東大阪アポロライオンズクラブ(LC)
 〒578-0941 東大阪市岩田町4-9-28プラムロイヤル102
 (072)965-0875


活動報告 アメブロ
http://ameblo.jp/lc335b11r/theme-10072301479.html

 
image 

東大阪アポロ ライオンズ・クラブの沿革
クラブ名の由来 : クラブ結成は、大阪に於いて万博の開かれた年であり
終戦関西が初めて世界の桧舞台で脚光をあびた記念すべき年である。時あた
 かも米国宇宙船アポロが人類初の月上陸を成し遂げた年であり太陽の神
 「アポロ」にあやかり、広く社会に幸福を与える様また日本ライオンズクラブの
世界雄飛を願って「東大阪アポロ」と命名した。
 


東大阪宇宙開発協同組合 SOHLA

東大阪市から人工衛星を!


大阪府東大阪市は中小企業が集まる"モノづくりのまち"として知られています。
 工場集積率は全国No.1で、各分野のトップシェアを誇る会社やユニークな製品
を開発する、 オンリーワン企業もたくさん集まっています。

しかし、高い技術力の誇るこのまちでも不況の波は厳しく、加えて技術者の
高齢化が進む一方で、 モノづくりに関心を持つ若者が減少しており、貴重な
技術の継承が危ぶまれています。

そんな中、「苦しい時こそ夢を持たなアカン!」と、職人集団が立上りました。
 「中小企業の技術力を結集して、人工衛星を打ち上げよう」と、2002年12月に
設立されたのが、 東大阪宇宙開発協同組合(Astro Technology SOHLA)です。
 

「夢を打ち上げるんやない。夢で打ち上げるんや」

 新しい宇宙開発を目指し、匠たちは日々挑戦し続けます。

AD