1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-26 17:00:00

フランスで鱒を食べよう!

テーマ:グルメ

フランス語で鱒は、トリュイット(truite)。フランスのスーパーでよく見かける、割と安価なお魚です。

 

 

10年前には1匹1ユーロ(約120円)なんていう奉仕価格も出ていたけれど、最近では安くて1匹2ユーロ(約240円)。魚はここ数年で、かなり高級な食材に。

 

でもフランスの鱒は、脂が乗っていておいしいもの。川魚なのでウロコが退化し、小さくて外れやすいので、準備も楽チン。

 

今日はすでに内臓を取り除かれた鱒が、パック入りになって1匹2ユーロで売られているのを発見。

 

 

シンプルなオーブン焼きで、茹でた野菜と一緒においしくいただきました!

 

 

ランキングに参加中。よろしく願いします!

 


海外での育児 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-26 07:24:56

崩れつつある伝統!?食事は家族団らんテーブルで

テーマ:フランスニュース

フランスでも、食事を家族団らんテーブルでいただく伝統が廃れつつある模様。

 

3分の1のフランス人が、ダイニングルームまたはキッチンの食卓テーブル以外の場所で、食事をとっていることが明らかに。

 

では、どこで食事をとる人が増えているのか?

 

11%がテレビの前、8%がリビングルームの低いテーブル、5%がソファの上、3%がコンピューターの前、そして、1%がベッドの中と回答。

 

パリっ子に限っては、ベッドの中と回答した人は9%にも及んだということで、限られた面積しかないアパート暮らしの多いパリっ子、ベッドの上で食べるのもやむを得ず!?

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ニュース ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-25 17:00:00

フランスで和の小皿ゲット!そのお値段は・・・

テーマ:フランスの日本

フランスのセールであるソルド最終日に、和柄の小皿をゲット!

 

 

1月末、旧正月の陳列ケースに、6枚6ユーロで並んでいた和柄の小皿。1枚1ユーロ(約120円)は高いか!?と、買おうか買うまいか悩んでいた商品。

 

 

あれから4週間、ソルド最終日に80%オフの売り尽くしコーナーを眺めていたら、ラスト1セットを発見!

 

80%オフということで、6枚1ユーロ20(約140円)で見事獲得!「あの時買わなくてよかった~」っていう気持ち、あまり味わったことがないんですわ(・´з`・)

 

「あの時買えばよかった」か、「あの時買わなければよかった」という後悔の念は、味わうことしばしばだけどね┐(´д`)┌

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-25 08:30:54

フランス産ワインの売り上げが上昇!

テーマ:フランスニュース

昨年2016年度ののフランス産ワインおよび蒸留酒の輸出額が、2015年より1.2%上昇して、11,900,000,000ユーロ(約1兆4,000億円)を記録。

 

一番の貢献者はコニャック。アメリカで14%売り上げを伸ばし、世界的にも6.2%の上昇率を記録。ボトル数にして、1億7,900万本におよんだそうな。

 

ちなみに、コニャックは輸出さまさま。フランス国内の売上本数は、わずか400万本ほどといいますから。

 

ブルゴーニュ産は4.4%上昇。しかしながらシャンパンは2.5%減少。というのも、一番の顧客であるイギリスへの売り上げが、ポンド安で伸びなかったゆえ。

 

とにかく景気がよい話で。経済も、どんどん上昇してほしいものです☆彡

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ニュース ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-24 17:00:00

リエジョワなるフランスのデザートは

テーマ:フレンチ・スイーツ

スーパーの冷菓コーナーに売られているリエジョワ。

 

 

コーヒー味またはチョコレート味のクリームに、ホイップクリームを盛ったデザートは、ベルギーのリエージュにちなんで名づけられたフランスのデザート。

 

 

オリジナルのカフェ・リエジョワは、コーヒー味のアイスクリームと甘いコーヒー、そしてホイップクリームを重ねたパフェ。

 

もともとカフェ・ヴィエノワ―ズとウィーンにちなんだ名前だったものの、第一次世界大戦中、ドイツ軍のフランス侵攻を遅らせたリエージュの戦いで、粘り強く抵抗したリエージュ軍を称えてパリのカフェでは、次々と名称を変更。

 

リエージュを陥落させた決め手は、オーストリア製の臼砲(きゅうほう)だったいうことで、憎きオーストリアの首都名を捨てて、輝かしきリエージュの地名を採用したという次第。

 

甘いデザートに、こんな生々しい歴史的背景が潜んでいたとは・・・次回は、心していただくことにΣ(゚Д゚;

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外での育児 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-24 09:00:18

スキーリゾートから雪が消える日は近い!?

テーマ:フランスニュース

アルプスのスキーリゾートから、雪がなくなる日は近い・・・

 

2100年までに上昇気温が2度を超えないことを基準に挙げた、気候変動枠組条約締約国会議(COP21)のパリ協定に見合うことができなければ、アルプスは70%の積雪を失うことになる、という研究結果が発表に。

 

標高2,500m以下のリゾートはスキーが楽しめるほどの雪は見込めず、3,000m以上のリゾートでも積雪は40%減少するという話。

 

フランス側アルプスにあるリゾートの多くが、標高2,500m以下に位置する中、ラルプ・デュエズ、シャモニー、そしてヴァル=ディゼールに標高3,000m以上の滑走場があるということ。

 

標高1,200m以下のリゾートでは、雪よりも雨が多くなる傾向にあり、スキー場は閉鎖に追い込まれ、経済的に大打撃を受けることに。

 

今世紀末までに、気温の上昇を2度に食い止めることができたとしても、積雪の30%減少は免れず、スキーシーズンの開始は現在より半月から1カ月遅れることになるだろうという推測。

 

努力しても、温暖化のダメージは免れないなんて・・・相当ひどいのねΣ( ̄ロ ̄lll)

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ニュース ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-23 17:00:00

イギリス人が愛するソーセージ・バティーなるもの

テーマ:グルメ

おいしそうなトゥールーズ・ソーセージが手に入ったので、今日のランチはソーセージ・バティー。

 

 

バティー(butty)とは、サンドイッチやバターを塗ったパンのことで、イングランド北部でよく使われる、いわゆる方言。

 

 

ジャム・サンドは、ジャム・バティー、ベーコン・サンドはベーコン・バティー。

 

バターをこよなく愛するイギリス人。バターをもじったバティーで、バター付きパンのことを意味してしまうとは!

 

お皿のソースを拭くフランス人とは、バゲットの食べ方も異なるというもの。レストランでバゲットに、バターが付いてこないことに不満を述べるわけです┐(´д`)┌

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-02-23 09:09:45

フランスが長寿大国なわけ

テーマ:フランスニュース

このたび発表された研究によると、2030年に生まれるフランス人の平均寿命は、女性が88.6歳で男性が81.7歳になるであろう、と。

 

これに伴いフランス政府は、老齢層を支える政策を打ち立てる必要性に迫られるということに。

 

また2030年に65歳になる、フランス人女性の余命は26.1年であろう、というおもしろい研究予測も。

 

国によって異なる健康傾向だけれど、フランスは肥満が少なく、交通事故死亡者数も減少気味、酒盛りはそれほど一般的ではなく、健康保険制度は全国民をカバーしているということで、平均寿命が延びるのも当然。

 

しいて言えばタバコに対する規制が、オーストラリアなどに比べると弱いところ。

 

2030年って、遠い未来かと思いきや、たったの13年後!2030年に65歳になる、女性の平均寿命が91.1歳とは、まさかの90歳超えです(;´Д`)

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ニュース ブログランキングへ

2017-02-22 17:00:00

クロワッサンにも入れちゃう?フランスのフランジパーヌ人気

テーマ:フレンチ・スイーツ

先月の王様ケーキのガレット・デ・ロワにも入っていたアーモンド・ペーストは、フランジパーヌ。バター、砂糖、卵、そしてアーモンド粉を混ぜて作ります。

 

 

このフランジパーヌを、クロワッサンに入れて焼き上げるパティシエも。クロワッサンの表面は、メロンパンの表面をほうふつさせるカリカリ感。

 

 

中はふかふかのクロワッサンの中に、適度のフランジパーヌが下部にきれいな層を作っています。

 

パティスリで購入できるフランジパーヌ入りパンと言えば、ジェズイット(Jesuite)。イエズス会の帽子を形どった三角のペイストリーです。

 

甘いものが食べたくなった時に、是非お試しを☆彡

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外での育児 ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-22 08:15:11

最も美しいフランスの駅は

テーマ:フランスニュース

フェイスブックにてバトル展開の末、「最も美しいフランスの駅」に選ばれたのはラ・ガール・ド・メス(Metz)。

 

 

ロレーヌ地域圏の首府が、シャラント=マリティーム県の首都、ラ・ロシェル駅を10,000票差で抑え、31,000票の「いいね」を獲得して見事トップの座を獲得。

 

メスが、フランスの最も美しい駅に選ばれたのは初めてのこと。3,000年の歴史を持つこの町は、現在世界遺産のタイトルを狙っているところ。

 

メスを首都とするモーゼル県は、1870年から71年の独仏戦争の末、ドイツ帝国に併合。軍事拠点として重要視され、1908年にこの駅が建てられて以来、何千というドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の軍事部隊が行き来したとか。

 

駅は「太陽の石」と呼ばれるロレーヌ産の黄色い石灰岩を使用せず、ドイツはラインラントのピンクと灰色の砂岩を使用。当時で2,900万マルク(約17億円)なる費用をかけて、建築されたという話。

 

なかなか興味深い土地ですね、ロレーヌ。歴史に翻弄された町を、駅から歩いてみたいところ。

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ニュース ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。