春はまだまだま遠い軽井沢ですが 春に向けて ちょっとお知らせです。

普段、お世話になっている 長野養殖漁業協同組合のつながりで 3月2日(水)に

東京・銀座 長野県のアンテナショップ 「銀座NAGANO」にて

信州の川魚 ”信州サーモン””信州 大イワナ”や 信州黄金シャモなど 信州おいしいふーどを

使った ワンプレートランチを ”無彩庵 池田”の池田シェフとともに提供いたします!


3月2日(水) 銀座NAGANO 2階 イベントスペースにて

時間 第一部 11時から 第二部 13時から

お料理 ワンプレートランチ、
お料理に合わせ 佐久穂町 黒澤酒造のお酒 2種付き

料金 ¥2500円 (お土産付き



お楽しみに!





-ご予約 お問合せ-

ハウスオブ軽井沢 0267-42-7004

Mail:houseofkaruizawa@sunny.ocn.ne.jp
AD
先週まで雪がなかった軽井沢ですが、連日の雪でかなり積もりました。

しばらく雪掻きが続きそうです。。。



ハウスオブ軽井沢のウエディングスタイルはトータルコーディネートまで含めたウエディングと

会場と料理提供だけを行い ウエディングプランナー、デザイナーさんが当方に入られて行う

挙式スタイルがあります。


お料理をお勧めしたいところですが パーティーが始まると なかなか写真がとれないので

ご紹介できないのが残念です。


少しだけ、テーブル周りのお写真を。。。








ガーデンウエディングには着席ビュッフェスタイルでいろいろなお料理を楽しんでいただいています。



こちらは ”プティラブーシュカ”さんプロデュースの時の模様。上田市の”食季cafe展”さんがデザートコーナーを担当されました。




ウエルカムドリンクコーナーは例えば こんな感じで。。。”TRUE Wedding”さんのコーディネートです。





お料理の写真がもっとあれば良いのですが、



詳しい内容は 各プランナーさん、デザイナーさんのほうが持ち合わせていると思います。。。
AD
夏が終わり 軽井沢ウエディングで最も忙しいのが9月、10月ではないでしょうか。


大きな会場ですと 一日最大 8件。 二会場、同時進行なんていうことも聞きますが

ハウスオブ軽井沢のウエディングは そんなことはもちろんできません。


秋の紅葉シーズンが始まるちょっと前までの画像を続いてご紹介いたします。



こちらは 新郎新婦自ら セルフプロデュースされた挙式です。

ハウスオブ軽井沢ではプランナーさんが入らなくても お二人がプランニングして
式を挙げられることもあります。


この時は前日にお花を探しに行って 当日、みんなで飾り付けをしていらっしゃいました!




みんなで作り上げる結婚式 新郎、新婦 ご両家の距離が近くなれるところが
良いところではないでしょうか。




シンプル中でのお食事会という挙式スタイルでした。



こちらは 白が基調のウエディング。

ヘアメイクのお仕事をされているご新婦さま。



プロデュースは 長野 プロデューサーズウエディングの熊谷さんでした!




生演奏、歌もあり 昨シーズン一番大きな規模の挙式でした。

ちなみに歌っているのは ウエディングデザイナーの立原さん、歌い手さんとして
このときは登場でした!



最後に”プティラブーシュカ”さんプロデュースの模様です。

新郎新婦のお二人は今年の大河ドラマの舞台 上田市の方、テーブルのお花は
その上田市のお花屋さん ポンポネさん。


とても素敵な装花となりました!




小物アイテムが華やかさを増してくれます。










とても良いお天気に恵まれた結婚式でした!


全部はご紹介しきれてませんが こんな感じの軽井沢ガーデンウエディング 緑に囲まれた中で
いかがでしょうか。




AD