】
「26日に米露首脳が電話会談」と米紙 新核軍縮条約で
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い
急加速の原因はブレーキとアクセル踏み間違え NYタイムズ紙で大学教授指摘
選挙の覚悟 シンガポール
中国のインド洋進出を警戒せよ

羽田空港、新ターミナル駅工事現場から激しい黒煙(読売新聞)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
<神戸市>震災再開発事業で初の行政代執行(毎日新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
山手線外回りが運転再開 架線トラブル(産経新聞)
AD