デュヴァル ルロワ ちょっと久々に飲んでみた。
例の家の近くにできた「やまや」で購入。

裾ものだけど、想像したより色調も濃いし、それなりのノワゼットの
熟成した香り、新鮮な果実味ではなく落ち着いた果実、というのか
酸も穏やかで、安心して飲めるブランドブラン。
最近あまりここのを飲んでないのだが、このすすんだ?ニュアンス、
並行輸入もの特有の劣化?でないと信じたいし、
そんな感じも、冷静に考えて飲んでも、しない。
きっと今のところはここで買うデュヴァル ルロワ、大丈夫そうだ。

大手はこの辺の落とし所、裾ものでもそれなりにまとめてくるのが上手、
でもここデュヴァル ルロワのスタイルは、モエ、ポメリー、みたいな
いかにも工業生産っぽさはないところは好感が持てる。

最もこの少し上の役付きクラス?を飲んでもそんなに印象は
変わらないのだが。
何度も言うけど、昔のジェスタン作のオーセンティスシリーズ、
あれは今飲むジェスタンのワインよりさらに素晴らしかった。
まあ、そのことは忘れよう。
もしかしたら家のどこかに最後の1、2本が残っているかもしれないけど。
AD



ちょっとモダンなマルゴーのワインを飲んだ後でサントリーワイン。
ジャパンプレミアムシリーズの最高峰のデュオダミ2011。

ラフィットとの共同作品といっていいものなのだろう。

新樽37%、樽熟成12ヶ月と控えめなのがいい感じだ。
日本のブドウのポテンシャルでは樽負けしてしまうだろう、という
潔さがここにある。

円やかで滑らか、静けさと冷涼感が実にいい感じに兼ね備えて、
余分に凸出するところのないのは、まさにラフィットへのオマージュに
ふさわしいと思う。

ヴォリューム感で言えば、先のフェリエールと似たようなものだが、
質感とバランスはこのデュオダミの方が上だ。
(まあ、価格も3倍だが・苦笑)。

飲んでてとにかく綺麗なワインで、すっきり感があるのは
まさに大手のシャンパーニュのブレンド技術と似たものを感じる。
メルロー主体だが、単一畑の岩垂原メルローと比べて、
凝縮感には劣るかもしれないが、球体的に外方向へと拡がる
存在感はデュオダミの方が格段に優れていた。

2014もこのアイテムは造られるらしいが、この2011、
価格さえ気にしなければ一度は飲んでみるべきだろう。
ただ根っからのボルドー好きからは物足りなさも感じるのは
否定できないから、できればブルゴーニュ好きが飲むべきワイン。

しかし、不作の2013あたりが、ボルドーの2級クラスで6000円弱で
入手可能(例えば僕はブラーヌカントナックとか好きだ)であることを
考えると、そう簡単に「ポチッと」いくわけにはいかない。

サントリーさんには色々お世話になっているけど、これはもちろん自分で
購入したワイン。
おそらく食事会やワイナリーツアーに招待していただけなかったら
巡り会い辿り着かなかったであろうワインである。
今回飲んでラフィットへのオマージュ、十分に感じます。
感謝♪

ただデュオダミ、食中酒としては難しい、っていうか
その価値が半減してしまいそう。
フレンチのソースにもステーキの油にも負けてしまう。
それこそ、シャンパーニュのブレンド、で思い出したが、
シャンパーニュのチーズシャウルスをつまみにオーディオを聴きながら、とか
あるいは京懐石をゆっくりいただきながら、グラスワインとして
旨味を共有する感覚、でいかないと難しいかもしれません。
AD


色めを見てもわかるけど、極めてエレガント系で綺麗なボルドー。
石灰のニュアンスも感じられ、周りが柔らかいのに、中心はゴリッとしっかり
していて面白い。
ブルゴーニュ好きでも楽しめるボルドー。
ま、しっとりとした水辺のニュアンスは山のブルゴーニュとは全く違うけど。

雨が多くて水っぽい悪い年らしいですが、これだけ中心がしっかり、
石灰のミネラルも十分あると、なかなか飲みごたえもある。

オーガニックの造り、らしいのですが、そのせいか、確かに薄造りですが
余韻は結構しっかりと長いです。

5000円くらいで買えるみたいですが、この手の非典型的な?ボルドーを
寝かせて経時変化を楽しむっていうのありかも?

クラシックタイプのだと買っても生きてる間に楽しめる気がしないので(苦笑)。
AD