COSME|ボディシート各種比較


「今夏は厳しい暑さになる」という予報が出たときから「猛暑を有効利用していろんな種類のボディシートを試してみたいな」と考え、4月頃から数種類をピックアップ。比較しながら使用した感想を商品ごとに記しましたが、数が多くなってしまったので簡潔にまとめると…


スポーツでたくさん汗を流した後は大判シートでがっつり全身拭きとれるシーブリーズ、ニオイが気になる方には消臭効果ばつぐんのエージーデオ24、オフィス・タウンユースならコンパクトサイズで瞬時にサラサラ肌になれるビオレがオススメ。


毎年リピートしていたマンダム(ギャツビーハッピーデオ)にちょっと飽きていましたが…こんなふうに他ブランドの製品をたくさん使ってみて、価格・使いやすさ・ほどよい清涼感など、バランスのとれたボディシートだったこともよくわかりました。


sozai|nekoline×6


ライオン・バン|爽快さっぱりシャワーシート(ウォーターリリーの香り)A
◇ライオン・Ban|爽快さっぱりシャワーシート(ウォーターリリーの香り)…オープンプライス(10枚入)

「とにかく香りがよい」というクチコミが気になって購入したもの。確かにすっきりとして香水に近い完成度の香りですが、ナノイオンパウダー配合でさらさら…というよりはゴワゴワに乾燥してしまうのが気になるためリピートは無し。


花王ビオレ|さらさらパウダーシート(せっけんの香り)A
◇花王・ビオレ|さらさらパウダーシート(せっけんの香り)…オープンプライス(10枚入)

こちらも「男性ウケ抜群」「理想の女の子の香り」と評判を聞いて興味をもったのに、苦手なフルーティムスクでがっかり。おかげで頭痛を感じるほど不快なこの香調が、車用芳香剤などで多用されている理由が理解できました…男性が好む香りだったんですね(白目)。

10×15.5㎝の小さめシートにパウダー入り…という規格はBan(先述)とそっくりですが、こちらはほどよい清涼感とサラサラ後肌で快適に使えました。お手頃価格で広く流通しているブランドですし、好みの香りが見つかればまた使いたいボディシートです。


資生堂シーブリーズ|ボディシート(せっけんの香り)A
◇資生堂シーブリーズ|ボディシート(せっけんの香り)…オープンプライス(30枚入)

全身がっつり拭きとれる20×25㎝の大判シート、ほてった肌をクールダウンできる適度な清涼感、サラサラ後肌…と、スポーツ後に使用したい理想的なボディシート。「ヴァーベナクール」は男性に好まれそうなシトラスムスク、「せっけんの香り」はすっきりしたフローラルです。


メルサボン|ボディシート(フローラルハーブ)A
◇メルサボン|ボディシート(フローラルハーブ)…220円(税抜/12枚入)

15.5×19.5㎝のシートはメッシュ加工の無い普通の不織布だったため、肌にまとわりついて拭きにくい印象。ヒアルロン酸配合のせいか「ぺとっ」とした独特の使用感も気になりますが、メントールが含まれていないため清涼感や過度なサラサラ感が苦手な方には好まれるかも。


資生堂Agデオ24|クリアシャワーラージシート(クール・無香料)A
◇資生堂エージーデオ24|クリアシャワーラージシートNaクール(無香料)…オープンプライス(12枚入)

掌の大きなわたしにも扱いやすい20×25㎝の大判シート、皮脂が酸化した不快な香りも一掃できる消臭力、強烈な清涼感…と男性が喜びそうな機能満載。ただ、わたしが使った「クール」はピリピリ感じるほど刺激的な氷冷感なので、肌の弱い方は避けたほうが無難です。


ハウスオブローゼ|ミントリープ・ボディクールシートA
◇ハウスオブローゼ|ミントリープ・ボディクールシート…600円(税抜/20枚入・122mL)

ミントティに似た爽やかな天然精油の香りと心地よい清涼感、パウダー無配合でなめらかな後肌、余裕をもって全身拭ける20×20cmシート…とどの角度から見てもパーフェクト。はじめは少々割高に感じたけれど、使ってみると毎年人気なのがよくわかる逸品でした。



クリックしていただけると励みになります
AD