宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、農林水産省と県は6日、「宮崎牛」のエース級種牛5頭の血液抗体検査の結果はいずれも陰性と発表した。遺伝子検査でも陰性が確認されていた。宮崎牛ブランドの種牛は全滅の危機をひとまず回避した。

【関連ニュース】
口蹄疫:エース級種牛5頭は陰性 「宮崎牛」全滅回避へ
口蹄疫:感染「飛び火」対応は従来通り 山田前副農相
口蹄疫:対策本部長は引き続き山田氏
口蹄疫:宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され
口蹄疫:対策特措法 4日施行

民主党の次期代表選は4日実施…幹部が見通し(読売新聞)
辞任、10日前ごろから考慮=鳩山首相(時事通信)
菅首相が誕生=衆院で「第94代」に指名―8日組閣へ、閣僚・党役員人事焦点(時事通信)
赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」(J-CASTニュース)
自殺・うつ病対策で企業評価向上=厚労省PTが報告書公表(時事通信)
AD