初めて公募された国民生活センターの理事長について、福島消費者相は30日の記者会見で、「応募のあった33人の中に適任者がいなかった」として、応募者以外から選考すると発表した。

 現在の中名生(なかのみょう)隆理事長が31日で退任することから、4月1日から当分の間、理事長は不在となる。

 中名生理事長が今年2月、任期途中での辞職を表明したことを受け、消費者庁は一般からの公募を行った。3月1日までに公務員OBを含めて計33人の応募があった。大学教授など外部の有識者5人による選考委員会で、書類審査や面接試験を実施してきたが、適任者がいないという結論になった。

 今後、福島消費者相ら政務三役で適任者を選び、改めて選考委員会で審査をする。

 福島消費者相は「改革の熱意のある人をすみやかに選びたい」と話している。

<神戸市>震災再開発事業で初の行政代執行(毎日新聞)
最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
<国立大評価制度>交付金増額…トップは奈良先端大学院大(毎日新聞)
【風】「エリート公立校」誕生へ(産経新聞)
学力テスト事業参入、文科省の対応が障壁に(読売新聞)
AD