こんばんは、運命学カウンセラー沙璃です。

 

今夜は、ジブリの大名作、「千と千尋の神隠し」が放送さていますね!

 

この映画は本当に何度見ても打ち震えるような感動を覚えます(><)

 

過去の記事なんですが、この映画について書いていますので、今回は、加筆修正しつつ、お届けしたいと思います。

 

千と千尋の神隠し、私の大好きな映画、ベスト3に入ります^^

もう、何回見たのか、覚えていないくらいです。

というわけで、千と千尋の神隠しの神秘とメッセージについて、私なりの見解を申し上げたいと思います。

千と千尋の神隠しには、見れば見るほど、たくさんの心理的な意味や、宇宙観などが描かれていることに気づきます。

そして、本当に神様がいるのだということ、森羅万象そのものが神であるということを語っています。

また、人の心の成長を象徴しているのがよく伝わってきて、見るだけで、心が豊かになったり、迷いから脱却するヒントをもらえたりしています。

さて、私の個人的な見解ですが、千と千尋の神隠しが、どのように心の成長の支えになっているのかをお話ししたいと思います。

以下、ストーリーの内容も少し話しますので、もしこれから見るのを楽しみにしている方、今見ている方(笑)がいらっしゃたら、その点をご了承くださいね。

注意:ストーリーの概要です

主人公の千尋という少女が、引越しの道すがらで、両親とふらっと立ち寄った場所から、神様の世界に入り込んでしまいます。

千尋は、神様の世界で働くことによって、様々な出会いを通じて、自分で責任を持って行動したり、仲間と助け合ったりする体験をします。


その体験を通して、立派に心の成長を遂げて、もとの人間の世界に戻ります。

あまりにも簡単すぎて失礼しました(笑)

まず、基本的に登場人物は全員自分の中に存在する自分と解釈しています。

その中でも、主人公の千尋は、神様の世界に入り込むことで、ゆばーばに名前を奪われ「千」という呼び名にされてしまいます。

この「千尋」と「千」になるところに大きな意味があります。
名前が奪われるというのは、一種のアイデンティティ(自己証明)の喪失になるのではないでしょうか。


つまり、千尋という、小学生で、両親の保護のもとで生きている、という立場を白紙にされるわけです。

自分で判断し前に進んでいかなければ、生きることができない(神様の世界の湯屋は働かざるもの食うべからずの世界です)のです。

千になったことで、千尋は「精神的な自立」をするテストをされたのではないか!?

ちなみに、「尋(ひろ)」という字は、もともとは大人が両手を一杯に広げた、長さの単位を表し、「広げる」と元は一緒だそうです。

実際の小学生が、家庭の中でのびのびと育っている一方で、少しずつ自我が芽生え、両親(特に母親)の影響から脱却したいという心を表すのかな?などとも考えました。

「尋」を奪われるということは、まさに広がっていくことを妨げるようにも見えるからです。
ここに、ゆばーばの存在の大きさを感じます。

ゆばーばについて、次回にお話ししたと思います。

さておき、あの映画で一番感動したのは、ハクがこはくがわという「川」だったことですね。
私たちは、森羅万象に守られている、一緒にいるってことを感じさせてくれる。
泣けますね~。

余談ですが、油屋とは、熊本の温泉街を作った第一人者の方のお名前です。

そうそう、油屋にいる番頭のカエルの声は、大泉洋さんなんですけどご存知でしたか?(笑)

 

 

これ、我が家のハチです。

ハクに似てるでしょ(親バカ)。

 

 

 

【満席御礼】1、2月セッションスケジュール 

 

虹【好評発売中】DVD版

「占い師・カウンセラー・セラピストのための秘密のセミナー」

 

宝石赤☆無料メルマガ☆   
『超幸運体質の秘訣』
   

宝石ブルー運命学鑑定で、運気を上げませんか?   

宝石緑無料占い!お楽しみください♪

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタンへの応援のクリック

励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

こんにちは、運命学カウンセラー沙璃です。

 

運命学についてこのようなご質問をいただきました。

よい機会なので、お届けしたいと思います。

 

《質問》

母は戸籍上の生年月日と本当の生年月日が一致しないです。

この場合、データは両方出したら良いのでしょうか?

 

ちなみに母にどちらのつもりで生きているのか聞きました(我ながら変な質問ですね)。


戸籍上の生年月日を意識して暮らしているから、占いなどの診断時には戸籍で見てもらっているらしいです。

 

《回答》

はい、このような場合は両方出します。

 

>ちなみに母にどちらのつもりで生きているのか

 

ここ、ここが大事なんです。

ご本人が戸籍を意識している、というのなら、戸籍で出たデータからわかることをお伝えします。

同時に、実際の生年月日で出たデータからわかることをお見せして、このような要素もあるかもしれないよ、と投げかけます。

 

その後、どちらを選択するのはご本人次第。

そこは強制せずに、情報提供という形で対応しています(^^

 

 

 

【関連記事】

戸籍と実際の生年月日が違う方へ

 

【満席御礼】1、2月セッションスケジュール 

 

虹【好評発売中】DVD版

「占い師・カウンセラー・セラピストのための秘密のセミナー」

 

宝石赤☆無料メルマガ☆   
『超幸運体質の秘訣』
   

宝石ブルー運命学鑑定で、運気を上げませんか?   

宝石緑無料占い!お楽しみください♪

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタンへの応援のクリック

励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

こんばんは、運命学カウンセラー沙璃です。

 

昨日は、運命学カウンセリング講座でした。

野外授業をしつつ、ロールプレイなどを行いました。

 

 

もう、梅の花が咲き始めていて、いい香りでした(^^

 

 

※画像は、齋木美香さんからお借りしました♪

 

休憩のときに、受講者さんたちとお話をしたんですね。

みなさん、かれこれ3年近くこの学びを続けています。

見事に、受容と共感、承認が、呼吸をするように自然にされています。

それで、おもしろいことがわかりました。

 

自分の魅力にはなかなか気づかないものである

 

ということです。

なぜならば、その人の魅力は、生まれつきに備わっているからです。

ですから、本人にしてみたら、当たり前というかごくごく自然なことなのですね。

 

そこで、他者がかけてくれる言葉が、その魅力に気づかせてくれるんです。

 

人の美しさに目を向けて関わっていますね。

一緒にいるだけで、心が和みますね。

顔を見ているだけで癒やされる~。

発する言葉に元気をもらえます。

ものの見方に、新しい風を吹かせてくれるね。

などなど。

 

自分が感じることや思うことを表現していくと、次第にその表現が豊かになり、シンプルになり、深みが増してきます。

 

そして、知らず知らずのうちに、そのことで関わる人を力づけていたり、軽やかにしたり、温かい気持ちになったりすることを実感します。

 

自分の魅力に気づき始めてくると、人はどんどん本来のパワーを発揮します。

そして、生きていることの喜びを深く味わっていくのでしょうね。

 

健全な自己表現は最大の癒やしであり、他者をも癒やす力を持っています。

 

 

 

 

 

【満席御礼】1、2月セッションスケジュール 

 

虹【好評発売中】DVD版

「占い師・カウンセラー・セラピストのための秘密のセミナー」

 

宝石赤☆無料メルマガ☆   
『超幸運体質の秘訣』
   

宝石ブルー運命学鑑定で、運気を上げませんか?   

宝石緑無料占い!お楽しみください♪

 

虹ブログ村に参加してみました。

下のボタンへの応援のクリック

励みになっています。

ありがとうございます!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ