フリーライター近江直樹のブログ(行政書士・社労士・宅建・FPなど多くの資格・検定に合格した資格取得の達人のブログ)

フリーライターの近江直樹のブログです。
資格試験の取得法・学習法や、法律、ライター、時事、社会問題、近況報告まで、幅広い分野の記事を書いています。

フリーライターの近江直樹です。
主に資格や法律の関係の記事を中心に、
社会問題・時事・ニュースについても書いています。

たまに、近況を報告しています。

フリーライター近江直樹のホームページ もよろしくお願いします。

 ☆ よろしければこちらもどうぞ
 fbrogo   twitter   youtube

☆ ブログのランキングサイトにも登録しています。
応援よろしくお願いします!
アシスタントのまおちゃんからもクリックのお願い
  ♡♥♡
1日1回有効です。 
NEW !
テーマ:
資格試験におけるメンタルタフネスについてシリーズで書いています。
今回は、その6です。



集中力を維持する工夫
「勉強中に身が入らない」とか、「勉強中気が散るといった」ことをよく耳にします。
その原因は「疲れ」「焦り」「モチベーションのダウン」「他に気になることがある」など人によって多種多様です。

忙しい現代社会においては、「疲れ」が原因のトップとなっているようです。
日本人ほど栄養ドリンクを飲む国民はいないそうです。
疲れが原因の場合は、休養をとることが一番です。
休養といっても、寝ることだけが休養ではありません。
体は疲れていないのに頭が疲れているだけであれば、自習室や自分の部屋から出て、数分間散歩をするだけでも効果があります。

そして、自分なりの気分転換を図ることで、その後の勉強の集中力が変わってきます。
ある受験生は、予備校の自習室の貸しロッカーに関磨きセットを置いて、勉強と勉強の間の休憩時間に歯磨きをしてリフレッシュしていたそうです。
歯磨きまでしなくても、顔を洗うだけでも効果的です。


集中力アップの裏技
ある日、自習室で勉強しているときに気が付いたのですが、周りを見回してみると、集中力を欠いている顔をしている人と、気迫満々の人とに分かれていました。
明らかに表情が違うのです。

そこで、私は形だけでも気合を入れようとしました。
具体的には、口を真一文字にひきしめ、左右の眉毛を顔の鼻に向かって寄せ(=屑毛を下げながら中心に寄せ)、ぐっと問題集をにらめつけました。
そして鼻で大きく呼吸をすると不思議と集中力がアップしてきました。
それからは気合が入らないときはとりあえず、顔の表情を作って集中力を高めてから学習するようになりました。
「集中力が落ちてきたな」と思ったらまた顔をつくって勉強を続けました。
注:なお、自習室でこの方法を使うときには、くれぐれもテキスト・問題集などを下を見ながら行ってください
そうしないと鼻で大きく息をすうときに鼻腔がひろがって非常に間抜けです。(笑)


リフレッシュも大切
集中力不足とは反対に力が入りすぎてしまったときは、大きく口を聞けての深呼吸と軽い柔軟運動が効果的です。
力が入りすぎると疲れるのが早くなります。
そのため、リラックスも大切なのです。


【確認】 集中力意地・アップとリフレッシュで、学習効率UPアップ


ダウン更新の励ましのクリックお願いします!ダウン
 <祈>
みなさまの合格・幸運を祈念させていただきます。

 
読者登録してね
ブログ右側に<最近の人気記事>があります(PCの場合)⇒
よろしければご覧ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇