ドキッ!とタロット

★往年のアイドルもドキッ!としたタロット、DelightChannel


1日1クリック、ご協力ありがとうございます。


にほんブログ村

 

三日前そして一昨日お話しした、


知人を喪って悲しみに沈んでいた依頼者の方。


ムーンスプレッドで占った先にも、


象徴的なカード連発でした。



対策:カップ6

そのアーティストの方と親しく接してきた時間、それを大切にしましょう。


期間:ワールド逆

痛みが長引く様子が、鑑定中にも感じられました。


キーパーソン:ホイールオブフォーチュン逆

実はそのアーティストのご遺族は、ゴミ屋敷で片付けられない方とのこと。

またアーティストさんの遺品の価値も分からず、ゴミに出してしまう可能性もあるようです。


その事態の意味:ワンド6逆

悲しみから立ち直る期間の長さが指摘できます。

またその間の体調に注意が必要です。



***********


続いて本日のアメクリップご紹介は、


お悩みの底にあっても、


きっとあの人は貴方の健康を祈っている、


そんな貴方に侑生11さんからメッセージです。

AD

ドキッ!とタロット

★往年のアイドルもドキッ!としたタロット、DelightChannel


1日1クリック、ご協力ありがとうございます。


にほんブログ村

 

本日はお水取りで、


久留里に行って来ました。


そして久留里城から見た空の風景、


雲が目の形になっていて、


何とも有り難い空模様でした。


久留里城から見た空


久留里は戦国時代に千葉の覇者だった里見氏が、


関東統一目前の北条氏と渡り合ったときの拠点。


里見氏は後に「里見八犬伝」のモデルになりました。



そして久留里城にかつてあった男井戸(おいど)と女井戸(めいど)は、


武士達の婚礼に飲み交わされたという名水。


女井戸(めいど)と聞いてすぐにこの曲を思い出しました。


Freddie Mercury - Made In Heaven (Official Video)


***********


続いて本日のアメクリップご紹介は、


もしかしたら久留里で見た天のメッセージかも知れません。


YACOさんです。



AD

ドキッ!とタロット

★往年のアイドルもドキッ!としたタロット、DelightChannel


1日1クリック、ご協力ありがとうございます。


にほんブログ村

 

昨日お話しした、


知人を喪って悲しみに沈んでいた依頼者の方。


そのときの経緯はタロットに象徴されていました。


ウェイト「ラバーズ」


ムーンスプレッドで展開しました。


過去:ハイプリーステス逆(昨日お話しした卦でした)


原因:ペンタクル3

実は亡くなる数日前まで、依頼者とその知人の方は、海外旅行に行っていました。

かなり綱渡り的な健康状態でも、その知人の方は海外を楽しみ、亡くなった当日夕方まで、パーティーに出たりして上機嫌だったとのことでした。


現在:ラバーズ

その方との楽しい思い出が、今のお気持ちの中心にあります。


願望:ソード4

葬儀場でのお写真を拝見しましたが、きれいで安らかな死に顔でした。


***********


続いて本日のアメクリップご紹介は、


大事な人とは夢でまた会える、


そんな希望について教えてくれる、


侑生11さんです。



AD

ドキッ!とタロット

★往年のアイドルもドキッ!としたタロット、DelightChannel


1日1クリック、ご協力ありがとうございます。


にほんブログ村

 

タロットでは、


ご相談者のお悩みを聞いたところで、


デッキを選んでいます。


そしてその必要な位置に出たカードの色も、


卦の中に含まれています。



例えばこのカード、


ハイプリーステス。


ハイプリーステス


ご相談者のお悩みとして、


最近あったことが水に絡んでいた、


そして大変傷ついたことが発生したのですが、


過去がハイプリーステス逆位置。


やはりその傷の深さを表していました。



そしてハイプリーステスのバックが水色。


やはりそのことで自分を責めていた、


それがライダー・ウェイトとご相談者さんを引き合わせたのでしょう。


***********


続いて本日のアメクリップご紹介は、


太陽の光の色が持つ癒しの効用が、


こんなところにも出ている、


自然療法薬膳士Okinoriさんです。


ドキッ!とタロット

★往年のアイドルもドキッ!としたタロット、DelightChannel


1日1クリック、ご協力ありがとうございます。


にほんブログ村

 

大手広告代理店の新人女子社員自殺と前後して、


奨学金受給者たちが返済に苦しみ、


より大きな社会的苦難を強いられているという実情が報道されました。

高橋まつりさん


そこまでして学ぶことが日本国民にとってブラックという風土が、


良家の子女が医者になる以外に、


日本人が理系の研究者として育つことを阻害する風土となり、


工業国としての日本の凋落を招いている。


その実情が分かっているのでしょうか。



もちろん絶えず学びたいということへの冷淡さは、


最近言われる発達障害に関する情勢を含め、


もう一度学びたい、


そして社会でやり直したい、


という人々の意欲に影を落としています。


***********


そしてそういう学びへの冷たさは、


折角日本に憧れて留学してきた外国人学生の上にも、


深く影を落としています。



本日のアメクリップご紹介、


sakuちゃんからのご報告です。