DNAリーディング 1

テーマ:
8月5日、グレイスさんに50分~60分のフルのDNAリーディング
をしてもらいました。長いので、4-5回にくぎって、連載します。

真っ黒なきらきら光る、黒曜石、
黒いオニックスのような貴石の惑星が見える。
その石(星)の割れ目から、緑がでてきて、混沌とした宇宙の源から、
多くの星たちが生まれ、真っ黒な石から光が生まれてきている。

Lisaさんは、真っ黒な星から生まれ、たたずみ、
他の多くの星が生まれて来るのを、ず~っと長い間、見ている。

そして、大きな広がった命の輪を見ながら、その中に入ると決心し
火の星を選ぶ。火の星は暖かく迎え、そこで、ものごとが生まれていく、
創造の過程を学ぶ。

そして緑の星、地球ではありませんが、その緑の星に行く。
(私の直感では、バシャールの住むエサニエル星。)

そこで安定するもの、宇宙の法則、命の法則、命というものの大切さを学ぶ。
次第に、Lisaさんの形に作られていき、
この銀河の中心である”セントラル・サン”、
それは私達が呼ぶ名ですが、通名、”スバル”。
スバルの中のプレアデスという星です。
そのプレアデスからLisaさんは、いらしています。

私はこのプレアデスで、Lisaさんにお目にかかったことがあります。

そしてそのあと、地球に降り立つ一番初めの、第一船団として、
船に乗り込み、一番初めの人類の草分け的存在として、
人類として、この地球に一回目の生を誕生させておられます。

それが地球までのなりいきです。

ソールカラーは、美しいパープル。
中心部から外に向かって、青い色、ディバイン・マザーのブルーに、
グラデュエーションを描き、まるでクリスタルのように、輝き、
マザーテレサの好きな、ギリシャの紺碧のブルーが外に出ている。
内側には、人間の内面を統制するラベンダー。

そしてその外には、真っ白な雪に近い、銀の輪がかかる。
銀色は、上のエネルギーを下に下ろす。
あるいは、向こうの世界とこちらの世界をツナグ巫女(みこ)
のような役目を持っています。

インスピレーションを下し、人を助ける。
あるいは、神言(しんごん)を、まことの言葉、神の言葉を、
民に伝える、とういう役目をもともと持っている人。
そういった人であります。

”はじまりから終わりまで”という言葉があります。”アルファとオメガ”。
この方々はまさしく、そのお役目を持っておられます。


グレイスさんの連絡先は、
magikal_grace@yahoo.com です。

以前にスピコミフェアーで天職や今生のお役目をハイヤーセルフにうかがっていただきました。

私の天職
http://ameblo.jp/lisaky/entry-10855029054.html

今生の役目
http://ameblo.jp/lisaky/entry-10787556203.html#main

ちなみに、次のスピコミフェアーは、9月9日(日)だそうです。

プレアデス星団
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%B9%E6%98%9F%E5%9B%A3

『ムー大陸の一部であった沖縄?』
http://ameblo.jp/celticstone/entry-10923860827.html
ムー大陸の祖先はプレデウス星の生命体と絡んでいるそう。
AD

魂を入れる祈り

テーマ:
7月16日、西中功導師が白光LAで私達に実践させてくださった祈りをご紹介します。
10年以上前に白光真宏会会長の西園寺昌美先生が紹介され、
白光誌平成14年1月号に掲載された神語です。

魂を入れる祈り

私は神のように愛深い、
神のように慈しみを持っている。
神のように全てを許すことができる。
神のように全て自分の欲することを創造していくことができる。

そして神のように神聖で、
神のように純粋で、
神のように欲が無く、
神のようにけがれが無く、
神のように崇高である。

そして神のように高貴で光り輝き、
神のように偉大である。



神語を自分に向けてどんどん語りかけてゆく。
そして、ついにはその言葉の通りの自分が創造されてゆくのである。
語りかけたような状況が幻影となりつくり出され、
ついには現実として今生に顕現されるのである。

この神語はまた、自分のみに使わず、
人のためにも大いに語りかけてあげるべきなのである。

相手を認め、褒め称え、尊敬する神語をたくさん語りかけてゆくのである。
そうすることにより、対立、差別、偏見はなくなり、
調和、平和、幸せ、よろこびがうずまく世界へと変わってゆくのである。

二十一世紀の世界は、国家が、政府が、宗教が、
聖者や賢者が創り出すのではなく、
人類一人一人が語る言葉によって創造されてゆくのである。

(白光誌平成14年1月号26ページ)

上の祈りの神語を英訳したので、下に書きます。


Prayer to input your Spirit

I deeply love like God.
I have deep affection like God.
I can forgive everything like God.
I can create everything I want like God.

And, I am sacred like God.
I am pure like God.
I have no greed like God.
I am clean like God.
I am noble like God.

And, I’m privileged and shining with lights like God.
I’m great like God.

AD

想いの力、真理の体現

テーマ:
富士山にお住まいの西中功講師をロサンゼルスにお迎えし、
7月13日、14日、15日、16日と、真理を体現する勉強会が開催されています。
2時間ずつの勉強会を、13日夜、14日11時~1時と3時から5時、
15日11時~1時と3時から5時と5回受講。

今日7月16日も11時ー1時と7時-9時の勉強会があり、たぶん夜の部に行きます。

想いの力で人間が変わることのお話と実験でした。

会場からランダムに2人の女性を選びだし、
まず何も考えないで、相撲をとってもらう。

次に弱かった人に耳打ちして、相撲をとってもらうと、強かった方が負けた。
何を耳打ちしたかというと、「この人は居ない」と心で念じてもらった。

次に最初に強かった方になにか耳打ちすると、強かった方が勝った。
その秘密は、「私は大宇宙。」と心の中で言ってもらったとのこと。

このように、真剣に信じてなくても、ちょっと心の中で想っただけで、力が強くなったり弱くなったりする。

だから、お互い否定的な言葉を自分や相手に吐いたり想ったり、
しないほうがいい、というお話でした。

小さなこと(自分だけ、家族だけ)のことを想うより、
大きなこと(世界平和、地球、大宇宙)を想う方が大きな力が出るとのこと。

次に、また女性2人に相撲をとってもらった、
強かった方に何か耳打ちすると、弱かった方が勝った。

何を耳打ちしたか、というと、「私はあなたを信じます。」とこころで唱えてもらった。
信じる力によって、信じられている人は、本来の自分となり大きな力が発揮できる。

これを応用し、まわりに苦労をしている人、病気の人、ネガティブな人、ヒドイ人がいたとしても、それを心配するよりも、「私はあなたを信じます。」とこころで唱え、「信じている」という波動を送るといい、といういうことです。

それ以外にも、老化を防ぎ若返るための運動や体操をいろいろと教えてもらいました。
肋骨・あばら骨が下がっていると、肩が硬くなる。

足の裏の筋肉が固まっていると、腰が痛くなってくる。
足の裏を延ばすには、両足を床に伸ばして前屈運動すること。

19歳からヨガをして、自分の体でいろいろと実験されているとか。
現在65歳らしいので、46年のベテランです。

白光の講師錬成会の講師を長年勤められ、今年2月に定年退職。
引退するのではなく、海外などをまわり、指導してくださっています。

ここには書ききれないほど、いろんなことを教わりました。

今晩、7時から9時まで ガーディナの白光LA道場で勉強会があります。
興味ある方はいらしてください。

クラスの受講料は無料です。
小額の献金($2~$5)をご随意で お願いします。

場所:Byakko Los Angeles
15000 S. Western Ave., Gardena, CA 90248
AD