次に、帳簿を準備しましょう。

もちろん、文具屋さんに行けば色々と帳簿は

販売されています。

しかし、それら殆どは会社用の帳簿です。

つまり、ある程度簿記が理解できていないと

使いこなしは少し難しいかもしれません。

そこで、簿記の知識が無くても記入できる帳簿を

考えてみました。

まず、【仕訳帳】

・日々のお金の出し入れを最初に記録する日記帳です。

市販の仕訳帳には絶対に無いものが・・・

仕  訳  帳 のタイトルの下の2行の説明文です。

ただし、この説明文は資産の増減を中心に書かれて

いますので、負債の発生(未払い金等)の場合は

借方/貸方を悩むかも知れません。

その時は・・・

物を買った(支出の発生)のに、現金を支払わず、

翌月に銀行振り込みで支払う事にした。場合は、

借方=支出(費用)

貸方=未払い金

 

翌月の仕訳で

借方=未払い金

貸方=銀行預金

と、成るわけです。

 

迷ったら、この借方貸方とはを確認しましょう。

 

AD

勘定とはお金を数えることでしたね。

従って、資産勘定とは資産が今いくらあるのか

数えてみる場所です。

「資産」というくくりだけでは大雑把過ぎるので、

細かく勘定科目を設定するのでしたね。

科目とはそのグループの名称です。

(試験科目/診療科目などの科目と同じ考え方)

【勘定科目細則】とは

・資産

・負債

・収入

・支出

の大きく分けた部門毎に実際に使用する「勘定科目」の

名称と内訳を定めたものです。

     ここに↓大分類を記入

勘定科目細則_見本

 

昨年までのPTA総会などの資料から「会計報告」を探して

・資産/負債/収入(収益)/支出(費用)が分類されているか。

・勘定科目がちゃんと定められているか。

・訳の分からない勘定科目はないか。

 

まずは、ここまで調べてみましょう。

AD

少しまとめです。

テーマ:
仕訳で注意することは
資産の部の現金が出てもそれは全てが支出では無く、
現金が入ってもそれも全てが収入では無いという事
に注意してください。
出張のための「未確定の交通費」を出金する場合は
貸方には「現金」が来ますが借方には「旅費交通費」
ではなく、借方は同じ資産の部の「仮払金」になります。
つまり、資産の部の「現金という名前の財布」から
「仮払金という名前の財布」にお金が移動しただけの
話なのです。                                    
同じ資産の部の勘定科目同士であっても、手持ちの現金から
出金があったのは事実ですから仕訳と総勘定元帳への
転記は必須です。                                    

◎トラブル防止のために・・・                                    

◆大学ノートに月別のインデックスをつけて                                   領収書類を糊付けしましょう。(日付は多少前後してもOK!)       ◆監査の時、仕訳帳や総勘定元帳の支出の
  勘定科目金額をチェックする時に必要です。 
◆自販機等での購入や、領収書・レシートの紛失等の場合               「支払証明書」または「理由書」を作成しておけば便利です。 
 
◆会員が「買い物」や「出張の交通費等」未確定費用の
 仮払いをする場合、「仮払金精算書」を作成しておけば、
 トラブル防止に役立ちます。 
                                   
 
AD
日赤の募金を3年生が全て集金が完了したため
募金額全額105,000円に
PTAからの募金額5,000円をプラスして4月30日に
合計110,000円を現金で市役所に持参しました。
さあ、仕訳してみましょう。
順番にちゃんとやれば難しいことはありません。
 
仕訳帳_見本
1.発 生 日  : 4/30
2.金   額  : 105,000
3.内   容  : 3年生の日赤募金を市役所に入金
4.借方勘定  : 預 り 金
5.貸方勘定  : 現  金
 
1.発 生 日  : 4/30
2.金   額  : 5,000
3.内   容  : PTAの日赤募金を市役所に入金
4.借方勘定  : 募金/寄付金(支出<費用>の科目になります)
5.貸方勘定  : 現  金
 
と、いうように3年生から集めた日赤募金は預り金勘定(資産グループ)で
処理して、PTAからの出金はちゃんと支出グループ「募金/寄付金」勘定で
処理します。
 
よくある間違いとしては、3年生から預かっている日赤募金を
資産グループの「預り金」勘定で処理せずに、収入グループで誤って処理して
よくわからなくなってしまうことです。
 
じっくりと落ち着いて考えれば必ずわかることですよね。
 
 
 
 
次の仕訳帳記入例は、
4/20にコピー用紙を現金298円で購入してそれを
仕訳帳に記入した例です。
この仕訳の意味するところは、
仕訳帳の指示通りに総勘定元帳(勘定科目個々の帳簿)
に、記入しなさい。というものです。
 
仕訳帳記入例
1.日付4/20は当然記載の通りに転記します。
2.金額298円は
4.の「事務用品費」の借方に転記。
5.「現 金」の貸方に転記します。
仕訳帳の借方勘定/貸方勘定に記入する勘定科目は
金額をどの帳簿のどこに(借方か貸方)記入すべきかを
指令するものです。
 
当然のことながら、勘定科目が「現金」の帳簿の相手勘定は
「事務用品費」
勘定科目が「事務用品費」の相手勘定は
「現金」
であることはすぐに分かりますね。
このように、総勘定元帳の現金の帳簿ををみれば
4月20日の298円の支出は事務用品費の出金であることが
一目瞭然です。
総勘定元帳_小_見本