雪だるまの通院日記

自己免疫、アレルギー等、いろいろな難病の通院日記です。徐々に過去の出来事もアップしていきますね。どんな時にも「笑顔」を心掛けています。


テーマ:

 


いい雰囲気かな。。。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

行きつけの病院。

到着してすぐに顔出して、手招き。

中に入っていろいろ話した。

顎や首にブロック注射してもらってたら、いきなり目が閉じる~~。

顔がゆがんだ感覚。

「先生目が開かないよ」

トリガーの量を増やしたから顔面神経に入っちゃったらしい。

「大丈夫!大丈夫」と言って瞼を上げて抑えてくれた。少ししたら治るらしいので、その間またお話。

 

「あっやまPは?」

先「今日はいないよ~。昨日はやってたみたいだぞ」

通院で見かけたら嬉しいのに、残念でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

手術の時間になり、看護師さんとオペ室まで徒歩で行きます。

2時間ほどと聞いていたので、夕食前には麻酔から覚めてるよね?なんて思いつつオペ室へ。

自分でベットに上がり、オペ室担当は若い男性の看護師さんでした。

麻酔師は、女性。

パジャマは着たままです。

吸引の薬を看護師さんが忘れてきて取りに戻るまでいろいろな説明。

たまたま入院前に麻酔の最中に動けないけど意識だけ戻った話を聞いていたので質問すると、「そうならないように注意しますね」って簡単に答えてくれたよ。怖い。

手術着姿の医師が何人も入ってきたけどマスクしてるから誰だかわからない。一言「まだ、寝てないの?」ってあなた誰よ?

タオルをかけられて話してる最中にパジャマは脱がされてる。手慣れてるのね。お兄さん。

しばらくみんなぶらぶらしてたら、看護師さんが戻ってきた。

いきなりガスマスクを押し付けられてなんか騒いでる。でも、臭いの息止めて抵抗してるうちに寝てしまった。

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

手術前の麻酔科の診察で、医師と話した後に看護師さんと個別に説明。

すごく綺麗で大人な感じの方でした。

今通院している病院の担当医師と知り合いらしく、「S先生お元気ですか?」と盛り上がってしまいました。アレルギーや服用の薬の話や使用できる薬など何でも質問に答えてくれてとても安心しました。

そして翌日は手術。

ん?そういえば手術する医師とは何も聞いてない。それに誰が手術するのかも?

説明もないし、挨拶もない。ベットにも担当医の名前がないのは初めてでした。

いまいち不安が残るんだけど???

と始まったブチ切れまでの秒読み。

 

続く。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月中は、休むために仕事の段取りでバタバタしてたけど、何日かは激痛で休むしかなかった。

2月に入って入院の準備と入院してしまうとジェネリックしかないので、必要な薬は入院までに準備しなくてはならなくて、掛かり付けの大学病院に薬の処方を頼んで回りました。

そして入院の日までに入院の準備の検査や説明とか何度か足を運ぶ。やっと入院したかと思うと、荷物を片付けていろいろな準備。

バタバタの時が過ぎてぐったり。

食事も抜きだし、夜になって麻酔科に呼ばれて、戻ったら消灯の時間。

今回は10階だったのでスカイツリーが見える🎶

景色を楽しむ時間もなく翌日は手術です。

シャワーは入ってほしいと消灯の後にシャワーに着替えにこんなに大変だったかな??

 

続く。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年明けに女医さんの予約を入れて、診察室へ。

簡単に今までの流れを話したら、まずCTをその場で予約。結果は尿管が詰まっていて、どんなに小さい結石でも詰まった状態で3ヶ月の間に石が動くたびに激痛を繰り返していたことが判明。

この先出る可能性は極めて低い。

長く放置していて腎臓が腫れあがってこれ以上このままにしておけば手術も出来ない状態になるとの事でなるべく早く手術して取り出すことに。

1月の中旬で仕事の休みも取るために2月の初めに入院することにしました。

ただその間の痛みは飲める薬で凌いでもらうしかないとの事でした。

やっと先に進んだと思った瞬間です。

でもね。この先も大変だったの。(笑)

 

続く。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はい。続きです。

 

昨年の12月になって2ヶ月以上も痛みが続いている状態で、泌尿器科は「時間がかかってるね。年が明けても出ないなら考えるよ」と言ってくれた。

そのつもりで痛みがこないのを祈りながら年越し。

 

1月になり通院で、どうなるのか質問したの。

ある医師は、もう何か月か様子を見ること。

ある医師はレントゲンと超音波を撮って、本当は小さくて映ってなかったのにもうすぐ出るはず。と先延ばし。病院を変えるしかないかなと思ってたけどアレルギーが多いから受け入れてくれる病院探しが厳しい。消化器であんなに痛いって言ったのに信じてくれないし、内臓がないまで言われたものね。と言ったら、「患者さんは全て痛みを訴えてるから、どこまでの痛みかわからないんだよ」だって。

他の科に相談して初めに結石を見つけてくれた泌尿器科の女医さんと話してみることになりました。

続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し空きましたが、続きの前にちょっと横道。

 

先日テレビで山本譲二さんが右が聞こえなくて左もって私と同じですね。

片耳時代は、平衡感覚もめちゃくちゃだし、クラクションで聞こえる側を確認するから気が付いたら目の前に車がいたなんてしょっちゅうでした。(笑)

そんな時も過ぎていろいろ学びながら人生歩んでます。この間耳の悪い人を説明するのに、口を読んで頭で理解することを会話の度に毎回クイズを解いている状態なので疲れるって説明してたの。

確かにそうだなって。これなら少し理解してもらえるかな??

 

はい。続きです。

泌尿器科に行って痛み止めをもらって帰宅。

痛みだしたら痛み止めなんて効かない。

結石その物は小さいらしいけど、本当にこのままでいいのだろうか??

これが昨年の10月頃。通院の度に痛みを訴えても絶対出るからしか言わない。

消化器内科の医師は一緒にジャンプの練習までしてくれたけど、出てこないじゃん。

早ければ1~2週間。遅ければ2ヶ月って事で、悶々と痛みと吐き気の繰り返しでした。

 

続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここでちょっと、先日の通院の話。

その日は先生がオペの日ということで、夕方に来いと言われてたの。到着したら、緊急オペに今行った所だと・・・。

でも薬がなくなるし、交渉したら看護師さんがやってきて手術が終わるまで待つことに。

近くのスーパーに買い物に行き、お弁当を買って食べてからじっくり待つことにしました。

先生がエレベーターを駆け下りてやってきたのが、9時半過ぎ。

何回も謝ってくれたけど仕方ないよね。

一緒に診察室に行き、新しいマウスピースを作ってもらい、処方箋を受け取った。

夜も遅いからタクシーを呼んでくれて、会計も急がしてくれて、タクシーが見えなくなるまで両手を挙げてジャンプしながら見送ってくれました。(笑)

なんだかんだと言っても面倒見てくれると嬉しいですよね。

この先生の信念は、通院してくれた患者さんに何か一つは楽にして帰すこと。

鼻水や鼻詰まりならちゃんと通してくれるし、のどが痛いときはちゃんと治療してくれる。

だから通う人が多いんだよね。

何でも相談できるし、ちゃんと答えて一緒に考えてくれる。心強いです。

スーパードクターでテレビに出てたSちゃんより、私にとってはこの先生がスーパードクターだと思うけどな。この先生もテレビじゃないけどネットには出てるけどね。

 

次回からはまた続きますので、よろしくお願いします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。