フリーライター近江直樹のブログ(行政書士・社労士・宅建・FPなど多くの資格・検定に合格した資格取得の達人のブログ)

フリーライターの近江直樹のブログです。
資格試験の取得法・学習法や、法律、ライター、時事、社会問題、近況報告まで、幅広い分野の記事を書いています。

フリーライターの近江直樹です。
主に資格や法律の関係の記事を中心に、
社会問題・時事・ニュースについても書いています。

たまに、近況を報告しています。

フリーライター近江直樹のホームページ もよろしくお願いします。

 ☆ よろしければこちらもどうぞ
 fbrogo   twitter   youtube

☆ ブログのランキングサイトにも登録しています。
応援よろしくお願いします!
アシスタントのまおちゃんからもクリックのお願い
  ♡♥♡
1日1回有効です。 

テーマ:
今の時代、士業で起業するなら、それなりに、仕事を開拓するパイオニア精神がないとダメだと思う。
もちろん精神だけでなく、見込み客とか、人脈とか、営業や経営スキルとか。いろんな意味で準備が必要
まぁ、士業以外の起業では、大昔からだけど。。。


なお、士業としての法令順守や、常に知識のブラッシュアップを図るのは大前提です。


それなのに、試験に合格して資格を取ったからというだけで、士業で開業しちゃう人がいるから、資格を取ると貧乏になりますなんて本が売れて、資格ライターとしては、大迷惑だなぁ
職業の自由はあるけど、ダンピングしまくって、首が回らなくて、相場だけ下げて、やめていく人は、士業者としても大迷惑


これが、最近では、弁護士の世界にも起こっている。
いわゆるイソ弁にも慣れなかったり、イソ弁になれても、十分に経験をつまないままに放り出されているケースが増えてきている。
平成に入るころまで、500人合格の時代が続いていて、毎年500人の自然減(引退・死亡など)があるのに、毎年2000人まで合格者を増やしたのだから、過当競争になったり、イソ弁が買い手市場になるのも無理もないのだけど。。。

しかも、弁護士の場合、他の士業と比べて、社会人経験者が少なく、独立開業はひじょうにきびしいのが現状(自ら進んで独立する方は別)。
ダンピングする元気さえなく、途方に暮れている即独(弁護士資格を得て即(行で、)独立すること)者も多いようです。


僕が、社労士・行政書士を開業したときは、1年前から、開業前後の人の勉強会を主催したり、三年分の生活費も貯めてあったし、開業後も、ライターとしての仕事をしながら、セミナー、DM、HPといろんなことしたな。
透析しながら。
くわしくは、こちらの記事。


士業で開業して、過当競争の時代に生き残れるためには、それなりの準備が必要だよね。
それでも、他の業種での起業と違って、独占業務があって、国家資格のもつ信用は、絶対に有利!


【確認】 士業の独立開業は起業であ!。
     起業ならそれ相応の準備が必用!
     企業として考えた場合、独占要務があり、国家資格の信用は大きな武器!




ダウン励ましのクリックお願いします!ダウン
 <祈>
みなさまの合格・幸運を祈念させていただきます。

 
読者登録してね
※ ブログ右側に<最近の人気記事>があります(PCの場合)⇒
よろしければご覧ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇