秋の日
お外でピクニック
友だちはおにぎりを
私はかぼちゃのパエリアふうにして
そして風がひんやりしてきたから
ほうれん草のお味噌汁も


ごぼうのバジル味噌合えと
大根人参いりの
ふたつのおにぎりは
品のよいやさしさにあふれて
丁寧なお味がしました
彼女らしい
おしゃれなおむすび


かぼちゃのパエリアは
ざっくり、
平原をどこまでも迷走している感じがしました
しその実がプチプチ口のなかで
弾ける
香る

お料理って
こわいほど人をあらわしています
どんなふうに生きてきたか
何に関心あるのか
味わい深い


日なたでご飯を食べて
日なたで髪を切ってもらいました

彼女のハサミの音があんまり気持ちよくて
私の体からするすると
緊張がほどけてゆきました
秋土用のこれもまた
養生

今宵は十四夜




AD






空がキレイでした
寝転がって時が移ってゆくのを眺めます
目を半分閉じて
全身から
力もぬけて
重たいものは
大地に還ってゆく、そんな土曜日
時々遠くに波の音も

水星の逆行はきのうから
ことし最後とか

あちらに行くか
こちらに行くか思案のしどころ

つなげたいときも
どこからもはなたれたいときも
物語を手に持って
海辺へ向かいましょう

本日のおとも
小川洋子著
’人質の朗読会’
...わたしにも
その人質の一員になって語る過去の物語があるかしら

breeze is so lovely
autumn has come

わたしのカコもわたしのいちぶ
わたしのあしたも
やがてわたしの細胞に変わり
めぐりゆく空のいちぶの
ちいさなわたし
大地の温もりととけあう
一日の終わり


シルバーウィークなんて
いつからそう呼ぶようになったの

世界が騒然となっても
わたしは変わらないものを愛してゆく
AD
月日は飛んで
飛んで
飛びさってしまいました
わたしは
いったいどこに行き
何を感じてたのだろう

..
朝が来ると
あすは(今日です)
9月9日
重陽の節句です
健康を願い
菊茶でも飲んでみましょうか

母とパパイヤと菊茶の朝食 あれはホノルルのホテルのラナイで


菊ではありませんが
種まきしようと思います


渦巻くエネルギーが怖いくらい

また時々
書いてみよう
どうか
おつきあいくださいませ

AD