Let's Go! Forward!

   養子縁組した一姫二太郎の毎日

はーと 小5(10歳)の娘「おジョー」と年中(4歳)の息子「おボン」 はーと


2人はそれぞれ生後14日目でわが家にやってきました。

他に産んでくれたお母さんがいる、

という事実は自然な流れで子供たちに伝えています。

2人の可愛い天使たちとの楽しい毎日に笑い、時に涙し、

感動させられ、そして多くのことに気づかされています。

育児って楽しい^^ 子供って本当に可愛い^^


ほとんどは育児ネタ。

ときどき養子ネタが登場の我が家のドタバタ日記です。


 


テーマ:

 

 

先週の日曜日。

近所の教会へイースターのお祝いに行ってきた子供たち。

お菓子やタマゴをもらってきました。

 

 

てっきりペイントしてあるエッグかと思ったら、

イラストのシールが巻きつけてありました。

こんなイースターエッグが日本でも作られているのですね。

中身は固ゆでのタマゴです。

 

 

そして仲良くしているお友達からこんなプレゼントをおジョーがもらってきました。

 

絵や色を描くことができる木のタマゴです。

ラプンツェルが大好きなおジョーのためにお友達が描いてプレゼントしてくれました!

 

ハロウィーンも然り、イースターも日本でお祝いされる日が来るのでしょうか。

 

ハハ(←アタシ)はカラフルな卵やこの時期にたくさん売られる様々なバニーのチョコが大好きなので、

ハロウィーンよりイースターの方が昔から好きなのです。(そもそもお祭りとお祝いでは全然異なりますが。)

来年はいっぱいゆで卵を作って子供たちとカラーリングして、

庭でエッグハントをやろうかな。

 

 

( ̄ー ̄)//

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

幼稚園の新学期が始まり、

おボンより小さい年少さんが入ってきた。

 

園バスの送迎バス停にも新しい年少さんが2人仲間入りした。

 

初日にちょっと緊張した面持ちで現れた新しい年少さんママ2人。

すごーく若い!

あまりにびっくりしてその晩バァバにこんなことを漏らした。

 

「今度の新しい年少さんのママたち、めっちゃ若いんだよ。びっくりだよ。」

 

 

するとバァバは笑いながらこんなことを言った。

「何言ってるの。アナタが年寄りすぎなのよ!」

 

 

あぁぁぁぁ。そうだった。私が高齢だったんだ。

園バスのバス停仲間の中でもでもクラスでもおそらく一番高齢のハハ。

(いや、間違いなく最年長であろう。)

 

かぁちゃん、がんばるよ! 

まだまだ若いママとのお付き合いが続くからね。

 

 

 

早速やったことのない「ジドリ」ってのに挑戦してみた。

若い人たちには常識だって?

ハハはね、自分が写りたい場合には誰かに頼んで撮ってもらうもんだと思っているんですよ。

その辺にいる人を捕まえて「シャッター押してください!」って頼むんですよ。

え?「シャッターを押す」という表現も古いって?

 

 

なかなか難しいのねぇ。

おボンはとんがりコーンを指に刺して食べているし。

ハハはどうしても自分の目線が変なところに行ってしまう。

笑顔もひきつっているし。

 

 

そしてハハのパソコンは「ジドリ」と入力すると

「地鶏」という漢字にしか変換されません。

 

 

おい!パソコンよ!お前も年寄りかい。。。

 

 

 

 ヾ( ̄o ̄;)

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今週からおボンの2年目の幼稚園生活がスタートしました

初日までに全ての持ち物に名前とクラス名を記入して持参しなければならないため、

クラス編成は年少さんの最終日に知らされていました。

担任の先生は親子で一緒に登園した初日に知らされます。

 

幼稚園が大好きなおボンにとって短い春休みは長かったようで、

毎日のように「明日ようちえん?」と聞かれていました。

予想通り初日のおボンはうれしさのあまり小走りでハハの手を引っ張りながら幼稚園の門をくぐりました。

年中さんの教室は2階です。

階段を上がって教室へ行くことを知ると、目をキラキラさせながら颯爽と階段を上がります。

もう興奮は最高潮です。

それでも周囲には知らないお友達ばかり。

年少さんで同じクラスだった2人の男の子を見つけて一緒に遊び始めました。

きっとすぐに新しいお友達ができるね!

 

 

なんと、担任の先生はおジョーの年長さんでお世話になったあの先生でした!!

 

「うわ~!もしかしてK美先生ですか!?」 ハハが喜んで駆け寄り声を掛けました。

 

 

「あ!はい!そうなんですよ~!おボン君だよね。大きくなったね。

おジョーちゃんとおばあちゃまはお元気ですか?」

 

この先生、5年前に新卒でこの幼稚園に入ってきた年におジョーの年長さんを担当してくださったのでした。

あの頃は保護者の前で話をするもの緊張していて初々しかった先生も、

この日はとても堂々とそしてしっかりお話ができるようになっていました。

(勝手に上から目線で失礼。)

 

そしてまさにおジョーのこの年長さんの夏におボンが我が家にやってきたのです。

1学期ににはいなかったおボンは2学期からはハハのお腹にくくりつけられて幼稚園に登場するのです。

そんな今までお腹が全く大きくなかったハハが小さなおボンを連れて行くため、

周囲のある程度のママ友や担任の先生にはカミングアウトをしたのでした。

実はその頃おジョーが幼稚園生までは養子縁組をしていることは先生にはお話していません。

まだ子供同士で「養子」に関係する話やそこからイジメに発展することなどないと判断していたためでした。

また幼稚園は私立の為、かなり広範囲から園児が集まっています。

近所の人たちは我が家の養子縁組を知っていますが、

幼稚園には知っている人がいなかったです。

小学校は公立で近所の子ばかりが集まります。

また年齢的に「養子」という事実を面白おかしく言い始める可能性があるのは小学生あたりからだと思ったため、小学校では1年生の頃から毎年担任の先生には必ず養子縁組のお話をしています。

 

 

その5年前、おジョーを担任してくださった先生方に養子縁組の話をしたときの記事があります。

その時の様子はこちらから

 

カミングアウト前に幼稚園バスの先生から「なんでママは赤ちゃんを抱っこしているの?」っとおジョーが聞かれた時のお話 ⇒ こちら

 

幼稚園の先生に個人面談していただき、おジョーとおボンの養子縁組のお話としたとき ⇒ こちら

 

 

 

あの時にハハの腕の中で乳児だったおボンは元気いっぱい動き回る男の子に成長し、

おジョーと同じとてもステキな先生にお世話になることになりました。

 

 

 

 

おボンにとって楽しい1年になりそうです!

 

大きすぎて袖やらアチコチを縫って上げていた制服もすべて元のサイズにし今はぴったりです。

元気に大きくなりました!

 

 

 

自宅近くの桜の前で。

初日の月曜日はあいにくの曇り。

でも春休みが明けて待ちに待った幼稚園が始まったおボンの気持ちは快晴なり。

 

 

 

ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。