『つながる』ことからはじめよう!

誰でもできる、良い連鎖へと変化を生みだす、小さな取り組み


テーマ:
昨日のことです。
■ 原子炉補助建屋にアームぐにゃり 高浜原発の屋根変形:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK1P2PKZK1PPGJB002.html

これも想定外でしょう。想定外のことが起こることは常に可能性がありますよね。
だから、出来るだけリスクが少ないことが予防原則なのではないでしょうか。

2011年3月以降の原発の状況を振り返ってみましょう。
有り難いことに、全てを列記してくださってるブログがありましたので。
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushima_nuclear_disaster_news/33788561.html
----------------------------------------------------------------------------------------------
2012年5月5日~2012年7月5日の約2ヶ月間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所はありませんでした。
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012050501001478.html
2012年7月6日~2012年7月20日の約15日間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は大飯原発3号機の1基でした。
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012070501000667.html
2012年7月21日~2013年9月15日の約1年2ヶ月間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は大飯原発3、4号機の2基でした。
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012072101001219.html
2013年9月16日~2015年8月10日の約1年11ヶ月間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所はありませんでした。
http://www.asahi.com/business/update/0915/OSK201309150004.html
2015年8月11日~2015年10月14日の約65日間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は川内原発1号機の1基でした。
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081101001996.html
2015年10月15日~2016年1月28日の約106日間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は川内原発1、2号機の2基でした。
http://www.47news.jp/FN/201510/FN2015101501000873.html
2016年1月29日~2016年2月25日の約28日間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は
川内原発1号機2号機と高浜原発3号機の3基でした。
http://www.47news.jp/news/2016/01/post_20160129171658.html
2016年2月26日~2016年2月29日の約4日間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は
川内原発1号機2号機と高浜原発3号機4号機の4基でした。
http://www.47news.jp/PN/201602/PN2016022601002131.html
2016年3月1日~2016年3月10日の約10日間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は
川内原発1号機2号機と高浜原発3号機の3基でした。
http://www.47news.jp/PN/201603/PN2016030101002088.html
2016年3月11日~2016年8月11日の約154日間、
日本で稼動していた(商業用)原子力発電所は川内原発1、2号機の2基でした。
http://this.kiji.is/80189696566378500?c=39546741839462401
2016年8月12日~2016年10月5日の約55日間、
日本で稼動している(商業用)原子力発電所は
川内原発1号機2号機と伊方原発3号機の3基でした。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160812/news20160812020.html
2016年10月6日~2016年12月7日の約63日間、
日本で稼動している(商業用)原子力発電所は
川内原発2号機と伊方原発3号機の2基でした。
http://mainichi.jp/articles/20161006/dde/041/040/043000c
2016年12月8日~2016年12月16日の約9日間、
日本で稼動している(商業用)原子力発電所は
川内原発1号機2号機と伊方原発3号機の3基でした。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120800640&g=eqa
2016年12月17日以降、日本で稼動している(商業用)原子力発電所は
川内原発1号機と伊方原発3号機の2基です。
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/259276.html#more

<1965年以来建設され稼動した原子力発電所の数>
商業用原子力発電所 57基(国内に設置された稼動歴のある原発)
(内訳)
過酷事故廃炉決定      4基(東京電力福島第1原発)
廃炉決定運転中止   8基(東電/中電/関電/中国電/四国電/九電/日本原電)
廃炉作業準備中    1基(日本原電東海原発)
政府要請運転停止   2基(中部電力浜岡原発)
中越沖地震運転中止  3基(東京電力柏崎刈羽原発)
東日本大震災停止中  9基(東北電力東通・女川原発/東京電力福島第2原発)
定期点検審査停止中  26基
再稼動後緊急停止   1基(関西電力高浜原発4号機) 
運転差し止め命令停止  1基(関西電力高浜原発3号機 但し4号機を含む) 
稼働中         2基(九電川内原発1号機・四国電伊方原発3号機)
----------------------------------------------------------------------------------------------

2011年3月11日からずっと、原子力緊急事態宣言発令中です。

大津地裁が運転差し止めの仮処分を決定した高浜原発は、現在大阪高裁で抗告審が行われています。
■ 高浜原発、審理は12月終結方針 運転差し止め仮処分抗告審 :福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/106713.html

大阪高裁で住民側が勝てば、脱原発の動きは加速するのではないでしょうか。

現在、気になるのは玄海原発です。

■ 社説:玄海、再稼働へ地元理解得られるのか:どうしんウェブ
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0106515.html

規制委員会は新基準に適合と再稼働にOKを出しましたが、規制委員会の新基準に適合したことが安全を保証するものではないことは田中委員長が自ら仰っていました。
ほぼ全域が30キロ圏内に入る伊万里市の市長は、東日本大震災後も変わらない電力会社の体質、原発抜きでも経済や生活に大きな影響がない現実などを挙げ、「再稼働反対は民意。市民の声を代弁している」と話しています。

■ 伊万里市長「再稼働反対は民意」 九電に不信感示す:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJDW5GN6JDWTIPE01P.html

立地自治体でなくても影響自治体として、こういうきっぱりとした態度を示すことは大変重要ですね。
伊万里市長さんには応援メッセージを送りたいですね。

最初に掲載したリストにあるように、この5年10カ月の間、ほとんど原発無しで日本はやってきました。
そして太陽光発電の導入量は加速しています。
電力会社も選べるようになりました。
原発を持たない、原発の電気を取り入れない電力会社を多くの人が選べば、脱原発は実現します。
再生可能エネルギーのコストもどんどん安くなり、私たちの暮らしは今より安全になるはずです。
再稼働に反対の声、継続して暮らしを守りましょう。

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★サンデーアクションNO.318
「再稼働反対の声を継続して暮らしを守ろう!」
----------------------------------------------------■

■ 玄海原発再稼働への不同意を求める署名:再稼働阻止全国ネットワーク
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/rn/archives/12654

■ 伊万里市長へ応援メッセージはこちらから
お問合わせ先
秘書課所在地/〒848-8501 佐賀県伊万里市立花町1355番地1
電話番号/0955-23-3390 FAX/0955-23-8960 
E-mail/ hisho@city.imari.lg.jp

あなたの地元の国会議員にも伝えましょう。
■ 国会議員検索 ぷぶりすてら http://publistella.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みいただき、ありがとうございました。
ほんの少し、サンデーアクションに
時間を使っていただけたら、幸いです。
子どもたちの未来のために。
未来の子どもたちのために。

---------------------------------------------------------------------------
• サンデーアクションは週に一度、日曜日に呼びかけています。
• 地球のため、子どもたちのため、私たちの未来のために、
今したらいいなと思うことを提案しています。
• 一人の声は小さいけれど、たくさんの声が集まったら、
きっといい変化をおこせると思います。
• サンデーアクションというネーミングですが、
特に締め切りは設けていません。
• 受け取った方が新たな発信元になっていただけたら、より幸いです。
• アクションに参加されたら、お知らせいただけるとうれしいです。
----------------------------------------------------------------------------
発信元:「つながる」ことからはじめよう!
http://ameblo.jp/little-power/

----------------------------------------------------------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アジアで初めて、台湾が脱原発を明確に決定しましたね。

■ 台湾立法院、脱原発法を可決 再生エネ切り替えがかぎ:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK1C5H8YK1CUHBI01T.html

「事故は起きない」と言い続けてきた日本の原発は2011年、全電源停止し次々爆発するという過酷な事故を起こしました。それなのに、脱原発するどころか再稼働し、世界で常識と言われている40年の寿命を60年まで延ばし、「事故は起きても大丈夫」と言わんばかりの状況です。
6年前に、原発はリスクもコストも高いことははっきりしました。
ましてや、地震大国。
そもそも、原子力政策自体が間違っていたと身を以て体験したはずです。
日本で起きた事故をきっかけに、世界の倫理的な国では再生可能エネルギーへのシフトが進んでいます。

■ オランダ鉄道の列車運行、風力エネルギー100%化達成:Engadget日本版
http://japanese.engadget.com/2017/01/12/100/

■ 太陽光・風力発電のコストが急速に低下、海外で単価3円を切る電力の契約も:スマートジャパン
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/12/news025.html

このなかで、自然エネルギーの専門家でスウェーデンのエネルギー庁長官を務めたトーマス・コーベリエル氏は以下のように話しています。
「もはや経済合理性の面からも、太陽光と風力が火力や原子力よりも優位になった」

興味深いのは、導入量の伸び率です。
ドイツを抜いてトップに出て来たのは中国。
原発も推進していますが、再生可能エネルギーも急速に伸びているんです。
安い単価を実現したのは、需要の拡大です。
このままいけば、確実に原発は自然淘汰されるのではないでしょうか。
原発は、もはや時代遅れなのです。
日本政府もそのことを重々承知しているからなのかもしれません。
この先、原発にかかる費用を新電力、すなわち市民にも負担させようとしています。

■ 廃炉費用を国民負担に 電力政策小委報告書 福島第一以外も:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201612/CK2016121702000152.html

もしかすると、年金受給年齢も10年も延ばされるかもしれないのに、さらに私たちに負担増を強いるつもりなんだと思います。一方で、防衛費は増加の一途です。。。

■ 来年度予算:防衛費最大5.1兆円...5年連続で増額:毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20161202/k00/00m/010/117000c

廃炉費用の一部を私たちから徴収するという貫徹委員会の中間とりまとめの問題点は以下の3点です。

* 東電が責任を取らないまま国民負担。
* 発電・送配電・小売りを分立し、自由で公平な競争を促進するとした電力システム改革に反する。
* パブコメの結果を待たずに内容の一部を閣議決定し、国会での議論もない。

■ 原発事故費用・廃炉費用ー東京電力が責任を取らないまま、国民負担でいいの??|パブコメで未来を変えよう
https://publiccomment.wordpress.com/2016/12/20/baisyohairo/

台湾では多くの国民が声をあげ、政府に決断させました。
私たちも理不尽なやり方に声をあげていき、暮らしを守りましょう。

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★サンデーアクションNO.317
「廃炉費用も国民負担?!〜パブコメ送って暮らしを守ろう!」
----------------------------------------------------■

■ パブリックコメント提出は↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620216013&Mode=0

■ 参考資料と書き方は↓
https://publiccomment.wordpress.com/2016/12/20/baisyohairo/

あなたの地元の国会議員にも伝えましょう。
■ 国会議員検索 ぷぶりすてら http://publistella.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みいただき、ありがとうございました。
ほんの少し、サンデーアクションに
時間を使っていただけたら、幸いです。
子どもたちの未来のために。
未来の子どもたちのために。

---------------------------------------------------------------------------
• サンデーアクションは週に一度、日曜日に呼びかけています。
• 地球のため、子どもたちのため、私たちの未来のために、
今したらいいなと思うことを提案しています。
• 一人の声は小さいけれど、たくさんの声が集まったら、
きっといい変化をおこせると思います。
• サンデーアクションというネーミングですが、
特に締め切りは設けていません。
• 受け取った方が新たな発信元になっていただけたら、より幸いです。
• アクションに参加されたら、お知らせいただけるとうれしいです。
----------------------------------------------------------------------------
発信元:「つながる」ことからはじめよう!
http://ameblo.jp/little-power/

----------------------------------------------------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はルワンダで20年も活動されている吉田真美さんとガテラさんのお話を伺って来ました。
お二人がされている活動は、義肢を無償提供するというもので、現地に義肢工房を持ち、これまでにルワンダで述べ8000人に無償で義肢を提供してきたそうです。
素晴らしい活動。
でもそれだけじゃありません。
障害のある人々が、希望を持って生きられるようにと、パソコン教室を始め、義肢装具師の養成もしています。
資金調達のためのゲストハウスとレストランも運営し、人々の自立支援にもなっているようです。
そして、ルワンダの人々の心の復興をとの思いは、ルワンダで初めてのパラリンピック出場選手も生み出しました。
ほんとにほんとに素晴らしいお二人の活動を伺い、チャレンジすることの偉大さを感じました。
彼らの活動は中学の道徳の副読本に掲載されているそうです。
継続的な支援を検討される方は、One Love Projectのホームページから会員登録出来ます。
http://www.onelove-project.info/

さて、すっかり深夜になって来ましたが、今週のサンデーアクションをお届けしたいと思います。
今日はルワンダでしたが、昨日は福島会津若松で活動されている片岡輝美さんのお話を伺って来ました。
片岡さんは、「放射能から子どものいのちを守る会・会津」と「会津放射能情報センター」を設立され、活動されています。また、福島県の約200名の親子が子どもの人権回復を求めて福島地方裁判所に提訴した「子ども脱被ばく裁判の会」の共同代表も務めていらっしゃいます。

2011年3月11日の原発震災から絶えること無く続く放射能汚染との闘いは、自分たちは国に裏切られていると実感する日々だったと思います。
原発立地周辺に暮らす人々は、経済活動の犠牲者であり、緊急時には国は民を守らないということを実感されたそうです。
保育園を併設する教会をご主人が運営されている片岡さんは、すべり台の下が27万ベクレル/平方メートルという高線量になっているのを知って、すべり台を処分されました。
4人のお子さんたちも楽しい時間を過ごしたすべり台でした。
撤去されたことをお子さんに伝えると、「原発は思い出も奪っちゃうんだね。」と話されたそうです。

震災関連死は昨年末のデータで2106人でした。
除染による汚染土が詰められたフレコンバッグの保管場所は14万ヶ所にもなっているということでした。
原子炉等規制法では再生利用の基準は100ベクレル/kgですが、環境省は8000ベクレル/kgとする方針です。

■ 全国に被ばくを強い、環境を汚染する「8000ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業で利用」方針に反対
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416.html

そして、自主避難者に対する住宅支援の打ち切り。
意向調査の内容は酷いもので、打ち切り前提の冷淡なものでした。
以前にもお伝えしたように、新潟県や山形県は福島県に対し、住宅支援の継続を求めています。
全国の56議会が住宅支援の継続を決議していますが、福島県知事は無視し続けています。
片岡さんは、溢れる怒りを抑えながら、話されました。

「事故は起きない」と言っていたのに、今は「起きても大丈夫」になってしまった。
国策が原発事故を起こしたのだから、国が新しい法律を作って救済するべきです。

年間1ミリシーベルトが世界基準です。
でもそれでは、避難者を戻せない。
だからって、大胆にも20ミリシーベルトでOKですと言ってしまうなんて、まるでそれは、震災前より20倍も日本人は放射能に強くなりましたと言っているようなものではないでしょうか。

納得のいかないまま、帰還を迫られる自主避難者。
故郷を見捨てたわけではなく、予防原則に基づいて、リスクを回避するために避難を選択したのに、支援打ち切りは「いじめ」のように思えます。
このような状況を重く受け止めた幾つかの自治体では独自の支援策を打ち出していて、それは良いことではありますが、避難先によって格差も生まれています。

■ 避難先 住宅支援に格差 9道府県が独自策:毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170106/k00/00m/040/135000c

12月に掲載した文章を再び掲載します。

「放射線被ばくから身を守る「避難の権利」は、日本国憲法に記された「すべての国民が恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存することを保障された基本的人権である」と、森松さんは「『脱被ばく』を考える」と題した「『子ども脱被ばく裁判』の会」会報への寄稿文で記している。そして、避難の権利は、原発事故後に与野党全議員の賛成によって成立した「子ども・被災者支援法」でも明記されている。
にもかかわらず自主避難者への支援は手薄なままだ。それどころか住宅支援打ち切りにより、避難者の人権が脅かされている。 」(以下より抜粋転載)
■ 原発事故「自主避難者」が主張していること:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/120450

福島県知事に住宅支援の継続をお願いするメッセージをお願いいたします。
原発賠償訴訟の署名も引き続き集めています。
下記URLからダウンロードして、よろしくお願いいたします。
また、お住まいの自治体に、
独自の支援策で自主避難者を救済してほしいとメッセージしていただけたらと思います。

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★サンデーアクションNO.316
「住宅支援の継続で自主避難者の救済を!」
----------------------------------------------------■

■ 福島県庁
Tel:024-521-1111(代表) 
Fax:024-521-7901(広報課)
E-mail:kouho@pref.fukushima.lg.jp

■ 原発賠償訴訟:公正な判決を求める要請署名
署名用紙をダウンロードしてお使いください。
http://shienkyoto.exblog.jp/

あなたの地元の国会議員にも伝えましょう。
■ 国会議員検索 ぷぶりすてら http://publistella.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みいただき、ありがとうございました。
ほんの少し、サンデーアクションに
時間を使っていただけたら、幸いです。
子どもたちの未来のために。
未来の子どもたちのために。

---------------------------------------------------------------------------
• サンデーアクションは週に一度、日曜日に呼びかけています。
• 地球のため、子どもたちのため、私たちの未来のために、
今したらいいなと思うことを提案しています。
• 一人の声は小さいけれど、たくさんの声が集まったら、
きっといい変化をおこせると思います。
• サンデーアクションというネーミングですが、
特に締め切りは設けていません。
• 受け取った方が新たな発信元になっていただけたら、より幸いです。
• アクションに参加されたら、お知らせいただけるとうれしいです。
----------------------------------------------------------------------------
発信元:「つながる」ことからはじめよう!
http://ameblo.jp/little-power/

----------------------------------------------------------------------------


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年は元旦が最初の日曜日ということで、サンデーアクションを更新することを迷っておりました。
そんな気分でいた2日、お知り合いのフェイスブックの投稿で、「あさこはうす」に暫くお手紙を書いていないことに気づきました。
このきっかけで、遅ればせながら最初のサンデーアクションを書くことにしました。

これまでに3度、「あさこはうす」を取り上げ提案させていただきました。
もしお時間がありましたら、過去の投稿を見ていただけたら有り難いです。

■ NO.23 
http://ameblo.jp/little-power/entry-10892272646.html

■ NO.96
http://ameblo.jp/little-power/entry-11379306219.html

■ NO.211
http://ameblo.jp/little-power/entry-11973291672.html

大間の海を守るため、そしておそらく私の想像では、日本や世界を守るためだったのではないでしょうか。
熊谷あさ子さんはたった一人で、巨大な権力に立ち向かった、崇高な精神の持ち主だったのだと思います。
現在のように、SNSで情報を発信することも出来なかった時代に、醜悪な嫌がらせにも耐え忍び、大間原発のための用地買収に決して応じなかったあさ子さん。
その遺志を継いで「あさこはうす」を守る娘の厚子さんも大変厳しい状況だと伺っています。
せめてお手紙で「あさこはうす」を支えませんか?

大間原発の建設地の広い敷地のなかにぽつんと残った私有地。
「あさこはうす」に通じる一本道を通る人がいなければ、原発建設主のJパワーは道を閉鎖するつもりのようです。郵便が配達されることで、「あさこはうす」を支えることが出来ます。
新年の最初に、少し遅い年賀状を書いていただけたら、うれしいです。

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★サンデーアクションNO.315
「あさこはうすに年賀状を出そう!」
----------------------------------------------------■

■ あさこハウス住所
〒 039-4601
青森県下北郡大間町字小奥戸396
「あさこはうす」 小笠原厚子 様

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みいただき、ありがとうございました。
ほんの少し、サンデーアクションに
時間を使っていただけたら、幸いです。
子どもたちの未来のために。
未来の子どもたちのために。

---------------------------------------------------------------------------
• サンデーアクションは週に一度、日曜日に呼びかけています。
• 地球のため、子どもたちのため、私たちの未来のために、
今したらいいなと思うことを提案しています。
• 一人の声は小さいけれど、たくさんの声が集まったら、
きっといい変化をおこせると思います。
• サンデーアクションというネーミングですが、
特に締め切りは設けていません。
• 受け取った方が新たな発信元になっていただけたら、より幸いです。
• アクションに参加されたら、お知らせいただけるとうれしいです。
----------------------------------------------------------------------------
発信元:「つながる」ことからはじめよう!
http://ameblo.jp/little-power/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今夜はクリスマスを大切な方と過ごされている方も多いと思います。
そんな夜に申し訳ない気もしますが、自衛隊が派遣された南スーダンはどんな状況になっているのでしょうか。
先日はこんなニュースに驚きました。
■ PKO部隊の日報廃棄 南スーダン7月の武力衝突 防衛省「目的終えた」:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016122490070206.html

基本3年間の保存が義務づけられているうえに、陸自の宿営地の隣で銃撃戦が起きるなど重要な報告文書であるはずなのに、不信感が募ります。

そして、このニュースです。
■ 国連安保理 南スーダン制裁決議採択されず 日本は棄権:NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161223/k10010818331000.html

■ 南スーダン制裁決議採択されず=陸自派遣の日本棄権-米「歴史は厳しい判断」と批判:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122400004&g=pol

アメリカはこの制裁決議案に賛成しています。
アメリカのパワー国連大使は決議の前に以下のように話していました。

「南スーダン政府にチャンスを与えよう、と耳触りのいい言葉を言いますけども、また別のチャンスを与えるのですか?南スーダンへの支援が軍事につぎ込まれ人々が飢えるのを、現地で国連の活動が停滞しているのを、私達はさんざん見てきたではないですか」
「(武器禁輸制裁をしないという)免責が現地の人々にとって良い結果になるのでしょうか?平和維持活動に従事している職員達の安全に寄与するのですか?」
以下より転載ーーーーーーーーーーー
■ 米国の国連大使が猛批判ー安倍政権のせいで南スーダン大虐殺の危機、
自衛隊PKO派遣の本末転倒(志葉玲):Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20161221-00065702/

安保理15カ国のうち7カ国が賛成でした。日本の棄権は重要な意味を持ちます。

これに対し、武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)は以下の声明を出しています。
---------------------------------------------------------------------------------------------
【緊急声明】

国連安保理の南スーダン武器輸出禁止決議案否決――日本政府の妨害に抗議

 悪化の一途をたどる南スーダンの内戦について、国連安全保障理事会は
12月23日(日本時間24日)、武器禁輸を柱とするアメリカ提出決議案を、
賛成少数で否決しました。安保理に議席をもつ日本は、この決議案に棄権
しました。その理由は、(1)南スーダン政府が決議案に反対(2)日本が
決議案に賛成すれば、両国の関係が悪化(3)その結果、南スーダンPKOに
参加している自衛隊への危険性が増す――からだというのです。

 武器禁輸に背を向けた、このような日本政府の対応は、根本的に間違っ
ています。ジェノサイド=諸民族間の大虐殺に発展する恐れのある内戦激
化を防ぐためには、南スーダン国内に出回っている武器・弾薬を最小限に
することが必要です。

 南スーダンは、2011年7月に分離独立、国際社会の支援で新しい国づく
りに取りかかったものの、2013年末から内戦状態となりました。2016年4
月に和平合意が成立したのも束の間、7月には、首都ジュマで、キール大
統領派とマシャル副大統領派の部隊が激突し、一般市民を含む多数の死傷
者が出ました。首都駐留の国連PKO部隊も手が出せないほどの激戦でした。

 以後、内戦は各地に拡大、副大統領派だけでなく、多くの反政府武装勢
力が国内に割拠する混乱が続いています。内戦が収束する見通しはなく、
8月以降、アメリカの国連代表は、南スーダンへの武器禁輸案を安全保障
理事会に提示、国連の潘基文事務総長も「ジェノサイドを防止するため、
早急な武器禁輸を」と呼びかけました。

 今回提示されたアメリカによる決議案の要点は、(1)南スーダン政府
と反政府派双方に対する1年間の武器禁輸(2)政府側と反政府側それぞれ
の幹部に対する、渡航禁止や資産凍結などの制裁――です。決議案は、賛
成7-棄権8(日本、中国、ロシアなど)で否決されました。

 現地の自衛隊PKO部隊が、いわば「人質に取られている」ことを理由に、
武器禁輸そのものに反対したのは、本末転倒です。いったい何のための
「平和維持活動」なのでしょう。本来なら、もっと早い時期に、日本政府
こそが武器禁輸措置を実現する旗振り役を務めるべきでした。今回の事態
によって、改めて、自衛隊派遣が南スーダンの人々の平和と安全のためで
はなく、自己満足に過ぎないことが明らかになりました。

 わたしたちは、日本政府の間違った政策に強く抗議します。日本政府は
方針を改め、南スーダンへの武器禁輸賛成を表明し、実現のための国際的
な協力に加わるべきです。そして、ジェノサイド防止の障害にすらなって
いる、憲法違反の自衛隊派遣を中止し、全部隊をただちに撤退させること
を求めます。

2016年12月24日
-------------------------------------------------------------------------------------------

自衛隊PKO部隊が心配だからなのか、武器輸出解禁したからなのか...国際人権団体も日本政府の考えは理解に苦しむと言っているように、人道的見地から外れているのではないでしょうか。
今回の決議では、アメリカと対立する中国やロシアも拒否権は発動しなかったことを考えると、日本が賛成し採択されることを世界は望んでいたように見えます。

前回も掲載しましたが、
「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)14年6月21日号が掲載した「日本の軍需企業トップ10」の企業名は以下のとおり。
1位・三菱重工業
2位・三菱電機
3位・川崎重工業
4位・NEC
5位・IHI
6位・富士通
7位・コマツ
8位・東芝
9位・日立製作所
10位・ダイキン工業

以上はLITERA/リテラより
■ 安保法制の狙いは武器輸出、経団連=軍需産業が安倍政権を動かしていた!
税金使った武器バラマキ計画も:LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2015/09/post-1486.html

日本政府に、国会議員に、人道的見地に立ち、日本の武器輸出解禁を見直し、外交政策をするように伝えていきましょう。

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★サンデーアクションNO.314
「人道的見地に立った外交と武器輸出見直しを!」
----------------------------------------------------■

■ ご意見・ご感想:首相官邸ホームページ
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

■ 外務省:御意見・御感想コーナー
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

あなたの地元の国会議員に伝えましょう。
■ 国会議員検索 ぷぶりすてら http://publistella.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みいただき、ありがとうございました。
ほんの少し、サンデーアクションに
時間を使っていただけたら、幸いです。
子どもたちの未来のために。
未来の子どもたちのために。

---------------------------------------------------------------------------
• サンデーアクションは週に一度、日曜日に呼びかけています。
• 地球のため、子どもたちのため、私たちの未来のために、
今したらいいなと思うことを提案しています。
• 一人の声は小さいけれど、たくさんの声が集まったら、
きっといい変化をおこせると思います。
• サンデーアクションというネーミングですが、
特に締め切りは設けていません。
• 受け取った方が新たな発信元になっていただけたら、より幸いです。
• アクションに参加されたら、お知らせいただけるとうれしいです。
----------------------------------------------------------------------------
発信元:「つながる」ことからはじめよう!
http://ameblo.jp/little-power/

----------------------------------------------------------------------------

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。