2006-05-31 12:34:39

つまり、彦麻呂になれってこと。

テーマ:コピーライティング

さぁ、いよいよです!
ワールドカップ?違いますよ。
夏ですよ、薄着の夏!
お腹のまわりのお肉、
たるんだ二の腕、大丈夫ですか~
あ、僕もやばいです。
ちなみに夏はキライです。冬生まれなので。
 
夏が来ちゃう。どうしよう。
 
ファンケルのダイエット向けの
サプリメント
の広告より。
なんだか最近、お尻がブリジット・
ジョーンズ嬢みたいになってきているかも。
そんな方にとって、ドキリとする
メッセージでは?
 
何かとボディラインが気になって
あせりはじめるこの時期、いやな
タイミング。それだけに効果ありそうだ。
でも、皮下脂肪よりもっと怖いのがコレ。

 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
見えない腹巻を、
しているような気がする。

 
 
オムロンヘルスケアの<カラダスキャン>
広告より。内臓脂肪のレベルなど測る機器だ。
見えない腹巻をしているオッサンに
吠える犬
というシチュエーション。
「ほう、お前には見えるのか」と言うオッサン。
ユルイ感じのビジュアル(マンガ)が面白い。
 
それで「見えない腹巻」とは何だ?と、
そう思ってしまったら、見た人は
すでにキャッチコピーの罠にはまっている。
 
難しい言葉は使っていないけれど、
コピーだけじゃよく分からない、
いまいち想像しにくいのだね。
 
人間、よく分からないと
きちんと理解しようとする
よね。
脳が、つじつまを合わせようとするらしい。
だから、ボディコピーなどすみずみまで
見てしまうのだ。
 
そうさせてしまったら、この広告は
しっかり目的をクリアしていることになる。
見て読ませたら勝ちということ。
 
そんなコピーはどう考えるか?
この場合は「比ゆ力」かな。「見えない腹巻」とは
お腹回りのぜい肉ではなく、内臓脂肪のこと。
最近、メタボリック・シンドロームが注目された
から、内臓脂肪という言葉でもドキリとするけれど、
「見えない腹巻」と比ゆして、軽く混乱させる
ことで、注視させる
というのも良いアイデア。

 
比ゆ力を高めるには、どうすればいいか。

その方法までは分からないが、

これを他に例える(別の言い方をする)とどう言うか?」

という考える癖をつけて、その上で、イメージや言葉の

引き出しが多いと、いろいろなアイデアが浮かんできそう。
 
その他は、そうですね。
たとえば“味のIT革命や~”の
彦麻呂さん語録をチェックする
というはどうだろう。

 
んー、なんだか自信ないけど。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2006-05-26 13:28:51

方法が、目的になっていないか。

テーマ:仕事

目的と方法。この関係はというと、
方法は目的を達成するためにあるということ。
たとえば広告、これは集客をしたいとか、
新商品を告知したいとかいう目的を
達成するための方法。
 
そんなこと、分かっているつもりだが、
いつのまにか方法が目的になって
しまっていることってありません?
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
スポーツカー。
それ以上、以下でもない。

 
 
BMWのクーぺZ4の広告より。
ボディコピーには「広い室内はいらない。大きな荷物は
いらない…混じりけのないスポーツカー…」

ある。ナチュラルボーンスポーツカーということですね。
 
こういう表現は、商品に自信がないと
言えないよねというのはあるけど、
言葉、特に優れた、あるいはスペシャルな
イメージのある言葉だと、その意味や価値を

最大限に引き出すのではないかと、
そう思うのである。

 

その意味では、「お、そこまで言うなら…」と

興味をもってしまいます。期待感がグンと

持ち上がるでしょう?
 
以前、あるCDショップのDVDコーナーの
店頭でこんな手書きPOPを見かけた。
 
スティーブンキングはただの天才です!
 
「キャリー」や「グリーンマイル」の作者、
スティーブンキング作品の映画の特集コーナー
だったのだが、これを書いた方、いいセンスしてるなー
と思ったしだい。

「ただの」とつけることで「天才」という言葉が

キラキラ輝いているような気がしません?

 

キングを知らない人がみたら、なんだ?と

気になってしまうでしょう。
ところで、僕はキング作品の映画化の中では、
「デッドゾーン」が一番好き。
原作では「呪われた町」かな。
 
それでね、冒頭の目的と方法の話。
広告や販促物、サイトの制作をしているとね、
だんだん目的と違うものになりつつあることが

たまにある。

 
いつのまにか制作すること自体が目的に
なってしまう
のだ。広告などは何かしら
目的を達成するためのツール、方法なのに。
 
よくある話が、お客さんが目的を考えずに
注文するケース。目的達成に不必要な
要素を入れようとするんだね。急に欲張りになって。

それで、つい制作する方もお客さんの要望だから

と受け入れてしまうのだ。
 
そんな時に、僕はスポーツカー(別にBMWのクーペ

じゃないよ)に例えて話をして、お客さんに確認をする。
目的は、速い車をつくること。だから作る側は
いいエンジンを積んで、軽いボディにして…
作るわけです。スピードが出るような
方法を考えて。
 
ところが、お客さんは車内のインテリアを

ゴージャスにしたいとか、いろいろ装備したいとか、
ボディを重厚にしたいとか…注文をつける。
車をつくることが目的になってしまっている

 
そうするとどうなるか。
車体が重くなって、本来のパフォーマンスが
出ない車ができあがる。「本来の目的である

速い車になりませんよ」と説明する。
 
理解してくださるお客さんもいるけど、

お金と時間をかけて、スピードが出ない

スポーツカーを作るお客さんもいる。
もったいないよね。

 
こんな話は、他の業界でもあるようで、
知り合いのシステムエンジニアに聞くと、
システム構築でもよくあるのだそうだ。
 
目的をブレさせない、というのは
いかに重要かという、いつになく
まじめな話でした。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-05-21 23:42:13

五月みどり、そう呼びたい。

テーマ:コピーライティング

今日日曜日は東京も五月晴れ。気温といい、
風といい、湿度といい程よい按配で、朝早く
近所の公園を散歩。走る人
 
池の淵で甲羅干ししているカメカメ
お尻をフリフリして泳ぐ
カルガモ親子ペンギン
(←カモじゃないけど鳥

ということで)など動物くんたちも
気持ちよさげに戯れていました。

 
そして何よりも印象的だったのは
緑のまぶしいくらいの鮮やかさ。
ツヤツヤぷりぷりした若葉がとても
きれいで、まさに五月みどり!
という
感じでした。オヤジギャグですみません。
 
そんなビューティフルサンデーであるが、
1年のうちで5月は紫外線の量が一番多いとか。
UVケア、出かけるときは忘れずに、ですよ。
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
紫外線がどんなに危険でも、
人は、太陽と生きていく。

 
 
ロート製薬の紫外線対策商品の広告より。
詳しくは商品そのものの広告でなく、
そうした商品の開発に力を入れている
ことを伝える、企業広告でもある。
 
物ごとの真理を述べてみる。そんな表現だ。
真理は共感を得やすいので、この手の
表現はよく使われる。説得力が出てくるんだね。
 
真理であるから、そのまま言っても
いいのだが、それだと「ヒネリもなにもないぞ」
と突っ込まれるので、コピーライターは
言葉とアイデアを駆使して「うまい!」と
言われるようなコピーを考えるのである。
そう、まるで笑点の大喜利のように。
 
行動を起こさせるコピーではないから、
企業広告やブランドを維持する
広告向きですね。共感度が高ければ、
広告主の好感度もあがるでしょう。
 
だからと言って、例えば航空会社
がですね、上のコピーを真似て
 
ハイジャックがどんなに危険でも、
人は、飛行機で旅にいく。

 
という真理?を言ってみても
「それはそうだけど、ちょっといやだなぁむっ」と

思われるに違いなく、そんな広告を出す

企業に好感は持てない、よねぇ。
  

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-05-17 15:44:41

巻にあって、ジダンにないもの?まさかそれは…

テーマ:その他

カルビーのサッカー日本代表チップスという
お菓子があって、これには日本代表選手のカードが
オマケでついている。
 
先週末に2つ買って、出たカードは
松井選手巻選手。明と暗です。正直
どちらの選手も、調子がいいのでもしかしたら
選ばれるのではないかと思っていたんですけどね。
 
その巻選手、もうもみくちゃですね。
9年前の“野人”岡野選手の時のさわぎっぷり
仮に活躍できなかったとしても、
8年前の城選手のように、空港で水を
かけちゃダメですよ、みなさん。
 
昨日、巻選手のコメントが紹介されて
いた記事をサンスポで読む。なんだかとても
彼らしい表現。
 
「努力は人を裏切らないと感じました」
 
神様とか言わずに、努力という
ところがらしいと思った。でも選んだのは
“神様”ジーコだったりするわけです。

では巻選手がんばれの巻~
 
 
★今回のビックリマークとなったコピー(ではなく言葉)。
 
 
巻はジダンになれない。
だけど、ジダンにないものを持っている。
 

 
これは巻選手について、同選手が所属する
<ジェフユナイテッド市原>のオシム監督の語録より。
ジダンというのはレアルマドリーの選手で
フランス代表にして不世出のフットボーラーである。
世界でもっともカッコいいハゲの一人だと思う。
 
さて、ご存知の方もいるだろうけど、就任当初から
オシム監督のそのユーモアとシニカルが入り混じった、
でも含蓄のある言葉はよくメディアで取り上げられてきた。
 
そのためジェフのオフィシャルサイトでは、
「オシム語録」なるコーナー が設けられている。

上の言葉は今年3月18日の対福岡戦後のコメント。
僕も時々のぞいているが、サッカーだけでなく、
人間や人生への深い洞察から生まれる言葉に
ほぉーと感心したりニヤリとしている。
 
昨年末には「オシム語録」 という本が出版され、

話題にもなった。ジーコやベンゲルの著書も読んだが、
この本はそうした指導論のような話だけでなく、
オシム監督が辿った、ユーゴスラビア内戦による
数奇な運命
も描かれており、サッカーから見た
ユーゴ情勢を知ることができる、政治ノンフィクション
としても良著だと思う。
 
余談だが、オシム監督は“東欧のブラジル”と
いわれたユーゴスラビア代表を率いて'90年の
ワールドカップに出場。当時のチームには後に
名古屋グランパスで活躍する“ピクシー”
ことストイコビッチ選手がおり大活躍(スペイン戦で
決めたゴールの美しさといったら!)、
ベスト8までいった。その後は国連による制裁で
厳しい運命に。
 
そんな過酷な状況を生き抜いてきたからこそ、
オシム監督の言葉には、含蓄があるのでしょう。
 
ところで、オシム監督が巻選手について
いった言葉であるが、ジダンにないものとは
何だろうね。分かります?
 
「あ、分かった。髪の毛だ!」と言っている
そこのあなた、レッドカードです、退場!

ちゃんとオシム語録を見てください。
 
 
やれ巻選手だ、中村選手だと盛り上がるのは
いいけれど、サッカー小僧のみなさん、
今日の深夜というか明日の未明は、
いよいよチャンピオンズリーグの決勝ですよ。
ちゃんと地上波放送もやるようです
 
バルセロナVSアーセナル、ロナウジーニョや
メッシ、デコ、アンリなどワールドカップで
お目見えするプレーヤーたちのガチンコ

見逃せません。
 
昨年の決勝はありえない展開で眠気が
吹っ飛びましたが、今年はどんなゲームに
なるのやらワクワク。
サッカー通の方は、レベルや面白さでは
ワールドカップ以上と言いますから
興味のある方、必見です。
ワールドカップのテレビ観戦の
予行練習と思って、ひとつチャレンジしては。

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-05-15 12:01:39

母親は男の子の最初の××になるか。

テーマ:その他

昨日は母の日。
イギリスの男性は、自分のパートナーよりも、
母親の方により高価な花束をプレゼントする
という統計があるということを何かで
読んだ記憶があるけど、ニッポン男児は
どうだったんでしょう。
 
ところで母の日向けの広告をいくつか
見かけたけれど、おおむね「お母さん、ありがとう」
という表現でした。でもひとつだけ意味深な
コピーを発見。
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
最初に

好きになった
女性は、誰ですか。

 
 
雑貨やホビーショップのチェーン
<ロフト>の母の日向けのポスターより。
母の日という文字がなかったら、
なかなか謎めいたメッセージになった
と思うが、それにしても気になって
しまいますよね。

  
もちろん、母親を思い浮かべてもらいたい
という意図でこのコピーを考えられたと
思うけれど、男からするといろいろと
青春プレイバックしちゃいましたよ。
 
僕が生まれたとき、きっと
母親は喜んでかわいがってくれたと思う。

よく男の子は、お母さんのオッパイを

お父さんと奪い合うので、はじめ父と子は

恋敵になるなんて言う人もいるけど、

僕の場合は、仲良く共有していた

気がします。たぶん。

 

でも、物心がついた時は
それはもう怖かったですから、母親は。
だから、このコピーを見かけたとき

すぐに母親は思い浮かばなかった。

  
一応、僕も母親にほめられたく
努力はしていたのだが、だんだんやんちゃな
クソガキになっていったので、毎日のように
怒られていたもので。

 
それでね、最初にこのコピーを見た時に
男だから、そういえば最初に好きになった
女性って誰だっけと記憶をたどってみたわけ。
 
幼稚園の頃はそうだな、担任のモチダ先生は
好きだったかなぁ。でも先生のスカートを
めくってシスターゴトウにこっぴどく怒られた
のを思い出したぜ。
 
すると幼なじみのマミちゃんかなぁ。
よく一緒にお風呂に入って、凹凸を
見せあっこしてたな。あの頃は
なにごともおおらかな時代でした。
 
小学校1年の時はオザキさん。
2年生になるとカワハラさんだな。
時々男子に内緒で一緒に下校してました。
後にばれて友達から裏切り者呼ばわり
されちゃった。
 
4年生か5年生の時は、シオタさん。
一度家までつけて、シオタさんちの
柴犬に追いかけられました。
 
6年生のときは隣のクラスのノグチさん。
でも、学年一ケンカの強いコガくんも
ノグチさんが好きだったらしく、
一度、音楽室でちょっかい出すなと
警告がわりにパンチをもらって、
鼻血を出したワタクシ、色男、金と力は
無かりけりといったところでしょうか。
 
あれ、振り返ったものの結局最初に
好きになった女性って誰だっけ?
これ以上続けていくと、だんだん
「青い体験」みたいな話になりそうなので
やめます。あなたはどうですか。
 
矢野顕子さんの曲に「いいこいいこ
というのがあるが、歌詞の1節に
「たまにね ほんとに たまにね
おかあさんも ほめられたい」
って
あるのだが、なんだか母の日に似合い
そうな曲ですね。いきなり思い出しました。
 
歌詞は糸井重里さん。どうりで
コピーっぽいと思いました。さすが。
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-05-13 20:00:06

タイミングで打つべし。(ただしパンチじゃないよ)

テーマ:戦略・戦術

ものごとタイミングしだいで
大きく結果が変わることってあるよね。
相手の機嫌がいい時には、ちょっと
無理なお願いでもきいてもらえるとか。
 
ボクシングでも、相手が打ってくる
タイミングに合わせてカウンターパンチを
打つと、そんなに力を入れなくても
ダウンしてしまうってことがあるよね。
 
ということで、広告もタイミングしだいで
高い効果を出すことができるという話になるはず。

 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
連休明けに疲れた顔は、マズイよな。
 
さぁ頑張るぞ。だって連休明けだもん。
 
連休お疲れ様でした。

 
 
タケダのアリナミンAの広告より。上の2つは
電車の中吊りで、3つ目は新聞で見かけた。
いずれも連休明けの8日の週に掲載されたもよう。
 
同商品は、昨年もこういった
連休明けを狙った広告を出していた。
その時のコピーは↓
 
連休明けの一週間は、
とてつもなく長い。

 
昨年の記事 でも書いたが、
タイミングの

捉え方が上手いというしかない。
連休で遊びつかれたなーという空気が漂うなか、
普段はさして気にもしていなかった
アリナミンAの広告がすんなり入ってくるのでは。
 
買ってもらうためには、よくニーズをウォンツに
変えましょうと言うが、コピーなど表現だけではなく
広告を出すタイミングもまた、ウォンツを
引き出すための重要なファクター
なのである。
 
当然、予算に対する効果も違ってくるはずだ。
さらに広告と同じようなアプローチで店頭での
販促を行えば、売上効果も違ってくると思う。

 
昨年、街中のドラッグストアを2,3軒のぞいたが、
広告と連携した販促はやっていなかった。惜しい。
今年はどうだったのか。
 
ところで、昨年の記事の中でせっかく買う気にさせても
サプリメントを買われるとマイナスだと書いたが、
アリナミンAは医薬品である。サプリメントは
「栄養補助食品」または「健康補助食品」。
けっこうこの違いに気づいている人はそれほど
多くないのではないか。
 
だとすれば、医薬品ならではのアドバンテージも
訴求しておいた方が効果的だと思う。
医薬品は効き目がいいというイメージを
再認識させるとかね。

 
アリナミンA、次は、寝不足な人が多く出そうな
ワールドカップ明けのタイミングでしょうか。
 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-09 12:17:40

スポーツ新聞の敵はネットではない、かも。

テーマ:その他

スポーツ新聞って、いかにも男の文化という
感じなので、市場は苦しいのかなと思っていたら、
やっぱりそうで、2004年は前年よりも20万部以上
発行数が減少
しているし、広告量やページ数も
前年割れ
だそうで、ケータイやインターネットの
台頭もあるかもしれないが、女性がほどんど
読まないというのが、この女性の時代において
痛手ではないかと思うわけだが、
スポーツ新聞の敵は以外なところにいた!
というのが、次のコピーである。
 
 
今回のビックリマークなコピー。
 
 
経済に詳しい人より、
上司の好きな球団に
詳しい人のほうが出世すると思う。
 
経済を語れる上司より、
スポーツを語れる上司の方が、
取引先に食い込んでいる。
 
トイレの個室で
経済紙を読むようになったら、
仕事のしすぎかもしれない。
 
 
スポーツ新聞<スポニチ>の広告より。
電車のドアの上に貼ってあるステッカーの
広告で、写真やイラストがなく、
コピーのみで勝負しますぜといった感じだ。
こういう広告、コピーライターは
腕のふるい甲斐があるってもんでしょ。
 
ひとつひとつ見た時は気づかなかったが、
こうして並べてみると、どうやらスポニチの
仮想敵はインターネットでもなく、
夕刊紙でもなく経済紙
のようである。
 
つまり日経ばっかり読んでいても、
勝ち組みになれません。やっぱりビジネス
ピープルはスポーツが語れて、ご贔屓チームの
ひとつくらいは持っておかんと言っておるわけだな。
 
「そうか、スポニチ読まなくちゃ」と
いう気までは起こらないけれど、
なるほどなー。そういうアプローチも
あるんだな。
新聞という土俵でなく、違う土俵で
アプローチ
した方がいいんじゃないか
とは思ったが、経済紙を敵にまわすその
心意気に買い。
 
でも、いろんなことを知っている人と
いうのは、話していると飽きませんね。
まぁ一方的に、うんちくばかり語られても
困ってしまうのですがね。
 
仕事柄、時々えらい人なんかに
インタビューをすることがあるのだが、
スポーツの好きな方とお話をする場合
たとえばプロ野球の話題などをふると、
いきなり相手との距離が縮まって、
いいインタビューができたことも
あったので、上のコピーのように
出世するまではいかなくても、いろいろと
役に立つこともある。
 
もっとも僕の場合、情報源はスポーツ新聞でなく、
TVニュースやサイトなんですけどね。
それでも、ワールドカップ開催中は、けっこう
スポーツ新聞を買う人は増えるんじゃないかと思う。
僕は、日本がフランス大会出場を決めた試合の翌日、
朝イチでスポーツ新聞を買いに走りましたから。
その時は、飛ぶように売れてました。
 
今回のドイツ大会でも、そうなると
いいなーと思うわけです。スポーツ新聞各社には
がんばっていい写真や記事を載せてもらいたいもんです。
 
あ、そうそううんちくで思ったが、
サッカーに詳しい男子はいっぱいいると
思うけれど、「ワタシ、宮本選手のファン!」と
いうライトなサッカーファンの女子に向かって
ロナウジーニョとクリスチーナ・ロナウドの
ドリブルの違いを延々としゃべっても
きっとモテないと思うな。
 
たぶんドイツ大会の開催中、そんな方を
たくさん飲み屋で見かけるんじゃないかと
思います。注意しましょう、男子。
うんちくだけではモテません。ねこへび
 


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-05-02 23:13:15

目標が明確でないと、がんばれない。

テーマ:コピーライティング

僕の父親が庭でタマネギを栽培し始めたらしい。
いつ食べられるのかと尋ねたら「んー、知らん」と一言。
「そのうち食えるやろ」だと。母親に同じことを
尋ねると「さぁねぇ、いつやろか」と無関心。
 
かわいそうなタマネギ。そのうち忘れ去られて
たんなる土の栄養になるんじゃないかと心配。
昔から飽きっぽい家系なので、農業は
向いていないのではないかと思うわけです。
たとえ下のようなコピーを見て、やる気に
なったとしても、僕は止めようと思います。
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
梅雨明け前に食べられる。

 
 
「誰でもつくれる永田野菜」のDVDの
バナーより。サイト<ほぼ日刊イトイ新聞>にて。
このキャッチコピーを受けて、リードコピーが
こう続く。
 
はじめての野菜づくりなら「きゅうり」が
おすすめです。今からひと月もすれば
収穫できますよ。

 
とある。それでね、ポイントがどのへん
かと言うと、具体的に時期を示している
ところ
。ここでは「梅雨明け前に」の部分。
 
何度がお伝えしてきたけど、
このように、商品を使うことで得られる
ベネフィットがいつ頃もたらされるのかを
具体的に示す
と、効きがよくなるものだ。
 
野菜づくりだけでなく、健康食品や英会話など
効果が出る時期が気になる商品の場合、
そうしたコピーは効果的である。
(もちろんウソをついちゃダメ)
 
時期を明確にすれば、目標がハッキリするので
「1ヶ月ちょっとなら頑張れるかも」と
モチベーションが上がるのだ。

 

「おいしいきゅうりを作ってみませんか。」より
「梅雨明け前に食べられる。」の方が、トライ
してみようかなという気になるでしょう。

 

もし期間が分からないと、いつまで頑張れば
いいのか、ゴールが見えずなかなかやる気が
出ないですよね。
  
つまるところ「いついつまでにこうなる」と効果が
出る(であろう)時期を具体的に示すと
商品とお客さんとのコミュニケーションの
敷居を下げることにもなるわけだ。

 
そうなるとマーケティング的に有利なんです。
「誰でもカンタン」というフレーズなんかと
同じですね。
 
以上のようなことは前にも書いたけれど、
きっと忘れているんじゃないかと思って
また言いました。

 

人は忘れやすい生き物。

 ヒヨコ鳥頭の人だっているし。
だから基本は身につくまで、

何度も何度も
くり返してということで。
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。