公安調査庁が昨年、団体規制法に基づき、オウム真理教の計32か所の施設に対し、計35回にわたって立ち入り検査していたことが16日、政府の国会報告でわかった。

 オウム真理教に対しては昨年1月、団体規制法による観察処分期間が2012年まで延長されたため、昨年も継続的に立ち入り検査が行われた。

 報告では、立ち入り検査の結果、松本智津夫死刑囚(55)の写真が施設内の祭壇に掲げられ、死刑執行の延期などを祈る修行も行われていたと指摘。松本死刑囚は依然として教団に強い影響力があると分析している。

東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)
水俣病救済を決定 政府 未認定3.5万人超対象(産経新聞)
お母さんたちも「子ども手当」に異議! 再審議求めデモ(産経新聞)
幹事長に園田氏、参院代表・藤井氏…平沼新党(読売新聞)
<田辺三菱製薬>「反省の姿勢ない」C型肝炎原告、強く批判(毎日新聞)
AD