政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は24日午後、公益法人などを対象にした事業仕分け後半戦の3日目の作業を続けた。同日は国が義務付けた上で、公益法人などが実施している講習や研修、検定事業が多く取り上げられた。この中で、総務省所管の日本防火協会と日本消防設備安全センターが実施する各種の防火・防災講習について「講習内容や受講料などの見直しが必要」と判定された。
 さらに、仕分け人は、日本消防設備安全センターが持つ46億円の正味財産について、「独占的に権限を付与されながら利益を上げるのはおかしい」と追及した。このほか、消火器など消防用機器を検定する日本消防検定協会(総務省所管)も、検定料引き下げなどを含めた「見直し」が必要と判定。同協会が製造業者から依頼して行う鑑定業務は「廃止」とされた。
 24日は22法人の24事業を検証。国際開発高等教育機構(外務省所管)が行う政府開発援助(ODA)に関する専門家育成事業なども「廃止」判定となった。 

【関連ニュース】
競輪補助事業を「廃止」=経産省天下り先に配分集中
事業仕分けの結果(21日)
指摘、謙虚に受け止める=宝くじ見直す必要性も
宝くじ収益で天下り先維持=公益法人の間で資金還流
「なぜ対象か」「まったく問題ない」=宝くじ普及めぐり、知事ら反論

<エベレスト>13歳と50歳の世界記録誕生(毎日新聞)
中山元外相参院選出馬へ きょう自民離党(産経新聞)
小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部(産経新聞)
遺体女性と接点確認されず=時計質入れの男―福岡県警(時事通信)
薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中(産経新聞)
AD