ログハウスプロデューサー瀬那の「瀬那イズム」

ログハウスプロデューサー瀬那が書くログハウスの話。
「街中でログハウスに暮らそう」著者。

■ログハウスプロデューサー瀬那が主宰するログハウス専門店


 ㈱ログホームクエストのホームページ はこちらです。


 ログハウスライフの第一歩はここからどうぞ。



$★ ★ ★ Shigeイズム


■私の著書「街中でログハウスに暮らそう」 です。


 ログハウスに興味のある人には必携です。

家を建てる前にしっかり勉強しましょう!

 ログハウスを建てるならまずこれを読んでから。

 (全国の書店及びアマゾンを初めとする各ネット書店でお求めになれます)



★ ★ ★ Shigeイズム



セミナー・講演いたします。


ログハウスに関すること、田舎暮らしに関する裏ネタ、移住の話など。

詳細・お申し込みはこちらまで→T,0154-25-8032

毎月、釧路本社および東京で定期セミナーを開催中!



★ ★ ★ Shigeイズム



FMラジオレギュラー出演中!!


番組タイトル: 瀬那イズム


FM KUSHIRO (76.1MHz) ・釧路/毎週水曜17:30 ※5月より


お役にたつログハウスの話やその他いろいろな話をしていきます。

ぜひ応援してくださいね(≡^∇^≡)


テーマ:

こんな人ってもったいないなあと思うことがある。

 

ホームページの行動履歴を見ているとせっかく資料請求フォームまで来てるのに最後にボタンを押さずにドロップアウトしてる人、すごく多いね。
 
みんないろんな事情あるからね、それはそれで構わないけど。
 
で、本当にもったいないのは資料請求して資料が届いて、こちらからメールしても返事もないし、電話しても出ない人。
まぁ、自分の考えていたのと違うとか予算が足りないとかあまり好きな雰囲気じゃないとかいろいろあるからね。
嫌なら仕方ないけどね、でもただ怖いだけならそんなのナンセンスだ。
 
でもいまの時代かなり臆病な人が多いなか、せっかく一歩踏み出したんだから、さらにもう一歩踏み出してみたらどうだろうか?
捕って食おうって奴はそうそう居ないと思うよ。
 
で、ここで立ち止まってる人で建てるまで行った人を見たことないんだよね、昔から。
ほんと。
 
そう、資料だけで何がわかる?
多分知りたいことの1~2割くらいでしょ。
ほとんどは会って話すところからわかることだらけなんだ。
 
資料だけでわかった気になってここはダメ、あそことあそこもダメ、価格も出てないからダメなんて素人に判断できるかな?
たぶんできないと思う。
 
ならば相手の懐に飛び込んで自分で確かめることが必要。
家を建てる機会なんてそうそうないからね、そんな大事な転機に怖がっていては何も進まない。
そう、ログハウスを建てる人と建てられずにいる人の違いってそのほんの少しの部分だけなんだ。
要は行動力だね。
 
どう考えたって予算的にムリと思っても一度聞いてみたらいいんじゃないの?
ダメならだめでどうすればいいか、いつなら可能かそこでわかるんじゃないの?
こんなところで足を止めてるなんて、ああもったいない(´_`。)
 
ひょっとしたら行けるかもしれない。
で、いつかできてとしても消費税は上がってる、金利も上がってるかも知れない、部材の定例値上げは毎年確実に進む、10年後20年後に大昔の坪単価を振りかざしても誰も相手にしてくれないよ。
 
いまなら子供が小さいうちに建てられるかもしれない。
え?子供の教育費用を考えなきゃだって?
そんなこと考えてるから先に進まないんだ。
世の中不思議なもので幸せの先取りする人はどこまで行ってもすいすいうまく行くんだよ。
 
いい加減なこと言うつもりはこれっぽっちもないんだ。
今までのオーナーさんを見ていたら間違いなくほぼ全員がそんな感じなんだよ。
世の中苦労しないとだめって考えてるんでしょ?
そこが間違い。
 
せっかくここまで来たんだからもう一歩踏み出そう。
あなたが夢見る幸せはすぐそこだ。
 
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人によって見ているものが違う。
 
どこを見るか。
視点を変えるだけで人生は変わるのだ。
 
あなたが見ているものはなんだろうか?
 
自分の将来?
家族のこと?
会社のこと?
今を見てる?
それとも近未来?
30年後、50年後の自分か?家族か?会社か?
ひょっとして目の前のアンパンか?
 
本当に人によって見ているものは千差万別だ。
 
例えば
家を建てたいということなら家のことについてどこを見ている?
会社か、そのパンフレットか、土地なのか、
そんなことよりその家を持った後の暮らしなのか?
将来の家族像なのか?
そこから自分の活躍する自分の姿を見るのか?
 
もしもまだやりたいのにやれてない、
願望が叶えられてないとしたら
視点を変えればいい。
見るところ、意識の向けるところを変えるのだ。
 
これがベストというのは人によっても違う。
 
とにかくできてないのならそれはベストではない証拠。
ベストを探し当てて願望を叶えよう。
 
AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リブログってやってみました。
要するにブログのシェアみたいなやつね。

僕の好きな人のブログですがいつもいいこと書いてます。

もしあなたが若くても年取っていても必要な栄養が偏っていると

剥げちゃうんだよね。

心配事やストレス、運動不足も楽なことになりません。

ちゃんとこういうことを知っているといつも若々しくいられるし

是非やってみて。

 

抜け毛やはげ、髪に元気がない人はぜひ!

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
楽しいことをやってますか?
楽しく生きてますか?

こんな仕事をやっているのに僕は昨年街に土地を買いツーバイの家を建て街中暮らしをしています。

ログハウス屋だからね、田舎にログハウスで暮らすのがいいかななんて思った時もあったけど、僕はもうそれは卒業。

いまは街の家に暮らし東京の家にも暮らし、そして時々田舎のログハウスにいって薪を切ったり割ったり作業しながら楽しんでくる。

そんな生活の方が僕は気に入ってる。
何かにこだわる必要はない、息苦しさをわざわざ味わう必要もない。
自分のやりたいこと、生きたい生き方をすればいい。

世の中は誰かのためにあるんじゃなくて自分のためなんだと気づいたら自分らしく生きればいいだけだ。

ブログも誰かのために書くのではなく
自分が書きたいことを書けばいい。
それに魅力を感じる人だけが読めばいい。

ここで書いても反応がなく嫌になって他のブログを作ったりもしたけど役割が変わるだろう。

とにかく遠慮はやめたよ。
自分がやりたいように生きたほうが幸せだと思うようになったから。
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝は早く目覚めた。

昨年の春は田舎のログハウス住まいだったが
今年は街中での朝を迎えてる。

これはこれで平穏でいい。
小さなことも大事にする感性というのも悪くない。

ところで。
「俺は田舎に住みたい、いや私は街がいい」と夫婦で意見が違う時はなんのアドバイスもしないが(夫婦で決めてもらうしかない)

田舎に住むか都会に住むかと悩むのであれば、どちらか好きな方に住めばいい。
この場合、希望する条件のすべてが叶うわけはないのだから。
そう、便利さを取りたいなら都会だし、自然と広さを取りたいなら田舎に行けばいい。

なに、両方?
むりを言っちゃいけません(笑)

並みの人間が持てないくらいのお金を持ってるならいざ知らず自分を含めて普通の人ならどちらか決めてできるだけのことをするまでだ。

そう、どこに住もうと住めば都と言うじゃないか。
迷っても何してもやりたいことがあったらやればいい。
住みたいところがあれば住めばいい。
あとで後悔するのがいちばん悪い。

自分も何度か引越しているがどこに住んでもそれなりに楽しくやってる。

僕の友人は出身地とは何の繋がりもないところに移住して、それはそれは楽しく暮らしている。

仕事も前職にこだわらず全く違う仕事を始めてしまった。

彼を見ていると人は何の繋がりもなくても好きなところに住んで好きな仕事をして好きな相手と結婚してとても幸せそうだ。

そう、何かをする時は自分の感性を大事にし、自分の信じる方向に歩いていく。

細かいことにこだわってるうちは豊かな暮らしにたどり着けない。

2016年もすでにほぼ半分。
いつまでも迷ってる場合じゃない


いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログのネタを思いつくたびに書く。
だいたい20分。


これはこんな人の役に立つなとかその時自分が感じてることの忘備録として。
自画自賛だけどなかなかいいのが書けたりする。

 

でも調子いい時って次々浮かぶんだよ。
でも時間なかったりするからタイトルと1~2行書いて下書きにして置く。

 

でね、あとで書こうとするとなんか面白くないんだよなぁ。
書きたくもなくなってるんだよね。

 

しかも、人のために書こうとする場合は気持ちが伴わない時はむり。

やっぱりその時の感動は時間が経つと色褪せるんだね。
臨場感が伴わないから無理して書いても駄作で終わる。

 

むしろ何か書きたいんなら他のどうでもいいことを掘り下げた方が面白いのが書けるんだ。

 

要は旬が大事ってことなんだね。

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『誰も言わない田舎への移住』

「田舎に移住したい」と都会に住む人の4割が考えているというデータがある。

空気はいいし自然が豊か、人もいいし食べるものも美味しい。

いいことづくめだ。

でもこんな風にも感じる。

田舎は人付き合いがシビアだ。

冠婚葬祭の付き合いはもちろんご近所づきあいをはじめとした様々な付き合いを面倒がらない、人と丁寧に付き合う自信がある、そんな人なら大丈夫。

でもそうじゃないのなら、
1人静かに暮らしたい、
田舎の人は人がいいから優しくしてくれるから、
みんなよく世話を焼いてくれるから、
珍しがってくれるから、

なんて甘いこと考えてみんなに好かれると思ったら大間違い。

なんの理由もなく優しいなんてどこにもないよ。

これは田舎、都会に限らずやり方は違っても人付き合いは切っても切れないものと気付くこと。

これは田舎出身の人との共通認識だ。

そういうことを知った上で移住するなら楽しく豊かな人生を送ることができるだろう。

都会には都会の魅力、田舎には田舎の魅力がありどちらも素晴らしいがこんな当たり前のことを認識して移住されることをお勧めする。

今さらだけど田舎はいろいろと魅力満載だ。
ぜひ新しい暮らしにチャレンジして欲しい。
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日ふっと降りてきた言葉がありました。
そう、ふっと。
何の前触れもなくね。

その言葉は
「戦わない、目指さない、ありのまま」

何?これ。

ほんとにこんな整理されたフレーズが不意に降りてきたんだ。

でもいい言葉。
いまの自分に必要なマインドなんだなと直感的に思った。

「戦わない」
そうか、無理に勝負したり比べたり競争したりしなくてもいいんだ。

「目指さない」
なんだかんだ無理な目標を持ったり人より優れようとしなくてもいいんだ。

「ありのまま」
何事も自分の気持ちを無視したり、虚勢
を張ったりすると上手くいかないよ。
って事だと思った。

車を運転しているときに降りてきたのだけども、あまり無い経験。
ひょっとしたら初めての経験だったのかもしれない。

何でこんな言葉が?と思ったけれど、それは自分の中の神様が僕に授けてくれたプレゼント。
そう、おまじないみたいなものかな。

何だかいつの間にか何かに苦しんで抜け出だせなくなっていたのだけど、この言葉を聞いて心のモヤモヤがスッとなくなった。
おかげで肩の力が抜けてすごく心配していた話がいとも簡単に片付きました。

この言葉を知らなかったらあの話はもっと硬直した話で上手く収まらなかったのではないかと思います。

よく考えたらこれって僕だけではなく誰にも必要なマインドなんじゃないかな?

戦わない目指さないなんて言うと冗談じゃないとか言われそうだけど、人間社会ってありのままの自分で相手の懐に入って行けばなんの揉め事もない平和で幸せな世界ができるんじゃないかなと思った朝でした。


いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ログハウスなお話】

 

毎日いろんな方からの資料問い合わせが来ますが
弊社でのおもしろいデータがあります。

 

Q:ログハウスの建築時期をいつ頃に考えていますか?
1)今すぐ、1年以内
2)2~3年以内
3)5年以内
4)わからない

 

とありますがどれが一番早く建てる方が多いかわかりますか?


それは


1番/5年以内
2番/2~3年以内
3番/1年以内
4番/今すぐ、わからない

 

面白いですね~( ´艸`)

 

(あくまでも弊社比です)

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ログハウスなお話】基礎編

 

「ログって丸太を積み上げたあれでしょ?」
はいそうです。
でもね、バブル期に流行った丸太のログばかりじゃないんです。

ログって、丸太を積み上げる丸太組み構法というやり方なんだけど
あの木の皮を向いただけのごつごつしたド迫力のもの(ハンドカットログハウス)ばかりじゃありません。

 

1)ハンドカットログハウスの長所はとにかく迫力があって見栄えがします。
短所は昔ほどじゃないけどそのままだと気密性がイマイチ、でもやりようはあるのでご心配なく。

 

 

2)あと、すでに日本では30年くらいは経ってますが、マシンカットログハウスというものがあります。
まあ、機械(コンピューター)で四角や丸やD型にカットしたスマートなやつがあって主流がこれに代わってからもうだいぶ経ちます。
長所は気密性が良くスマートで街中でも良く似合います。
短所は薄い材を選ぶと安っぽく感じる(自分的感想)

 

3)さらにポストアンドビームという柱が丸太、壁は塗り壁や板張りという早い話がハンドカットログハウスと在来の家のハーフみたいなやつがあります。
これもなかなか人気があります。
長所は街中で建てるときには役所にあまりうるさいことを言われないという世渡り上手なところ。
短所は「あんなものログハウスと呼べるか」なんて言う輩に陰口をたたかれるくらいでしょうか。
自分も以前は同意見でしたが今は「それが好きな人が多いならそれはそれでいいじゃん、差別はいけないよ」って感じです。

 

 

どのタイプも一長一短ですが言い出せばきりがないですし、短所も上記のようにたいしたもんじゃなくかわいいものです。
いずれのタイプも木の性格と本質を知っていて施工管理さえちゃんとできれば超優秀なイケメンが出来上がります。

どのタイプも人気ですが自分的にはマシンカットの性能のいいやつが特にかわいいです(笑)
あ、どれを選んでも木の香りは何にも代えがたい魅力ですね。

 

 

※ほんとは写真や図解があればわかりやすいのですが時間がかかるので省略しました。ごめんなさい。

いいね!(4)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。