万有製薬は3月31日、65-75歳の男女を対象に実施した「肺炎球菌ワクチンの認知度および接種度調査結果」を公表した。肺炎球菌ワクチンを知らないと回答した人が全体の55.8%と過半数に上った。

 調査は昨年11月12-25日に65-75歳の男女6442人を対象に郵送で実施。また、これとは別に65-75歳の男女2541人を対象にインターネットで追加調査を実施した。

 郵送による調査では、肺炎球菌ワクチンを「知らない」と回答した人が55.8%で、「名前だけを知っている」は28.8%、「どのようなものか具体的に知っている」は12.6%だった。調査対象者のうち、肺炎重症化のリスクが高くなる基礎疾患がある2127人を見ても、「どのようなものか具体的に知っている」は15.4%と、認知度はあまり変わらなかった。
 またインターネット調査で、政令指定都市ごとに認知度を調べたところ、「どのようなものか具体的に知っている」と回答した割合は、肺炎球菌ワクチン接種への公費助成を実施している仙台(21.7%)、東京23区(16.8%)に対し、実施していない大阪(7.4%)、名古屋(7.6%)、福岡(9.6%)などは低かった。


【関連記事】
予防接種法「遅くても5年で抜本改正」-足立政務官
「子どもたちを守るワクチンの普及を」
「ワクチン政策の統一」議論を―保団連が国会内勉強会
法改正も視野に予防接種部会を開催―厚労省
小児用肺炎球菌ワクチンを国内初承認

パンダの良浜、おめでた?ベビー今夏誕生に期待(読売新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」と陳謝会見 青木氏からの「依頼はない」(産経新聞)
雇用調整助成金の不正受給、52事業所で2億(読売新聞)
「後期高齢」保険料、1人平均1300円増に(読売新聞)
AD