LEO-tuneのガレージ

チョロQや車について書いていきます
チョロQの改造に力を入れています!
トップ画像は準備中です

LEO-tuneのガレージをご覧いただきありがとうございます。
このブログではチョロQの改造やトミカの紹介、自転車、自動車などの乗り物やレースゲームについての記事を掲載しています。


コメント、読者・アメンバー申請大歓迎です。



Twitterも更新中!→@leotuneq


since 2010.07.13





新宿→
←小田原

メッセージボード上に鉄道建設中!

テーマ:

こんばんは

プレイステーションのゲーム「チョロQ」が1996年3月22日に発売されてから21年の記念日です!

TwitterでもチョロQ仲間の方々が、記念の写真やイラスト、動画などを続々とアップしています。

私も記念の動画と、改造したチョロQを発表します。

 

 

 

まずはせいそうしゃが主演の動画です。

 

そしてFTOが2台

左のエメラルドグリーンのは、ワールドグランプリに出場するライトマンタというライバルです。

右の黄色いのは、スプリントレースでトップを走るライバルです。

どちらもバンパーを前期型に改造しました。

そのうち詳しく紹介します!

 

チョロQのゲームは中古でも高価ですが、名作ですのでぜひ遊んでみてください。

 

 

今回はここまで

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。LEO-tuneです。

記事にする時期が遅れてしまいましたが、第18回チョロQ学園改造コンテストのジオラマ部門で、銅賞を受賞することができました!

賞状・賞品と受賞作品の「崖っぷち」です。

詳しくはこちら。http://www11.atpages.jp/choroq/c18/result.html

 

賞品として頂いたエキサイトライダーズ NS400Rです。

意外と大きくて、フリクション走行かなと思っていたらプルバック走行で滑らかに走ります!

 

詳しくは下記のすみや様のブログに掲載されています。

 

 

主催のすみや様、そしてチョロQファンの皆様方、ありがとうございました。

 

次回のコンテストに出品予定の作品も、現在制作中です!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きで、今回は塗装編です。

 

ここで公開しているものは自由に真似していただいて構いません。OK

感想・質問なども受け付けていますのでお気軽にコメント下さい。

ただし分解・改造は自己責任で行って下さい。

 

 

今回塗装する清掃車は主にホワイトとブルーです。

キャブにホワイトの帯が入るので、先に塗っておきます。帯の部分だけをホワイトで塗ると、色ムラができてしまうので、全体を塗装します。屋根のエッジの周りが浮いていますがこんなもんで大丈夫です。

荷箱もホワイトで塗りつぶします。

 

内部はフラットブラックで塗りつぶしました。

塗料はラッカー系を使用しています。

ブルーはMr.カラー コバルトブルー

ホワイトはガイアカラー ピュアホワイト

ブラックはガイアカラー フラットブラック

をエアブラシで塗りました。

 

キャブはホワイトの帯をマスキングしてブルーを塗装。

何度か吹き付けてホコリを削ってまた吹き付けの繰り返し。

最後にリターダー(乾燥を遅くさせ、艶を出させるもの)を混ぜて吹き付けました。

 

荷箱はブルーの帯以外をマスキングしてブルーを塗装。

 

エアブラシは準備・片付けが面倒なので、同じ色を一気に塗るのが楽ですね。

 

以前もちょっと紹介しましたが、タミヤのコンパクトコンプレッサーとスパーマックス 0.3mmのハンドピースを使用しています。

 

 

荷箱の塗装の方が先に乾燥したので、マスキングテープを剥がしました。

ご覧の通り傷がついていたり、ブルーとホワイトの境界線が上手く塗れていません。

これは筆塗りで修正しました。

 

以前作った清掃車に仮載せしてみました。このあたりまで来るとワクワクしますね!

 

荷箱の開閉ギミックでこうなります。

 

キャブの方もマスキングを剥がします。

厚塗りしたのでかなり段差が目立ちますね。特に窓枠は白くなっています。

ここはエナメル塗料のブラックで墨入れのような感じで塗ります。

艶がおかしくなってしまうのか?という疑問があるかもしれませんが、最後に艶ありのクリアコートを吹き付けるので大丈夫です。

修正後の写真は下の方でお見せします。

 

テールランプは艶ありブラックを塗ってからシルバーを塗装。どちらも筆塗りです。

ブラックを下地に塗ると、シルバーの輝きが増します。

 

シルバーが乾燥したらその上に、テールランプ兼ブレーキランプにはクリアレッドを、

ウインカーにはクリアレッドとクリアイエローを混ぜたものを筆塗りしました。

 

ゴミ投入口のシャッターもブラックを下地にシルバーを筆塗りしました。

裏側はフラットブラックを筆塗り。

また、ギミックのヒンジ受けをプラ板を積層して製作しました。それもこの後フラットブラックに塗りました。

 

真ん中が今回制作しているせいそうしゃです。ライト・ウインカーとバンパーは手前の以前作ったせいそうしゃ同様に塗りました。

 

次回!ギミックは開閉だけじゃない!「〇〇編」 お楽しみに!?

 

車今回ここまでトラック

 

------------------------------------------

バックナンバーはこちら

リアルギミックせいそうしゃの製作1 ギミック編

リアルギミックせいそうしゃの製作2 外観の成形編

リアルギミックせいそうしゃの製作3 下地処理編

------------------------------------------

 

検索ワード

チョロQ チョロQ改造 清掃車改造 清掃車 せいそうしゃ せいそうしゃたん

ギミック改造 ゴミ収集車 チョロQVer.1.02 プレイステーション サーフェイサー サフ吹き

塗装 エアブラシ ガイアカラー Mr.カラー ラッカー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きで、今回は下地処理編です。

 

ここで公開しているものは自由に真似していただいて構いません。OK

感想・質問なども受け付けていますのでお気軽にコメント下さい。

ただし分解・改造は自己責任で行って下さい。

 

窓をマスキングしてから、車体とシャーシをラッカー塗料のフラットブラックで塗りつぶしました。

バンパーのマスキングをしている途中で写真を撮っていないことに気づき、この様な中途半端な場面の写真になってしまいました。

 

乾燥したらゲーム版のせいそうしゃの窓の形のようにマスキングしていきます。

先に黒を塗ったのはこのためで、ボディカラーを塗った後にマスキングを剥がせば窓の形になります。

ライトのシルバーを塗る下地にはブラックを塗るときれいに仕上がりますので、マスキングして残します。

バンパーは筆塗りの予定なのでつや消しの下地があると楽に塗れます。

シャーシもグレーに塗るところ以外はマスキングしました。

 

荷箱はタミヤ スーパーサーフェイサーを吹きました。

リニューアル前のスタンダードチョロQの清掃車は、荷箱が塗装されています。

リニューアル後のスタンダードチョロQの清掃車は、荷箱が塗装されておらず、成形色のブルーのままです。

今回は塗装された上に白い塗装をするので、サーフェイサーは必須です。

サーフェイサーを吹いたら下のブルーの塗料が溶け出してしまいました。

そのため何度も薄く吹きました。

 

サーフェイサーを吹いた後の表面は色が均一になるので、傷や凹みがよくわかります。

開口部の上に凹みがあるので、パテ埋めをしてから均します。

 

他も同様に傷や凹み、つなぎ目の修正をしました。青くなっているところが削った跡です。

 

最後にタミヤ ファインサーフェイサー(ホワイト)を吹いて下地の準備は完了です。

ホワイトのサーフェイサーを吹いておくと、本塗装のホワイトの発色が良くなります。

 

 

余談ですが最近、「けものフレンズ」というアニメにはまっています。TwitterのチョロQ仲間もそういう方が多いみたいですね!

 

2000年頃まではこんなふうに後ろに作業員のおじさんがぶら下がっていましたよね。

 

次回は塗装編です。

 

車今回ここまでトラック

 

 

検索ワード

チョロQ チョロQ改造 清掃車改造 清掃車 せいそうしゃ せいそうしゃたん

ギミック改造 ゴミ収集車 チョロQVer.1.02 プレイステーション サーフェイサー サフ吹き

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きで、今回は外観の成形編です。

 

ここで公開しているものは自由に真似していただいて構いません。OK

感想・質問なども受け付けていますのでお気軽にコメント下さい。

ただし分解・改造は自己責任で行って下さい。

 

 

ベースとなるスタンダードチョロQの清掃車は、トラックの車体に様々な荷台との互換性を持たせるため、シャーシにテールランプ等がついています。(上の写真の緑色の丸部分)

一方、ゲームに登場するせいそうしゃのテールランプは荷箱についています。

ニッパーとデザインナイフでシャーシからテールランプを切り取り、荷箱に貼り付けました。

その後、テールランプの上にプラ板でバンパーのようなものをつけました。

どちらも接着にはタミヤセメントの流し込みタイプを使用しています。

 

次にテールランプ下にもプラ板を貼り付け、泥除けもプラ板で拡張しました。

上部の長方形の板は何だろう?と思っていたのですが、多分ナンバープレートですね。

実車を見ると上の方についています。下の方だと汚れたりして見えなくなってしまうかもしれませんね。

 

荷箱本体と組み合わせてみました。

 

大体同じような雰囲気になったかな?

 

荷箱側面にプラ板で段差をつけました。

その後、段差の間に覗き窓をつけたのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

まあこの辺の工程は前作と同じなので、この記事を見てもらえば分かりやすいと思います。

ちなみに、覗き窓はプラモデルの余ったランナー(枠)を再利用しました。丸プラ棒をもっていなかったので。

 

 

清掃車のことを調べていたら、面白いページを見つけました。

極東開発工業 ごみ収集車:http://www.kyokuto.com/hataraku/gb.html

 

次回は下地処理編です。

→更新しました!http://ameblo.jp/leotuneq/entry-12254418923.html 

 

車今回ここまでトラック

 

検索ワード

チョロQ チョロQ改造 清掃車改造 清掃車 せいそうしゃ せいそうしゃたん

ギミック改造 ゴミ収集車 チョロQVer.1.02 プレイステーション

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。